上杉機関 別館

※当ブログは常に3分程度で文章を仕上げています。そのため、誤字脱字がありますが、時間に余裕ができたら、後で文章を修正をしていきます。 キータッチが直接日本語入力なので、酷い文章になっています。外国人ではないので、安心してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違法アクセス元を調査。

違法宣伝アセス者のリカバリプログラム。
宣伝元。
13.63.44.61.ap.yournet.ne.jp

103.44.61.ap.yournet.ne.jp

ipdf003-065kcn.ne.jp

NWTfb-19p2-15.ppp11.odn.ad.jp

pl196.nas948.p-osaka.nttpc.jp

68.122.111.219.dybbexcite.jp

washer.2connectbahrain.com

ws004.20081211131614.clnt.knt.ru

82.122.111.219.dy.bbexcite.jp

d30.HosakaFL24.vectant.ne.jp

p1246.nas.947.p-osaka.nttpc.ne.jp





調査プロモート履歴
Japan 97.5%によってアクセスされている。

Alexa ランク92,963。

レジストリ/ICANN Registrar: ENOM, INCより開始。
クリエイト/2009-03-27
改竄/2010-03-27
アップデートナンバー記録/2009-03-27
レジスターステータス/バック・ロッド・ロッグアクセスナンバー。
Name Server: DNS1.REGISTRAR-SERVERS.COM (has 258,356 domains)
Name Server: DNS2.REGISTRAR-SERVERS.COM (has 258,356 domains)
Name Server: DNS3.REGISTRAR-SERVERS.COM (has 258,356 domains)


プロダクト/IPロケーション/Server Data
Server Type: Apache。
IP Address: 66.71.248.210/DNS Lookup | Traceroute。
IP Location - Georgia Atlanta  Wiresix Inc
レスポンスナンバー/200


Registration Service Provided By: NameCheap.com
Contact: V i sit/n a m e c h e a ★ .c o m/

Domain name/「 se●ualtrend.com」

登録アカウントポジション。
Fax:
8939 S. Sepulveda Blvd. #110 - 732
Westchester, CA 90045
US

アド・ポイント。
WhoisGuard
WhoisGuard Protected ()
+1.6613102107
Fax: +1.6613102107
8939 S. Sepulveda Blvd. #110 - 732
Westchester, CA 90045
US

技能者機関員 登録者
WhoisGuard
WhoisGuard Protected ()
+1.6613102107
Fax: +1.6613102107
8939 S. Sepulveda Blvd. #110 - 732
Westchester, CA 90045/US]

-----------------------------------------------
リンクコンタクトポジション/
Visithttp/namec●e●p.com/
上記と同等プログラムを使用。
-----------------------

民主党が次の選挙で、大量議席をとった場合の注意点

左派の議席が多くなると、アメリカの工作機関が左翼やカルトに偽装した
広域テロを計画する可能性が高い。

それは反米勢力の力を殺ぐために、米国情報機関が
テロによって、左派政権の転覆を謀るからである。

選挙後に政府は注意されたし。

アクセス者のIP

どこぞやの異常者が、変態の書き込みを行っている。
一つは大阪のNTTPCからの書き込みとなっておる。
記録は公開して、登録させていただく次第。

以後、注意なさるよう願う。

政府の発注したメディアセンター

麻生が発注した国際メディアセンター?だかという施設の費用と、
母子家庭の対策費用で削減した支出が同じだそうだ。

麻生の政権にとっては、子育て世代に対する政策より、
「子供も満足につくれない」浮浪者のようなオタク世帯を支援しているということか。
流石財閥の姿勢は違う。

★★★失業者を徹底してなぶり殺す、勝谷★★★

文章一部訂正

さっそくだが、ユダヤ雑誌SAPIOの2月3月号を拝見した。
その記事の中で、勝谷はホームレスに対する激しい勘違いレッテルを
一方的にたたきつけ、失業者は自殺しろといわんばかりの概念を披露した。

勝谷は日頃から、社会党の村山が大震災の時に自衛隊の出動を拒否し、
国民を助けなかったと自慢したかのように言論の長刀を振るうが、
勝谷本人もまったく同じ事をしていることがわからないようだ。
勝谷は最近、偽保守雑誌であるユダヤ機関翼賛雑誌「*1SAPIO」に登場
し、【ホームレスを助けるな】という文章を2ページにわたって掲載した。
このネットテロリストでもある勝谷という野蛮な男が、ホームレスの実態を
知らずに【平然と嘘を流している状態】に不気味さを感じてならない。

勝谷は最近保守であると豪語して活躍している。竹島や対馬に
上陸して右翼活動している事は一応誉められる。だがしかし、この男性は
元々保守陣営が認めている「活動家」でもなんでもない。
勝谷は昔、よくテレビ朝日で放送していた≪深夜の風俗SEXポルノ≫翼賛番組の
専属司会者を長年しており、その番組では、麻薬の推進、ヤクザの特集、
右翼団体の特集、ポルノの特集を集めた下劣な番組であったが、
勝谷はそこのメンバーであった。元々は朝日の陣営でノコノコと飯を
食っていた曰く(いわく)つきの男である。

その放送内容は毎週愕然とする内容であった。なんとポルノ俳優らが
「性行為」をしている最中にカメラをもって、その行為の内容を撮影する
というキチガイ番組であった。そこに男性リポーターらが突入して
性行為を翼賛するという異常者番組であったのだ。

この番組が犯罪の温床となっていたことは警察機関でも問題となり、
全国の教育委員会を通じて放送禁止にするように抗議活動が計画された
時期もあり、後日放送禁止となった問題番組であった。
また希に暴力団の正式構成員が右翼団体として登場し、やはり警察機関から
マークされていた番組でもあったのだ。(トゥナイトという番組だ)しかし勝谷は
その番組から姿を消した後に、突然右翼や保守思想家だと自ら売名宣言して現れる。

何所にポルノ番組で飯を食っていた自称ジャーナリストが保守であろうかと
憤慨してしまうが、連中は自分で色々と【スパイ】をしてますと宣言し、
突然テレビや雑誌で偽の情報を元にして活動を始めたという。
(噂では親米機関から200万円をスパイ工作費としてもらい、新自由主義の金融犯罪を援護
していいたという情報が出始めている。
どうりで外資の餌食となったホームレスを徹底して叩くわけだ。)

さらに他の電通の情報を知る連中によれば、こやつは
噂では銃刀法に抵触するような武器を携帯して歩いているという
噂を聞いた。(凶器のことは噂として聞いたが。)
(ちなみに電通の名刺はパステルカラーの綺麗な名刺を使用している。)

本来保守というのは、尊皇派として活動する。昔は社会党であっても尊皇派が
多数在籍していた。そしてまちがっても国民の不幸を願うこれらの組織はいななかった。
近代になってからは、カルト「南蛮思想」をもつ金持ちの【教会員】らが保守として
暗躍し、そして【庶民たたきを教会思想運動として広域活動】させているという。

※一般人の市民の皆様や国民の皆様はあまり知らないと思いますが、
庶民叩きをしている「格差は必要」だと暴言する言論人の多くが、実は特権階級が
雇っている【キリスト教徒】の人達なのである。例えば、日本に格差が無いと
本を出版して基督教右翼らが大量購入していましたが、あの著作者である
台湾人も「基督教徒」でした。他の類似する格差翼賛メンバーも、全てそういう
機関の教会繋がりの仲間でありました。だから年金を廃止しろだとか、
残業代を払うなとか、派遣労働者を潰せだとか説明していたのです。
これらは全て基督教右派の人達が推進していた思想運動であったのですが、
一般人の眼には、あれが愛国者の熱意で活動していると錯覚していたようです。
残念ですが、我々はテレビ局の政策機関を調べ、一般人として登場した
出演者の工作員や、それらの特集で出演して発言した内容である
低所得者は入学や卒業する資格は無いと横暴の限りを発言した女性など、
全て教会の信者の関係者であったことを暴露いたしました。全て【中流の上】の
生活をしている人達でして、【倒産や失業に対して心配する必要の無い】方たちで
ありました。産経が特にこれらの【宗派機関員】を集めて動員しておりました。
(最近では、日テレが報道した定額給付金の特集で出演した方も、ユダヤテロ組織
SWCと提携している宗派の信者でありました。)

話を戻しますが、歴代の皇室関係者の思想の中には、【道で倒れたものを助けよ】、
(浮浪者や失業者、傷病者、精神の病んだ者、他含む)という思想運動があり、
皇室関係者は障害者の支援保護やホームレスに対する支援活動をしてきたという。
これは≪*2聖徳太子≫が行っていた慈善活動として広められている。
太子にまつわる記録として【道で倒れている者は助けよ】というのがあるという。

しかし、最近の≪偽保守勢力≫は調子にのって障害者を殺せとネットで
大量に書き込んだり、ホームレスを野放しにして変死させておけばいいという
広域宣伝を繰り返している。また「格差社会で倒れる者」は自己責任である
よって資本主義やグローバルを批判する者は共産主義であると熱弁している。
これらのジャーナリストは共通しており、全て事前に用意されたメモに記した
内容を発言していただけであった。
(全てアメリカとイスラエルにとって都合のいい内容の社会的煽動を説明する連中であった)

(これらは色々な諜報でわかったが、キリスト教徒右翼に多い書き込みである。)
しかし、このホームレス達は長年失業から家無しとなり、最後は大半が衰弱死している。
この死体が「年間数体」も収容されている時期があった。これらは警察によって無縁仏様
として合同供養され、仏教寺院の墓で深く眠っている。

その葬った骨は骨壷に無様に収められ、数年後には「集団墓地に集団埋葬供養」
される。そういうホームレスの多くが、一番「底辺社会」の人達であった「肉体労働者」や、
低学歴の「非スキル世帯」でありながら、高度成長経済を支えていた労働者達である。
その死体の手を返せば、労働者である証拠に骨まで変化した過酷な労働をしていた
骨変化がみうけられる。これらは投資家やファンドマネージャーや竹中では、
一生ならない肉体の症状である。リュウマチなどとは違う変化なので検体を確認したら
直にわかる。このホームレスの多くを、我々も過去に調査したが、カタカナも書けない
老人や障害者、または高学歴であってもグローバル化推進改革の影響下で、
突然煽りで倒産した技術者までいる。しかもその殆んどが激しく精神を病んでいた。
だから路上生活が好きでやる人間なんていないものだ。必ず大きな悩みがある。
他にも倒産して借金を払えずに困っていた者や、家族の事情で逃げた方もいる。
最近では、勝谷の翼賛している経団連と小泉改革で滅ぼされた、庶民などもいる。
ついこないだまで工場で勤務していたが、派遣会社らに罵倒され、てめぇ殺すぞだとか、
出て行けと脅迫された人までいる。何も悪くない人もこうして格差大好き保守によって
突然ホームレスとなった人達までいる。しかし、勝谷などは、そういう巨大企業犯罪を
保護している側の陣営にいるため、実態を知らずに延々と叩き潰しているのである。
勝谷はこういう北朝鮮の平民のような連中を、言論であたかも正論かのようにえばりちらし、
老人などを捻り潰して調子にのっているのである。
しかも、親戚もわからない、親族もいない、親友もいない、家族にも無視されている
となれば尚更その苦労を私達は感じとれる。

市民の皆様こんな人の店で、社会人や失業者を潰せと言っている
連中の「うどん屋」に食べに行きますか?劣化ウランが安全だとか、
ダイオキシンが安全だとか説明する異常者の店に。お客様に何を入れて
食べさせているかわかったもんではない。ましてや昨今、三流保守が
改革路線などという民間に対する談合活動を推進したせいで、外資による
失業ラッシュ被害を受けている昨今、サラリーマンの失業を推進している
このこの勝谷の経営する「うどん屋」では、そのサラリーマンが細々と捻り出した
小銭を見て、こいつは格差社会の底辺であり、グローバル化や外資の奴隷経済に
従わない奴は、俺に貢げ!といわんばかりの態度で客に料理を出す店に
食べに行きますか?
しかも近所に外資族の犯人であった殺人者が、男性のバラバラ死体をばら撒いた
近所の店にだ。

こういう態度の自称右翼と称する青年達の暴行で死んだ者や、
右翼ゴッコのサークルをしているミリタリーオタクの少年らに改造銃で攻撃されて後日
変死しているケースもあったという。(自称愛国青年や不良は必ず失業者を叩くことは
暴行後の調書でよく判明している。)しかし、こういう連中に限って自らは
≪愛国者≫であるとのたまうのである。逮捕された後には必ずこう言い訳をする。
ホームレスや失業者は「悪い奴だ」から叩いていたと発言する傾向がある。

一部にはアメリカにシンパシーを擁く一部特定の思想をもつミリオタなどの
もまた、宗教信徒である場合が多い。キリスト教徒は特にミリオタ
という連中が多く、ネットで活動する軍事愛好家の大半が実はクリスチャン系である。
また現実でも銃砲登録をする者の中には、カソリック教徒や福音派がいる。
一部の者の中には現役自衛隊員より高度な銃砲技術や情報を知っている信者も多い。
昨年基督教の儀式として発砲射殺事件をやった男性も、有名な切支丹の末裔
の男性であったことがクリスチャン・サイエンスモニターで発表されている。

最近でも似たような煽動があったばかりである。それは右翼思想の自衛隊員と名乗る
連隊の戦車乗りでありながら、狡猾な煽動宣伝活動を通じて、加害者であるイスラエル
を保護する書き込みをそのサイトでは、発表していた。イスラエルの虐殺を保護するとは何事か。
このイスラエルがパレスチナ人の子供達や民間人に対して無差別に使用した【白リン弾】や
非人道兵器【フレシェッド弾】をこれらの連中は虐殺ではないと熱弁した。
どこにリン弾を子供や妊婦に向って発射するキチガイがおろうか?
赤外線信号誘導弾の防膜弾を民間に使用すれば、ナパーム効果で一方的に被害が出るが、
そういう愛国者と名乗る間抜けほどそういう【捏造】を行う。

その言動が、【聖地】イスラエルを擁護するためだけに行っているのである。
基督教の聖地はイスラエルにあるためである。またユダヤ教から基督教と変化
したために、連中にとっては【ユダヤを批判する者は神に反旗を示す異端児】である
と考えているからである。また他にも現地で使用されているという人体を木っ端微塵に
貫く「フレシェット弾頭弾」の使用に対しても、こやつらは正常兵器だという。
某巨大サイトでもついこないだまでは、ユダヤ批判をした者は相当叩かれていた
と思われるが、どうだろうか?そうとう酷い煽動や捏造を使ってイスラエルの所有
するアメリカ(厳密には英国ブナイブリスの所有する英国籍のアメリカ大陸と表現すべきか)
を批判する者を、ゴシップ扱いにしたり、左翼認定して攻撃していたのではなかろうか?

そんなに安全だというのであれば、クラスター弾頭より殺傷性の高いこの弾頭砲弾を、
自ら自衛隊員なのだから、くらってみるがいい。前身100箇所にこの貫通弾頭が全身に
ぶち込まれ、体中に槍が突き刺さりる。顔面がら背中の骨まで突き刺さるこの
クラスター砲弾をだ。

しかし、我々からすれば自国民の殺害を唆す≪外国宗教徒保守勢力≫
はテロリストであり、殺人者であると断言する。そのような者はただの殺人者
予備軍であり、保守ではない。ただの愉快犯である。過去にそうした愉快犯で
右翼活動工作や自国民を殺す活動をしていた連中がいた。
それが近代右翼の総帥、麻薬ブローカーの児玉機関であった。
右翼だといいつつ自ら麻薬を製造して日本中にばら撒いたエセ右翼のテロリストであった。

今で言うと自国民を殺しながら我保守であると宣言している勝谷のような
思想家組織に近い考えだ。こやつらのやったことは、右翼に偽装して麻薬漬けに
して殺していただけである。過去にもキリスト教徒の右翼が崇拝する信者の山本五十六
がいるが、あれもただの人殺し海軍右翼の英米派であった。
テレビでは歴史から焚書されて五十六ら基督教軍人らの怠慢ぶりが隠蔽されているが、
連中もやはり自爆兵器を国民に使用させて自爆(自殺)させては、我々は憂いし者で
右翼なの、保守なの、愛国なとど豪語していた。しかもご丁寧に、兵士に対して
攻撃が終了したら敵艦隊に特攻して自殺しろと言っていた海軍のトップであった。
一番自殺兵器を海軍で使用させていたのは、間違いなく天子様五十六の自爆部隊
であった。
もし私が上官や作戦指揮官であれば、如何なる手を用いても、
【敵陣から生存して帰還せよ】と強く指令を出すが、五十六らの【南蛮思想部隊】
の連中に限っては、【自殺して相手艦隊に特攻していけ】という奇妙な運動を強制
されていたのである。他の部隊も恐らく殺されていた部隊の上官は関係者であろう。

だからアメリカではその功績を称えて聖書的勲章である天子様と呼ばれている。

ようするに、自国民を殺害しておきながら、天使のような振る舞いをしている
連中が現代になっても腐るほどいるということだ。

産経や日テレ系列には、そういうゲリラクリスチャンが好き勝手に報道を作っている。
例えば産経の木村アナも、その手の者だろう。日頃から兵器には詳しいが、
キリスト教徒のペイリンを翼賛して、「M16スナイパーカスタムライフム」を
三日連続であれは≪猟銃≫だと大嘘を抜かして放送した。
普段は軍事兵器に詳しい解説をしていたくせにだ。キリスト教徒となると、捏造もいとわない。
それが基督教保守の実態である。これがもし朝日の報道であったら、朝から晩まで
支局の電話が鳴っていただろう。こういう連中などは上記の関係者のほか、
組織の多くが新聞社やジャーナリストの役職に就いており、
間違った煽動や捏造を行っているケースが多い。当然素人も釣られて煽動させられている。

※勝谷は過去に何度もテレビで、アメリカの「劣化ウラニュウム弾」は完全に
【無害】だと宣言して報道した。アメリカ軍でもこの兵器の禁止事項が
【辞典のように記されている】放射性兵器のことを。ドクロマーク指定の処方が
出ている兵器が安全だと説明していたのだ。

また英国情報部やロシア情報局でも、過去に猛毒として指定されている
ベトナムダイオキシン兵器である「エージェントオレンジ」は食べても
一切無害だと説明した。
四塩化ダイオキシンの部類に相当する枯葉剤ダイオキシンが無害だと説明したのだ。

このようなデマゴークを延々とネットや番組で垂れ流しているジャーナリストも
珍しいが、連中の頭の中では、永遠と華々しい理論で≪無害≫だと信じているようだ。
しかしNATOの空爆で、このウラン粉末を吸った兵士が次々と放射性リンパ癌が
発症して血液から【血管】まで【癌化】するという世界初の変異癌が多発していたが、
勝谷はそれでも安全だと熱心に捏造してアメリカを擁護するために徹底的に説明している。
それが奴の常套句であった。この間抜けが説明しているのが、ホームレスを助けるな、
というコメントの数々である。信じがたい捏造を平然と行う奇人が「勝谷」である。
また中国の地震災害で死傷者が大量に出たときにも、テレビで死んで「ざまぁ観ろ」
と発言した愚人である。また自分の身だけは助かりたいといつも発言しているのも勝谷
の言い分である。

あの死んだ中には、チベット族の混血者も多くいると、有名なブログさんでも
公表されているが、本人は右翼思想を信じて、「死んだのをざまぁみろ」と言ったのである。
そんな連中が出る母体が、ヤシキタカジンの言って委員会というCIA顔負けの煽動番組と、
ユダヤ翼賛雑誌の「*3SAPIO」である。奴に道徳心や義の心は一つも見受けられない。
今後青年保守はこのようなスパイがかった連中を観察し、本来の道を忘れぬように
しなければ、危ない思想家と変化してしまうだろう。これでは左翼以下の連中である。
いまとなっては左翼の方が人だけは助けている。それも出来ぬのに、保守だとなのって
はいけない。この手の者は、最悪の日本の恥さらしである。

※ここ5年間で左翼陣営が自殺者を保護し、また、外資のステルス企業である
サラ金地獄から助けた人数は3万人以上。累計5万人以上を救済している。
※保守派組織がその次期に行った活動はその逆で、禿げ鷹外資の保全
活動と、それを妨害する人達に対する「罵倒・隠蔽工作」の数々であった。
勝谷、台湾人の金、三宅、竹村、竹中、小泉チルドレン、も全てこの手の
犯罪者を保護していたのである。その決り文句が、英米の奴隷経済である
グローバル化に反対する人達は共産主義だ!という被害の隠蔽工作であった。



■昨今、日本の失業者などの自殺者数の把握では、最悪の状態に変化してきている。
全国では、たった一月で、なんと自決者が「3000千人以上」なのである。
その中には宗教青年らによる煽動による自殺の推進などもあったが、
やはりその多くが、「失業から自殺者」が出ている。なんと子供を作る世帯である
30歳台と50歳台が最も多く、何故か子供達にまで虐めなどが広がり、自殺が増えている。
仏教的道徳の広がっていた戦前の時には、こんな自殺者や社会の
虐めはありませんでしたが、戦後に基督教右派が国家体制を強奪してからは、
社会循環に弊害をもたらすユダヤ主義などか広まり、堀江や竹中のような
国家犯罪者が翼賛されるといった魔の逆転現象が起きている。

しかし基督教保守の場合、こういうニュースが流れると真顔で絶賛してざまぁみろと
いうのである。例えば、台湾カソリック十字軍の情報機関に所属する
格差大好き台湾人の金や、その流れある特権財団法人の理事長である
松下政治経済塾の腐れシスター曽野などもそうした【*4マタイ主義】の原理主義者達である。

これらは全て【産経偽保守】に繋がる【キリスト教徒】のメンバー員らであり、
ユダヤ原理主義者らである。全て基督教の組織員が自殺の推進や失業者殺しを
テレビや雑誌ネットなどで徹底的に煽動していたのである。これは基督教が
学ぶ【マタイという邪悪な殺人推進聖書】の教えに従って【終末の世界】を
望んでいるからである。

■上記の一番判りやすい例えには、キリスト教徒の台湾人の金や曽野らは、
労働者は【過労死するまで働かせろ】と記事などで実際に発表している。
また格差を【必要】としない社会は【悪】なのですと傲慢に説明している。
どちらも敬虔な宗派の人達である。どちらも所得が永久に安定している
特権階級の職場にありつける人達であり、関係者は今問題となっている「20兆円」も
税金を搾取している【特殊財団法人】の関係者ばかりである。
役人と外資の中間の牽引者である組織の人達は、決まって資本主義だ、
グローバル化だ、改革をして民間に横流ししなければ、社会は破綻しますよと
嘘の煽動してきた連中ばかりである。実は改革しなければならない側の
人達と一番関係していた側の連中が、この組織である。だから7年間の間、
財団法人は大量に増えていた。そしてこの過労死させろと発言していた曽野
もまた財団法人の理事長という役職で一生涯保障された特権役人の人達であった。
「※」ことあるごとに、格差が必要だ、 年金は必要ない、 老人は長く生きすぎだ、
学問は所得高い人だけが受けるべきだ、 残業代を払ってはいけない、
派遣労働者をもっと増やして労働者で商売する時代なのだ、 日本の農家はいらない、
神道の飯米を食べる時代ではない、 これからは優秀な外国人が国を支配するのだ、
過労死した人は自己責任、 社会落ちぶれた人は自己責任、 金の払えない人は
社会に必要ない、 格差を言う人達は左翼なのです、 ユダヤ人は素晴らしい、
ホームレスや失業者なんて死なせて無視しておけばいい、 アメリカの素晴らしい環境を
真似すべきだ、 年金をサブプライムに積極的に投資しなさい、
日本の政府資産を全て外資に民営化して売りなさい、政府に生活の安定を
求める人達は国賊だ、一般的環境推進はエコテロリストの特権だ、
健康保険はいらない、学費援助は必要ない、貧困があった方がいい社会だ、
全ての国家インフラは外資に売却してこそ民主主義だ、

などと永遠と発言していたのが、この犯罪者の「卑語」を広めていた連中である。
産経や勝谷もこうした発言を長年流し続けている。しかし、自分では正論だと思っている
のだから面白い連中の思考判断である。ではこいつらが社会の底辺に落ちても、
絶対に助けてはならない。どの社会環境システムにも参加する資格がないのである。
ましてやエセ右翼な断言どおりに庶民が失業しても助けるなと宣伝しているのだからだ。
明日から上記のメンバーは、年金から健康保険から、失業者保険を一切受けてはならない。
自ら削減して、【いらないと】説明していたのだから税金だけを払っていればよい。
それでも自分達は財団が雇ってくれるのだから、安心してくらせるでしょう。
もし癌になったら、一人一千万もアメリカの保険会社に頼んで治療してもらえばいい。

(ちなみにアメリカの特殊法人と財団は、慈善活動をすれば脱税できるという
裏システムがあり、これらはヤコブ系やネイサン系、フェルドマン系、
ロス系などに多い王族系の血筋だけに許されている実在するアメリカの奇妙な特権である。
ロックフェラーは募金を続けて脱税した資金で買収資金をつくり、オイル会社を運営していた
という犯罪経歴があり、軍隊まで実始所有している特権財閥である。石原家が翼賛した
国際犯罪者の王族系の一家でもあり、9.11テロを自分達が計画して実行させていると
自供した国際テロリストの管理者でもある。またユダヤ教徒であり、敬虔なクリスチャン
としても活動している。中国を共産化した一族としても有名であり、北朝鮮の軍事支援や
フジサンケイ・読売テレビを加入させている国際テロ組織を保有する財団である。
所有する大学はアメリカの半数と、竹中の先生であるMIT機関もこの財団の所有として
有名である。過去に原爆を投下した国営系財団としても有名である。)


■関係ない別の保守である小林よしのり氏の発言では、社会循環のエートスが
格差によって壊れたとき、構造的ピラミッド搾取が始まり、庶民は下層へと
落ち、二度と一般的社会生活は望めないだろうと説明している。
またその恩恵は庶民には無く、富に満ちた人と、富に満ちた構造社会の関係者
だけが裕福になるという変化がおきるだろうと説明していた。
この時、社会環境は壊され、庶民生活が根こそぎ破綻していくだろうと説明している。
これは英米などの一神教の社会構造だとして批判した。

■左翼団体の共産党では、社会構造が外資に支配された時、庶民の生活は
破綻して二度と生活できない社会にと変貌し、飯も満足に食えない人達と、
何をしても金で溢れる特権構造の人達らによる【二分化】された社会にと
グローバル化だけを信じていれば発生すると長年警告していた。
その予言通り、左翼陣営の方達の意見は的中し、昨今の失業推進社会
にとたった7年間で変貌してしまった。保守ではないのに、警告通りに
的中したのである。そして出てきたのが、刑務所を経営している
オリックスという特権階級の貴族と、竹中らの特権犯罪を広められる人達
であった。たしかに外資や竹中が暗躍する前には、貧困者から
土建業まで、飯だけは何とか食えた。ましてや学生を資産別に市民から選び、
就学拒否するということは戦時中もなかったことだった。



(余談*2)
(*昨今、この聖徳太子という言い方を歴史の間違いと発表しているのは、
基督教都が当時の政府文部省を強奪してのっとった時に、奴等が発布した。
その機関学校の組織に起因している。このテロ組織である学校機関、
旧師範学校上がりの切支丹思想をもった反皇室部隊が、三流学者の言い方として
発表し始めた。元々は東大機関の賢人の論文を悪用して引用したのが
この聖徳太子がいなかったという言葉のギミックであった。
そして太子信仰というのを、一方的に捏造という言い方をし、バッシングする方法こそが、
基督教の旧師範学校思想家の「定番のやり口」である。その目的は日本の文化を
完全廃止し、仏教道徳の禁止、また後々に聖書の国に日本を変貌させ、
聖書の国に相応しく変化させるという「神の国運動」なるものがある。

また千の風という基督教徒の殉教ソングがマスコミの暗躍でブームとなったが、
あの歌がキリスト教国であるアメリカでは、日本人がイエスのために殉教したという
印象となっていることは国民の大半が知らされていない。いわば聖書機関の連中から
してみれば、敗戦ドラマでこの曲を使うということが聖書の美学であり、聖書の国に
よって大量虐殺された日本国民全てに対する賛美歌として捉えられているだろう。
元々はイエスのために殉教して信者が天国に行くという歌であるからだ。
我々市民・国民は、あの歌を永久に歌ってはならないと魂に刻むべし。
我々は一昨年、東京大空襲のドラマや日本軍の敗戦ドラマを調査したが、
国民を殺し、奴等が楽しんでいるかのような表現として度々描かれていた。
教会の前で女性がアメリカ軍航空機で射殺されるシーンはまるで殺されて良かったねとでも
表現しているかのようにも見える。作者の意図はどうであれだ。何も知らない青年達は
反日的だと怒っていたが、左翼からしてみてもああいうのは奇妙な表現であろう。)


「*3」SAPIOは保守的な軍事機関紙であるが、聖書機関のテロ組織活動や、
反ユダヤ的論文は掲載しない。また反陰謀論を広めているらしく、国際ユダヤ人犯罪
の温床を徹底保護している者まで再三登場している。さらにユダヤの武装機関
だと思われるポルノカルト集団で、民兵組織である「ザイン」という団体を二度も掲載している。
この団体はイスラエルのために活動するフリーセックス民兵組織であり、教祖は
またしても韓国人である。統一教会も同様にイスラエルを保護するために設立した
最悪の反日機関である。間違っても保守、右翼、中道派ではない。統一機関はユダヤ人ら
による対日テロ組織の武装機関であり、旧オウム真理教のケミカルテロ武装組織の
残党である。統一教会を熱烈に援護しているのが、読売系列と産経の右派機関
アメリカコネクションらである。他にも最近奇妙に突然登場したのが、ユダヤ世界共産主義
を推進(ワンワールドの事)したフリーメイソン機関員であるとされている
臼井というユダヤ機関のロビィストらであった。この機関員らは、エスペラントを
ユダヤ世界共通言語にしようという組織運動エスペラント語研究員だというが、
関係者は一昨年川辺で変死しているという。他には竹中とフェルドマンのMITチームの
同友も経済評論家として出演。一昨年sapioでは、世界の結社という特集を行った。
しかし特集されている背後関係がやはりユダヤ機関繋がりである。
最近でも9.11テロ陰謀説を、与太の間抜け話だとする報道特集をやったらしいが、
やはり、ユダヤ人組織の情報に対して食い込まれるのが察知されたくないのであろう。

またユダヤ機関ブナイブリスであるモサッドを翼賛している軍事評論家も登場。
どこに右翼思想家でありながら、日本に10発も原子核爆弾を投下しようとしたユダヤ人
機関を翼賛するバカがおろうか。

昨今こうしたシオニストなイスラエル系シンパの活動が多方面で激しいが、その抵抗運動
の裏には、日本に原爆を投下したことを「ユダヤの祭り」だとして過去に
指定したのを世界にばらされたからであろう。こうしたユダヤ人機関の悪逆ぶりは
聖書の機関を通じて全て連絡網を設立しており、迅速かつ、凶悪なテロ活動を
続けている。ユダヤ人機関の活動には、親日機関もある。石原知事が加入している
ユダヤ機関の聖書部隊もイスラエル人親日家のである空手団体の松涛会館の
系統から入り込んでいる模様だ。その友人はエリ・ヤフ・コーヘンという
大使館員であるが、ただのスパイである。石原家はそうしたテロ組織のスパイらと
接触して東京を支配しているつもりだろうが、その背後関係は全てイスラエルである。
息子もまたユダヤシンパでロックフェラーシンパである。上杉機関本館の右側には、
9.11テロを自供して行った財団であるロックフェラーを翼賛した石原の翼賛ビデオが
掲載されている。9.11テロを行った連中を自ら翼賛して放送しているのは、
間抜けな石原一家ぐらいのものであろう。お間抜け石原一家に通達しておく。
原爆を開発してウランの抽出をさせていたのが、貴殿が翼賛している
ロックフェラー財団と、ユダヤ人コーヒーメーカーであるネスカフェとそのCM
に出ているユダヤ人のアインシュタインらである。何所に笑顔で原爆使用許可証に
サインした連中が親日的だろうか。実に嘗め腐った連中である。


「*4」マタイとは、キリスト教徒が望む世界に到達するために、
神の思想に従うために生活させ、他の宗派の自殺と貧困化を推進して徹底的に
生贄にするという西洋の儀式とセットとなった殺人聖書である。
場合によっては「同族の抹殺」や「国家の破壊」なども推進する非道徳バイブルである。
内容は実に奇妙な理屈が書かれており、例えば貧困社会を神のために作り上げ、
その時に社会と生活環境が絶望と貧困社会の中に落ち、そして国民や家族・兄弟が
殺しあえば、その時に「神の国」に入れる資格が得られるというカルト的な教えである。
また格差社会を推進する時には自らも過労死するまで教会に帰依し、社会
環境の変化を創りあげるという思想書である。

これは最近ある基督教大学に入学した外国人がテレビで大々的に発表したが、
やはり国別の翻訳タイプであっても、終末世界到来のために神の国に入るため
社会変化で貧困をつくって殺し合わせて、自殺や殺人社会を構築してイエス様に
認められる魂の準備をしなさいという、との概念として報道されていた。
特に問題視していたのが、子供兄弟も「格差」に突き落として殺し合わせろと
明確に記されていたことである。これら教会の神父らに説明させると、【魂の救済】
という儀式なのだそうだ。

ただし、一般のキリスト教徒の方たちは、
精神の正常な方が多く、政府系の連中に限り
この文章の内容を当てはめるとしています。
正常なクリスチャンに栄光あれ。
見苦しい文書で御免!

★★★国家を破綻させる放送局 テレビ朝日と竹中の愚

先日、朝の放送で竹中を翼賛する番組をテレビ朝日が放送する。

今回英米フランス発の【世界の金融支配政策】が完全に間違っていたことは、
既に全米と全英が認めている史実であるが、朝日グループの放送局は
【世界を一撃で破綻させた竹中式経済学】が未だ正しいと大嘘を翼賛して放送している。
そもそも竹中という【経済テロリストの官僚グループ】を、あたかも正論の改革者であると
大嘘で塗り固めて放送してきたのも、また朝日のグループ会社である。
朝日グループの日曜特番の司会者である田原には、その責任を重くとらせる必要がある。
そして産経諸君の基督教組織のメンバーにも深く責任をとらせるべきである。

この番組で特集されたのが、竹中の【嘘コメント】の翼賛、
次に竹中式経済学の推進であった。

この中で日本国民の多くがわからないと思うが、竹中の利用する「話術」とは、
正論ではなく、全て嘘で塗り固めた「狂言」による話術だということを知らねばならない。
正論と嘘の違いを理解できぬ朝日放送は、この外道官僚達を永遠と翼賛するだろう。
ちなみに竹中の秘書も現役官僚であり、今も政界と民間で深く癒着している。
岸という男性もその一人である。またブレーンである塩崎も官僚であり、
渡辺らも直轄している官僚機関員である。だから竹中は官僚改革とはほとんど言わない。

ある番組では、竹中に官僚のことを問いただすと、逆に罵声を浴びせて言い逃れた
ケースが何度もあった。正体見えたりである。竹中の話術とはもともと、正論を述べる為
の思想ではない。またこの屁理屈を中心とした嘘つき青年たちの理論が正しいわけではない。
そしてこのアメリカの文化が素晴らしいわけではない。アメリカという国は【人々を奴隷】
にして殺しつづけてきた【聖書】の国である。生き方や、他国に対する殺害方法、
戦争理論、口頭戦術、この全てがユダヤ思想から生まれた殺戮の教団である「基督教」から
創られている理論文化であるということを知っておくとわかりやすいだろう。

この基督教は【説教】という【屁理屈】で、相手の【正論を神の名のもとに捻じ伏せる】
という理論をいくつか教えられる。いわば神のためならば、数万の嘘を言ってでも相手を
捻じ伏せよ、という理論が基督教国家の基本理念である。ようするに人間として最も重要な
ファクターである【道徳概念】を完全に禁止しているのである。
ある意味【人間失格の文化】である。しかし基督教の国家ではこれが全ての文化なのである。
だからアメリカ人も英国人も、他国民に対する戦争や虐殺に対しては、【聖書を基本】としていれば
全てが【善】なのである。虐殺をしても、侵略をしても、基督教のためと言えば
全ての犯罪は正当と考える。世界に対する奴隷植民地政策と原爆投下虐殺はその典型といえる。

さらに基督教徒には次のことわざがある。
「頬を叩かれれば、相手の頬を叩き返せ」。

この理論は相手に言われれば、言い訳のために【徹底的に反抗し相手を叩け】
という意味の一つであるが、実際にキリスト教徒の学者や芸能人を見ていてもわかるが、
相手に対する【礼儀と倫理】がなく、自分らの発言した理論だけが世界で一番正しいと
平然と傲慢に振舞う精神文化がある。例えば特権官僚でありながら改革をという大嘘を
ぬかす竹中達と官僚最大の組織であるポリシーウオッチも、キリスト教徒を中心とした
組織であることは瞭然であり、推進者や保護者、そして活動家も全て基督教徒らで
あることは連中が言われたくない事実の一つである。チームポリシィーウオッチという
官僚の政治団体も、また基督教の名称からつけている団体名である。
また竹中を翼賛する個人・団体・組織も全てがキリスト教徒達であることを忘れては
ならない。基督教大学の愚人教授である八代教授もまた竹中ブレーンの一人であり、
間違った国家政策を推進している連中の一つである。

▼竹中式経済改革をした結果、こう社会変化が発生した。
-外資向け規制改革の推進と規制の撤廃により、社構造は外資と株主による介入を許した。
その影響により、会社の経営者には権利がなくなり、得体の知れない高利貸しである
投資家や資本家達によって会社を資金で盗まれ、奴隷化されて強奪されてしまった。
外資に支配された各企業の役員報酬をみれば平均3億が譲渡されていることがわかる。

スティールバートナーズの悪行や堀江は、その典型的な株泥棒の典型であった。
しかし竹中は、この泥棒達に会社を支配されることが【正当な改革】だと宣伝して介入
してきた結果、従業員の削減や、二酸化炭素排出権が出てしまう大量生産主義の導入
や、マネーゲームによるバブルと短期経済の推進と悪い方向に社会が悪化してしまった。
この影響で発生したのが、長期社員の給料の大幅な削減、リストラであり、逆に株主
と連帯する側の役員と社長関係者達だけがその給料を100倍にして強奪できる
というシステムを構築したのである。あの日本でリストラという非人道的な資本主義
文化を植え付けたのも、ユダヤ人のカルロス・ゴーンである。役員年収は10億
で、他の部下も派遣から吸い上げた資金で腐るほど手当てを貰っていることは
有名である。日産にしてもトヨタの資本にしても、見た目は日本の企業だが、
資本はユダヤ人が支配する結果となった。これが改革の見に見えない毒の凄まじさだ。

ユダヤ人はこうして他国でもステルス化して企業を間接支配して強奪する。
これは【ユダヤ人の宗教概念】でもあるからだ。ユダヤには2000千年の民族文化がある。
それは次の思想運動にある。
「ゴイムに土地・資産渡すこと、ユダヤの神に対する非礼なり、よって家畜である異邦人の
豚であるゴイムから殺し、搾取することなんら問題無し。非ユダヤの少女は汚れし豚である。
よって強姦すること、屠殺すること問題なし。」こういう宗教教典がなんと数万点も古代
ユダヤ人達は宗教の法典として世界中で学んでいる。だからパレスチナ人を殺害したり、
日本人に原爆を投下することは、ヤハウェーである唯一神の言い伝えだとして長年
推進していたという闇の実態がある。それが外資のボス達が学ぶ宗教である。

このような搾取国家に改革していけば、当然これでは国民平均所得が激減するために、
長期ローンが組めず、短期労働社会の弊害もあわせて返済期間ももてないため、
景気は著しく後退する。ましてや今度は、農業まで竹中達は民主党と自民党
に対して投資や外資の産業にするようにと計画している。
しかも、どちらも賛成している有様である。

最近ではオーストラリアでも問題が多く発生している。農業の大量生産を図ったため、
土地が枯れてしまい、次々と温暖化となる土地を大量に増やした結果、地下水を使い果たし、
現在はその朽ちる土地を増やすのみとなった。素人は農業で大量生産すれば儲かると
【浅知恵】を擁く。しかし土というものには実は【寿命】があり、大量生産後に土は改良して
数年間寝かしておき、自然循環システムの保護下に生物分解させておかなければ、
土は死に、土壌の再生が困難となる。そのため肥料に依存するという作業を続けている。
また大量の農薬を使用するために、土壌も激しく汚染する。特にモンサントの遺伝子操作毒品種
は二重に土壌を汚染する。ダイオキシンの含む超高濃度農薬とアレルギーを発生させる
毒入り品種が多いためだ。当然それを大量生産すれば土地汚染が加速する。オーストラリアは
その典型的な見本である。農業とは本来、産業ではなく食業である。それを理解できぬ
資本家達が世界中の土地を破壊して再生不能にしてしまった。

最近よくいわれている経済学の指標であるが、それは当てにならないだろう。
連中は自分達が株を操作して個人利益を上げたいために、社構造を全て私物化
させようとして国体を変化させてしまった。竹中も当然経営者として自分の
行政改革と深く癒着している。間違てっも郵便事業が破綻することはなかったが、
破綻すると嘘を大学生達に教えつづけ、結局民営化して年間1兆円の損失を逆に
出した結果となったが、その損失は成功だと竹中達は連日頭の狂った発言している。

損失させることが成功だと説明する異常者を翼賛するのが昨今の情勢である。
この朝日の田原総一郎という人物が竹中族を長年MITを引き連れて翼賛した
日本の悪しき元凶となっている。そして田原が煽動して殺してきた国民の数は計り知れない。
田原は左翼ではない。関係者は全て竹中と小泉首相の関係者である。
飯島とも関係をもっている。

いわばこれらの規制撤廃とは、外資の支配を強めさせ、その利回りを日本人の
血税や労力で利便を謀ってやるのが本当の目的である。

だから外資族の改革派の会長をしていたオリックスらが、癒着目的で簡保の宿を
市場価格の半分以下で購入しようと言っていても、竹中はそれが【企業との癒着】だからと
説明して【止めさせなければならない】とは一度も言わない。

この手法を各地で連中は過去に実行し、その所有者は税金で維持した後に、
外資の所有となったことは竹中達が一言も説明しない本当の実態である。
観光産業の場合ではやはり大手のホテルである外資に客を回すために行った政策であった。
ちなみに産業再生法で税金を投入した後に、竹中が煽動して新品となった企業を
無料同然で購入しているのは殆んどが外資である。外資に支配されて内貨を
抜き取らせているのが竹中式改革である。こんな国民外資奴隷改革なら誰でも出来る。
また日本のインフラを全て外資に売れと言っているのも竹中達基督教徒達である。
ましてや派遣労働者からも搾取しているとは言語道断。
さらに【派遣労働者からまで搾取】するとは正に社会主義の思想そのものであり、
ユダヤ民族主義の表れであり、愚の骨頂である。バカ保守といわれている人物達は
社会主義と資本主義の同一性をユダヤ民俗学のレベルで知らないために、
奴らのつくった【双方体制】の思想運動の世界観でしかものごとを語れない。
ユダヤやWASP連中にとっては、社会主義であろうが、共産だろうが、資本主義だろうが
支配と独裁が出来れば体制や国家はどこでも良いのである。だからアフリカでは
社会主義を資本主義として導入させて人種を奴隷にして隔離していたし、またヨーロッパ各地
でも資本手として社会主義をドイツやロシアに強制的に導入させていった。
これを導入させたのは全て【資本主義】の陣営であることを忘れているのである。
だから資本主義も社会主義も危険であるということを知らずにバカ保守といわれている
基督教宗教保守達が連中の理想とする仮想世界を翼賛しているのである。

しかし、日本が西洋人に支配されることを望むのが、キリスト教徒の本望
だというから恐ろしい限りだ。過去に基督教となった伊達政宗らは、
スペインのカソリック法王や王族に対して、日本を植民地にして国民を奴隷に
してくださいと願いにまでいったそうだ。そこで断られると、今度はローマの教会
にまで出向き、そこでも植民地にして下さいと説明したという。このような精神の
破綻した西洋奴隷者達が、竹中達宗教徒が操る改革の正体である。
そしてキリスト教徒の中には、自分達が西洋人でないことに激しいコンプレックスを
もつ人が多い。そのため教会では洗礼式を行い、洗礼名を
授けてもらう幼稚な儀式を行う。

例えば、日本人でありながら、サムエルなの、ガブリエルなといった聖書と関る
西洋名を教会で貰う。このような幼稚な連中が言ったことは、原爆投下による
日本人虐殺は正しかったとか、劣化ウラン弾に被爆すると健康になるとか、
ベトナムダイオキシンは飲んでも安全で健康だと、平然と西洋基督教国に
憧れるために嘘を発言してしまうという連中がいる始末。
宝塚歌劇団もそうした西洋シンパの教会員達の奇妙な演劇であるが、あれが
連中にとっては最高の芸術なのだそうだ。しかし、この宗教を日本に広めたのは
イエズス会というテロ組織であった宣教師組織であったが、この人物達の実話を戸々に
書くと、何所が聖書なのだろうかと笑ってしまうたろう。書くと下品となるので、詳しくは
【イエズス会とリリス】で検索してみるとよい。これが連中の精神構造の一つである。
(また創世記の内容が一般では確認しきれないらしいが、創世記のナンバーが
あまりにも愚鈍で酷いので、出版時には翻訳を焚書した部分もある。
ほとんどが実は強姦と近親相姦と殺戮の内容である。

昨今アメリカの行政機関は、日本に対して昨年早急な内需政策を自発的に展開しろと
説明してきたが、竹中のブレーン達は内需ではなく、外需を突っ走れと説明している。
例えばスイカを中国に売れば国家が再生するなどと平然と間抜け発言をするのが
竹中達だ。しかしこれで内需が上がるわけではない。それはバブル手法の産業改革である。
単価をみれは一目瞭然。また輸出をした分、輸入も国際枠として強制されるからである。
幾ら売っても、その三倍も100倍も輸入して内需生産を潰せば意味がないだろう。
連中はそこが理解できないのである。だから竹中の思想とコメントは全て英米の
パクリなのである。
しかし日本では現在、竹中の進めた計画により、内需産業は破壊されている。
この元凶が会社に【外資の寄生体】が入り込み、日本国民の資産と体内貨幣を
【24時間永久】に吸い上げてしまっているからである。昨年から日本の株が上下
して不安定になったのも、世界で最も【外資投資比率】を上げている日本の証拠であり、
証拠がその売り売買の乱高下であり、相手国は日本の資産を大量に保有している
ために、売却して利回りをつくり、その売った後の値下げ債券や投資品目で
再度買ってまた売って【利回りを稼ぐ】という成金ゲームをしているだけであった。
これは外資が組織的に行っているから乱高下しているのである。
この調子では永遠と株によって経済と内貨が抜き取られていくだろう。
これが竹中の政策の最も間違いの一つであり、点数は永久に0点である。会社は
従業員の雇用よりも、【外資の配当手当てや利回】りを重視しているために、
こうした内需に転換する国内産業の国内消費という基本循環を停止させて
しまっているのである。だから竹中は外需に依存した麻薬中毒者のような
経済理論しか言えないのである。【賃金を安く抑えよ】と強制してくる
【株主と外資】がいる限り、内需に滴る消費に繋がるわけがない。


竹中は無知なのでわからないのである。外資政策の影響で低賃金なのに対して
それでは物が当然市民は買えない。しかも短期労働を派遣社会として
推進したからローンも組めない。その他にも増税と無駄な官僚向け
外資癒着政策をしていたのだから、永久に内需が発生しない。コメの果てまで
竹中は栽培するなと長年説明していたのだから、酷い有様である。

これが日本の血流大動脈を外資に支配されたグローバル化の正体である。
このような産業政策を竹中のとおりに実行したのが、今回サブプライムで破綻した
米国・英国・ロシアの金融諸国である。この意味も理解できないのが竹中達である。
現在の経済システムは英米の貴族だけが豊かになる仕組みであり、バブルを
発生させてそこで利回りを得るという犯罪を基本経済としている。株で売買を重ねて
利益を出せば、それだけどこかの国がその利回りを補正しているという証拠でもある。
それは売買した資金がただでは成立たないからである。ということは、
外資政策を重視すればするほど、国家の借金はその配当に対する循環と補填の
餌食となって借金がファンドの内部で増えていくということだ。
だからバタバタと、ちょっとした情勢で企業が破綻していくのである。
(公安部も少しは反省していただきたい。グローバル化を本部で徹底的に
翼賛してテロ対策として間違ってスローガンしてきたのだから。さすがに保守も騙される。)

例えば竹中の足に、自分のロープをつけておくとする。これをグローバル
社会と命名する。そしてその竹中が倒れれば、自分も引っ張られる、
これが竹中式経済学である。相手が倒れてる時に、わざわざ自分達まで倒れるよう
にしたのがこの国際金融政策である。だから竹中式経済学は【バカにだけ】理解】
できる経済学なのである。ようするに、ヤンキーや暴走族のような連中が理解できる
程度の学識しかない。それを自らの理論だとホラを吹き学術のような振る舞いをして
いるのである。全てアメリカの政策を【模倣】しているだけなのに、独自性なんて
あるわけがない。だから竹中は外資の事ばかりを気にして永遠と説明しているのである。

■先日、ある本が発売されている。それは派遣業を推進したメンバーの一人であった
中谷という人物の本である。その中で奴はこれらの行政改革をしたことに対して
【懺悔】すると発言し、【深く反省】している。
(懺悔という意味は、クリスチャンが猛烈に反省している時に神に対してだけ謝罪する行儀)
ようするに、派遣業を推進した側も失敗したと反省しているのである。
口先だけでも許すべきだが、竹中族は未だ反省しておらん。もしこの人物が
本当に反省しているのであれば、その本の印税を派遣村に少しだけでも募金して
やることぐらいは出来るだろう。竹中や小泉のような国際テロ組織に加入する経済評論家や
一族には、関係者をまとめて【国外追放】するべぎである。保守や中道派や左翼で
高度な理論を展開できる学者や議員はまだ腐るほどいる。

■先日の国会答弁には、共産党の幹部である志井委員長が答弁をした。
この人物は共産党であるが、今回発言した内容には実に深みがあり、
共産党員といえども日本的な道徳的「道理」の通った素晴らしい答弁であった。
本来このようなコメントをするのは奇妙なことだが、今回共産党らの活動には
勲章候補をともいえるべき博愛的な活動を正月から続けている。例え革命家集団
であっても、この活動は保守活動家らが見習うべき救護活動であり、否定してはならない。
数年前、このころから改革が始まったが、その悪癖といえる改革の元凶により、
経済困窮者達が大量自殺している。しかしこれを救護する保守主義者は某武士系
機関の一社以外は存在しておらず、それ以外の保守組織は挙って市民生活の妨害を
行ってきた。勝谷というジャーナリストもその悪人の一人である。しかし、
自国民が自殺して喜ぶ保守がどこにおろうか?それが最近存在しているのである。

奇妙なことに、それは全て基督教徒の組織と連帯している者に多いのだ。
なぜ基督教徒達の一部組織が、【国民を叩き潰せ】と計画しているのかはわからぬが、
その発端となっている思想の背景の一つに、世界最大の資本家であるユダヤ系
キリスト教徒であるロックフェラー財団が提唱した【世界の終末】を宣言したからではないかと
思われる。実は日本民主党の政策マニュフェストや、自民党の政党公約が4年遅れで
同じであるということが最近わかった。この政策内容は全てアメリカから通達された
政策であったが、それが竹中をフロントとして年次要望改革として実行され、
格差社会推進経済と変化させられていったのだが、この経済方式を世界で最も
最初に計画したのが、アメリカのロックフェラー財団とドイツと英国に拠点のある
ロスチャイルド財団らである。この連中はドルを発行する政府系財閥として有名
である。また同時に日本の資本家や政界とも癒着しており、自民党や民主党にも
そのフロントが大勢いる。民主党だけでも15人以上がこの組織の代表をしている。
また自民党の歴代の二世三世達の大半が、この財閥と会議を毎年開く。
よく東京で海外の豪華客船がくる。それが連中の会議室の一つであり、
産経グループと読売グループ、そして朝日放送の中の竹中派組織と繋がっている
ことは自分達でもよく自供している。またダボス会議やデルタ会議の役員もこの連中
のメンバーだけで行っている。これが巨大な国際犯罪を生む巣窟のボスである。

最近では航空路の廃止や、名古屋最大の空港であるセントポーリア空港も
赤字決算を予定していたが、それでも空港の新建設が必要だと基督教右派
の議員らが談合工事を計画している。そしてこれらは全て【民主党・自民党】の中で
計画されている【外資の投資向け事業や特権財閥向】けの宗教活動を【含む】事業で
あることを知るべきである。この事業に関しても、やはり【民主も自民】も同じ賛同を
している。この赤字確実な事業である無駄な公共事業を、今だからやれと言ってる
連中が多い。その議員達はすべて【松下政経塾のクリスチャン議員】どもである。

この人物らは、外資が空港を建設しろと指令を出したら、直にやりますと尻尾を振って
始めたという。全て【ユダヤ人系】基督教徒の【外資】命令が、これらの計画の出所である。
この僕どもは外資のユダヤ人に指図されると【永遠と血税】を使って談合発注する
1990年代の土地バブルもまた例外ではなく、外資とアメリカ政府が要請して行わされていた
米国大使館員や米国政府高官向けの公共バブル事業であったことがわかっている。
プラザ合意も有名であるが、政治家が一番言われたくないのは米国の政界で組織する
結社、【バーニング・ツリー会談】であろう。これを日本で知っている人物はほとんどいない。
政治家がゴルフコンペを開催してるのも、ここの政治組織を模倣しているためである。
この結社に全米の芸人、扇動家というロビィスト、基督の宗教指導者、学者などが
会員として結成され、他国に対して談合を総理大臣や他国の首脳に対して一対一で要求
してくる。そうこれは究極の談合会議である。アメリカや英国に出向きゴルフやサウナに
行けば国民資産が200兆円消える。これがこの組織のやり口であった。


そして無駄な大規模化した空港の発注事業や外資向けである男女参画思想運動の
推進者には、民主党には原口議員を含む外資族に裏で繋がる若手議員15名以上が
偽装して改革を推進をしている。(原口は自分でもわかっていない)
この事業に対しては税金の無駄と連中は連中は決していわない。さらに公明党らが
公共事業で絡んでいる。これらは全てユダヤ人組織と結託している議員と組織である。
東京で活躍する猪瀬もこの組織のフロントをしており、官僚と深く癒着している。
ちなみに姑息な態度で屁理屈を言いつづけている竹中であるが、あれも官僚の
現役メンバーである。だからロビィストらはユダヤと基督教徒繋がりだと言われると
【発狂】して妨害をするコメントを日本中で発言しているのである。そして中道保守の
フロントと思われている東国原知事もまたキリスト教徒が擁立して組織当選した
偽装議員達らである。全ては基督教の背後関係がある。また山本モナという芸人と
問題のおこした反日議員である細野議員の事務所も、福音派のビルに選挙事務所の
拠点がある。いわば国民の知らぬ所でユダヤ人を保護しようとする
キリスト教徒達の政界支配が100年間も実は続いている。

だから竹中平蔵本人の秘書や、また関係者やサークルの機関員達が全て
【官僚出身者と協力者】であることは一度も言わないのである。
それは【自分達が官僚を組織】しているからである。なのにテレビの前では平然と偽善者
として振舞う。これが竹中式である。

竹中は自民でも民主党でもない。単独で政界に指令を出す司令塔の一つである。
ここを潰してしまえば世界中の経済状態も正常化していくだろう。日本の資金を
海外に集めてバブルをさせていたのは、この竹中の経済テロ組織であったからだ。

この竹中の所属するMITは、世界も最も有名なアメリカの軍産複合体と絡む
国際テロ組織である。アルカイダのテロを計画したのもこの組織であり、過去にランド研究所
の効率的な殺戮計画という政府スローガンの下に原爆を投下した組織でもある。
その最後のボスが竹中の所属する大学の学長の銅像の組織でもあった。
そしてこの組織の資金源がロックフェラー財閥らである。ここには中国共産党の幹部が
10名以上、韓国の抗日財閥のヒョンデグループが2名参加している。そして
日本では竹中と、ロバートフェルドマン、ダイゼン、などの連中がMITの隠れ機関員達
である。日本でもMITの国際テロ組織は正式に設立されており、結社活動を行っている。
このテロ組織が堂々と政府介入を行っているとは驚きだが、竹中はそこのフロントである。
最近では、青山3丁目開発で中川と竹中をよいしょしていた外資系と暴力団の
逮捕者が出たが、そのメンバーもここと少しだけ関与しているわけだ。背後は暴力団と
その提供者である外資である。オリックスはここの中核であり、代表でもある。

さらに別の情報も追記しておこう。
現在パレスチナでは、イスラエルのステルス民兵組織である「ハマス」が活動を
しているが、奴らの拠点は全て実はロシアにある。これはまだ、何所も発表していない。
またロシアにあるハマスの拠点は、アメリカの情報局であるNSAが資金と情報の
提供をしている。そこで使われている電話番号と衛星回線は同じである。
ようするに、ロシアとアメリカが共闘してパレスチナの粉砕を行っているということだ。
ちなみにその通信情報網は、全て中東やアジア諸国のアルカイダの施設のもとの
同様の施設を使用している。そしてアメリカのアリゾナ州にあるNSAの施設に
その最大の拠点がある。これがユダヤ人の定番のやり口である。これは両面
作戦といえよう。ちなみにハマスが使用している武器のマシンガンは、大半がアメリカの
正規品であるこのアサルトライフルが使用されている。コピーがされていない証拠として、
弾装のシリアルにアメリカの製造ロッドが刻印されている。しかもカラシニコフと
弾丸の共通性はないタイプである。よってハマスもアメリカとロシアの共同チーム
だとわかる。またパレスチナのアラファト議長の遺言だが、パレスチナを守れるのは
世界で日本だけだと議長は発言を残している。WASPや西洋ではパレスチナを
救うことはできない本当の裏の理由があるのだろう。

また麻生総理も、最近はよく頑張っている。昔バッシングをしてみたが、最近は
背後が方針を変えたようで、かなり綺麗になった。随分と性格も変化したようだ。
特に鳩山兄弟の変化には驚く。見せかけでも国民に対しては利益があるので、
少し叩くのは先送りしておこうではないか。オバマはその代表として当確した。
マケインが間違ってもあの大統領戦では勝てない理由があったのがわかる。
一番驚いたのが、大統領選挙当選日にマケインに対して結社の
死の宣告の儀式らしきものを平然と行っていたことである。ということは、小泉派は
終ったということだ。鳩山兄弟が本気であるならば、日本の経済は絶好調で回復する
可能性が高い。そして当分の間、アメリカと中東の治安は安定しているだろう。
さらに国民新党もなかなかいい活動をしておる。さすが警察機関のOB政治団体、
これからも麻生の改心と、鳩山一家と国民新党の活躍に期待する。
共産党も以外だと思われるが、ここ5年間で二万人以上の国民の命を実は助けている。
予備軍を入れれば4万人程度の命は救われただろう。一番役に立たないのが
外資族の先鋒であった「小沢代表」と「小泉」の両者だ。このトンチンカンが日本に
生まれてから、市民生活が本当の意味で壊れてしまったではないか。

■最後に郵政民営化で改革派の会長となっていたオリックスであるが、やはり
クリスチャン思想家であったことがわかった。

オリックス会長、「クリスチャンにはならなかったものの」
【社会】 オリックス会長の宮内義彦氏が、フジサンケイビジネスアイの特集
「わが道・わが友」の中で、関西学院中学部時代を振り返り、
「熱心なプロテスタント教育が行われていて、私にはそれがとても新鮮だった」
「私はクリスチャンにはならなかったものの、子供のころに受けた宗教教育は、
いまだに自分の心構えにも影響していると思う」と語った。

 宮内氏は当時教わったことについて、「その教えは、自らの良心に
恥じるところがなければいいという考え方だ。日本人は世間がどう思うかを
価値基準にするが、キリスト教の場合は神様がどう思うかだ」と語り、
洗礼を受けクリスチャンにはならなかったものの、大きな影響を受けたことを語った。

 1935年生まれ。関西学院中学部・高等部を経て、
関西学院大商学部を卒業。渡米しワシントン大学大学院で経営学修士
(MBA)を取得。帰国後、日綿實業(現双日)に入社。
1964年にオリエント・リース(現オリックス)に入社し、
1980年に社長、2000年から会長を務める。日本経団連副議長で、
ソニーの取締役及び、オリックス・バッファローズのオーナーでもある。73歳。
(クリスチャン トゥディより)



■オリックス会長・宮内義彦氏
■貨物船で渡米、必死に勉強

宮内家のルーツは愛媛県松山。私は1935年、神戸市で生まれた。
人生最初の記憶は谷崎潤一郎の「細雪」にも描かれている阪神風水害だ。
六甲山系の氾濫(はんらん)した川に大きな石がごろごろと
流れてくるのをこわごわと見たのを覚えている。ただ3歳の時だったので、
記憶の中の映像はその後に見た映画のシーンと混然となっているのかもしれない。
終戦は小学4年生の時、家族で疎開していた兵庫県佐用町で迎えた。
同世代の誰もが感じたように、世の中の価値観は一変するものだと肌身で悟った。
佐用町には小学6年生までいて、私が関西学院中学部に
入学したのを機に家族もまた阪神間に戻った。

当時の関学中学部では、熱心なプロテスタント教育が行われていて、
私にはそれがとても新鮮だった。その教えは、自らの良心に恥じると
ころがなければいいという考え方だ。日本人は世間がどう思うかを
価値基準にするが、キリスト教の場合は神様がどう思うかだ。私は
クリスチャンにはならなかったものの、子供のころに受けた宗教教育は、
いまだに自分の心構えにも影響していると思う。
同級生で関学前理事長の山内一郎君らと中学の時から伝統あるグリークラブ
(男声合唱団)に所属。大学まで熱心に練習し、全国合唱コンクールでの
優勝も経験した。今でも中学時代の仲間が集まり合唱している。
毎回、2時間の練習をしてから、待ってましたとばかりに乾杯する。
年に1、2回の旅行もする楽しい仲間たちだ。

58年、米シアトルにあるワシントン大学大学院に留学した。
外貨の持ち出しが禁止されていて留学したくてもできない時代だったが、
父が米材輸入を手がけていたおかげで、アメリカに友人がいたことから
チャンスを与えられた。当時は行きも帰りも貨物船だった。私は米材を輸入
するための1万トン程度の船に乗り、片道2週間の長旅を体験した。
シアトルに着き、ハイウエーをクルマがビュンビュンと走るのを見て、
アメリカの豊かさにびっくりした。
ワシントン大では2年間、ほとんど寮と教室と図書館を往復するだけの
毎日を過ごした。必死に勉強しないとついていけない状況だったため、
卒業できた時は心底ほっとした。おかげで、日本のワシントン大MBA
(経営学修士)同窓会では最長老だ。同校の後輩には昭和シェル石油会長の
新美春之さんがいる。もっとも、息抜きのためにグリークラブに入ったり
仲間とのパーティーに顔を出したりもした。夏休みには大陸横断鉄道で観光
することもあり、ひと夏はワシントンDCに滞在した。
シアトルでは、留学していた家内の伸子と出会い、帰国後の
62年に結婚した。(産経機関の報道より。)

★★★竹中特務大臣による経済改革の大失政の数々の証拠。



内需より輸出の時代と説明し、国内の基本産業を倒産まで追い込んだ結果、
失業者が激増し、戦後最大の経済難による自殺者を、3万人以上創出。
人口が極端に減る原因となった。大企業優遇政策の間違いが露呈する。

財政支出をカットさせて地方を倒産するように仕向け、国家の倒産を謀る。
国債の借金という世界最大の大嘘をぬかし、逆に失政の数々により、
250兆円もの債務を発生させて、それをさらに金詐欺であったサブプライムに
国家を全て投資しろと基督教徒達と推進している。海外のマルチ詐欺金融システム
に投資すれば泡銭となって消えるが、それを竹中らは正しい21世紀型の経済だと
大嘘を発表して推進。一つも国家の財政は改善せず、予想通りに金融が崩壊する。
その余波による不動産組織の混乱が発生したが、予想されていたリスクを竹中は
リスクを避けてはならないとテレビで発表し続けた。竹中が狙ったのは財政をカットして
財政を計画破綻させた資産を、徹底して無料同然で【外資】に売却するのが本当の
狙いと当初計画であったが、一度もそれを説明していない。猪瀬はその資産を売却する
政治家として竹中の組織らによって選抜され、猪瀬のグループが官僚や外資と深く
癒着していたことが判明した。道路公団の試験も外資に売り、そこに個人投資を
して暴利を貪るのが本当の狙いであった。その負担金は全て国民の負担としていた。

竹中の説明した外資優遇政策の影響は凄まじく、大手外国資本家らによる「特権株主」
という詐欺師集団によって国内企業の資金源が支配され、結果その株主に対する
【奴隷年貢】の創出のために【派遣社員という制度】を無理やり政府に導入させ、
派遣会社を自ら経営して国家制度を利用した暴利を貪っていたが、この影響により
生産性の高い青年層らは【貧困化】して、【内需製品を購入】できない世代層が280万人
以上激増し、【子供も埋めない短期労働者】家庭として社会現象化する。
派遣リストラ社会の構築を実行したため、竹中が説明した【社会雇用創出】が
生まれたのではなく、本当の目的は、「株主という新たな搾取構造利権層】の利益利回りの
確保のために導入された短期労働社会の創出であった。この影響により少子化が始まったが、
基督教右派のグループがコンドームも買えない貧困者層が増えれば人口が増えると
説明したが、一度もそのような社会現象発生していなかった。逆に生活難からの
家庭自殺者が増え、年間数万人の自殺者を新たに創出した結果となった。
また日本の極右団体の偽神道右派であった基督教右派達は、この制度を
利用して基督教の宗教テロリズム運動をしていることが全国で判明する。
これらは松下政経塾のメンバーが行っていたイスラエルに対する信仰心のための、
基督教の終末社会実現の演出だと判明した。この基督教右派のグループは
産経新聞者と読売系列、そして日テレを実質支配し、ロビイストを動員して
嘘の改革を基督教の思想運動として広めていたが、国民には宗教運動による国家
クーデターということを隠蔽。また竹中もその宗派組織の正式メンバーだと判明し、
アメリカのカソリック機関である名称の【ポリシィーウオッチ】という同盟に所属していたことが
判明する。またこの外部機関として、アメリカ最大の超特権犯罪者集団である
官僚組織、【MIT】とも同盟を維持し、ロバードフェルドマン博士と連携し、
国際テロや原爆投下を行ったMITグループの組織にも所属していることが判明した。

基督教保守達はテレビや雑誌で徹底した捏造と嘘の煽動を行い、アメリカの借金に
日本国の全てを投資すれば【国が良くなると大嘘】を説明しつづけていた。この時に、産経と朝日の
専属司会者である田原総一郎、また産経の社員達は【一部】年金を廃止して、
その余剰金をアメリカの【サブプライムに徹底投資】するようにと、報道2001や
サンデーモーニングで竹中を出演させて宣伝する。これを宣伝したのが基督教極右派
であった竹村であった。さらに日テレから知事になった橋下知事は、日テレ系列の
ヤシキタカジンの言って委員会という【偽保守組織でつくる基督教徒】の煽動番組に
出演し、搾取する社会が経済の基本じゃないですか!と罵倒しながらこの犯罪理論を
悦を浮べ持論を展開する。しかし日本最大の天下り機関である男女共同参画センター
の廃止は否定し、現在そのあまりダリ施設に対する保護活動を橋下が開始。
この団体の資金が年金に積み立てする国庫だったのだが、年金改革制度を「竹中、キリスト教徒、
基督教大学の八代教授達が推進した結果、投資の失敗により6兆円の国民年金が
紛失決算され、さらに【ゲイ・ホモ教育】を推進するために、この国家資金が参画センターに
使用され、この共同参画思想運動の導入理由がアメリカの要請で決定されたと判明する。
男女共同参画という共産運動に対して本来年金に積み立てる資金の10兆円を
この団体の組織に注入している。このことは国会でも追及されたが、竹中と基督教徒の議員
さらに共同参画を強固に推進する民主党の原口議員などのが、全て基督教系組織
のメンバーだとこれまた判明する。現在も民主党自民党により、この団体の
解体が徹底妨害されている。さらに【竹中と石原知事と竹村】らが、ユダヤ人シンパからなる
基督教同士の親友だということが判明し、竹村は敬虔なクリスチャンであることが判明した。
また太田弘子大臣らもこの部下として活動していたが、この人物もクリスチャンである
ことが判明する。さらに民主自民の議員の多くが、こうしたユダヤ人宗派である
基督教の組織で活動する宗教活動かだということが次々と判明した。
さらに小泉チルドレンや外郭団体、また民主党の若手議員の多くが、脱税をした
基督教団体からの施設提供を受けており、多くの基督教徒が左翼右派のように振る舞い
活動していることがあるシンクタンクからの資料で判明した。

格差は日本に絶対無いと説明する議員や、人物達を諜報団体を送り込み調査した。
その結果、これらの団体のが所属機関や人物関係は全て基督教の団体員や
宗派の人達の繋がりだということも判明した。ヤシキタカジンの番組には4名
の聖書団体のロビイストが導入され、格差を認めないのは社会主義だと大嘘
の説明を平然と説明していた。しかし社会主義の国こそが格差社会の巣窟である
にも関らず、日共産党ですら否定する共産理論を平然と口実として引用した。
また米を食べるな運動も同時に行っていたが、この人物の多くが基督教の熱心な
クリスチャン達だということが判明する。その代表者である基督教右派の諜報員である
台湾人の金 氏もまたカソリック宗派の機関員だということが台湾の情報団体
から獲られた情報であった。さらに格差を広げろと説明していたグループもまた
この団体の交友関係者達であったことが判明する。さらに保守派である
桜井よし子氏もアメリカ型共産組織であったCIAが設立した基督教の情報テロ
組織であるクリスチャン・サイエンス・モニターの機関員だと調査で判明する。
またサクラチャンネルの信奉者の多くが、こうした基督教団体の信者やシンパ
だということが団体を追跡した結果判明する。さらに産経が昨年行った国民弾圧
放送の数々に出演した素人出演者の多くが、実際には格差を推進する聖書の
教会員から集めた信者達であったことがわかった。これらは産経グループを
通じて連帯しており、全国の放送局に次々と貧困者を罵倒する出演者として
偽装して活動した。その一人は30歳の女性3名と40歳代の女性からなり、何れも
ネットなどで大量の格差推進書き込みをしていたことが判明した。
その時に使用したハンドルネームは、カブリエル、セイントという聖書の名前であった
というのもテレビ局員の方たちから情報がよせられている。
さらに竹中を翼賛する青年や老人達の多くが、こうした聖書の団体に加入している
人物達であるということが判明する。この人物達の多くが聖書の聖地である
ユダヤ教の本国であるイスラエルを強固に翼賛しており、尋常ではない原理主義
活動を全ての分野に対して行っている。昨今イスラエル情勢が変化し、
イスラエル国家による大量無差別虐殺や、パレスチナ人を拉致して臓器を
取り出す事件がユダヤ人犯罪が横行しているが、こうした宗派の人達は
この国際犯罪を美化して虐殺ではないという説明を世界中に発信している。
さらに白リン弾を人体に向けて発射したとイスラエルは報道をしていたすが、
信仰心でこの虐殺を虐殺ではないという大量の書き込みを集団で信者らが行っている。

こうした政治運動の裏には、奇妙なことに大量のクリスチャンらが関与している
ということが判明したが、それを報道する機関や雑誌は皆無である。
また基督教徒には【人に対して反省】してはならないという教義があるため、
屁理屈と言い訳を宗教文化として教義しているという点があり、人物達による
悪意による運動は年々悪質化を強めている。また一部の基督教徒には報復の
教義があるため、事実証拠を発表された場合に徹底して反論や報復を行うという
思想運動がある。この影響が議員や社会に蔓延しており、社会が悪い方向に
進んでいる社会現象などもある。また昨今人気となった「千の風」という賛美歌
もまた基督教達だけが歌う殉教歌であることを隠し、非基督教徒に対する
自殺を歌としても推進していることがわかる。この音楽は元々教会で作られた
作者不明の歌であり、イエス様のために進んで千の魂を奉げましょうという
殉教歌として知られている。この殉教という行為は基督教では禁止されている
ために、非信者達に対して生贄や殺害が過去に行われたという苦い
歴史が存在しており、これらのカルト化した連中の原理主義運動や終末思想
のために国体が操られていることの実態があるということをここに公開しておいた。

自民党と民主党のテレビに出演する議員の多くが、実は基督教徒であることを
徹底して隠しているが、やはりそのコメントを確認すると、永遠と屁理屈で説明する
という悪態をみせている現状がある。こうした宗教徒はユダヤ人を翼賛する
傾向があり、一般市民の方々や皆様には、全政党の基督教徒を見抜く必要性が
あると思われる。そしてこのユダヤ人であるが、ユダヤ人以外はゴイムといっており、
戸殺してよい豚であると国家宗教として定めている。そして世界中を共産化したり、
アメリカを建国してユダヤ人の製造した原爆を日本に投下し、それを喜べという脅迫
も長年日本や世界に対して行ってきた。投資家の多くもそうした連中の機関員が多く、
世界中で虐殺運動を行ってきた現状がある。日本政界はそうした連中にステルス
支配された現状が続いている。全ての政党のトップは、こうした宗派の機関員から
選抜されていることも忘れてはならない事実である。

★★★殉教者188人「福者」に、長崎で日本初の列福式

今回日本で初めて列福式をバチカンが行った。しかし奇妙なことがある。
その目録の宣言で述べたことが、日本の弾圧された殉教者であるという言い方
であった。弾圧されたのは日本教徒であり、基督教はそれを攻撃したから
討伐されただけ。それを英雄なの天使なのとは詭弁もいいところである。

当時の基督教徒が軍部と体制を支配していた歴史が綺麗に消されている。
そこで調べてみると、こんな歴史があった。

「翼賛会の発起人達」

大政翼賛会幹部と大日本翼賛壮年団出身議員が反発、続いて小林総裁に
不満を抱いていた反主流派の岸信介が松岡洋右を新しい総裁に擁立する
構想を計画していたことが明らかとなった。
このために翼政会内部は大混乱に陥り、小林に反発する反主流派や大日本翼賛
壮年団出身議員が次々と離脱を表明した。

「過去の基督教徒が共産主義を広めていた事実と、関った基督教の多い大学」

なお唯研は若干の幹事の個人的接触を通じて都内各大学の研究会その他
の多くの学生グループと関係をもち、さらに関西地方の諸大学などにもつな
がりをもっていたが、唯研幹事の総検挙と同時に、東大・慶大・早大
・農大・美校・外語などの学生六三名が検挙された
(座談会「唯物論研究会の足跡」おょび社会経済労働研究所「唯物論研究会、
その意義と歴史と成果」、唯物論研究(1)、四七年一

〇月)など。
同志社大学予科教授新村猛・真下信一・大阪相愛女専講師中井正一らを
中心に、従来からあった「美批評」を改組して雑誌「世界文化」を創刊し、
その後さらに週刊紙「土曜日」(最高発行部数七〇〇〇)を発行し、
これらを通じてフランスその他の反ファシズム・人民戦線文化運動などの紹介や、
京都地方での音楽・映画等の文化運動をおこなった。言語運動としては、
山形で斎藤秀一(雑誌「文学と言語」の発行「

国際ローマ字クラブ」
結成、海外エスペランチストとの交流、等)が一九三八年、
東京でマルタロンド(三月会、

エスペラントの定期研究会)が一九四〇年に検挙された。
(エスペラント語研究会はメソニックのユダヤ人が研究してい

た言語で、一昨年日本のメンバーであった学者が変死している)。
共産機関とメソニックは同一であった。


「昨今、奇妙な活動を見せているクリスチャン・サイエン/キリスト教科学とは」

例えば最近温暖化で騒がれているが、これを真っ向から否定する科学がある。
その理論によれば、温暖化は全てにおいてないという。例えば海水温度の上昇も、また
氷河の溶け出しもないという。この根拠は、イエス様の作った世界であられるエデンは
人類の手によって壊すことは出来ないという奇抜な理論である。
武田教授説はこの部類に入る。RIRC 宗教教団情報データベース


「切支丹悪逆の歴史」

「徳富蘇峰の『近世日本国民史』の初版に、秀吉の朝鮮出兵従軍記者の
見聞録がのっている。
「キリシタン大名、小名、豪族たちが、火薬がほしいぱかりに女たちを南蛮船に運び、
獣のごとく縛って船内に押し込むゆえに、女たちが泣き叫ぴ、わめくさま地獄のごとし」。
ザヴィエルは日本をヨーロッパの帝国主義に売り渡す役割を演じ、ユダヤ人でマラーノ
(改宗ユダヤ人)のアルメイダは、日本に火薬を売り込み、交換に日本女性を奴隷船に連れ
こんで海外で売りさばいたボスの中のボスであつた。キリシタン大名の大友、大村、
有馬の甥たちが、天正少年使節団として、ローマ法王のもとにいったが、その報告書を見る

と、キリシタン大名の悪行が世界に及んでいることが証明されよう。
「行く先々で日本女性がどこまでいっても沢山目につく。ヨーロッパ各地で50万
という。肌白くみめよき日本の娘たち
が秘所まるだしにつながれ、もてあそばれ、奴隷らの国にまで転売されていくのを正視できな

い。鉄の伽をはめられ、同国人をかかる遠い地に売り払う徒への憤りも、
もともとなれど、白人文明でありながら、何故同じ人間を奴隷にいたす。
ポルトガル人の教会や師父が硝石
(火薬の原料)と交換し、インドやアフリカまで売っている」と。


「奴隷貿易 知られざる歴史の闇」

まず宣教師と軍隊がやってくる。そして最後に商人がやってきて植民地が出来上がる。
日本人にも奴隷として売られた歴史があるのです。
http://youtube-love-japan.cocolog-nifty.com/blog/


「隠された基督教革命の実体とゾルゲのかかわり」

尾崎やスメドレーやゾルゲたちと第二次大戦前夜の上海を舞台に暗躍した
中国革命の裏面史は誰も知らなかった。
陳翰笙が2001年当時、104歳でなお健在ということを知ったので、中国の友人楊国光(中国
新聞記者)に頼んでインタビューをしてもらった。そのとき既に絶版になっていた彼の著作
『四個時代的我』(中国文史出版社)を直接送ってもらった。
これが契機になって中国に於けるゾルゲグループの活動の研究を始めた揚国光の著書
『諜海巨星』(学林出版社)、『理査徳・左尓格』(リヒアルト・ゾルゲ 世紀出版集団)
が相次いで出版され、次いでこれまでゾルゲ事件や中共諜報団事件などについては
沈黙を守っていた中国の国営新華社通信社が、
「参考消息」として揚国光執筆の「中国にあったゾルゲグループ」と題する記事を配信した。

2006年5月にモンゴルのウランパートルで行われたゾルゲ事件国際シンポジウム
「ゾルゲ事件とノモンハン・ハルハ河戦争」に参加した彼は「ノモンハン事件と満州対日情報組織」という報告をしている。(第四回ゾルゲ事件国際シンポジウム・レジュメ集)
もし野沢が東亜同文書院時代に陳翰笙と会った記録をもっと詳細にのこしておいてくれたら
極めて興味ある物語となっただろうことは間違いない。それはともかく、もし日本の特高が陳翰笙
に関するゾルゲや尾崎秀実たちとの情報を得ていたか、あるいは野沢から供述を引き出していたなら、後に野沢が体験する獄中生活はもっと長くなったことは間違いなかったであろう。
コミンテルンの国際書店主ワイテマイヤーという人物もいた。


「自称天子様の正体とは」

島原の乱の後に天草四郎の母が語ったこと、それは南蛮かルソン(フィリピン)に逃げたで
あろうと不思議な一言を残していたと本に明記されています。フィリピンがカトリック国と変貌した
歴史がこれであった。そこでは聖ヴィンセントポール教会にある文献にHideyoshi'sと書かれた物が発見され、秀吉は『ルソンはわが国』という言葉を残していたとかで、ルソンと豊臣家の接点がたくさ
んあります。

「自殺兵器の開発者機関 特攻の軍 山本 五 十 六とカトリックの歴史。千の風運動の正
体見破ったり!」
司祭も信徒も同じ「キリスト者」として、お互いに自己を開いて、思いやりをもって、
『やってみて、いってきかせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ』(山本五十六
)を忘れずに、「個々の素材を大切に、無数にある具体的な個々の宣教司牧現場の価値を高める」
(C.p.147)ように勤め、いかなる説教からも心の糧を得るように祈りましょう。大船教会。

「『千の風に乗って』」
という歌が歌われていますが、わたしたちにとっては「千の風」ならぬ「万の風」です。
救い、キリストの昇天はその最高の証です。イエスさまのために殉教(運動家の自殺等)し
たのです。《 主の昇天 》より。
最後の審判の様子を例えとユーモアを持って話されました。千の風ではなく『 キリストの
命の風、天の風に乗ってキリストへの信仰に結ばれて生活しましょう』そして喜怒哀楽を上手に使いましょう。

浦上から津和野に流刑され、殉教した人達、転んで浦上に帰った人達の苦難の生涯について
も話されました。互いに許し難い事を許し、神の愛に生きた殉教者を想い自分の信仰の糧にしましょう。広島地区女性連合会 研修会。(自殺したりさせたりするのは、死罪に等しいイエスに対する反逆であるが、イエスのために自殺したりするのは正しい殉教者であると大半の教会は説明する。
沖縄11万人偽装デモの元凶となった思想である)


「日本の宗教を厳密に監視する、サイエンスモニター社スパイ活動」

駐日米大使館はこのほど、先月14日に米国務省から発表された「世界各国の宗教の自由に
関する2007年版年次報告書」の日本に関する部分の邦訳文書を公式サイトで発表した。
発表によれば、今回の報告の対象となった期間、昨年7月から今年6月までで、
日本は「宗教はおおむね自由」との評価を受けた。
同報告は米国務省の国際宗教自由委員会(USCIRF)が毎年9月中旬に発表するもので、信教の
自由が著しく損なわれてい国は「特に懸念される国」に指定され、経済制裁などを科す際の
根拠とされることがある。発表によれば、昨年同様に「日本国憲法は信仰(信教)の自由を
定めており、政府は実際に、この権利をおおむね尊重した」と、憲法、政府の対応にそれなりの評価が与えられた。一方、信仰・信条の実践による社会的な虐待、差別に関して昨年は、統一協会、エホバの証人で一部の報告が出されたが、今年は「報告されていない」となった。
(と大嘘を報告したという。防衛省幹部はこの組織と深い関りがある。専属紙としても利用されている軍事機関)

「佐藤成紀/松下政経塾第4期生」
神の国イスラエルが、外国人の手により完全に滅ぼされた後のこと。指導者は国外退去となり、
国土は荒廃、国家再建の望みは、まるでないかのようだった。しかし、彼は神から与えられ
た幻の中で、祖国の復興を見る。実はそれは、キリストによって再建される、神の国の将来像だった。 全世界で神の国が建設される現場の最前線に陣取り、自ら指揮をとられている。
七飯の地においても、この全能の神の力により、いのちの水の川に満ちあふれた故郷が完成
されていくのだ。 この三つの心が求めてやまないものは、神の国の実現だ。神の国とは、創造主と人間との関係が完全に回復されたパラダイスを意味する。天国といいかえることもできるが、この天国には、でも入れるわけではない。オーナーである創造主の許可が必要となる。創造主が人類に与えた入国の条件は、イエス・キリストを神と認め、そのことばに従い、「イスラエルの心」を自らの心とすることだ。

曾野綾子さんの「聖書のこころ」
~敵を愛する~
曾野綾子・文責:編集部
 「『隣人を愛し、敵を憎め』と命じられたのを、あなたがたは聞いている。しかし、わたしはあなたがたに言う。敵を愛し、あなたがたを迫害する者のために祈りなさい。それは、あなたがたが天におられる父の子であることを示すためである。天の父は、悪人の上にも善人の上にも太陽を上らせ、また、正しい者の上にも正しくない者の上にも雨を降らせてくださるからである。」(マタイによる福音書5-43。訳はフランシスコ会聖書研究所訳注による)。「敵を愛せ」~私は高校生の時この部分を読んで、「キリスト教はなんてインチキなんだ」と思いました。敵は嫌いだから敵なのです。それが、キリスト教徒になると急に好きになるなんてことがあるはずない。  ギリシャ語には「愛」「愛する」を意味する言葉が4つあります。1つはストルゲー、これは親子の愛を意味します。2つめはエロス、いわゆる性愛です。ストルゲーとエロス、この2つは聖書には出てきません。3つめはフィリア。「好き」ということ。言わば、友愛です。そして4つめがアガペーです。「敵を愛しなさい」という時の愛にはこのアガペーという言葉が使われています。聖書が言おうとしているのは、実はこのアガペーの愛です。

 アガペーとは何か。私は「理性の愛」という言い方をしています。感情もあるけれど、それを超えて「こうであるべきだ」という愛の姿なのです。よく私は仲の悪い嫁と姑の例え話をします。お姑さんにとって、非常に不愉快な嫁~そんなお嫁さんを「愛するように」と言われたら、いよいよ胃潰瘍になってしまう。そうではなくて、キリスト教は「そのままでいい」と教えているのです。敵は嫌いなもの、だからそのままでよい。ただ、理性の愛を示しなさい、と。たとえ感情では大嫌いでも、嫁があなたの娘だと思い、それと同じことをしてあげなさいというのがアガペーなのです。それは文字通り「裏・表」のある世界です。ただそれは、血のにじむような「裏・表」です。
もう10年近く前になりますが、アメリカで飛行機が厳寒の川に落ちたことがあります。乗客は水の中に放り出されました。ヘリコプターが上空を飛び、救助の浮き輪を投げます。

凍りつくような水の中で、誰もが体力の限界。もし、そのチャンスを逃したら、力尽きてしまうかもしれない。最後の浮き輪を目がけてスチュワーデスが泳いで来ました。そこで男の人が、自分の方が近かったにもかかわらず、彼女に譲ったのです。再びヘリが現場に到着したとき、男の人は既に水に没していました。

 「生きたい」という自然の欲求を退けてまで、機会を人に譲る~これがアガペーなのです。それを受け入れよとは言えません。私もこの男の人のような行動はとれないでしょうから。しかし、国際赤十字などの国際的活動も、このアガペーの上におこなわれているのです。争いとか憎しみとか、人間のいろいろな感情をそのまま認めても、さらにそれを超える行動を説いている~ものすごい美学を聖書は説いているという事実を憶えておいてください。

(松下政経塾 「聖書講座」から。文責・編集部)


【曾野綾子さんの「聖書のこころ」】
金持ち・秀才・僻み曾野綾子・文責:編集部

「あなたたちによく言っておく。金持が天の国に入るのは、むずかしいことである。
重ねてあなたたちに言っておく。金持が神の国に入るよりは、らくだが針の穴を通る
ほうがもっとやさしい」。 弟子たちはこれを聞き、非常に驚き「それでは、いったいだれが
救われるのだろう」と言った。そこでイエズスは弟子たちをじっと見て「これは人には
できないことである。しかし、神にはすべてのことができる」と仰せになった。
(マタイによる福音書 19-23 訳はフランシスコ会聖書研究所訳注による)。


日本ではカソリックの学校と言うと、お金持ちの子供が行くところ、というイメージがあるようです。
ですから時々「なぜ、貧しい人に対する愛を説いているキリスト教が、お金持ちのための学校を
経営しているのか」という質問をされる方がいます。 そうではないのです。実はこの世の中で
一番救われにくい人、天国に入るのが難しい人はお金持ちなのだということをここでは言っています。
イエスはよく例え話をお使いになります。イエスの弟子たちや説教を聞きに集まった人たちは、
決して学歴のある人ばかりではありませんでした。むしろ、その時代において、教養が無いと
思われていた階級の人たちでした。その人たちに神の意思を教えるために、らくだが針の穴を
通るより難しい、などとしばしば面白い例えをお使いになるのです。

最終的に私たちが救われるのは、神の愛によってです。無論、努力は必要ですが、
あまり「自分がやったから」という気持ちは危険なのです。富とか、成功とか、
秀才であることとか、世の中で良いと言われていることも、
【神の国に入るためには危険】なのです。

逆に自分が無能なものである、力の無いものであるということを知っている人は幸せなのです。
「秀才だから東大に入れて、だから幸せ」などという日本人の考えとは全く正反対。
神の全能とか、この世の中を支配している大きな力に対して、自分がいかに力が
無いものであるということを知る人は幸せ----というのが聖書の考えです。
そういう人のほうが天の国に入るのがたやすいのです。逆に成功とか富とか
世の中で良いと言われていることはことごとく危険なのです。

だから、秀才にも美人にもうんと僻んで欲しいものです。大金持ちなんて僻みの
極致になっていただかなくてはいけません。

こういうと、真剣に自分の恵まれた所を僻む人がでてくるかもしれませんね。
それでは困ってしまいます。そうではなくて、にっこり笑って僻んで下さい。
僻みの技術は本当に難しい。一方で自分が与えられた物に感謝しつつ、
僻む。それが大事です。僻みのもとが、また、神様からの贈り物ではないか、
そう思う技術もまた大切なのです。



キリシタンが日本の娘を50万人も海外に奴隷として売った事

歴史 / 2006年01月27日

日本の歴史教科書はキリシタンが日本の娘を50万人
も海外に奴隷として売った事は教えないのはなぜか?

2006年1月27日 金曜日

◆日本宣教論序説(16) 2005年4月 日本のためのとりなし

わたしは先に第4回「天主教の渡来」の中で、日本におけるキリシタンの目覚ましい発展と衰退の概略を述べました。しかし、ここではキリシタンがたどった土着化の過程について考察してみたいと思います。後で詳しく述ぺますが、わたしの先祖はキリシタンでありました。わたしは伊達政宗の領地であった岩手県藤沢町大籠(おおかご)地区での大迫害で生き残ったかくれキリシタンの末裔です。

今はプロテスタントの牧師ですが、わたしの中にはキリシタンの血が流れていると思います。三年前の夏、父の郷里藤沢町を初めて訪問してこの事実を知ってから、キリシタンについてのわたしの関心は以前より深くなりました。そしてキリシタンについての知識も少し増えました。四百年前のキリシタンを知ることが現代のわたしたちと深く関わってくると思いますので、先ず追害の理由から始めたいと思います。
経済展望さんより。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/5a197e856586baf726f6a0e68942b400


「近衛内閣」
近衛内閣は「国民精神総動員指導方針・実施要綱」を閣議決定した。 9月28日、
基督教女子青年会日本同盟、全国友の会、日本基督教婦人矯風会、日本女医会、
日本消費組合婦人協会、婦人同志会、婦人平和協会、婦同が日本婦人団体連盟を組織した。

★★★人々が落ちこぼれる格差社会を礼賛する、偽保守派!

格差社会や英米型の独裁主義型の資本主義が、全て正しいと「捏造」する愚か者に一言
言いたい。どのような者であれ、格差を好む人間なぞおらん。しかし、実際にこの日本
においては、その異常な競争主義やグローバル(世界を経済で支配してしまおうという運動)
を翼賛する偽保守派が跋扈している。その実態とは、ただのカルト信者達の望む
世界観であったことは、国民の皆様は未だに知らされていない。日本で格差社会に絶えられない
者は自業自得であるとして「死滅」せよと発言する【鬼畜外道議員】や、アメリカに支配されることが
正しいかのように振舞う、【競争大好】き人間などいるが、そのどれもが、一部の【狂信的】な
基督教徒達による、国民に対する【国家弾圧テロ】であるということを知らねばならない。

まず基督教徒達の思想には、愚鈍な思想がある。そこには、【神の国運動】というものがある。
これは人間達がイエスの世界に「入れて頂く」為に、人間もろもろの「庶民」は、積極的に資産を
基督教に捧げ、また労働で「過労死」してこそ、【天国の道】に入れる【資格を得られる】、という
思想があって、これはアジアでマルクス主義と変化し、競争主義という共産体制となった。
しかし、保守派も実は基督教徒が多いため、マルクス主義のような体制を好む傾向が多い。
例えば、障害者が毎年政府の国家テロによって生活難に陥りさせられ、よって自殺しているが、
ネットなどで活動する【愚人】や【一部の基督教保守達】は、この寂しき自決者達に徹底して
【罵声】を浴びせる者達が多い。障害者を地べたを這わせてでも社会に
追い込み、弱者は過労死して社会から消えろと週刊誌に投稿した曾野綾子議員なども万死である。

例えば市原知事や橋下知事などもその組織のメンバーであり、日々国民を愚弄しておる。
この者達の共通点は全て、【基督教右派】が放つ、【思想テロ】が事の発端となっており、
奴らは集団化してはいい気になり、えばり腐り、裏では魑魅魍魎と【強欲】に走ってる上に、
庶民に対しては「自らは節制」をしているかのように捏造した印象で振舞うが、実際節制を
している国家主義者は【極めて少ない】。

キリスト教徒で有名なのが、日テレ55が選び扇動家として出演させている「基督教右派」である
台湾人の金、そして自民党で暗躍する思想テロ組織の基督教右派などがいる。
今数知れない悪鬼どもが政界を牛耳っている。自らをまるで聖者のように振舞っているが、
裏を返せばただの人殺し集団であることは、死滅した者達の亡骸を見ればわかることだ。
しかし!やつらのどす黒い腹の内には、イエス様の天国に「行かせた」と感じているようで、
「魂が救われている」と述べている者達が多い。基督教の内部ではこれらのことを
「千の風」になったと説明し、千の魂である殉教者として捉えている。本来殉教者とは、
自らの思想や目的の過程で、職業的な中で亡くなった方達のことを示すが、
一部の不真面目なクリスチャンの思想では捉え方が全く違っており、イエスのために
生贄となった者たちが「殉教者」であると理論を述べている者達もおる。
イエス教信者の一部の中には、何時の間にか「救済思想」を忘れ、マタイ書の中にある
強烈な自決精神や「選民思想」だけを信奉している外道がおる。それが政治家や
扇動家達の実体である。しかし、この者達の言い分によると、障害者を追い込み殺すのが
保守的な「正義」であると説明しているではないか。これではただの殺人鬼である。

日本人には本来、【精進】【邁進】という思想があり、日本人であれば、如何なる人で
あれ物事を進めていく。しかし、一般的切支丹にとっては、バチカンが発行する聖書
を信奉し、そのマニュアル通りに活動する者が多い。よってバチカンが定めた事は
絶対であり、バチカンの思想に合致すれば、イスラム人を聖戦と称して殺すことも
翼賛し、またアジア人を奴隷として連行することも正しい正義だとして説明する傾向が
ある。これは英米アングロソン主義や資本主義と変化し、非聖書教徒は死すべし、
という運動にまで広がってきた。それが9.11自作自演テロや、イラクに対する侵略
戦争と発展していった。しかし!日本の愚かな聖書教徒達の目には、あれが正しき
世界観だと盲信して説明している殺人鬼どもがおる。イエスは生贄と人殺しを
するなと説明し信者を広めたが、信者達は盲信するあまり、イエスに逆らう人々や
思想に反する人々は、奈落の底で苦しむがいいと考えている。例えば基督教で
有名な金女史は、格差は日本で無いと捏造を垂らしこむ書籍まで販売しておる。
このようにして人々が苦しむ姿を喜ぶ連中の多くが、超富裕層の立場である基督教徒達
に多く、あの基督教大学の公式掲示板の中では、格差で死滅するのは、非基督教徒
であるから、ほおっておけばよいと書き込む込む連中までおる。まるで人々が
苦しむのが正義であり、正しいかのような主張である。しかし自分達は資産家なので
生活で困ることがないと説明する外道学生までいる。この者達はその通りに活動し、
国際基督教大学の愚人である教授の八代教授などは、残業代を廃止させろと
政府の内部で10年間も提言し、それを松下政経塾の女性議員などが翼賛していた
会議などが実際にこちらの調査で判明している。また年金に対する不払いなどの
提言などをしている議員までいる始末であった。既に日本は基督教徒達の邪悪な
信仰心によって蝕まれ、何が正しき道なのかを忘れはじめている。
石原慎太郎は格差はないと豪傑を見せ付けているが、自分達は税金を使い
高級絵画を息子の為に買いあさり、また知り合いの暴力団が経営していると
噂されている右翼団体に対して新銀行で融資をしたり、戸塚ヨットスクールで
行われているリンチ殺人を翼賛し、海の泳げない生徒達を海から突き落として
毎年のように暴力事件を発生させている団体に賛辞の礼状を出している始末。
これで日本を愛する愛国なの、正義なの、左翼風情などと力んでも、誰も納得はできないたろう。
しかし、本人達はこういう運動が正しいと思っておる。要するに、既に精神が
病んでいることも自分で解からず、ただ人々を殺すのが悦になっている連中
達なのである。一部の間違ったクリスチャン達を観察するにあたり、典型的なその
考えている態度を紹介しておこう。

●例え犯罪であったも、自らの間違いを認めて反省はしない。
●正義とは、国民を黙らせ、家畜のように外資のために競争させるのが美徳である。
●正しい行為を叩くことが愛国であり、英米の国家テロを翼賛するのが正義だ。
●国民は下民であり、B層であるからにして、人民の言うことを聞いてはならない。
●英米に従い、その思想に従えば、人々が幸せになる。
●如何なる政府の間違い政策であっても、それに反動する愚民は自己責任で死滅せよ。
●保守派がやった政策ならば、如何なる最悪の間違いであっても正しい行いである。
●責任を放棄するものは自己責任だが、自分達の場合は責任を取ってはならない。
●右翼思想家の間違った運営は、全て左翼と中核派の責任に転化せよ。
●敵に利益を与えているのは三流保守派であるが、それは正しい。
●国民が何といおうとも、永遠と屁理屈を述べて打開しよう。

これが現在の政府議員と基督教保守達の考え方である。元々基督教には
反省を一切してはならないという思想教練があり、基督教徒達は戦時中からほぼ
一度も反省したことがない。それは日本の精神ではなく、殺戮者の精神である。
狂人である竹中を見て欲しい、奴は何所の大学に所属しているか?慶応系列
の基督教大学である。また経団連が連帯しているのは、国際基督教大学であり、
国際テロリストであるロックフェラーと連帯している大学である。
また沖縄で反日的原理主義を煽動しているのは、現地の牧師達であり、
また中国での反日思想を世界で広げているのは、基督教組織の連中とその母体である中国愛国党の
切支丹グループである。桜井よし子や金達はそこだけは絶対に説明しない、
しかし中国を叩く時には何故か、一般人のシナ人を叩き、それが愛国だと両国の切支丹達は
説明している。また南京事件記念館と称した施設を設立させたのも、実は英米の基督教機関員と
原始福音派の牧師と宣教師達である。またオーストラリアで発生した捕鯨反対運動と、それに伴なう
オーストラリア政府とアメリカによる日本人を殺せキャンペーンもまた、福音系に
属するユダヤ宗派切支丹のサークルであった。このことからしても、実際のキリスト教徒達の腹の底では、
何が何でも日本人を殺したいと願っているとしか思えない言動やフシがあり、実に奇妙な
右翼的態度を見せている。

私は基督教徒である桜チャンネルのメンバーや、聖書の団体に属する保守派議員達が
これらに対して反論したことが見たことがない。例えば石原は捕鯨テロで国民が
襲われた時、たいしたことではないと説明した。また日テレの右翼煽動番組である
やしきタカジンの言って委員会の外道どもも、これらに対して基督教の組織が
深く関与していると罵倒したのを見たことがない。さらに沖縄偽装11万人デモに対しても、
あれがカトリック勢力が行ったクーデターだと説明した保守派も一人もいなかった。
どのサイトや書籍を拝見しても、出てくるのは基督教のテロ組織ではなく、
左翼の社会党勢力だけや、関係もしていなかった左翼団体や中核派だという
奇妙な内容だけであり、意図的にどの組織も基督教徒達の悪逆を隠している傾向が
多い。いや恐らく1000%擁護して隠しているのであろう。そういえば橋本知事もよく
口癖で基督用語の【洗礼】を受けたという言葉を発している。このようにして
右翼的原理主義活動家の多くが、実は切支丹の思想を信奉している人物だと
わかるだろうが、これで叩かれる国民はたまったものではないだろう。
一体何が世界で起きているのかが、国民様はこれではわからない。

ある教会では、熱心に障害者を手当てし、救済している牧師もいる。それは
仏教徒の家庭であっても手厚く保護するまともな牧師も多い。
またホームレスに対して救済をする左翼団体や牧師も多い。
また左翼でありながら、右翼や保守派すらもしない多重債務者の保護と
救済を1万人以上救ってきた連中も多い。これで救われた人間は多く、命が助かった市民が
実に多いだろう。しかし、一部の狂信的な(英米隷属主義者の切支丹)連中達の
眼には、これらが一切見えておらず、捏造を発信する活動家までおる。

例えば勝谷の捏造したダイオキシン無害説や、劣化ウラン弾無害説なども見逃せない捏造の数々である。また障害者の貧困家庭に対してや政府によって意図的に感染させられた肝炎被害者などに対する罵倒愚弄・愚説貶めの行為なども、言語道断である。これらは同じクリスチャンである皇后様に対しても反動を示す行為であり、皇室の方々は右翼的愚者達の一部に対して激しい悲しみをもっておられることを偽保守派の連中達は知りもしないだろう。これらの被害者と人々に対して意味不明な【自己責任論】でくたばれと罵倒した右翼団体や青年保守、そして某暴露サイトの男性までおるが、
これらは【皇后様自ら】、皇室が長年手厚く保護し、長年支援してきた活動の一つであるに対して、
保守派シオニスト共はまるで陛下君に逆らうようにして毎日罵倒を色々な所で繰り広げている。
反省の色もなく、また自らの運動を擁護したいために鼓舞した捏造の数々。そういう五流以下の
保守でもないような連中に限って、口先では自称愛国者であると説明する傾向が強い。
偽右翼の欠点は、自分達の思想が全て国家に対して有益だと勘違いをしている者が多い。
自国民を苦しめ、国民を殺す連中が愛国者のはずがない。それが愛国であるというのであれば、
そやつらは一生地獄に行くことだろう。例え敵であっても、一部の活動で国民の生命財産が
守られているのであれば、それは立派なものであって、全てを全否定できるほど私たちは傲慢ではない。

話は長くなりましたが、その連中の「ボス」が呼んでいる、聖書の一部を紹介して
おきますが、実際カルト化した議員などは勉強会と称して基督教の勉強を
政府の提言として行っている連中や一部幕僚の連中達までおるので、国民様は
間違った思想に嵌らぬ様、注意してくだされ。未だ経団連の暴君や竹中の組織は
政府に提言を出し、【英米の奴隷にと国民をさせようとする】活動をしております。
その配下であり、代理人であるのが、偽保守派や自己責任論を展開している者達であります。
国民はこのような者達の被害に日々遭っているのであり、間違っても正当な保守や
左翼の部類ではないと思っていただければ幸いです。我々は最近、正常な一部の基督教徒
に対して【憎悪を教え込む】偽保守派の鬼畜共に強く憤慨しておる。これでは人々を救ってきた
本当のクリスチャン達の名誉を全て否定して破壊する行為であり、奴ら数名の基督教徒達は
本当のクリスチャン達ではないと思っている。本物のクリスチャンで国民を殺したり、助けなかった
愚人なぞ本来はおらん。ある有名なクリスチャン達は反省もできるし、人々や障害者に対しての
罵倒はしていない。また英米の国家主義に対しても、激しく糾弾している医師や教会員も多い。
そして石原は聖書の機関員ではないが、ユダヤ機関と深く繋がっておる。また勝谷の身辺
も基督教右派が深く関っている。また青年保守の多くが、基督教の偽装機関と思われる
桜チャンネルの連中達を盲信しきっている。さらに中核派だとして罵倒をしている連中が
実は公安部によってテロ組織に認定されている基督教の偽装右翼愛国党だとも知らずに、
文章を引用して政治家や政治団体に流布している間抜けもおる。



曾野綾子・文責:編集部
 「あなたたちによく言っておく。金持が天の国に入るのは、むずかしいことである。重ねてあなたたちに言っておく。金持が神の国に入るよりは、らくだが針の穴を通るほうがもっとやさしい」。
 弟子たちはこれを聞き、非常に驚き「それでは、いったいだれが救われるのだろう」と言った。そこでイエズスは弟子たちをじっと見て「これは人にはできないことである。しかし、神にはすべてのことができる」と仰せになった。(マタイによる福音書 19-23 訳はフランシスコ会聖書研究所訳注による)。


 日本ではカソリックの学校と言うと、お金持ちの子供が行くところ、というイメージがあるようです。ですから時々「なぜ、貧しい人に対する愛を説いているキリスト教が、お金持ちのための学校を経営しているのか」という質問をされる方がいます。 そうではないのです。実はこの世の中で一番救われにくい人、天国に入るのが難しい人はお金持ちなのだということをここでは言っています。 イエスはよく例え話をお使いになります。イエスの弟子たちや説教を聞きに集まった人たちは、決して学歴のある人ばかりではありませんでした。むしろ、その時代において、教養が無いと思われていた階級の人たちでした。その人たちに神の意思を教えるために、らくだが針の穴を通るより難しい、などとしばしば面白い例えをお使いになるのです。

 最終的に私たちが救われるのは、神の愛によってです。無論、努力は必要ですが、あまり「自分がやったから」という気持ちは危険なのです。富とか、成功とか、秀才であることとか、世の中で良いと言われていることも、神の国に入るためには危険なのです。

 逆に自分が無能なものである、力の無いものであるということを知っている人は幸せなのです。「秀才だから東大に入れて、だから幸せ」などという日本人の考えとは全く正反対。神の全能とか、この世の中を支配している大きな力に対して、自分がいかに力が無いものであるということを知る人は幸せ----というのが聖書の考えです。  そういう人のほうが天の国に入るのがたやすいのです。逆に成功とか富とか世の中で良いと言われていることはことごとく危険なのです。

 だから、秀才にも美人にもうんと僻んで欲しいものです。大金持ちなんて僻みの極致になっていただかなくてはいけません。

 こういうと、真剣に自分の恵まれた所を僻む人がでてくるかもしれませんね。それでは困ってしまいます。そうではなくて、にっこり笑って僻んで下さい。僻みの技術は本当に難しい。一方で自分が与えられた物に感謝しつつ、僻む。それが大事です。僻みのもとが、また、神様からの贈り物ではないか、そう思う技術もまた大切なのです。(松下政経塾「聖書講座」から、文責・編集部)

1992年10月執筆


オーナー

佐藤成紀/松下政経塾第4期生
 アメリカ建国の父たちが共有していた「アメリカの心」は、実はかつての「ヨーロッパの心」であり、「イスラエルの心」だった。紀元前3世紀頃に、ユダヤ人たちが編さんを完了した旧約聖書の詩篇(しへん)には、次のような歌がある。
 「すべての国々よ。主(創造主)をほめたたえよ。すべての民よ。主をほめ歌え。その恵みは、私たちに大きく、主のまことはとこしえに至る」。イスラエルの神は、ユダヤ人たちだけの神ではなかった。天地万物すべてを創造し、治めておられる唯一の神は、時代を超えて、世界中すべての国民から礼拝されるべきお方なのだ。

 イエス・キリストとその弟子たちは、神の奇跡的な力をともないつつ、この「イスラエルの心」を地中海世界、さらにヨーロッパへと伝えていった。数世紀を経て「イスラエルの心」は欧州各地で共有されるようになり、「ヨーロッパの心」を形作っていく。ユダヤ人の神は、人種、民族の壁を越え、欧州人たちの神ともなっていった。アメリカへの最初の移住者たちは、この「イスラエルの心」、「ヨーロッパの心」を受け継いでいたのだ。

 この三つの心が求めてやまないものは、神の国の実現だ。神の国とは、創造主と人間との関係が完全に回復されたパラダイスを意味する。天国といいかえることもできるが、この天国には、誰でも入れるわけではない。オーナーである創造主の許可が必要となる。創造主が人類に与えた入国の条件は、イエス・キリストを神と認め、そのことばに従い、「イスラエルの心」を自らの心とすることだ。

 この条件に、国境はない。「アメリカの心」は、すでに「韓国の心」となりつつあり、次の時代には「中国の心」、「日本の心」、そして「アジアの心」となりうるのだ。

 太古の昔から人々が求めてきた理想の国は、まさに実現されつつある。それは完全な民主制によるものでも、限りない経済成長によるものでもない。全世界のオーナーである創造主なる神が、その完全な愛に基づくパラダイスを創造しつつあるのだ。


1993年11月執筆



アルゼンチンアリに対処するためには

九州南東で発生してるアルゼンチン蟻の駆除で、いい方法があります。
ロシアのバイオ研究所で飼育してる遺伝子改良駆除動物のタイプのように、
遺伝子操作した、「卵の産まない」女王蟻をつくり、実験してみる価値はある。
女王蟻は数日後に死滅する遺伝子にも改良しておけば、二重に安全だという。
ロシアにはこれを応用した蛆虫、蝿、ミツバチ、花粉移植用の小昆虫などが
あるという。よほど生態系に危険がなければ、実験開発してみる価値もある
のではと思われる。

単独民族説の解説

(文章に説明不足があるので、一部訂正。)
民主党が糾弾した日本民族単独説の検証についての回答の一つ。

まず中国の古文書には、倭人伝などがあり、そのいくつかの古文書には
日本人と指定されている国家がいくつかある。間違っても在日韓国人の説明する
日本人=韓国人が祖先だという渡来説は中国の古文書には一つも来ない。
これでまず中国の古文書「吐魯番」の説明どおりに在日の捏造する
日本人「半島説」の捏造というのがわかるだろう。こうして公明党・民主党の連中は
奈良韓国説などを真剣に信じているのだから、失礼だが笑いが込上げる。
また韓国の捏造文学を熱心に広めている連中にも、頭隠して尻隠さずなので、
失笑ものである。在日朝鮮籍者が保守派に広めた強烈な捏造史観の一つである
半●通信の内容も見るに耐えない。

学生が韓国と文化交流をすると、はぁなるほどと思いこみ、三流教授や高校教員
程度の連中が「韓国人の嘘」にあっさりと騙される。それは日教組の渡した教員マニュアル
を教科書として教員達が広めているために、自分達の文化すら知らないために
発生している無知の極みなのである。だから韓国人が洗脳できるのは、高等学校
の組織ぐらいで終わる。

朝鮮人問題の一つに、嘘を国家機関レベルで平然と発表し続けるという特徴がある。
民主党などの社会党系左派の残党は、半島系の嘘を北朝鮮組織の日教組によって
洗脳されたので、中国の文書をはるか通り越し、倭人伝にも出てこない「半島の渡来人」
という奇妙な歴史を盲信し、在日達と韓国政府の手によってまんまと日本の歴史が
常に捏造されている状態である。福田政権の時に防衛長官をしていたあやつも
その史観を信じている人物であった。

また間違っても日本語の中には、ハングル語の痕跡もなければ、古代朝鮮の文化もない。
最近流行しているチャングムなども、日本の皇室を模倣したドラマだと本国の監督も
認めているように、相手方の捏造を妄信しているのが民主党の議員達には多い。
一般市民もNHKが韓国に金を払って放送させられている韓国歴史ドラマを真実だと
思って信じているだろう。これはもう笑うしかない。韓国側にすれば、それが狙いである。
とにかくプロパガンダを流し、うそを信じさせる。これが手法となっている。あれを放送させ
ているのが大使館ルートの日韓メンバーであることもばれている。
それを在日朝鮮人達が強力にバックアップするものだから、真実だと三流は勘違いする。
そのような捏造史観は、在日も本国の朝鮮人達も既にわかりきっている。
だから論文は出さない。出せば古文書の年代が「炭素測定」ですぐにばれてしまうからである。
だから奴らは【口伝方式で嘘】を伝える。証拠を出せといわれるとばれてしまうので、
「贋作物語」を発表し、文字や口伝だけで「証拠を出したと」思わせているのである。
韓国に行けばわかるが、何も過去の歴史はない。一度行けば直にあきる。
それが朝鮮の国の正体だ。あの国を翼賛するのは「公明党の信者」と「統一教会」の
連中しかいない。それをテレビであたかも「観光客」として流している。実に不気味な
連中といえる。また笑えるが、韓国の歴史教科書は薄っぺらい本が中心であり、
文献というものはなく、◎◎のであった、とか、◎◎のような、という具体性のない内容を
個人的な感想を学術化して発表してるに等しく、古文書の参考写真も皆無である。
あるのは【近代画家が書いた絵】が数点あるだけである。後は近代日本文学の
贋作物を並べているだけである。これは文化の盗作といえよう。

現在の韓国政府では、古代朝鮮半島の歴史には韓国に漢字の文化などの流入はなく、
中国に支配された過去もないと説明している。これでは在日韓国籍者がいうような
韓国の古代言語は「ハングル」のみである、という説明が嘘だとなってしまう。
それはなぜだろう?その奇妙な在日説の説明が以下の文章からも推察できる。
(ヤフーブログで偽装している、連中のコメントより抜粋)
-------------------------------------------------------------
吐魯番(turfan)だが、この呼び名が人間と共に朝鮮半島に入ったとき、そこでは
「帯方(Turfan)」となり、日本に渡って来たときTurfanは「諏訪」という【形声漢字】
に置き換わり、呼び方も「諏訪(スファ)」←になったのだ。しかし元々は
Turfan(トル・ファン)のtur(取)fan(方)で取方だったはずだ。がこれでは「帯方」と同じになる。
そこで「言偏」を付けることで形声(借音)の「読み」→「スファ」へ転訛したのだ。
ここにも高句麗と信濃とのつながりが見て取れる。
http : // blogs.yahoo.co.jp/ eraser 1 eraser
-------------------------------------------------------------
とあるが、韓国政府は実際、シナの侵略をうけたことがないので、中国の漢字を
使用してないと説明している。これはハングル講座でも必ず習う歴史である。
ではなぜ朝鮮人達は「漢字を翻訳」できているのだろうか?使用もしてないと
宣言しているにも関らずだ。実際は現代より高度に翻訳できてるではないか。
さらに別の大きな矛盾と疑問もある。ある番組によると、「吐魯番」が半島に流入して
きたと在日どもらしき連中が説明している。ここで察しがつくが、吐魯番が流入
してきたということ自体がおかしいのである。もともと吐魯番は、古代シナの民族が
まとめた歴史の文献である。これは聖書や文化ではないので、流入する必要
もなければ、逆にシナにとっては保存をするという立場にある。それがなせ一々
半島に流出し、古代半島人に伝播されて伝令されているのか?ここで奴らの嘘が
またばれてしまった。本来は、古代シナ大陸と日本との交易をするのに
朝鮮半島を経由せずとも実は簡単に交易が出来るという事実がある。
沖縄との交易もその一つである。しかし半島人にいわせれば、中国の文化が
上陸する時には、必ず半島の統治者から伝わっていると捏造している事実にも
行き着く。その証拠に、上記のサイトには、自ら捏造だと証明するように以下の
ことを説明している。半島説ではっきりと言語が完成しないので、付け加えたと自ら自供している。

この元凶となっているのが、恐らく「日ユ同祖論」が発端となっているのであろう。
朝鮮側もあれを利用して徹底的に偽の贋作「渡来説」を捏造していったのである。
在日や韓国人からすれば、半島を経由して日本人が日本列島に住みついた
と捏造している。では日本に昔いた動物や生態系が、韓国にあったかというと、
一つもない。古文書もない、遺跡も無い、証明する世界の伝聞や考古文も無い、
全て半島にはないのである。逆に日本人が世界で独自に発展し、ミクロネシアに
渡来したという文章が「吐魯番」や「倭人伝」の内容には説明されているのである。
そもそも半島にはミイラを保存する文化もなければ、刺青の文化もみられない。
よって韓国説の全てが間違っている、または、捏造されているということが断言
できるのである。またよく韓国の異常者の学者達が説明する日本と韓国の
類似点の言語であるが、これは日本側が近代になって半島側に流した輸出
文字や輸出言語に由来するものであり、本来は半島からの渡来ではない。
ここで一番失笑してしまうのが、天皇渡来説である。元々天皇は地方豪族や
分家、そして地方シャーマニストの総合から生まれた文化である。なので
一々半島を経由してくる意味すらおかしいのである。その証拠にメソポタミア文化を
過去に輸入した証拠品まである。ではなぜ奴らのいう半島から渡来する以前の
時期に、日本に王朝や遺跡があったのかを、奴らは説明せねばならない。

簡素に言えば、韓国にも漢字があり、ハングルと同じであるという言い方のようだ。
ではその漢字はどこからきたのか?と思うが、あの国の奇妙な常識では問題とは
されていない。いきなり伝承文化の実績を通り越し、いきなり半島で次々と文明が
発生した表記になっているのが韓国の歴史教科書の面白さである。このように、
在日や朝鮮半島の人達のいう史観が、世界最高の嘘であり、間違いであると
簡単に説明がつくだろう。ハングル語だけだと韓国政府は教育していたのに、
何故漢字があったのだと?もうあまりにも嘘が多いので、相手にするのも苦戦するだろう。
韓国では漢字を発明したと捏造してる可能性が高い。日本のように輸入した文化もあるという
渡来系の文化だとは一切説明がなく、いきなり漢字も韓国発祥説となる傾向が今までの
傾向を観察する限りそれが多くあった。嘘を熱心に説明する在日朝鮮人達
の動向を観察すると、もう頭が狂ってるのかと思う時がある。

韓国籍者によれば、柔道の嘉納治五郎まで渡来系在日説だと平然と政府一体
となって嘘を世界に流す傾向があるので、今まで警告をしてきたわけだが、
今回も倭人伝の内容などを迅速に捏造してきたというわけだ。
こちらは過去に我慢しかねて、パンクラチオンを学ぶレスラーであった前田明選手が
在日だと外部の者たちに広域的に一斉に暴露させていたが、奴らはそれでも海外では
前田自身も日本の侍だと言ってプロレスを世界で広めている。まぁ驚かれるのも無理はない。
こういう暴露情報はプロの機関員によって日本中から集めているので、素人や
国家機関に属さない組織によっては、デマなのか、本当なのかは判別つかないだろうから。

「前田日明 リトアニア」の道場で検索すると、韓国籍者の異常な嘘つき習性が
観察できる。現地では前田自身が己をサムライだと説明している。韓国人の捏造
プロパガンダがいかに世界的な活動なのかがわかる。日本の民主党や社会党とは、
所詮その程度の学識をもとにした左翼の集まりであり、アジア人を盲信して信奉しただけの
頭のおかしい連中の政党とでもいうべきなのだろう。公明党も然りである。どこに在日韓国籍者の
サムライがおろうか?しかしリトアニアでは、アレがサムライだと信じ込まれている。
前田の一族は、はるか前、サムライ制度を廃止した後に日本に住み着いた渡来人である。
朝鮮民であるのに対して、侍であると宣言するのはでたらめな話である。
こちらの一族も元々武士系の流れにあり、ルーツは某サムライ系の流れになる。
日本人であれば誰でもそのルーツにたどりつく。しかし在日のルーツはサムライではなく、
半島である。しかも半島にはどこを探してもテレビドラマのようなサムライという文化はない。
韓国ドラマで出てくる武器も、日本人が過去に在日達に一部継承させた
新しいタイプの日本刀のつくりである。あの時代にはあのような剣はない。その矛盾を
韓国人達は説明せよ。また日本の古文書には、一度たらずもハングル表記では
説明されていない。日本人渡来説だと言い張るのであれば、日本人はハングル語を
使ってなければならない。しかし、ここ2000年間において、そのような文書や遺跡は一つも無い。

自民党の愚か者達も、今までこうした連中に入国規制をせずに、あの統一教会の女が
ほしくて癒着してたからこのような捏造を垂れ流すテロリスト予備軍が日本に住み着く
のである。元を正せば、日本の政治家達が悪い。日本共産党ですら、和服を着て
正装をしている連中がいるのに対し、自民党、社会党、民主党に到っては、
韓国を翼賛するしかのうが無い。さらに騙されっぱなしである。


また日本の文字、文法を観察してもわかるが、ハングルの継承は一つもない。
特に注意すべき点は、韓国の説明する日本との言語の類似点についてだが、
それは日本の統治時代に日本人の軍人達が与えた「日本語」という「新語」を
与えたためであり、その現代用語を、韓国の三流以下の五流以下学者達が日本語は
ハングルだと嘘を教育したのである。朝鮮半島の言語や文字は、明治に韓国に対して
流入した日本製言語や苗字というのがあり、半島ではそれを知らずに韓国発祥だとしている。
無能無知の極致なり。韓国人の名前を見ると、愛だとかという名前がよくある。
それも日本軍が統治していた時期に日本側から与えた名前の一つである。
間違っても韓国独自の表記ではないのであしからず。
http : // blogs.yahoo.co.jp/ eraser 1 eraserのサイトに掲載されている渡来系の
独自解釈は注意したほうがよい。定番の朝鮮人贋作物語が含まれている。

また沖縄の王朝を発展させたのが、日本の武士だと発表があったが、それ以前にも
古代文字などが同じものがつかわれているらしく、すでにその原盤が発掘され始めている。
いわば縄文時代前期から続く継承文化の一つである。その一部が青森の遺跡などにもあり、
古代日本民族の広域拠点がいかに広大であったかという証明の一つなろう。
間違っても日本古代神殿や言語に、半島のハングル文字はないので、初心者は安心してよい。
また韓国の王朝も日本とは違い、歴史が浅い。よって渡来しているのは
文化だけに等しいと推測してもかまわない。それを社会党の残党達である民主党が、
故郷の半島を尊敬するあまりに韓国説を捏造して広めているのである。

まずその一つである遺跡の中には、以下の写真がある。
http://www.wonder-okinawa.jp/024/japanese/shinden/index.html

またアイヌ文化と日本縄文文化の時代との接点が図柄にも表れており、
いくつかの共通点が発見されている。古代日本の本島民族は、ミクロネシアまで
生息領域を伸ばしており、共通文化があったという報告が発表されたばかりなので、
半島人とはなんも関係がない。そもそも韓国の教育では、日本と対立して
戦で常勝したと古代史が説明されている。よって日本本土の日本人種に渡来
し、日本を支配したという捏造史観が、ここでまたばれてしまう。日本を
支配したというわりには、何も遺跡がないではないか。

これらを察するにあたり、自分たちでも完全に捏造しそこねた情報であるとわかる。
半島の歴史捏造癖が、いかにチープで、陰謀に満ち、悪意のある侵略の意図が
あるのかがわかるだろう。また沖縄の王だが、沖縄は源氏が近代になり発展させ、
それ以降は日本本土の文化と同じ共通点があり、本土の中だけを観察すれば、
日本の北と南東文化と人種が同時代に活躍していたことが証明される。ただ沖縄の場合、
中国との交易もあったので、トンファーなどの中国武術と武器が広まり、それが中国人のような
印象となった。しかし中国の文書にも、沖縄が日本とは別の異邦人であるかのような記述はなく、
逆に日本本土と同列の文化があったことが示されている。この様な簡単な調査だけでも、
やはり韓国人たちの考え方は異質であるとわかるであろう。 沖縄にしても本島にしても、
海底神殿と石版が全国にあることからしても、別国であったという表現は間違いである。
日本人の祖先には、刺青の文化なども全国的に継承されている。これらは縄文と同じ
紋様が使われている。これも考古学の中では、日本独自のものだと発表されている。

また、日本ユダヤ同祖論も有名であるが、あちらの宗派は男性のヤハウェーであり、
こちらの宗派は八百万とアマテラスと他、累々である。これでわかる人には
わかると思われるが、なんにしても、日本を捏造したい連中が多いことは、
あちらの嫉妬と比例する日本の誇るべき歴史の長さが証明した文明力といえるのである。
ただし、一部の神社や宮系には、古代正統派ユダヤに極めて近い風習が実際にあり、
何かの儀式をしていたのも間違いではない。正し、やはり韓国系ではない。
また青森の遺跡と古代聖書系の文化にしても、文化を継承しておられる方々の遺伝
には、「青い目」のした白人系ご子息がいたというので、これも朝鮮系ではまったくない。
ましてや、イエスの生まれかわりだと説明する統一教会のカルト集団もまた偽者であり、
あれを信じる人は獣レベルであり、知性が低い。

(別の記事もついでに追記)
北朝鮮に渡った小沢と野中のボスであった金丸・竹下であったが、金丸が北の
パレードに参加した時に「こう発言していたという記事」があった。

「*金丸さんのお父さんは、日本で大変活躍したそうですね?」

上記のこの発言の中で何か変だと思う所がある。日本で活躍したそうですね?
この言い方は、金丸一族が、日本「で」、という意味である。本来、他国の
人種に対してはこのような説明はいないだろう。ということは、金丸の父親は
北朝鮮系の渡来だと言っているのかもしれない。そうなると民主党の正体
にもなるが、現在その小沢が竹下・金丸派の中で暗躍していたことは知られている。
その通りに朝鮮経由と深い結びつきがある。例えば民主党の党員には、あからさまに
日本人ではない連中が男性だけでも5人は存在している。しかもどれも反日家で
有名であった連中である。父親の故郷も歴史も何も自ら公表しない連中が多い。
更に秘書から支援団体まで、民主党員の多くが韓国政府の諜報機関である「安企部」が
設立させた「民団」の関係者と外国人の総合機関が多い。その繋がりは北も含めて
クリスチャンの組織を拠点としている。民主党の支援者の多くが、実は違法市民
などの麻薬ブローカーやテロ組織のメンバーである。例えば民主党は正式に
天皇を処刑すると4年間も宣言した「民族フォーラム」を前面支援している。
小沢と岡田はその組織のコメントを代表者として国会などでそのまま口にする
場合がよくある。(岡田の一族はイオンと提携するジャスコグループの財閥)
ということは、民主党の実行支配権をもつ組織は既に、韓国の諜報テロ組織
「安企部」であると思っても間違いではないだろう。同じスローガンを発している
のだから、間違いはない。また北朝鮮の青年職員達も、民団は「安企部」の
設立した諜報機関だと説明している。また安企部も裏では北朝鮮を支援する
雑誌や本を出版している。既に民主党は韓国の情報機関であるのだろう。
そもそも天皇を殺すと宣言した連中を政党代表者として呼びつけ、議員として
立候補させたり、またそれがマュフェストだと言っていることからしても、民主党が
正常な連中ではないとわかるだろう。そしてスパイの定番である女の姿が
民主党内ではよくみられている。民主党本部だけでも、3人の韓国人女性が
存在している。一人は電話番、もう一人は秘書、もうひとりは事務員となっている。
どちらも全て、韓国の抗日テロ組織の機関員として活躍しているようだ。
劇団四季のメンバーなども韓国系が多いが、そちらの部署にもクリスチャン系の
組織がある。世田谷一家を虐殺した連中もその中の組織にいるという。
劇団四季と言えば、日教組と社民党の娯楽としても有名であり、団体で見に行く
ほど交流が深い。これ以上探ると、民主党左派の偽装保守の拠点である
キリスト教の連絡機関、「松下政経塾」の機関員も現れるので、自民党の基督教徒
グループと在日と民主党の国際犯罪組織のボスがだれを操っているのかが
自ずと見えてくる。

民主党が最近、日本の株を暴落させようとして、解散総選挙を脅迫しているが、
ヨーロッパ外相のコメントによると、その選挙解散時期、ヨーロッパはどうすれば
金融危機に対処すればよいのかと発言しており、判断が出来ないとも既に発表されている。
要するに、岡田財閥と鳩山財閥のクーデターメンバーは、日本の株価暴落を狙っているとしか
おもえない言動やフシが強く見え隠れしている。あれほど政権交代を叫ぶということは、
よほど「やましい」目的があるのだろう。連中の眼つきがまるで獣である。
山井議員など実に素晴らしい議員が多数民主党にはいるが、小沢、岡田、鳩山、原口
という外国人被れしたシンジケートの残党がおるので、よい議員の存在が薄れてしまっている。
また国民新党も日教組系列の支援を受けているようだが、それでは意味がない。
警察OBを抱える唯一の国民新党なのに、裏組織と繋がる連中と支援で共闘しているのは
いただけない。これでは警察も頭を抱えるだろう。

しかし民主党員は国民生活をよくするとか言っているわりには、株暴落を狙った選挙など
言語道断である。今選挙をすれば暴落するのは目に見えている。暴落して喜ぶのは
半島の連中と小沢のボスである。あの者達の姑息な意図が隠し切れないほど現れている。
自民党も無能経団連とクリスチャン組織と手を切り、早急に経済対策を推進した方がよい。
英米向けガソリンスタンドよりも大事なことが国内でこれから続くだろう。民主党は過去に
外資族を翼賛していた側であり、民主党が今ごろ外資と戦っているかのように偽装している
のも奇妙である。自民時代に小沢の一派がバブル経済をつくり、崩壊を手引して潰したことは
バーニング・ツリーのゴルフ会談後の実態をみれば一目瞭然であったが、今度も外資と裏で繋がり、
狙っている連中がいるのかもしれない。小沢はいわば召使をさせられているのである。

では、その本来の韓国籍者や朝鮮人達がどのような思想を継承する口伝民族なのかを
掲載しておこう。見境無く同一ではないが、帰化や通名で実態を隠しているので、
甘く見るとその通りに介入し続けてくるだろう。
この在日達の本音が、また凄まじい考え方なのである。拉致して当然、日本人を殺して当然、
日本人の物を盗んで当然という意識が朝鮮の継承する文化だというのだから驚かされる。
特に同朋朝鮮人の男性諸君にはこのような裏文化があると奴らは何度も自慢しているではないか。
仲間同士の別の会話内容も拝見したが、あまりにも日本女性に対する意識が動物扱いで酷いので、
掲載は控えておく。さらに朝鮮人達は、世界中の幼女や子供達を性的ターゲットにしていた
ことが告白されており、この人物達とは別のメンバーも酷い内容であった。
以下の内容は、99年当時の発言となっているが、リ・ヨンファの内容などが掲載されている。

にしても幼女物のアダルトソフトなどを大量販売していた本家の会社が、在日朝鮮人
の経営する秋葉原大手の会社だと既に知ってはいたが、世界中で子供達を親族ごと
ターゲットにしていたとは流石に絶句した。それを日本文化のように偽装して行ってい
たという事実も他でも確認したので、いかに危険な性格をもっているのかがわかる。
テレビで未だに意味もなく韓国人を翼賛する連中が多いなかで、我々は敗戦国と
なったばかりに外国勢によって国家が蝕まれているという現実を少しでも伝えなければ
ならない。民主党はこのような連中を機関員に呼び、国政に勝手に参加させている
のだから、この連中は近い将来、それなりの対処が必要となろう。
日本国民も最近は酷いが、在日勢力の放つ堕落産業の精神汚染が日本人を深く
蝕みはじめていることも、またたしかである。これらは左翼も右派という観点ではなく、日本の独立、
利益という立場からみてすれば、どの政党も操られていることが自分達でもわかるだろう。
操られているのは実に空しく情けないのである。
---------------------------------------------------------
http://cgi.members.interq.or.jp/www-user/saiwai/board/5.html より。

日本学校では、比較的よい先生に巡り合えて、感謝はしていますが。
私の友人は、日本人にも関わらず、小学校・中学校と東京中華学校(「中華民国」系)に行って、
中国語が完璧です。
http://zgbss.cjb.net/
http://zgbss.cjb.net/

現在、中華人民共和国台湾省の友人に手紙を書いています。電郵で連絡が取れる人は
全員無事でしたが、そうでない人はまだわかりません。私の友人は、現在某日本企業で
赤化活動(笑)をしていますが、彼は台北なので大丈夫でした。でも彼の親戚が死んだとか...
------------------------------
いえ、まだNYに行くとは決めてません。日本から出るにしても、NY以外の場所もいろいろ
考えられます。米国に行くと、米国でしか会えない(政治亡命者で、米国の国外に出られない)
知り合いに会えるのが楽しみです。そんな過激な活動はしませんよ。KKK粉砕デモでの
警官(cops)との肉弾戦くらいでしょうか。KKK粉砕デモのときは、警官が大量出動して
KKKを守るので、反KKKデモ隊との間でいつも流血の衝突が起きます。
科学の歴史は、無知を知識で置き換えていく歴史でした。科学の進歩につれて、
宗教の存在領域は一貫して減少していますし、この傾向は科学の発展が停止しない限り続くでしょう。
http://www.infidels.org/
http://www.prometheusbooks.com/
化石記録は、聖書の創世紀に対する決定的反証ですが、(あくまで事実を認めない
聖書根本主義者は除いて)聖書の擁護者はいろいろと詭弁を弄しています。
----------------------------
http://plaza22.mbn.or.jp/~gthmhk/kinyou.html#genron
3号庁舎に友達はいません。ていうか、3号庁舎とは何なんでしょう?
おしゃべりさんの名前は、在日韓国青年会掲示板で知りました。

このリンク先の文章をお読みください。私は本多勝一氏に賛同します。
http://plaza22.mbn.or.jp/~gthmhk/kinyou.html#genron
(さんちゃん)
>日本において共産革命が起きるとしたら、もしかしたら、天皇家も共存
>できる形があり得るのかも知れません。

(某氏)
>絶対ありえません。断言しておきます。君主制などという前世紀の遺物を
>温存させる革命はありえないでしょう。

う~ん、、、仮定の話なので、深くは入るつもりはありませんが、、
「革命」と「前支配者」の皆殺し、、というのは、あまり日本人の美学に
あわない、、と主張しているのです。万世一系の天皇家、、というのに
はウソがあるでしょうが、少なくとも長い長い間、支配者が何度も変わっ
ているにもかかわらず、天皇家が存続した点に日本の歴史の特殊性を見る
ことが出来ます。

私が「右派も左派も」と書いたのは、例え天皇制に反対する者でも、
「天皇の処刑」というのには抵抗感があるでしょうし、それを主張しても
大いなる支持は得られませんからね。
kaminari@lycos.ne.jp
ZVQ06777@nifty.ne.jp
--------------------------------
日本人の美学、感性、そして倫理観には合いません。

そんなことありません。歴史を見ればわかるとおり、偉大な歴史的変革期における人民の行動は、
驚くほど共通のものがあるし、今日ではますます文化的にも国境は破壊されつつあります。
どこの君主制国家でも、君主制が倒れる以前は盤石に見えたものです。

以前は、小笠原諸島を「天皇」崇拝者に与えて「天皇」崇拝自治社会を作らせ、気の済むまでやら
せればよいと考えておりましたが、あなたがたの投稿を見ていると、やはり日本人の奴隷根性を
破壊するためには、「皇族」は皆殺ししたほうがいいのではないかと思い始めました。
>私の願いは、皇室の存続と、二度と皇室を我が国のみならず他国の民衆の「怨府」としないことです。

いまさら遅いです。共産主義者は、「天皇」の名のもとに受けた弾圧を永遠に忘れませんから、
共産主義者が政権を取れば当然復讐しますよ。その場合は「皇室」の存続は不可能です。
高麗(朝鮮)人の日本「天皇」に対する感情は、アイルランド人の英国女王に対するそれと同じですね。
愛国心の強いアイルランド人は、普段冷静で紳士的な人でも、英国女王の話になると
「あのアマを×××××××!」と言います。英国在住のアイルランド左翼の集会では、
いつも英国国旗と女王の肖像を燃やします。私はそんなアイルランド人が大好きです。

私はアイルランドに強い共感を持っています。アイルランドも高麗も外勢により
分断された民族であり、隣の帝国主義国に対する闘争が民族史の重大な部分を占めています。
「共和国(the Republic)」という表現も共通しているし、朝鮮民主主義人民共和国の
「ジャガイモ革命」で一層似てきました。アイルランドが英国の圧政により飢餓を経験したように、
朝鮮民主主義人民共和国も日米の封鎖により餓死者を出しています。しかしアイルランド
人民が敗北しなかったように、朝鮮民主主義人民共和国も敗北しないでしょう。次の世紀は、
朝鮮(高麗)民族に新たなJames Connollyを与え、
新たな復活祭蜂起を実行させるでしょう。
反米反日愛国闘争により、社会主義統一が実現されるでしょう。
--------------------------------------
Argentina と Brasil 投稿者:某氏
私の尊敬する革命家(69歳の女性)は30以上の言語をしゃべるアルゼンチン人で、大学入学時
にアルゼンチンを出て以来数十年ぶりに帰郷し、アルゼンチンに住むらしいです。
彼女の引越しが済んだら、引越しと結婚祝い(同じくらいの歳の男性と再婚した)に行こうかと思います。
アルゼンチンで現地の女性を獲得するためにTangoを練習しようかと思います。
-------------------------------------
私の部屋の鍵を持っている人は、
一人は姉。時々子供を預けに来る。姉の子供に、「日帝の朝鮮侵略戦争粉砕!」と覚えさせ復唱させると、
「うちの子にまた変なこと教えて!」と怒られた。幼稚園の先生に、
「にっていがちょそんをしんりゃくするんだって。おにいちゃんがいってたよ。」と言っているらしい。
一人は遠くの大学に進学したため関係は自然消滅した。長期休暇で帰省したときにたまに電話をかけてくる。
向こうに男がいるから大丈夫。一人は遠距離の腐れ縁の中学同級生。初めての女。
一人は例の高校生。

----------------------------
現在日本で、北朝鮮擁護の姿勢に立つ(某氏さんには、異論はあると思いますが)団体には、総連、
韓統連、また日本の政治団体では旧社会党関係(現在では、社民党、民主党〔一部〕、新社会党)がありま
すが、皆さんやはり某氏さんと同様な考えに立っているのでしょうか?

例えば「革命遂行の為ならば、考えや意見の違う者は処刑する」

という事。

勿論、時代と状況によるとの考えをお持ちとは思いますし関係、知り合
いがいないなどの理由によって分らないところはあるものと思いますが、
知り得る限りで教えて下さい。
何分某氏の意見を聞いいていると、けして過去の「ロシア革命」「朝鮮人民の抗日解放戦争の
まっただ中で」とは、言いきれないのではという不安・危惧や疑問を持ちます。
宜しくお願いします。数日間、FAOサイトのデータに当たっていますが、何分英語とインタ
ーネットの検索に慣れていない為、悪戦苦闘中です。
freeman@za2.so-net.ne.jp
-------------------------------
>現在日本で、北朝鮮擁護の姿勢に立つ(某氏さんには、異論はあると思いますが)団体には、
総連、韓統連、また日本の政治団体では旧社会党関係(現在では、社民党、民主党〔一部〕、
新社会党)がありますが、皆さんやはり某氏さんと同様な考えに立っているのでしょうか?

韓統連には、ごく一部ですが「朝鮮労働党と金正日同志」を支持している人がいます。
この人たちがなぜ総聯ではなく韓統連にいるのかはわかりませんが、おそらく韓統連に入った
後にチュチェ思想になり、そのまま留まっているのでしょう。

社民党には、キムイルソン主義研究会の会員もいます。例えば、沖縄大学教授(名誉教授?)の
佐久川政一さんは社民党沖縄県の代表的な学者党員です。社民党は、総聯・韓統連・民団の
三団体と関係を持っています。総聯・韓統連は昔からのつながり、民団は比較的最近でしょう。
社民党の都道府県大会では、民団の挨拶のとき総聯とつながりの深い党員が野次を飛ばしたりします。
社民党の東京都豊島区議会議員(氏名は今思い出せません)は、日本キムイルソン主義研究会の
会長です。新社会党中央副書記長の横堀氏(日教組)は、教職員チュチェ研究会の幹部です。
新社会党は総聯・韓統連と関係を持っていますが、幹部の立場は一様ではありません。
「北朝鮮・韓国」という人もいますし、「共和国・南朝鮮」という幹部もいます。参政権問題では
明白な立場を取っていません。階級道徳の問題ですが、「彼らとわれわれの道徳」という有名な
古典を読んでいただきたいと思います。郵送してもいいですよ。
emailで連絡が取れない人のために、私書箱を開設してwebsiteに載せることをお勧めします。
--------------------------------------------
ドンジ、今日は忙しいので、またお返事します。今日は失礼します。
私の両親は、在日高麗人と在日琉球人です。日本人ではありません。
http://members.xoom.com/_XOOM/lbptaiwan/index.htm
http://members.xoom.com/lbptaiwan/
http://members.xoom.com/_XOOM/lbptaiwan/index.htm
---------------------------------------------
宗教者と「対話」することは否定しません。私も、日本山妙法寺に知り合いがおり、
さまざまな機会に同席します。しかし、彼らの目指すものとわれわれの目指すものは根本的に
相容れないので、限定された目的以外では共同はありえないと思います。もし仮に、抗日解放の
戦闘中に私が解放軍司令官で、日本山妙法寺の僧侶が「殺すなかれ」と布教にやって来たら、
私はその僧侶を殺します。議会制民主主義は、工人階級解放の手段たり得ません。(また今度)
もう寝ます。
-------------------------------
二重に求めるものは、朝鮮系日本人ではなく、日本国籍保持朝鮮人。
永遠に愛し、また永遠に恨む形だと、思って下さい。
------------------------------
「在日」という存在が、、三世になっても、四世になっても、存在するということよりも、日本と韓国の
両方の国籍を持つ人が、、三代も四代も続く、、ということの方がより特殊に思えてしまいます。

おしゃべりさんが目指しているような、、韓国とのルーツを大切にする、、ということになるならば、
私は支持しませんが、現在のように、韓国籍を持つ外国人として、永住外国人の権利を
無限大に日本国籍に近づけていく運動をしていくことの方が、重国籍を認めるように運動するよりも、
現実的なようにも思います。
<追記1>
周平さん、参考になりそうな書籍をご紹介下さり、ありがとうございます。
近い内に手に入れて読んでみたいと思います。
>『在日韓国・朝鮮人政策論の展開』(坂中英徳著、日本加除出版株式会社)
------------------------------

「帰化」という方法を変えてくれたら、さんちゃんの考えでも、別に良いよ(^^)
在日はこの先どんどん減って行き、もしかしたら消えてしまうかもしれない。
だけど裏を返すと、日本にどんどん入り込んで行く、という事なんだけどね。
すでに朝鮮の血に関係有る人は200万人を突破してたりして・・・ヒヒヒ(^^)
hey@alles.or.jp
------------------------------
私は必ずしも日本人ではありませんが、相手の親には日本人と思われている...
あの娘とはまだやれてません。
---------------------------------------------------
↓ホントにそんないい子なら、ワシ、韓国に帰化してもいいのお。親がうるさいというなら。
まじも何も知り合ったばかりですが...でも可愛くてスタイルがよくて◎っぱいが大きい。
声も可愛いし性格もよい。あの娘なら一緒になってもいいが。あの料理屋でただで食わせて
もらえるし。うまい参鶏湯やチゲ類。子供に朝鮮籍を継がせるため婚姻届は出さないし
認知もしない(いざとなったら逃げられる)。親が望むなら子供は朝鮮学校に入れる。
遊びで手出すのはやばいんでない?それともまじなのかな?
ここは恋愛相談室か???
↓親がそういったというくらいだから、本人はOKなのだ。
あの娘に「親が日本人との友達付き合いならいいけど男女関係は許さないって言ってる」と僕に
言った。遠回しにふられたのだろうか。完全にこのボックス、一つ下の内容にすりかわちゃった
↓↓ひょっとして下の投稿、あばたもえくぼの特殊心理ではないだろうか
↓ストーカーしちゃダメよ
とりあえずあの娘の通っている高校(日本学校)を発見した。結構進学校みたい。僕の電話番号を
渡したけどまだ連絡なし。あの娘は処女なんだろうか...総聯系ですか。それも熱烈な支持者で
あれば脈ありかつての信頼が深ければ不快ほど落胆は大きい。
↓↓あのね、このボックスはラーメンの話なんですがね(笑)。その意見はもう一つ下の
ボックスに引っ越した方がいいような気がしますよ。あの朝鮮料理屋は
「朝鮮新報(Choson Sinbo)」が置いてあるからやっぱり総聯系かな。でもあの可愛い娘とは
どうやったらヤレるのだろう....やっぱり朝鮮女性はカタいのだろうか....
親にばれたらどうなるのかなあ....妄想が膨らむこれそなた、予がうらやむべきことを言うでない。
ご立腹でおじゃるぞ僕の行き付けの朝鮮料理屋に十代の可愛い娘がいるから
いわずと知れた辛らーみょんだ
----------------------------------------------------
相手の親には日本人と思われている方に提言します。ブラジル国旗に向かって突撃せよ!!。
世の中所詮男と女しかいないのだ。躊躇すれば一生後悔しますよ。若いうちが華ですよ。
突撃してしまえば国境も文化の違いもすべて解決しますよ。子どもが生まれれば親戚問題も
解決しますよ。我が家を見てください(どうやってみるのだ?)。一人一人がすべて異なる人種ですよ。
見た瞬間にわかる言い訳のできないい人種ですよ。東洋人、南蛮人、雑種人、半黒人、猫人、
鳥人。歌の題名じゃないけれどもウリルルポラ。朝鮮総連がなんだ。勇気を出すのだ。
男ならやってみな。もう一度激励します。国旗に向かって突撃せよ
motoki@gbl.com.br
-------------------------------------------------
我がブラジルの国旗に突撃おめでとう。すごいね、16才で、まあいいじゃないの、
好きならば。こちらでは13才くらいが普通だから、まだ奥手ともいえる。来週は独立記念日、
ブラジル国旗を高々と揚げよう。
K6ー2の元木 投稿者:某氏 投稿日:99/08/25(Wed) 10:03:11
ブラジルでは13歳くらいの娘をナンパして大人にすることができるのでしょうか?
父親に殴られたりしませんか?地域による違いは?
motoki@gbl.com.br
------------------------------------------------
私も機会があればブラジルに行きたいものです。そしてたくさんの少女を一人前の大人の女にして
やって、日共撲滅解体のための英気を養いたいものですね。是非いつか御一緒したいです。
ところで、革命的共産主義者同盟革マル派は日共よりはるかにましな党派ですが、不倫を揶揄して
いるあたり、まだまだ反動的観念に縛られているようです。
http://www2.odn.ne.jp/jrcl/liber/l-new.htm#3p
-----------------------------------------------
なんの証拠にもなりません。第一、萩原遼が最初に公表した別人の写真を見て、「金賢姫」は、
「間違いなく私」と言ったじゃないですか。これこそ、「金賢姫」の化けの皮を剥がしています。
>高英煥氏が「平壌25時」において「アンゴラの大使館に金賢姫の父を本国に帰すよう電報を送った」
と述べていることなど、亡命者は安企部に握られているのであり、安企部の創作です。
>総合的に情報を判断して、北朝鮮の人物だったといえるわけです。全く言えません。『謀略は暴かれた』
をご覧ください。
>民団新聞も特集を組むくらいですから拉致問題は民族差別でも何でもなく、人権問題であるということです。
民団新聞は安企部の広報紙です。でっち上げに決まっています。
----------------------------------------------
在日が帰化しても、韓国に報告しなければ、実は戸籍は韓国に残っているんです。
(わーい、2重かな)法律では日本籍を取れば韓国籍は没収されてしまうはずなんですが、
発覚する要素が少ないんです。(というかほとんど無い)韓国籍の在日でも、出生届けを
出していない人もいて、韓国の戸籍に乗っていない人もいます。(日本だけが認める韓国人^^;、朝鮮籍と一緒かな)
おいらのじーさんもばーさんも韓国では生きている事になっている(死亡届を出していない^^;)
一時期、生まれて2週間位までに韓国へ届けなければ、韓国籍を取れないとされたんですが、
在日に猛反発を食らい、無しに成りました。20歳になって海外(日本外)に行く時にパスポートの
申請と一緒に出生届けを出す人もOKです(^^;)在日は韓国朝鮮と切っても切れないし、
日本と切っても切れないです(^^)周平さん、在日を定義するのは難しいでしょ(^^)
うーちゃんは、何でも飲みこんじゃうから、楽しい。
----------------------------------------------
不良君の例えは面白いかもね。

日本における「参った」というのが、実は韓国朝鮮には無いんだよね(^^)
「参った」と言って、そこで決着がつき、仲良くなる習慣は韓国朝鮮には無いんよ。
だから、日本の「参った」で収まる習慣は、韓国朝鮮には超理解不能!!!!

韓国朝鮮人の気質を、日本から見ると「負けず嫌い」「負け惜しみ」「往生際が悪い」「しつこい」
に見えるけど、韓国朝鮮ではこの気持ちは「負ける気持ちは、微塵も無い。必ず勝つ。
死んでも復讐は必ずする!」という気質になるかな。決着は当人同士ではなく、第3者に
両方の言分を話し、第3者が決める!!!負けた方は、そこで引き下がるが、負けた事実は受け入れない。
この気持ちも日本では超意味不明だろうね(^^;)在日はやっぱり両方かな(^^)
------------------------------------------------

奇祭について

◎日本の祭り、行事について。

今回は政治とは関係のない話ですが、祭りに関る心構えについてです。
ある番組を観察した結果、日本の祭りを継承する人達の精神レベルが
極めて低いということがわかりました。たとえば愛知県の獅子舞に関る踊り子
の指導者の態度についてですが、あの者達は何を勘違いして神祭りをしている
のだろうか?
若造の青年らが、踊り手に指導するときに罵倒する態度や下品な言葉で
散々と怒鳴りつけているではないか。あの神社の神主や行事祭主は何を指導
しているのか?、何を勘違いしているのかは知らぬが、下品にもほどがあるのではないか?
あのような者を指導者として任命した大人達にも問題がある。

愛知県で獅子舞をする子供達と乱暴な指導者に言いたいのだが、
神道の行事や寺の行事は、神と氏神などの「対話に始まり」、「人々と神々」の幸せを
共有し合う行事ごとが獅子舞や神道の祭りである。よって指導者の立場の者達が
下品な言葉または、リンチするような態度で行事を教えるのは完全な錯覚であり、
間違いである。それぐらいならば、行事の指導者を事態すべきである。
怒鳴り散して場同して神踊りをするということは、演技が悪いことより、縁起がわるくなる。

本来日本文化の継承は、「無言」または。粛々と口伝、静粛に教えるのが基本であり、
怒鳴ることはご法度である。怒鳴るということは、教手の熟練度が極めて低いことを示す。
また教える立場の人間は、神事を指導する場合は「神道・神社用」に使用する白衣、
または、サムイを着用して相手に教えるのが基本である。
愛知県の映像を見たところ、指導者はサムイも着てなければ、禊もしていないではないか。
あれでは祭りをしている意味がない。逆に大凶を振りまいているのとおなじこと。

本来愛知県の奉り事は、チンピラ風情がとりしきるものではない。
まるで教え方がヤクザ以下のチンピラである。地元のヤクザですらあのような
言葉使いはせぬぞ。愛知県では、あのような人間の出来ぞこないに獅子舞を指導させているのか?
あれでは神との対話行事ができぬぞ。
本来ならば、地元の神主や神社総代が指導を取り仕切る。故に暴力沙汰、言葉の乱れは
行事の教えでは許されぬ。行事とは、本来そのようなものなのである。
人間界の我、欲を捨て、品性を磨き口伝するのが日本神道・神社の行事である。
戦後日本各地のこの手の行事の現場では、罵倒して教えるようになっている。
この風潮を変えぬ限り、行事をするだけ無駄である。また踊り手の風格にも、審査が
必要であり、耳にピアスをした者や、前科歴のある者は行事に参加してはならぬと
地元の人達は教えていないのか?だからチンピラ教育が蔓延るのである。
そのような行事は偽であり、本家ではない。日本の指導者も地に落ちたものよ。
まるで腐りきった獣が祭りを指導しておる。教える側も精進して精神を正すことが常識である。
ましてや神事の手前で、怒鳴る、罵声を浴びせるなとどは、もっての他である。
これでは日本国の文化が間違って伝わってしまうだろう。よって日本の武術機関の者達
が全国できちんとした指導者を養成し、全国に行事指導者として末永く指導するといった
ことも必要となろう。既に一般国民では日本の文化は継承できぬまで落ちぶれている。

東京はヤクザを排除してから正常に戻りつつあるが、愛知県は魔物崇拝をする
メソニックが蔓延っているせいなのか、人間の性格までレベルが低い。
日本人が西洋化しているのが人間性を破壊している証拠。我々からすれば、
西洋のジーンズを着用して民衆や式前で怒鳴るという指導者は、即刻ご退場を願う次第である。
常識を知らぬ者が文化を継承してはならぬ。あれでは愛知県全体の人間性が
世界に知れ渡るだろう。

私の知り合いにも愛知県生まれがいるが、愛知県の人間性の低さが嫌で
地元から避難したという知り合いも多い。その原因があういう風潮が黙認されて
庶民に伝わっているからなのであろう。本来の日本人は、あのような下衆連中が
祭り行事には参加してはならぬと教えていた。いつから日本は常識もしらない連中が
祭り行事を伝えるように人間性が下がったのだろうか。悲しくおもう。
我々の昔の地元の地域では、あのようなレベルの低い指導者の下衆はおらん。
奇祭だからといって、やっていいことと、やってはならぬことの見分けもつかなく
なったか、この者達は。

★★★外資系ファンドを優遇しすぎると、国家はユダヤファンドの植民地となる。


福田辞任事件から数日がたったが、政治家は大きな勘違いをしている。
この勘違いは政治家が愚鈍なまでに、「鈍感」であるからである。
どの国の指揮官でもそうだが、鈍感な司令官が指揮をとる部隊は確実に自滅し、
死滅している。1000万の部隊を指揮していたとしても、生存者は千名以下。
これが鈍感な指揮官の弾き出す結果である。

●例えば石破大臣の発言を観察すると、あまりにも間抜けな発言が目立つ。
石破の演説で、「日本国民だけがよければそれでいいのか?」
という発言があったが、我々からすれば、この石破発言自体が大きく間違っていると断言できる。
まず国際テロ組織との戦いとは「表を返せば」、英米による「資本自演戦争の支援」と聞こえてくる。
こんなことを言えば恐らく、産経の頭の弱い「偽極右」集団は憤慨するだろう。

どの国でもそうだが、自国民が次々と国際資本家の餌食となり自殺者まで出ている
状況にも関らず、英米の【ファンドテロ戦争】に参加している場合ではない、と考えるのが
本来は同然であり、真っ当な理論である。そんな中で、英米の資本家の奴隷になるための
自衛隊による「無料ガソリンスタンド」を続けるというのは、愚の骨である。
自国も満足に防衛できない連中が、他国の戦争を支援している場合ではない。そうであろう。
ガソリンの値上げを石破は当然だと講釈するが、そんなのは、「ファンドの自己責任」が
問われる問題であって、国民に「問う問題」ではないのだ。このような猛々しい連中が
宰相を目指すこ自体が、間違いなのである。
そのような者は、せいぜいプラスチックの模型を弄り戦争ごっこをしていればいいのである。
石破はクリスチャンであるからにして、イスラムを許せない。
石破の考えでは、日本が英米資本家のユダヤの手先となることで、世界が救われると
勘違いしている可能性もある。あくまでこれは憶測であるが。

◆経済を説明するには、小規模経済学と集積型経済学の必要性が強いられる。
判り易く言えば、労働分配率やマクロ経済学とも言うが、本当の経済で重要なのは、
資本強化ではなく、【均等分配】が正常に行われているかが重要となる。
これを学生でもわかる通りに説明すると、【自然界】に例えることができる。
自然界のサイクルでは、大地と気象が存在するが、経済もまた自然サイクルとして
例えることができる。
?まず大地を「民として例える」。
?また気象を「市場主義者」と例えるとしよう。
大地を実らせるのは、「水と」環境の「安定性」である。水を資金として例えると、
水を最初に受けるのは大地である。大地を安定させることで、自然とした環境が
うまれ、次々と【生物と植物の美しい連鎖】が起きる。一度連鎖を起こせば、ほぼ
永久にサイクルが続くのである。だがしかし、資本家達はこの水を大地に浸透する
前に【抜き取ろう】とする天変地異である。
国民を土壌に例えると、水を受け取る大地は階層になっている。最初の土壌、
次の土壌、その次の役目の土壌と続く。この土壌に資金という名の「水を滴らせ」、それが地下に
浸透していいく。浸透していく過程が「国民経済と分配率」である。
正しい大地にはこうした循環か生まれ、美味しい地下水が土壌の中で生成され浄化され、
それが地下水や海と流れて大気となり、また大地に戻ってくる。しかしユダヤ経済学では、
この循環を支配し、大地を枯らしてまで市場を支配し、その水を資本主義という大気に
合わせて乱脈を創ろうとしている民族である。一度枯れた大地を生成するのは非常に
難しい。しかしユダヤ民族はこうした大地への破壊とも取れる活動を1000年近く宗教教義として
行ってきた。それがユダヤ教の宰相達が幼少期から熱心に学ぶ、悪魔の教義「タルムッド」
である。タルムッドは日本ではタルムードと呼ばれている。ユダヤ資本家やユダヤ人組織に
加入している者は、この教義を熱心に学び、そして他国や同族ですら情け容赦なく殺戮していった。
タルムッドの奥義は殺戮にある。人命を資金に例え、他国の民族は家畜の豚として表現する。
女性達に対しては、強姦の道具や豚として捕らえ、他国の子供は殺すべき家畜なり、と
教えている。その愚の骨頂が資本と共産主義を生み出した。現在世界の共産主義と
資本主義は、こうした虐殺の経典から生まれた資本学を手本として運営されている。
このような古代ユダヤ人を翼賛する連中は、一目には知能が高いが、知性は猿程度の
いや、猿以下の者が非常に多い。こうした悪魔のテロリスト経済学は世界中の資本家達が
手本としており、世界中で今も殺戮犯罪を行っている。その資本家の大半もまたユダヤ人である。
例えば民主党と自民党を裏で支配している「帰化系改宗教徒」のロックフェラーにしても、
資本家に偽装してナチスを支援したり、また裏では中国共産党を樹立させたりもしている。
ユダヤ教徒にとっては、資本主義だろうが共産主義だろうが、そんなのはどうでもいいのである。
自らの実態を隠しておける殺戮搾取経済学がそこにあれば、それでいいのである。
だからユダヤ人たちは固有国家を持たずに長年放浪してきた。それを隠すために
ディスボラ物語を創りあげ、世界に介入しては世界で殺戮を行わせてきた。

構造改革とよく政府が叫ぶが、この言語の由来は、世界中の共産国家から生まれた造語であった。
例えば中国では、構造改革路線や改革解放路線と叫ばれている。またソ連では、構造革命や
革命解放運動として扱われてきた。いわばこの言葉の由来は、列記とした共産運動である。
これらの言葉を日本国に持ち込んだのはユダヤ機関のメンバーである。日本ではテレビ東京の
経済テロリストである「ロバート・フェルドマン」がその人物である。このロバートは、米国工科大学の内部
に設置されている国際テロ組織MITの博士であった。MITの計画と手口は、他国の政治を間接支する
計画を模索し、他国に実行させるという意図がある。また機関員の多くがコミンテルンが
多くやはり資本主義家に偽装している連中が多く、強烈な反日家が多く存在している。
韓国の財閥幹部である「チョン・モンジュン」や中国の反日部隊の幹部などもMITのメンバー
である。いわば、国際テロ組織の巣窟が「MIT」である。MITの資金源はロックフェラー財団と
ロック財団の設置したロックフェラー大学の組織員である。また外郭団体には、共産経済研究所を設置
しているフォード財団、そして各種有名な経済研究所がある。よくテレビ東京の「株番組」で紹介
されている「ブルッキングス」経済研究所もその設立目的は、共産計画を推進することであった。
このように米国という資本主義の裏には、「ユダヤ共産主義」が【主役】として導入されている
ということを忘れてはならない。産経などの基督教系ユダヤ派の偽保守組織などは、
米国が民主主義の頂点だとのたまっているが、実際は共産主義の実験的な先鋭国家だと
言ってもおかしくはない。CIAの前進であった部隊のOSSも共産機関であり、終戦後の
CIAは基督教を導入したスパイ機関であり、管轄しているのも米国人に成りすました
ユダヤ系の人物達である。こうした機関を日本の基督教保守である産経などが
翼賛しているのである。例えば桜チャンネルも神道に偽装しているが、実際の活動母体は
基督教系や聖書を信奉しているメンバーが多い。いわば右翼の原点は基督教ともいえる。
またテロ組織に認定されている右翼団体の「日本愛国党」なども、愛国を抜かしておるが、
実際は基督教を信奉している組織である。また過去に旧日本軍の小林機関などが放っていた
右翼思想運動なども、背後関係を調べると基督教の組織が資金を手渡していたことが色々な
調べで判明している。終戦後には、堂々と基督教の共産組織が日本の内閣を支配している。
また現在、自民党で「世論を騙して扇動」するための広告組織を立ち上げた「世耕弘成」の祖父
なども日本敗戦運動を裏で強力に指導していたメンバーの一人であり、公安上がりの技術
を動員して、国民を日々騙すために活動している。

政界の世襲を調べると、クリスチャン世襲と言っても過言ではなく、過去現在まで
クリスチャン系議員達がユダヤを手を結び、開戦をさせたり、また敗戦をさせたりを
繰り返しているとわかるだろう。
〇楠精一郎 『大政翼賛会に抗した40人-自民党源流の代議士たち 』によると、
「気骨ある政治家たち-翼賛体制に立ち向かった37人」の内容が紹介されている。
しかし、この翼賛会をまとめておったのも、実はユダヤ派のクリスチャン達が幹部となり
演じていたのである。このメンバー中には、総勢30人以上のユダヤ派クリスチャンが存在
している。共産運動研究家である武者小路一族などは、基督教系トルストイ学派として
暗躍しており、米国と自由に連絡を取っていたスパイの賀川豊彦牧師なども
大政翼賛会を裏で指導していたメンバーの一つである。また日米開戦を結果的に
行った山本五十六もユダヤ機関の自白によると、ユダヤ・基督教の結社に加入しており、
日米開戦をアメリカと手引しながら早急に進めていたと書かれている。
この敗戦運動をさせていたのが、同交会に集った社会主義者たちであり、戦後は社会党から
出馬する田川大吉郎を含め、全て敬虔なキリスト教徒たちであったことは、
社会党・無産運動の右派の内部にキリスト教徒が集まっていたことは事実だ。
またこれらを当時指揮していたのが、元自民党系の座上につく太田弘子を翼賛していた
YMCAなどのカルトテロ組織であった。これらも基督教トルストイ学派と連帯している。
このトルストイ派の学派は公家や貴族系を経由しており、早稲田を中心とした自演テロ組織の
開拓をしていた。日本の教科書には一切このような事実は隠蔽され焚書されているが、
当時の旧日本軍を自由に操り、戦争を開戦させたり、また敗戦させていたのも、
何を隠そう、この【基督教】の組織と裏で資金を出していた国際【ユダヤ財閥】の力であった。
偽装保守や産経右翼なども、こうした内容は戦後徹底して隠蔽してきた。
結論からいうと、基督教とユダヤ教徒が日本国民を戦争に担ぎ出しては殺し、
また敗戦をさせては、「自虐教育で扇動」し続け、都合が悪くなると共産排除運動に偽装したり、
また右翼活動に偽装したりとしていたのである。沖縄問題などもこうした連中が手引している
偽装コントロールの定番である。米国も日本も既に100年間はコントロールされて私物化
されていることがわかるだろう。ケネディが暗殺されたのも、こうしたコントロールから
抜け出そうとした最中に起きた事件の一つであった。

この「資本主義」は、ユダヤの腹を肥やすための道具に過ぎない。また共産主義も
ユダヤの腹を肥やすための「殺人マシーン」に過ぎない。もし英米資本主義が正しい
民主主義だと言うのであれば、日本に原爆を投下してホロコーストをするはずがない。
またイラクを無差別攻撃するはずもない。これがユダヤの私物国家の正体である。
元自民党も民主党もこうした国民殺しの連中が共闘して出来た偽装政党であることは
一目瞭然であり、裏ではアルカイダと繋がる鳩山兄弟や、また自民党と闘争している
かのようにみせかけ、国体を乗っ取ろうとしている民主党のテロ組織の一つ「友愛会」
なども暗躍している。表玄関は日本政府だが、裏玄関はイスラエル系ユダヤ政府である。
それが日本と世界の実態である。ロック財団が如何に強力なテロ組織財団であるかは、
ポーランド系だとされているユダヤ系混血児の有名映画監督、アーロン・ルッソ監督の
遺言ビデオの中で、「明確にユダヤ人組織」の暴走が説明されている。ルッソ監督は
後日奇妙な突然死を遂げているが、英米や石破の主張しているテロとの戦いが、
如何に欺瞞に満ちた自演の商業戦争なのかを如実に著わしている。




【ユダヤ人達は資本主義を創設した】
資本主義とは、「民主主義」の思想や「人民主義」の国体運動ではないとユダヤ機関は発言している。
ユダヤ人たちの説明によれば、他国の「豚」から「資本=資金」を奪い取るのが目的であると発言
している。要するに、他の国の資産を強奪するのが目的として設立したのが資本主義だ。
ようするに、【強盗の考え】である。

またユダヤ機関は、他国の人民を【豚】に例えている。それをゴイムという。また異邦人の場合は
ゴイという。この「豚」を飼いならし、殺しあわせるために「基督教の概念」を導入した。それが
共産主義である。ユダヤ「資本家達」がこの【共産主義】を世界に広めたことも忘れてはならない。
共産主義でスローガンされている「解放軍」や「解放戦線」という造語は、本来基督教の【解放の神学】
に由来していると過去に説明したが、資本主義もこの対極として導入されたことは、
公安部の教育や警察の教育では教えていない。
警察機関では現在、【グローバル化】に反対する勢力を、全て【極左】であると勝手に認定している。
しかし、グローバル化という【意 味】を公安機関は世界の機関から知らされていない。
グローバル化とは即ち、資本主義に【偽 装】した【世界共産主義】のことを意味している。
このことを知らずに公安機関は「資本のグローバル化」を推進しているのである。

経済問題を語るにあたり、ユダヤ機関とユダヤ戦術部隊を観察できていない者は、
どのような諜報機関を設立しても【無意味】であると我々は断言した。
しかし、未だに公安機関では、ユダヤ機関だけはノーマークである。いや、マークを意図的に
怠っているといえるのである。このユダヤ人の特性とは、帰化するところにある。
世界中に自らディスボラし、その国の宰相に近寄り、国体を破壊していく。これは
フランス革命の時から導入されたユダヤ思想運動の序の口である。そう現在の対外機関のように。

この手法をユダヤ人機関は数百年間も導入し、時には資本家となり、世界中の資産を
強奪して他国をゴーストタウン化していった。アフリカの植民地政策などもユダヤ運動の
定番である。

資本主義や国際資本家のファンドの活動実態とは、本来の目的が
こうした英米シオニストユダヤの商業侵略戦争」を美化し、資金源を促進するために
存在しているという。同じユダヤでもルッソ監督のように選民計画に関与しない男もいる。
いや本来はこうした監督連中こそが、新ユダヤ人となるべぎてあり、本来のユダヤ
人となるべきである。ユダヤ系のブッシュやクリントンは、こうした間違った三流ユダヤ
の真似事にしかすぎず、ただの悪魔である。その悪魔を翼賛しているのが、日テレ55
や産経などのシオニスト偽保守陣営の男どもである。

本日日テレ系列でシオニスト番組の「やしきタカジンの言って委員会」が放送されているが、
北朝鮮の女にうつつを抜かし、奇炎を発するお調子者の眼鏡男が吠えていたが、
人の死を、偽保守運動の「ネタ」として利用するのは如何なものか?貴様らのような
戦争翼賛連中がいるからこそ、英米ロの商業戦争が潤滑であるということを自ら
知るべきなのである。眼鏡男の理論は、英米ロの商業虐殺を美化するための口実であり、
何も平和的ではない。やってることはただの煽り屋であり、チンピラの部類である。

まず日テレ系に出演している「偽保守運動家」達に言いたい。
まずアフガンで実証してくるべきだ。天狗になって自称保守論を述べているが、まず証明
するべきである。自らの命をもってして証明してみるがよい。
まず勝谷氏はアフガンに生き、一年間全域で援助活動をしなさい。そこで自説道理に
高性能ライフル銃を自衛武器として携帯し、首には防弾マットのつけた防弾ジャケット
を着用し、頭部には迷彩柄の9ミリ弾用ヘルメットをかぶり、腰にはライフル用20連弾装
マガジンを20本つけて出歩き、己の胸に、日米の刻印を大きく入れた服を着て援助して
みるがよい。さてアフガンの人たちは何人、勝谷の重装備を見て安心するだろうか?
また実証する責任として、【私達は!米軍!の援助隊として武装しております】、という
現地の言葉を刻印して【首にぶら下げて】、【平和援助隊】ですとおっしゃりたまえ。
イスラム語を使って熱心に援助しなさい。また自説どおりに、我々は米軍を
補給支援している民族です!と自慢してその眼鏡顔で自慢してくるべきだ。
社民党の意見も極論だが、自称保守達の意見も間違っている場合がある。
状況判断も出来ない連中が国際情勢の高揚発言をしてはならない。
まず自らを実践して証明してみせよ。そしてついでに自分の店で、ダイオキシンの入れた
うどんを毎日出しなさい。客がどういう反応を示すか、カメラに写して証明してごらんなさい。
どちらが平和的なのかは身をもって知るべきだろう。現地の人々に愛されて護衛
される民間人として出向くのか、現地の人々に睨まれながら護衛されずに
現地で活動をするのか、そういう判断をしてみなさい。言っておくが、英米が
タリバンに売り渡していた過去のカラシニコフは、射速がM16より速い。
もし僕が日本人です!と現地で喚いても、相手方が日本人だと気づいて
3バースト射撃を止めるまでには、勝谷の顔面を6発タマが貫通するだろう。
貴方は茂みから出てくるアフガン兵の射撃に、実装した銃で反撃できるほど
有能な工作員か?映画とは違い、6発のタマは全て防弾ベストに刺さり、
着弾した所は全て肋骨が折れ、対応が悪かったら即死する。

これが出来ないのならば、勝谷を頭とする連中はもうテレビに出るべきではない。
英米の手引する「自演テロ戦争」に巻き込まれるかもしれない国民としてはいい迷惑である。
勝谷よ、あまり調子にのらないほうがよいぞ。日本にもイスラム教徒は10万人近くいる。
お調子者は最後はそういう展開になって三途の川を渡る者が多い。
勝谷はロシアが怖いとよく発言して腰が引けているが、ロシアのマフィアとロシア軍が
最も恐怖しているのが、聖戦組織の活動家達である。お前はそういう連中を
挑発しているのと同じ行為をしている。連中の中には英米の手先ではない
連中が腐るほどいる。国民はそういう馬鹿者を命かけてまで保護することはできない。

また某巨大掲示板の連中が探ってきた過激派組織の情報が掲載されている。
その情報が世界最大の自称イスラム機関のテロ組織であった場所の住所と場所だという。


BDR130.NET

bdr130
altamreh
qasims
Al Qasim,12345
SA

ICANN Registrar: DIRECTI INTERNET SOLUTIONS PVT. LTD. D/B/A
PUBLICDOMAINREGISTRY.COM
Created: 2001-11-08
Expires: 2015-11-08
Updated: 2008-03-17
Registrar Status: clientDeleteProhibited
Registrar Status: clientTransferProhibited
Name Server: NS1(has 579 domains)
Name Server: NS2.COM
IP Location - Saudi Arabia - The National Computer Systems


-----------------------------------
Al-ekhlaas.net - Al E k Hl Aas
Registrar: COMPUTER SERVICES LANGENBACH GMBH DBA
JOKER.COM
Created: 2006-01-05
Expires: 2009-01-05
Updated: 2008-09-11
Registrar Status: clientTransferProhibited
Name Server: A.NS.JOKER.COM (has 93,266 domains)
domain/ al-ekhlaas.net
country: US  ←←←★
phone: +301.6939443
admin-c: CNET-710847
tech-c: CNET-710847
billing-c: CNET-710847
nserver: a.ns.joker.com
nserver: b.ns.joker.com
nserver: c.ns.joker.com
  created: 2006-01-06 02:01:44 UTC
country: US
phone: +301.6939443
-----------------------
al-battar.net/vb/
15111N.ヘイデン通り、Ste160、PMB353
スコッツデール、アリゾナ 85260
合衆国

ドメイン名: AL-BATTAR.NET
以下で作成されました。 05 9月の04
以下に吐き出します。 05 9月の08
以下の最終更新日 27 7月の07

管理者:兵士、登録。
ドメイン、代理人を通してInc.
DomainsByProxy.com
15111N.ヘイデン通り、Ste160、PMB353
スコッツデール、アリゾナ 85260
合衆国(480) 624-2599ファックス--(480) 624-2598

技術連絡担当者:
兵士、登録
ドメイン、代理人を通してInc.
ByProxy.com
15111N.ヘイデン通り、Ste160、PMB353
スコッツデール、アリゾナ 85260
合衆国
(480) 624-2599ファックス--(480) 624-2598

記載されたオーダーにおけるドメインサーバ:
NS51.1AND1.COM  「←これがnsa情報局の内部サーバァ」
NS52.1AND1.COM   ここも同じく同様にアルカイタと称されている組織の番号。

IPアドレス アメリカ合衆国

NetName: 1AN1-NETWORK
NetHandle: NET-74-208-0-0-1
Parent: NET-74-0-0-0-0
NetType: Direct Allocation
NameServer: NSA.1AND1.COM
NameServer: NSA2.1AND1.COM
Comment: For abuse issues, please use only abuse@1and1.com
RegDate: 2006-11-22
Updated: 2008-04-11

-----------------------

この拠点もやはり、最後は米国に通信ルートの終着点があり、
そこの情報から情報が発信されている。

これだけ情報がありながら、対テロ戦争などという戯れ言には
つきあってはいられないのではないか





◆◆オリンピックの活動と比例する、国防意識の低さ



オリンピックが現在も行われている。しかし、ここで国家に提言することが一つある。
その一つが、選手や報道組織、そして監督達の「秘密意識」の欠如である。
どこの国でも本来、自国国益のために徹底した情報防衛を行い、国益を徹底して保護する。
これが全世界の当たり前の常識なのである。

だが我国においては、その意識が無いどころか、自らを殺すような「自爆意識」の塊である。
即ち、「無防備」であるということを意味している。まず選手が命を気張ってまで苦労して
作り出した「戦術理論」を、バカな連中が徹底して「詳細な技術を解説」しているのである。
この行為がどれほど愚かなのか選手や監督達は理解していない。

そしてまだプレーをする前から、テレビ局がハイスピードカメラを用意して全世界に「技」を公開
している有様である。相手国がこちらの情報を利用するだろうという裏をかく意識すらない。
そして相手国にまんまと【塩を】送り、自らの【墓穴】を掘るのである。

選手や監督達は「墓穴を掘る」という言葉をよく覚えておくことだ。
日本の報道各社は自らの技を、相手側が利用しないとでも思っているのだろうか。
だとしたら、精神がイカれているだろうと言われてもしかたがない。
まさに頭が壊れているのである。

まずシンクロの監督であるが、不正なジャッジを繰り返す相手国に対して、
なぜ高等技術を態々教育しに行くのか?まったく愚かな行為である。
この行為は、まさに名誉欲の塊であり、我の塊である。それによって日本の選手の苦労が
無駄になるという意識すらなく、世界の国に対して、「ただ自慢したく」技を伝授している
のである。これは中国や白人の基督教国では決して考えられないほど愚かな行為として
思われているだろう。それほど日本国は愚かなのである。

また水泳選手の北島についてもそうだが、あの選手は前回べらべらと非公開レベルの
技術を公開していたが、最近は流石に口を滑らなくなった。しかし、監督は未だ自慢したくて
テレビの前で素振や動作を丹念にテレビの前で教え、それを報道各社が世界に発信
しているのである。その後に世界は日本を潰すために徹底的に次のオリンピックで
日本潰しを狙ってくるのである。これを「墓穴を掘る」というのである。

国防論

相手国は、敵の資産と国家を少しでも自国の利益にと貪るために、
日々、強靭な鍛錬を重ねたプロ組織が情報を狙っている。相手国に少しでも隙があれば、
邪悪な国家は相手国を潰そうとして殺しにかかるだろう。そのために相手は情報を収集
するために、まず軍事衛星を利用して相手国を知ろうとするだろう。しかし、衛星から
得られる情報は極わずかである。そのため今度はスパイを養成し、相手国に送り込むのである。
そのスパイは情報を本国に持ち帰るためにならば、全てを行使するだろう。
それが本国への忠誠心だからである。またそのスパイは相手国を疲弊させるために
高等戦術を持ちいり、相手国の情報を盗み出すだろう。そのためならば、殺人やテロ、
または破壊活動も容赦なく決行する。
それが世界の常識である。しかし、日本国の体制はこうではない。

まず敵国のスパイや扇動家を入国させ、公安部の教訓どおりに観察するのである。
そしてそのスパイが事を起こすまで放置するのである。ここで得られた情報は
次の作戦にと持ち越され、相手側は自由に動きまわるのである。
相手側は国家のためにならば自殺もいとわないプロである。殺されてもいいから
自由に動き、内部で活動するのである。しかし日本側が「調査」という名目でこれらを
何十年でも保護するのである。それが拉致事件の結末であった。

こういう我国の防衛体制の無防備さは、全て宗教がかった思想家組織によって妨害
されているために、多大な国益の損失と被害を被っている。
このような体制では、何十年過ぎても国民は相手国の被害者となるだろう。

今政府は拉致法案を作り防衛しているつもりだが、拉致は今も続いているだろう。
一度拉致した相手が拉致を止めるはずがないと考えるのが正常な判断である。
それが本来の悪党の生き方である。さらに政府は拉致を公然と行える法案の
日朝国交回復運動まで計画している。もし相手側が日本に大量に戦術部隊を
民間人として入国させて活動した場合、日本政府は第二の拉致事件の発生と防衛、
または第二の松本サリン・テロを防衛できるだろうか。
私は一万%の確信で断言する。防衛は失敗し、国民は大量に殺害されるだろう。

それが現在の政治情勢である。今現在、日本の内閣を監視してもわかるとおり、
国家を防衛するはずのトップは全て日朝友好機関のメンバーである。
またさらに、中国に自衛隊の戦術技術を教練しに出向いたオザワカズヒサなども同罪である。
そしてそのような欺瞞な態度を示す保守組織の多くが、全て海外の基督教に被れた
クリスチャンであるということが多い。犯罪者は常に基督教を経由して流入している。
戦前も、密入国の手引やスパイの手引は昔から宗教徒の仕事であった。現在もである。

さてこのような事例を説明したが、国民様の目にはどう映っただろうか?
相手国を信用して拉致を見逃すのを゜よし゛とするか、または防衛してサリンテロを
防ぐのがよいのか、それとも平和思想などという曖昧な戯言を信じて
堂々とテロを見逃すかのどちらかを選ぶことになるだろう。例え軍事テロでなくとも
作戦が成功すれば、それはテロ以上の効果となるだろう。

【相手国に油断し、無関心だということは、犯罪を自ら招く】

また追加情報によると、韓国系との大会などで優勝したりすると、報復攻撃が行われている
という情報を知っている。そのいくつかが以下の通りである。

1、日韓ワールドカップの裏で発生した基督教徒による虐殺事件、世田谷一家事件。
犯人は韓国系在日朝鮮人の青年で、犯人は複数。犯人は日本に生息するクリスチャンである。
あの家族とも接点があった。日中作戦であった。目的は資金源である。
さらに中国人のグループの内部に在日朝鮮系が参加できる状態であることも
忘れてはならない。その理由は、華僑の学校に通い中国語を普通に話せる朝鮮系
青年機関員が多いからである。

2英米派の映画評論家が次々と発病する。
コリアン映画ブームが始まる直前に、なぜか海外情報に詳しい評論家だけが、
次々と同じようなショック性の病状で倒れている。大半が「脳にダメージ」の出る病気である。
まず韓国人との接触が多い高嶋一家。韓国系と接触した発生している。
次に淀川氏も同様に韓国系と接触したあとに死亡している。そして女性評論家の付近にも出没し、
その後評論家を引退。そして今度はシベリア特急の監督が肝硬系の病状で倒れる。
この共通点は全て朝鮮人の組織である。その後、韓国映画ブームが突然
発生している。これらを手引していたのが、産経の政府系組織と全報道局の組織であった。
産経の韓国翼賛ぶりは、韓国芸能人の紹介番組の多さからしても、異常だとわかる。

3世界野球選手権で韓国と勝つと、韓国政府が糾弾抗議を行っている。
なぜ日本が優勝すると抗議をするのか?。これは極めて理不尽な要求だが、
韓国は日本を脅せば何とかなると感じている。そしてその前後に韓国料理店
に出入りしていた長島監督が脳梗塞で倒れる。やはりこれも同じ病状である。
長島監督が韓国系と接触していた直後に発生しているのが、脳梗塞である。

4日韓対決で行った囲碁の名勝負戦で、韓国の囲碁名人を倒した後に、
突然、日本人の優勝者が同様の症状で変死する。これに対しても韓国政府が
強烈な抗議をしようとしていた直後であった。

5日韓ワールドカップの最中にサッカーの試合で韓国に旅行した天皇家の
ご子息が、韓国国内で料理を食べた数日後に変死。やはり病状は突発性の奇妙な
脳梗塞であった。これらは全て韓国との接点から発生している。
もともと脳梗塞は突発性だが、医者の間ではコード・小渕として扱われている。
これらは後日、某サイトのジャーナリストがある組織の書き記した文章を、ネットから拾い上げ、
情報を掲載して話題となった。正式には小渕症状ともいわれている。このような医学表現
方法は医者の間では珍しい。よって病状が何らかの外的要因だと推測できる。

6昨年のフィギュア・スケート大会のファィナルで、韓国側との勝負の直前に
日本人選手と他の選手が突然、猛烈な「吐き気」と「下痢」の症状を発生させる。
また別のフィギュアの試合では、韓国人の「ヨナ選手」との接戦日時にあわせるかのように
日本人選手達が次々と弛緩剤を投与されたかのような筋肉が変異する
症状が色々な選手に発生している。これはあからさまに薬物反応が出ている
症状だと判明している。

これらの共通点が、あまりにも最近多いのである。奇妙なことに、
日韓戦の時に限りこれらが発生している。今回は日本人の男性野球チーム
でも見られている。例えば野球選手達に聞けばわかると思うが、筋肉の状態
が急激に変化したはずである。例えば握力が奇妙に落ちたとか、集中力が
異常な感じで集中が出来ないという状態のはずである。
他の試合では谷亮子選手が試合前から薬物を投与されたかのように
劇痩せした症状のまま出場している。

これらは故障選手とは違い、あからさま過ぎる反応が出ている。これらは日本人に対しては
何をしてもいいという「国際世論」が出来始めている状態でもあり、それらは最近の反捕鯨
運動などの国際テロリズムにも顕著にみられる流れである。

これは考えすぎではないのかと評論家達は説明するが、実際韓国政府には
日本人選手を「殲滅」しようとしている国策運動が13年前から盛んであるのは
普通の話である。そして今回は、まだ反日機運が抜けていない中国での開催となり、
「日本人選手を殺せ!」という大合唱を観客が行っているが、ある報道局は
音声処理をして、一部ごまかしていたという。これらの集音工作は、
音響機材である「周波数サプレッサー」を使用すれば簡単にできるという。
この手法が使われているのが、カラオケで使用する特殊イコライザーや
音響機材で使用されているアイソレーターなどの機材を使用する。
また中国・韓国戦の時は必ずこの手法で音声を加工しているケースが多い。
このようなテレビ局の工作が、サリン事件前後から一斉に行われている。

またドーピング問題の中にもこれらが現れている。海外で開発されている
特殊ドーピングの中には、世界で1000種類以上の物が出回っており、
多種多様な仕様のものが売られている。これらは隠蔽ワクチンなども含んでいる。
また意図的な素人審判の配置なども積極的であり、どうやら韓国の他にも日本に対して
工作している対外情報局が存在していると断言ができる。最近ではワクチン型の変種
ドーピングというのも開発されており、中和剤を使用して残痕を消すという
タイプを売るために、一億円程度で海外で販売の勧誘がかかるという。

さらにこれらとセットで、朝鮮側の不祥事を掻き消すための「コリアン美化運動の洗脳機関員」
が存在しており、朝鮮人美化のための工作を行う工作員までテレビ局内には配置されている。

現在そのような疑惑を反らす機関員が多いのが、フジサンケイ、読売放送、
日テレの自称保守系の三社である。ここである視聴者はまた奇妙な韓国との
偶然を確認してほしい。まず韓国との戦いで負けると、別の番組で用意されていた
かのように【美空ひばり特集】がされていたはずである。これは常に対外情報機関が
利用していたコントロール手法であり、美空ひばりを使ったマインドコントロールを
テレビ局で行わせている証拠である。。

一般国民の方達は知らないと思うが、美空ひばりは韓国人に偽装した朝鮮系の一族
であるということが知られていない。またひばり自身は歌謡曲内では批評されていたほど
歌が下手であった。これは色々な男性歌手達が何度もコメントしている事実である。
生で歌声を聞いたある有名男性歌手は美空のことを、音痴歌手と何度も発言していた。
そして美空の一族の謎だが、美空一族の多くが韓国系である。
国籍は簡単に偽装できるので、なんとでもなるだろう。また息子も実の子ではなく、
貰い後の韓国人である。さらに兄貴も韓国籍である。さらに従兄弟も韓国人である。
このような情報を公開すると即座に妨害する嘘の書き込みが現れ、
大きな組織的運動が行われているのがわかるだろう。

奇妙なことに昭和歌謡曲の大半が、「美空ひばり美化」のための紹介番組となっており、
他の歌手の名曲も紹介されるが、圧倒的に、「韓国系」が特集されている。
最近では創価系の゜氷川」と、在日の女性演歌歌手がよく放送されている。
また日曜の放送でも、美空特集が「時間を合せたかのように」放送されている。

それを司会しているのが韓国ロビイストである徳光氏である。この人物は韓国人種を
崇めている韓国原理主義のロビイストであり、この人物による野球関係者の
被害者も多い。また演技して泣く人物でも有名で、既にスパイレベルの工作員である。
さらに欣也のワイフであるウツミ氏もまた韓国ロビイストであり、強烈な行動を
行っている。こうした在日主導による対日扇動は戦後どのような組織が
使われてきたのかはCIAの情報機関をみれば一目瞭然であり、教育分野まで
既に深く侵食している。

話が常に複雑となってしまうが、このような国際組織と毅然と立ち向かう勇気が
なければ、永遠とこのような攻撃は繰り返されるだろう。

★★★★★★★アルカイダを設立しているのは、アリゾナに拠点のあるnsaである。

911が自演であるという証拠に、某テロ組織の本拠地を、巨大サイトの住人が調査した結果、
予想通り、米国内に拠点があるということが判明した。
住所は次の通りである。

米国はこうしてばれている。自演戦争をやめるべきである。

ドメイン、代理人を通してInc.
ByProxy.com
15111N.ヘイデン通り、Ste160、PMB353
スコッツデール、アリゾナ 85260
合衆国

ドメイン名: AL-BATTAR.NET
以下で作成されました。 05 9月の04
以下に吐き出します。 05 9月の08
以下の最終更新日 27 7月の07

管理者:兵士、登録。
ドメイン、代理人を通してInc.
DomainsByProxy.com
15111N.ヘイデン通り、Ste160、PMB353
スコッツデール、アリゾナ 85260
合衆国(480) 624-2599ファックス--(480) 624-2598

技術連絡担当者:
兵士、登録
ドメイン、代理人を通してInc.
ByProxy.com
15111N.ヘイデン通り、Ste160、PMB353
スコッツデール、アリゾナ 85260
合衆国
(480) 624-2599ファックス--(480) 624-2598

記載されたオーダーにおけるドメインサーバ:
NS51.1AND1.COM  「←これがnsa情報局の内部サーバァ」
NS52.1AND1.COM   ここも同じく同様にアルカイタと称されている組織の番号。

IPアドレス アメリカ合衆国

NetName: 1AN1-NETWORK
NetHandle: NET-74-208-0-0-1
Parent: NET-74-0-0-0-0
NetType: Direct Allocation
NameServer: NSA.1AND1.COM
NameServer: NSA2.1AND1.COM
Comment: For abuse issues, please use only abuse@1and1.com
RegDate: 2006-11-22
Updated: 2008-04-11

大威徳明王

今日は八月八日である。とても縁起の良い日であり、この写真を掲載しておこう。


如来 菩薩 の次にくる分類名で
非常に強力なパワーを持っている
西を守護する大威徳明王 六つの顔と六本の腕 六本の足を持っていて
横たわる水牛にまたがっている

大威徳とは 悪を降伏させる勢いがあり 善を守る功徳がある
五大明王 金剛界五仏(不動明王 金剛夜叉明王 降三世明王 軍荼利明王)
の一神であり 魔王を調伏する明王である 調伏法の本尊とされ 
怨敵退散 災難消滅 怨敵調伏などの神通力をもっいる

梵名を「ヤマーンタカ」といい「死神ヤマを倒すもの」という意味を持つ
閻魔を倒す者の意であり「降閻魔尊」とも呼ばれる
阿弥陀如来の化身「教令輪身」とも 文殊菩薩が化身したものとも言われる

【特 徴】

仏様の手を数えるときは本来は本ではなく臂(ひ)といいます
大威徳明王の場合は六つの顔と六本の腕ですから
六面六臂といいます また二本以上の多数の足を持つ像は大威徳明王のみである

【持ち物】

剣      煩悩を打ち破る                      
戟(げき)  悪を打ち滅ぼす                      
法 輪    悪を打ち破り、仏法と衆生を守護する            

『大祥妙吉祥菩薩秘密八字陀羅尼修行曼陀羅次第儀軌法』に         
戟・弓・索・剣・箭(矢)と説かれるが 弓・矢をとる代わりに       
胸前で壇陀印を結ぶものが一般的である。

という意味があるという。        

WTO閣僚級会合が開幕。この会議が食糧難という嘘を暴いている。そしてモンサントの謀略


WTO閣僚級会合が開幕、米欧が新興国の市場開放求める
http://www.afpbb.com/article/economy/2420949/3155141
2008年07月22日 00:32 発信地:ジュネーブ/スイス
スイス・ジュネーブ(Geneva)にある世界貿易機関(World Trade Organisation、WTO)本部で会合の開始を告げるパスカル・ラミー(Pascal Lamy)WTO事務局長(2008年7月21日撮影)。(c)AFP/FABRICE COFFRINI

【7月21日 AFP】世界貿易機関(World Trade Organisation、WTO)の新多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド、Doha Round)閣僚会合が21日、スイス・ジュネーブ(Geneva)で開幕した。会合初日、米国と欧州連合(EU)は新興国に対し、ドーハ・ラウンドが妥結した場合は十分な市場解放を行うように強く求めた。
EUの交渉責任者、欧州委員会(European Commission)のピーター・マンデルソン(Peter Mandelson)委員(通商担当)は、農業分野においてEUはすでに妥協は限界に近く、ドーハ・ラウンドが合意に至るためには、新興国が工業製品に対する関税の「現実的な」削減を実行することにかかっていると強調した。


ここで奇妙なのが世界は食糧難だと貿易機関が説明してはいるが、実際は、まったくそうでないことがわかる。食糧難だと説明しているのに、どうして輸入を世界中に迫っているのか。誰でもわかりそうな計画だとわかる。特に農業交渉では、モンサント社の品種に限って農業関税の撤廃を求めていることからして、外資による食料支配計画が裏にあることを、世界のニュースが如実に表している。
ここでバイオ兵器と仮定してもよい遺伝子組み換え食品の銘柄を見てみよう。

[カンザスシティー(米ミズーリ州) 4日 ロイター] 米農業化学大手モンサント(MON.N: 株価, 企業情報, レポート)が4日発表した2007年度第2・四半期(12─2月)決算は、利益が市場を予想を上回った。遺伝子組み換え(GM)トウモロコシやその他の種子の販売好調を背景に、売上高も過去最高を記録した。

同社はまた、07年度全体の1株当たり利益見通しを1.60─1.65ドルに上方修正した。従来は1.50─1.57ドルの上限を予想していた。

決算発表を受けた4日のニューヨーク証券取引所の同社株は1.79ドル(3.2%)上伸し、57.79ドルで取引を終えた。

第2・四半期の1株当たり利益は5億4300万ドル(1株当たり0.98ドル)。前年同期は4億4000万ドル(同0.80ドル)、ロイター・エスティメーツが集計した1株当たり利益のアナリストの平均予想は0.93ドルだった。
売上高は19%増の26億ドル。

モンサントは、今春のトウモロコシの植え付けに農家の関心が高まっていることから恩恵を受けると予想している。トウモロコシ需要は、トウモロコシ価格の急騰やエタノール生産・食品・飼料セクター向けの活発な需要を背景に急増している。
ロイター通信より引用


そしてモンサント社は、世界中でこのような事実を隠蔽し、
モンサント・ジーメンというマフィア組織を介入させて
強制販売させているという資料である↓
http://kikan987.blog82.fc2.com/blog-entry-26.html



そして次は、森  崇氏のチャートの解説より
モンサント(MON)の決算(要旨、私見)速報!

6月28日
森  崇
第3四半期(3‐5月期)実績
○売上高…28億4,000万ドル(コンセンサス予想27億4,200万ドル)
○1株当たり利益…1.93ドル(コンセンサス予想1.00ドル)
2007年通期(2007年8月)予想
○1株当たり利益(一部項目除く)…1.75ドル~1.80ドル(これまでの会社側予 
                 想1.60ドル~1.65ドルより上方修正。コン
                 センサス予想1.82ドル)
(会社側コメント)
○米国内のトウモロコシ作付け面積予想9,000万エーカー(当初は8,000万エーカー)。
○2008年はトウモロコシ種子価格の値上げを予定している。
○2008年の粗利率は50%を見込む。
○2010年の粗利率は52%~54%を見込む(当初51%~53%からの上方修正)。

私見
遺伝子組み換え(GM)穀物開発最大手 のモンサントが28日発表した2007年3-5月(第3四半期)決算は、前年同期比71%の増益だった。エタノールや飼料の需要増が寄与。トウモロコシ種子の売上高は77%増の8億9100万ドル、利益は5億3000万ドルと、前年同期の2500万ドルから21倍と大幅に増加した。
既にガイダンスの上方修正済みであるが、同社得意の種子事業の強さを遺憾なく発揮した形だ。とうもろこしは、エタノール需要の恩恵も享受しており、強い需
要に支えられている。モンサントの遺伝子組み換え種子は、農薬にも耐性を持っ
ており、おまけに旱魃にも強い。
(モンサント株価チャート1年間<茶線:100日移動平均線、青線:200日移動平均線>)
タグ:株 米国株 投資 モンサント
解説のリンクはこちら


そしてこれが世界を支配する食料軍需産業のモンサント社の異常な高値チャート。これは全て遺伝子組み換え品種のタイプの高値である。
こうした食料支配の実態に軍需産業の思惑があるということを知らねばならないる
モンサントの株価

これを察すると、恐らく食料危機というのは大半がまったくの嘘であり、実際は国際資本のバイオ兵器を各国に売るために意図的に、正常な品種を殲滅するため組み替え品種を世界中に売買させるのがもう一つの食料危機の理由だと思われる。








★★★★★この機関がある限り、竹島は一生返還されることはない。

最近チームセコウなのという噂があるが、それとはまったく別のタイプの、
民兵シンクタンクが存在していることが、我々の調査で暴露された。
ひとつはニュージーランドの情報機関とつながる自民党系の支援者の組織で、広域活動をしている民間人である。この人物の年代は60歳代であり、男性である。またこの人物は民主党とも連絡を取り合っている。さらにこの人物は、ネット上でかなり高度な技術を提供しており、完全に素人ではない。さらに背後にある後援組織があり、実質民間の情報機関である。この人物の組織がネットで書き込んでいる内容に、リチャードコシミズに対する広域妨害活動、また小野寺氏に対する広域情報テロ活動も行っていると判明した。

日本は現在、韓国との竹島問題が重大事件として残っている。しかし、政府の中には、竹島の返還をしなくてよいとする韓国原理主義の機関が日韓友好議連とは別に存在している。

その一つがこの組織である。究極の国賊チームとして広域活動をしている。
よって竹島が返還されることは一生皆無である。

朝鮮通信使 交流議員の会


設立趣意

 来年は、1607年に徳川家康によってはじめられた朝鮮通信使400周年に当たる。

 朝鮮通信使は、朝鮮側に大きな被害・犠牲をもたらした文禄・慶長の役が1597年に終わってから、わずか、10年で日本と朝鮮半島の関係が修復されたことを示す誠に重要な歴史事跡である。国交回復と友好親善を示すための使節団として、1811年まで全12回にわたって、500人近い大行列で我が国を訪れた朝鮮通信使に対して、幕府は、全国の藩に命じ、対馬から江戸や日光までの道中の警護、宿駅での接待、交通路の整備などを行わせた。そして、日本の文人・学者は使節の一行との交歓によって新知識を得、書画を求める人々も多く、庶民も朝鮮通信使の行列や異国の文物に熱狂した。

 現代においても、日韓の市民交流は、韓流ブームを機に促進されている。

 日本と朝鮮半島とが相対立した歴史に目を奪われるのでなく、双方が、外交レベルだけでなく、市民や若者を中心に、さらに交流を深め、相互に理解し合って、信頼を築き、共同作業で、新たな文化を、未来へ向かって創り上げることが重要な課題である。

 歴史的対立を友好親善に転換した朝鮮通信使の歴史について、注目し、その交流を再びよみがえらせようと、日本、韓国の各地で取り組みが始まっている。2002年には、ワールドカップ日韓共同開催をきっかけに、朝鮮通信使のリレーイベントが、韓国側2都市、日本側7都市で開催された。韓国では、本年4月に、国会議員による「朝鮮通信使ゆかりの地国会議員連盟」が設立され、日本側との交流を希望している。

 来年の朝鮮通信使400周年に向け、日本においても、日韓議員連盟のもとで、朝鮮通信使が訪れた縁故地の議員が中心となった超党派の議員の会をつくり、韓国の議員連盟とも交流を深めて、日韓両国の幅広いレベルの友好・親善を促進していきたい。

平成18年9月26日

”朝鮮通信使”交流議員の会設立発起人
代表 河村建夫





"朝鮮通信使"交流議員の会 役員名簿


平成19年9月7日現在47名


【自民党】 幹事 上川陽子(静岡1区)
顧問 額賀福志郎(茨城2区) 事務局長 原田令嗣(静岡2区)
会長 河村建夫(山口3区) 幹事 牧野京夫(参・静岡)
会長代理・副会長 奥野信亮(奈良3区) 幹事 田村耕太郎(参・鳥取)
幹事長 谷川弥一(長崎3区) 幹事 石原宏高(東京3区)
幹事 北村誠吾(長崎4区) 幹事 若宮健嗣(比・東京/東京)
幹事 広津素子(比・九州/佐賀) 幹事 大塚 拓(比・東京/東京)
幹事 林 芳正(参・山口) 幹事 猪口邦子(比・東京/東京)
幹事 岸 信夫(参・山口) 幹事 佐藤 勉(栃木4区)
幹事 寺田 稔(広島5区)    
幹事 宮沢洋一(広島7区) 【公明党】
幹事 萩原誠司(比・中国/岡山) 顧問 東 順治(比・九州/福岡)
幹事 逢沢一郎(岡山1区) 副会長 大口善徳(比・東海/静岡)
幹事 竹下 亘(島根2区) 幹事 桝屋敬悟(比・中国/山口)
幹事 大前繁雄(兵庫7区) 幹事 谷合正明(参比/岡山)
幹事 西村康稔(兵庫9区) 幹事 澤 雄二(参・東京)
幹事 竹本直一(大阪15区)
幹事 北川イッセイ(参・大阪) 【民主党】  
幹事 谷垣禎一(京都5区) 顧問 仙谷由人(徳島1区)
幹事 井澤京子(比・近畿/京都) 副会長 田島一成(滋賀2区)
幹事 近藤三津枝(比・近畿) 幹事 奥村展三(比・近畿/滋賀)
幹事 藤井勇治(比・近畿/滋賀) 幹事 川端達夫(比・近畿/滋賀)
幹事 宇野 治(比・近畿/滋賀) 幹事 近藤昭一(愛知3区)
幹事 山本明彦(愛知15区) 幹事 田村謙治(比・東海/静岡)
幹事 塩谷 立(静岡8区) 幹事 長島昭久(比・東京/東京)
幹事 望月義夫(静岡4区) 幹事 白 眞勲(参比/東京)


竹中とフェルドマンが推進する食品は、正にバイオ兵器である。

既に何回も遺伝子組み替えのことを発表しているが、未だ政府を操る竹中と
外資機関員達は日本国民を攻撃しようと謀略を練っている。
ユダヤ企業モルガンスタンレーの顧問、ユダヤ人のフェルドマンが推進する
遺伝子組み替え食品普及を狙ったバイオテロ計画は、竹中と外資族を中心として
計画されており、年々その組織的動きを強めている。以下の情報は、左翼的組織
が説明している情報だけではまったくなく、海外の研究チームによって発表されている
何百という検証実証データーの一部である。これらは正式な実験データーで偽りはない。
しかし米国では、これらのデーターを開示してはならないという法令があり、その扱いは
既に国家機密である。なぜ食品がA国家機密レベルで保管されているのかというと、
検証した実証データーの対象となった企業が、実は英米の軍産複合体企業で
あったからである。この企業は主に、「細菌の培養や特殊ガス」の製造等を手がける
国際資本「モンサント」といわれている。モンサント社は本来、国連憲章違反にて
破壊命令を出せるほどの悪徳企業であるが、ユダヤ国際資本の手によって厳重に
保護されている。この企業が作り出した兵器は、ダイオキシン、有機リン系神経物質、
エージェントオレンジ、等の兵器とその数々である。また猛毒のPCBも開発した企業である。
これらは英米のユダヤ貴族の経営する国際企業であり、その目的はバイオ開発にある。
日本国はこのバイオ研究で作り上げられた毒性植物を世界一多く、また強制的に米国政府によって
購入させられている。これらを食べた人たちは次々と奇病を発生し、やがてガンを発症
するという。そのような品種を全国民に食べさせるべきであるとスローガン
を始めているのが、ユダヤ人のフェルドマンと竹中達である。その目的は医療機関
との癒着などの裏もあり、意図的にこの人物達は国家に対する攻撃を準備しているのである。

終戦時期に米軍は、全国にある黄色い花粉を大量飛散させる植物の種を、
爆撃機の中から投下し、日本全国に植え付けていた。それが現在花粉症となっている
杉科の植物で、それらに類似する数々の外来種の植物である。日本人はこうして
終戦しているにも関らず、米軍のバイオ作戦によって国民の10000人に一人が
花粉症という奇病に感染させられているのである。それからしても、米国の機関が
推進するこの得体の知れない合成植物を食品として販売している恐ろしさを国民は
知るべきなのである。つい昨年大問題となった薬害も、米国が販売していた薬である。
また警察官や青少年が、近年次々と大事件を引き起こしている残虐事件の裏にも、
中毒性違法精神製剤のリタリンや類似商品が存在している。
またこれらの製品は、米国が日本で強制販売させているケースが多い。
さらに日本に輸出されていた牛肉の臓器には、大量の疫病が発生しており、
牛肉の臓器や筋肉組織からは、大量の毒性ウイルスの膿が噴出している
汚染牛肉を米国が日本や韓国に輸出しているケースからしても、米国は明確な
意図をもってこれらを生産し、悪意によって輸出しているという実態がある。
もしこれらを否定する者がいるとしたら、それらはスパイであると断言してよい。



害虫抵抗作物とは、遺伝子組み換えによって殺虫毒素(殺虫タンパク)を自らの体内で
生成するようになった植物のことである。この植物は細胞のすべてに殺虫毒素をもっていて、
害虫がこの植物を食べると死んでしまう。したがって、農薬散布の必要のない、
環境にやさしい作物として宣伝されている。

しかし、そんな毒素をもった作物を人間が食べても大丈夫だろうか。これは誰もが抱く
疑問だろう。それまで開発メーカーは、人間にはまったく害はないとしていたが、プシユタイ
教授の研究は、このメーカーの主張を見事にくつがえす内容だった。

この研究は、マツユキソウのレクチンという殺虫タンバタを生成する遺伝子を組み入れた
ジャガイモを、短期間(10日)と長期間(110日)ラットに食べさせるという、二つのラインによって
行われた。このマツユキソウのレクチンは、哺乳類には無害であるとされていたものだ。
また、これと並行して、同じ期間、普通のジャガイモを食べさせたラットと、マツユキソウのレクチンを
添加したジャガイモを食べさせたラットの実験も行われた。これは、組み換えジャガイモの結果と
比較するための実験である。

実験の結果は以下のようなものだった。殺虫タンパク生成遺伝子を入れたジャガイモは、タンパク質、
スターチ、糖、レクチン、トリプシン、カイモトリプシン抑制物質の量が、明らかに元のジャガイモと
異なつており、元のジャガイモとの「実質的同等性」はない。遺伝子組み扱えジャガイモを与えたラットの脳を含む器官のいくつか、あるいはほとんどの器官において、その重量が低下するという重要な
変化がみられた。短期間の実験のすべてにおいて、熱を加えた遺伝子組み換えジャガイモを与えられたラットに肝臓の機能低下がみられた。また、脾臓や胸腺などの免疫器官もたびたび影響を受けた。 遺伝子組み換えジャガイモと普通のジャガイモの組成に同等性がないことが
免疫機能の低下となって表れたのである。

10日間の短期間実験に使われたラットの免疫力をみるため、哺乳類に有害性のあるタチナタマメの
レタチン、コンカナバリンなどを体内に入れてみた。普通のジャガイモを食べたラットのリンパ球は
増殖したが、組み換えジャガイモを食べたラットでは、リンパ球の変化がなかった。つまり、
免疫力が低下していることがわかった。
これらの結果からプシユタイ教授は、組み換えジャガイモと普通のジャガイモは成分組成が異な
つており「実質的同等性」はない。
そして組み換えジャガイモを食べることによって成長、器官の発達、新陳代謝、免疫機能に重大な
影響を及ぼす可能性があるという結論を導いたのである。

この「実質的同等性」という言葉は、遺伝子組み扱え食品の安全怪評価において非常に
重要な意味をもつ用語である。ごく簡単にいえば、外見や組成、性質が同じならば、遺伝子組み
換え食品を非組み換え食品と同じとみなすことができるという考え方である。
遺伝子組み扱えを推進する企業や国家は、この「実質的同等性」を遺伝子組み換え食品の
安全性の根拠としてきた。つまり、見た目と主な組成が同じならば組み換えだろうと非組み
扱えだろうと、トマトはトマト、ジャガイモはジャガイモであるという非常に荒っぽい考え方である。
ともかく、誰も行わなかった動物実験を行い、遺伝子組み換え食品の有害性を証明した
プシュタイ教授の研究発表は、遺伝子組み準えを推進してきた勢力にとって、非常に
衝撃的な内容だったということができる。


99年2月22日付「ガーデイアン」紙はこの事件に関連して、次のような記事を掲載した。
「遺伝子組み準えジャガイモを食べたラットに免疫力低下や脳重量減少を含む臓器の
成長低下、あるいは胃壁が厚くなるなどの影響を引き起こしたのは、組み替えジャガイモ
をつくる際に必要なカリフラワーモザイクウイルス・プロモーターが原因ではないかと、
プシユタイ教授とその同僚は疑っている」

すなわち、殺虫毒素であるレクチンそのものが問題なのではなく、「プロモーター」に問題があるの
ではないかということである。プロモーターとは、導入された遺伝子(この実験の
場合なら、マツユキソウのレクチン生成遺伝子)に、目的のタンバタ質の生成を
促すために用いられる物質である。

カリフラワーモザイクウイルス・プロモ-タ-の特許は、モンサント社が所有している。そして、
ローウェット研究所に対して、モンサント社は一四万ポンドの資金援助を行っていた。
カリフラワーモザイクウイルス・プロモーターに問題ありとなれば、モンサント社と
セインズベリー卿は大変な損害をこうむることになる。

モンサント社はイギリスで、遺伝子組み換え食品の安全キャンペーンに巨額の費用を
投入していたことが判明している。この一連の不透明な事件によって、遺伝子組み扱え食品の
安全神話が大きく揺らいだことだけは間違いない。

教授の研究発表以降、イギリスのマスコミは遺伝子組み換え作物に反対する
キャンペーンを張り、また科学者団体や自治体などもこの問題について活発な議論を繰り
広げることになった。スーパーマーケットのアイスランドが遺伝子組み扱え食品を自社ブランドから
排除することを真っ先に発表した。その結果、遺伝子組み準え食品に懸念を感じていた消費者が
馴染みのスーパーを見捨てて、アイスランドに殺到するという現象が起きたのである。アイスランドは
業界第九位のスーパーにすぎなかったが、
前年比で五〇パーセント近くも売上げを伸ばすことになつた。

そして、九九年四月二七日、ついにイギリス最大手のスーパーマーケット・チェーンのテスコが遺伝子
組み換え食品を排除することを決定、また同日、大手食品メーカーの英国ユニリバーが遺伝子組み換
え作物を原料に使わないと発表した。さらに、その翌日には英国ネスレが遺伝子組み換え食品の廃止を決定したのである。

九九年三月、自治体協議会は、学枚給食での遺伝子組み換え食品の使用を禁止した。
こうした国内の動きに押されるかたちで遺伝子組み換え食品の表示を義務づける、
新たな規制が施行された。イギリスに特徴的なのはレストランのメニューにまで遺伝子組み換え
食品の表示を義務づけた点である。
しかも、「当店は遺伝子組み換え食品を使用しておりません」式の大ざっぱな表示は認めず、
一つひとつのメニューについて表示を義務化している。違反した場合には高額の罰金を
支払わなければならないという非常に厳しい内容である。



「遺伝子組み換え牛成長ホルモン」投与牛のミルクはガンを誘発する

FDA(米国食品医薬品局)と聞くと日本の厚生省よりずっとマシな様に感じる人が
多いが、それは大きな勘違いだ。全ての部門でと云うことではないが、企業の門番・番犬として
害悪にすらなっている。同時に日本の厚生省(厚生労働省)が全く国民の健康を管理する
機能を果たしていないことも良く分かる。というよりその逆、如何に企業が健康
(といっても金を儲けると云うことだが)を維持出来るかを目的としているのだ。
その目的のためには国民は健康になろうが死のうが関係ないのだ。

トリプトファンと同じように、遺伝子組み換え微生物によって量産されている「rBGH」という
ホルモンがある。rBGHは「rconbinant Bovine Growth Hormone」の略で、「遺伝子組み換え
牛成長ホルモン」となる。別名bSTと呼ばれることもあり、商品名は「ポジラック」である。

これは、アメリカのモンサント社が製造しているもので、遺伝子組み換え牛成長ホルモン
としてアメリカで唯一認められている薬品である。 アメリカの畜産農家の約15%(17000戸)が
rBGHを使用しており、全米の牛の約30%が、月2回rGBHを注射されているといわれている。

このrBGHを子牛に注射すると、非常に早く成長するため、飼料の効率がとてもよくなる。
また、乳牛に注射すると、通常よりも二週間も長く乳を出すため、1頭からとれるミルクの量が
15%から20%も増加する。 しかし、このrBGHにはさまざまな問題点が指摘されている。

まず、rBGHを投与された牛は乳腺炎にかかりやすくなるため、ミルクのなかに膿汁が混入する。
また、乳腺の炎症を抑えるために抗生物質が投与されるため、それがミルクに残存することが
懸念されている。 さらに、イリノイ大学のエプスタイン教授は、1996年に発表した論文で、
rBGHを投与された牛のミルクを飲んだ人に、乳ガンや大腸ガンが発生しやすくなる
危険があることを指摘している。

どうしてrBGHに、人間のガンを誘発する可能性があるのか。
rBGHを投与された牛のミルクは、「IGF-1」というインシュリン様成長因子が増加するといわれている


IGF-1は人間の血液中に自然に存在している成長ホルモンだが、rBGHを投与された牛のミルク中
のIGF-1は簡単に人間の血液に侵入することがわかっている。本来ならIGF-1は人間の胃の
なかで分解されてしまうのだが、ミルクのなかのカゼインというタンパク質がこの分解作用を妨げ、
IGF-1はそのままのかたちで人体に吸収されてしまうのである。

rBHGを処方された牛のミルク中に存在するIGF-1は、人体に自然に存在するIGF-1と組成は
まったく同じだが、これを高濃度で摂取するとさまざまな悪影響があるといわれている。
最新の研究によれば、閉経前の女性の乳ガン、そして男性の前立腺ガンの発症との相関が
疑われている。あるいは、アレルギーやホルモンヘの影響も懸念されており、その影響は
乳幼児ほど高くなるとの指摘もある。

現在のところ、その因果関係は完全に証明されてはいない。しかし、アメリカ人にとってミルクは
非常に大切な食品であるため、80年代の後半からrBGHの使用に対する強い反対運動が起きた。
先に紹介した遺伝子組み換えトマトのフレーバー・セーバーと並んで、もっとも古い遺伝子組み換え
反対運動の一つである。 これにより、89年には大手のスーパーマーケットチェーン五社が
rBGhの使用に反対の立場を表明し、乳製品生産企業のなかにも反対の表明をするところが
現れてきた。

これに対してモンサント社は認可に向けてさまざまな工作を行い、ついに93年、
FDA(米国食品医薬品局)はrBGHの使用を正式に認可することになつた。 なぜ、
激しい反対運動にもかかわらずrBGH使用が認可されたのか。そこには、非常にゆがんだ企業と
官庁との癒着構造がみる。これは、日本における認可や承認のあり方を考えるうえでも参考
になるので記してみたいと思う。

FDAとモンサント社は、俗に「回転ドア」の関係にあるといわれている。回転ドアとは、
同じスペースが入り口であると同時に出口でもあるという仕組みである。FDAとモンサント社は
人的な交流において、この「回転ドア」の関係にあるというのである。 たとえば、
FDAの副長官がモンサント社の元トップだったり、あるいは食品や薬品の安全性を審査する
審査部門の担当官が元モンサントの社員だったりする。


つまりモンサント社は、自社の開発した製品の審査をする機関に、自社の社員を送り込んで
いるわけだ。これで厳正な審査が行われると考えるほうがおかしい。 そしてモンサント社は、
単に販売の認可を得ただけでなく、それを盾にとって「rBGHを使用していないミルク」を
宣伝販売する小売業者に圧力をかけたりした。そうしたモンサント社のやり口を「回転ドア」の
関係にあるFDAが援護射撃していることは言うまでもない。

驚いたことに、FDAは93年にrBGHの使用を認可すると同時に、rBGHを投与した牛から採取
したミルクとrBGHを投与していない牛から採取したミルクの区別を表示することを禁止する
法律を作ったのである。そして、翌94年には「rBGHなし」との表示をした二つの食品小売業者が
モンサント社によって提訴されることになった。

これは明らかに、区別表示によってrBGH使用のミルクが消費者に避けられることをモンサント社が
恐れたためである。ちなみに、FDAで表示禁止規制を立法化した役人は、元モンサント社の社員であ
る。RBGHの問題に先鞭をつけたイリノイ大学のエプスタイン教授は、この経緯について次のように述べている。

「簡潔に言えば、FDAの共犯活動によって国中が現在、正体不明のバイオテクノロジーが生んだ
生産物(すなわちモンサント社のrBGHのこと)によって、それを主要食品に混ぜ込んで長年摂取したらどうなるかという大規模な実験にさらされている。 あえて言うなら、このような実験はごく一部の農業化学産業に利益を与える一方で、消費者にはそれに見合う利益を与えない。更に言えば、
これは全アメリカ人の健康にとって主要なリスクとなるだろう」
(Racheael’s Environment & Health Weekly)

遺伝子組み換えの核心にある問題を、見事に言い当てた言葉だと思う。
モンサント社はこうした反対運動に対して、まったく根拠のない指摘であるとして無視し、
FDAも当然のごとく冷ややかな態度をとってきた。しかも、モンサント社はアメリカで認可が
下りる前に、東ヨーロッパ、南アフリカ、メキシコ、ブラジルなど、規制のない国や規制の
ゆるやかな国でrBGHを売りまくつていたのである。

そして、日本にもrBGHに関する規制がない。 家畜のホルモン剤については、使用基準の
設定されていないものは原則として自由なのである。食品添加物については規制値が設定
されているもの以外は流通禁止の規則がある。規制値のないrBGHは、事実上フリーパスである。
したがって 日本国内て販売されているアメリカ産の乳製品や肉にはrBGHを処方された牛のミルク、
あるいはその牛の肉が使われている可能性が十分にある。しかし、その実態はまったくわからない。

ちなみに、モンサント社はカナダ政府に対してもrBGHの流通を認めさせるための申請を行ったが、
99年1月、カナダ政府はrBGHの使用を禁止してしまった。FDAに対してモンサントが申請を行った
際の提出資料をカナダ政府の科学者たちが詳細に検討したところ、
重大な問題が発覚したからである。
モンサントの提出した資料のなかに、動物実験によって雄のラットの甲状腺に脳腫ができたこと、
さらに血液中にガンを引き起こすIGF-1が活性をもって存在するということがはっきりと記載
されていたというのである。

RBGHを投与された牛のミルクの摂取が人間の発ガン性を高めるということは、当のモンサントの
資料からも推測できるのである。なぜ、カナダの科学者が資料を読んですぐわかることを、
FDAが見過ごしたのか。アメリカでは議員が中心になって、この問題を大きく取り上げている。
そして、これは決して対岸の火事ではないのである。

日本の場合、仮にアメリカから輸入された乳製品にrBGHの処方に由来するIGF-1が大量に
含まれていたとしても、それに罰則を科すことはできない。 そして、すでに私たちはこうした
食品を口にしている可能性が高いのである。



除草剤耐性作物に使用される農薬はこんなに危ない

世界で一番の売上げを誇っている除草剤はラウンドアップである。モンサント社の
開発した非常に強力な除草剤である。ラウンドアップには あらゆる植物の成長に必要なアミノ酸
生成をストップさせてしまう作用がある。したがって ラウンドアップがかかった植物は木であろうと
草であろうと枯れてしまう。こうした除草剤を「非選択性の除草剤」と呼ぶ。相手構わず枯らしてしまうということである。ラウンドアップは世界中で利用されているが、大きな弱点をもっている。あまりにも強い薬であるため、雑草だけでなく農作物自体も枯らしてしまうのだ。
除草剤は、そもそも草取りの手間を省く、つまり省力化のために開発された農薬だが、作物を避けて

散布するのは手間がかかる。そこで開発者が考えたのは、自社の除草剤をかけても
枯れない除草剤耐性をもった作物を遺伝子組み換えによってつくりだすことだった。
この除草剤耐性作物がどのようなものかは第3章で述べるが、除草剤耐性作物の開発によって、
農家は無差別に大量に除草剤をまくことが可能になった。除草剤耐性作物が農家に大変な
省力化をもたらしたが、ラウンドアップに代表される除草剤の大量使用は、
環境破壊の原因となることか危惧されるばかりでなく、人体への影響も懸念されているのである。

モンサント社は、ラウンドアップは生分解性のよい農薬であるとし、散布後数日で水と二酸化炭素に
なってしまうと宣伝を繰り返してきた。たしかに、ラウンドアップの主要成分、グリホサートは
分解が早いが、ラウンドアップにはこれ以外にも多くの助剤か含まれている。とくに
副原料として15%近くも含まれている界面活性剤は、細胞浸透性が高いため急性毒性が
非常に強く、生産者の被害が続出している。カリフォルニア州では、生産者にもっとも被害を与える農薬のワースト3にあげられている。ニューヨーク州はモンサント社の宣伝コピーは正しくないとして
91年に提訴し、97年の判決で同社は敗訴している。97年以降、モンサント社はニューヨーク州では
「環境にやさしい」などという宣伝をすることができなくなった。では、このラウンドアップは生産者にど
のような被害をもたらすのか。もっとも懸念されているのは発ガン性である。ある調査によれは
ラウンドアップを使用している地域では非ホジキンリンパ腫というリノパ腺のガンがその使用量と比例
して増加するという。このように危険性が指摘されているラウンドアップだが、その主成分、
グリホサートの残留基準値が各国で引き上げられるという奇妙な現象が起きている。

アメリカでは大豆のグリホサートの残留基準値は20ppmだが、
これは国際的にみて非常に高い数値だ。これに対してオーストラリアは0.1ppm、イギリスも0.1ppmと以前は非常にきびしい基準値だった。ところが、オーストラリアやイギリスの基準がなぜか近年アメリカと同じ20ppmに引き上げられてしまったのである。
そもそも0.1ppmという基準値は、動物実験などによって割り出した一日当たりの許容量をベースに計
算されていたはずだが、それがなぜか200倍に引き上げられたのである。日本はどうかというといまのところ6ppmである。これはかってのオーストラリアやイギリスの基準値からみれば、ずいぶんゆるやかな基準値である。

私たちはモンサント社に対して、アメリカで生産されているラウンドアップ耐性大豆のグリホサート残留
の最大値はどのくらいかという質問を出したことがある。返ってきた答えはなんと5.336ppmというものだった。つまり、日本の基準値をぎりぎりクリアしているというのである。アメリカでは残留値20ppmまで散布できるのに、残留値5.336ppmというのはいかにも不自然である。
これは推測にすぎないが 実際のアメリカ産ラウンドアップ耐性大豆のグリホサ-卜残留値は、
たとえば18ppmくらいになっているかもしれない。しかしそれを輸入国から指摘されれば、
むしろ圧力をかけてその国の基準値を上げさせてしまうのではないだろうか。
アメリカは圧力をかける手練手管に長けている。オーストラリアやイギリスの基準値引き上げも、
そうした圧力によるものかもしれない。日本の厚生省など、アメリカの圧力にはやすやすと
屈してしまうので、いつ引き上げられるかわからない。

また、ラウンドアップを散布された大豆は、その成分に変化を起こすことが疑われている。

大豆には、イソフラボンという植物エストロゲンの一種が含まれている。これはガンの
抑制効果があるとされ、日本人か欧米人に比べて乳ガン、子宮ガン、前立腺がんにかかる割合が
低いのは、大豆食品をたくさん食べているからだといわれている。しかし、アメリカの「倫理と毒性セン
ター」のマーク・ラッペ博士らは、ラウンドアップを散布されたラウンドアップ耐性大豆のイノフラボンは、
通常の大豆に比べて12%から14%も少ないという研究結果を発表している。

また、ラウンドアップの残留している大豆では 化学反応によって植物エストロゲンが
異常に増加してしまい、逆に発ガン牲を高める危険性があるとドイツの科学者らは警告している。
その原因がラウンドアップ自体にあるのかどうか、現在のところ解明されていないが、ラウンドアップを
散布された組み換え大豆では なんらかのメカニズムによって植物エストロゲンの量が著しく変化
してしまったことは確かである。

ちなみに、モンサント社が行った遺伝子組み換え大豆が人体に与える影響の実験は、なぜかラウンド
アップを散布していない農場で行われている。ラウンドアップとラウンドアップ耐性大豆が常にセットで
販売されていることを考えれば、非常におかしな実験である。モンサント社はラウンドアップを
使用していない農場での実験データをもとに、その安全性を宣伝しているのである。
この実験は消費者が実際にロにする大豆とは異なるもので行われているとして、実験の無効を訴えている。

日本でもラウンドアップは盛んに使われ、除草剤の売上げトップの座を占めている。
しかも、ニューヨーク州ではすでに「安全な農薬」という宣伝ができなくなっているにもかかわらず、
日本では相変わらず安全性を強調して販売しているのである。
園芸店のラウンドアップの宣伝ちらしには、女性や子供がラウンドアップをまく姿が描かれていたりす

るが、そんなことをするのは危険である。事実、日本で84年6月から86年3月にかけて、ラウンドアップによる急性中毒が56例もあり、そのうちの9例は死に至っている。
日本モンサント社のパイテク部長なる人物は、「ラウンドアップは飲んでも死なないほど安全だ。
飲んでみせてもいい」などとまで発言している。*****本当に飲んで見せて!!
(飲めるはずが無い、でも消費者には吸入させるのだ)
皮肉なことに、当の農家では、「自殺するならラウンドアップに限る」というブラックジョークがある。
このジョ-クを日本モンサント社の社員はどのように聞くのであろうか。

注:除草剤耐性植物を人が食べて大丈夫か?これはその原理を聞いた瞬間に理解できる。
つまり、除草剤を100使いたいところを目的の作物が枯れるのを恐れて少なめに使って
いたのだが、除草剤をかけても枯れ難いのだから100を使いたくなる。当然残留農薬の量は
増えるのだ。それにつけても思うのはアメリカという国は恐ろしい。いや一部のアメリカ人は
恐ろしいというべきか。輸出して儲けるためには輸入国の国民の健康などどうでも良くて、
環境や衛生などの法律をたちまち(金や政治の力で)変えてしまう。果実・野菜の
採取後に輸出用に農薬を振り掛ける件でもそうであった。

売血にエイズウイルスが入っていることが分かり米国内では販売できないとなると日本に
叩き売るし、嫌煙思考の高まりで米国内での消費が伸びないと見るや、日本政府に
圧力をかけてタバコの輸入を解禁させる。極めつけはキューバ危機に代表される、
核拡散阻止活動であろう。俺は大量殺人の手段を持って良いがお前はだめだとさ!
実に身勝手極まりない。こんな国が正義を口に出来るはずが無いと皆が思っているはずだ。


政府見解が当てにならなかった狂牛病事件

なぜ、イギリス、ヨーロッパにおいて、これほど急速に遺伝子組み準え食品の
排除が進んだのだろうか。こうしたヨーロッパの動きの背後には、狂牛病事件の記憶がある。
狂牛病事件は文字どおりヨーロッパ全土を震撼させた事件であり、これによってヨーロッパの
人々の「食」に関する意識は非常にきびしいものに変わることとなった。 イギリスでは
全人口よりも多い数の羊が飼育されている。もちろん、これは羊毛をとるために飼われているのだが、
これだけ大量の羊を飼育していれば日々死んでいく羊の数も膨大な数にのぼる。
そしてイギリスでは、死んだ羊はレンダリング工場で処理される。

レンダリングとは、どろどろに煮溶かし、脂肪分だけ抜き取り、残りを固めてペレット
という固形物にする処理方法である。イギリスでは、このペレットを家畜の餌として使用していた。

その結果、羊のスクレイピー(脳スポンジ症)という病気が、羊のペレットを食べた牛に
うつってしまうことになった。これが狂牛病である。
もともと牛は草食動物であり、本来、動物タンパクは必要ではない。しかし、牛の成長を促進
するために、成長ホルモン剤が投与されている。イギリスでは天然のホルモン剤を使用していたが、
ホルモン剤を投与された牛は成長が早まる分だけエネルギー消費も活発になる。
そこで動物性の高タンパク、羊のペレットを食べさせることとなった。こうして、牛は猛烈な
スピードで太らされていくのである。本来なら、種の異なる牛に、羊の病気は感染しないはずだった。
スクレイピーはプリオンという特異タンバタ質が原因であるとされていたが、
羊のプリオンは異種である牛にはうつらないというのがイギリス政府の見解だった。
ところが、牛に羊の病気が伝染し、たくさんの牛が狂牛病で死ぬことになった。

問題は、その狂牛病にかかった牛を人間が食べた場合にどうなるかということである。
これに関してもイギリス政府は異種である牛の特異タンパク質プリオンが人間に影響する
ことはないと主張した。しかし、狂牛病の発生後、たくさんの若者が新型クロイツフェルト・ヤコブ病
という脳がスポンジ状になる奇病にかかって命を落とすことになった。

クロイツフェルト・ヤコブ病は、もともと老人しかかからないはずの病気だったが、20代、30代の
青年がこの病気にかがって次々に死んでいったのである。そして、この奇病の発生と狂牛病の
因果関係は次第に明らかになっていった。新型クロイツフェルト・ヤコブ病にかかった青年たちは、
みんな狂牛病に汚染された牛肉を使ったハンバーガーなどを食べていたのである。

イギリス政府当局は、狂牛病の原因は特異タンパク質プリオンであり、タンパク質は病原菌とは違い、絶対に人間には影響を与えないと断言していた。これまで、異種の生物のタンパク質がうつって
人間が病気にかかったことなど一度もなかったというのがその理由だった。
そして、人間への影響を危惧する人々を、むしろ科学的に無知な人間であるとして
冷笑すらしていたのである。こうしたヨーロッパの経験を、遺伝子組み換え食品の問題と重ね
合わせてみるとどうだろうか。ヨーロッパの人々は、狂牛病という恐怖の経験を通して、
政府当局の言うことは信用できないと、思い知ったのである。そして、どこかおかしいなと自分自身が
直感的に感じることに関しては、政府当局ではなく、むしろ在野の科学者などの発言に耳を傾けるよう
になった。また、少しでも不安のある食品については、まずは予防的な措置をとろうという
姿勢を身につけることになったのである。

ヨーロッパの国々が遺伝子組み換え食品に対して毅然とした拒否の姿勢を打ち出している
背後には、狂牛病の問題と同時に、より現実的な側面がある。それは、ヨーロッパ諸国の
食糧自給率がきわめて高いということである。
ヨーロッパ諸国は他国から流入してくる遺伝子組み換え食品を排除しても、それほど困ることはない。
そうした背景があるからこそ、はっきりとノーの姿勢を貫くことができるのである。


政治的に誘導された「実質的同等性」という安全評価基準
お分かりでしょう。”組み換え食品の安全性は確かめられている”というのは全くのウソ、デタラメなのです。分析しやすいメインの成分が同じだから非組み換え食品と似ている”
→”非組み換え食品と実質的に同じ”
→”調べなくても安全だから安全性は調べる必要がない”
という詭弁を弄し、安全性に関しては実質的に無審査で世に出されているのです。

この論法の誤りは明らかです。仮に人間を分析してみれば分かる。男と女、黒人と白人は
実質的同等性を有することになる。それどころではない。人間とネズミも実質的に同等に出来る。
こんなことを言ってる連中を科学者だと思ってはいけません。科学者の誇りを捨てた、
モンサントを代表とするバイテク産業に媚びを売る妾か、金に目が眩んで何も事実が見えない
無脳児なのです。

実質的同等性という言葉は、すでに何度も使ってきた。これは、遺伝子組み換えを推進する勢力が、
遺伝子組み扱えの安全性を証明する論拠にしている考え方である。
しかし、この実質的同等性という考え方が生まれた背景は、決して科学的なものではない。
きわめて政治的なものであった。 ここでは、実質的同等性の由来にさかのぼり、この考え方の
危険性について指摘してみよう。 

まず、実質的同等性という概念の中身を明確にしておこう。  それは、「遺伝子組み換え作物とも
との作物を、姿、形、主要成分、性質などで比較し、ほぼ同等とみなすことができれば、
遺伝子組み換えによって作物のなかに新たにつくられる物質の安全性が確認される。
これにより、その作物の安全性はもとの作物と同等であると考える」ということである。
そして、安全性がもとの作物と変わらない以上、つくり方の違いは問題とされるべきではなく、
その表示はいっさい不要であるというのが、推進派の基本的な立場である。 

実質的同等性の考え方は、拙速に遺伝子組み換え作物を応用化しようとして誕生した。
そのため、安全性確認の方法があまりにも安易である。そして、この二つの問題は
不可分なのである。

本書の第章をお読みになった読者の方は、すでに遺伝子組み換え食品をロにしている
可能性が高いということを知り、ずいぶん驚かれたのではないかと思う。国会で十分な討議が
なされたとか、マスコミで論戦が戦わされたとか、 そうした社会的な検討が十分にされてから
遺伝子組み換え食品の流通が承認されたという印象はまったくないだろう。
遺伝子組み換え食品という言葉は開いたことがあっても、まさかすでに食卓にのぼっている
などとは予想もしていなかったのではないだろうか。  なぜこんなことになってしまったのか。  

その背景には、遺伝子組み換え技術の最先端を走ってきたアメリカの国策と、
多国籍パイテク企業の戦略がある。 人類初の遺伝子組み換え実験の成功は、
1973年のことである。 カリフォルニア大学のバーグ惇士とコーエン博士によって、
微生物の遺伝子組み換えが行われ、この実験によってアメリカの遺伝子工学がスタート
することになった。この実験が行われた当初は、遺伝子組み換えに対する安全論争が
盛んに行われ、未知の生物がつくられて生態系や人類に脅威を与えるのではないか
ということが非常に危惧されていた。七五年には、カリフォルニア州のアシロマに世界各国の
科学者が集まって、実験の規制を打ち出し、それに基づいて実験の指針がつくられたのである。
この時代には、人間の遺伝子を操作することと、食品への応用化はタブーとされていた。
安全性の面で危険が多いということと、とくに食品の場合は、影響を及ぼす
範囲がきわめて広いというのが、その理由だった。 

しかし、こうした科学者の危惧を尻目に、先進国では遺伝子組み換え技術の
開発競争が激化していった。そして、八四年にはアメリカでタバコの遺伝子組み換え作物が
つくられ、これが植物の遺伝子組み換え第一号となった。
また、インシュリンやヒト成長ホルモンが組み換え体利用によって生産されるようになっていった。
この組み換え体利用の薬は相当な売り上げを示したが、薬を使うのは病気の患者だけで販路は
限られている。多額の研究費をかけても、病気の人にしか売れないのではもったいないというわけで、
多国籍パイテク企業のなかから、食品への応用化を求める声が急激に高まっていったのである。
なにしろ、食品に応用できれば、60億人のお客さんがいるのと同じである。予想される利益は
莫大なものになる。多国籍パイテク企業は、どうしても食品で遺伝子組み換えをやりたかったのだ。  

アメリカでこうした動きが活発になってきたのが、ちょうど九〇年ごろのことである。
この時代はアメリカ経済の低迷期であり、アメリカ政府としてもバイオ産業によってアメリカ
経済を向上させたいという思惑があった。 つまり、多国籍バイオ企業の欲望と、
アメリカの国策とが、この時期にうまく一致する。 しかし、人類がはじめてロにする遺伝子組み
扱え作物の安全性をいったいどうやって評価するかは大きな問題だった。
そこで、経済戦略を練る大統領競争力評議会が実質的同等性の確認という安全性評価の
指針をはじめて打ち出すことになったのだ。 つまり、実質的同等性の考え方は、環境や健康の安全性を優先する部局ではなく、経済政策を担当する部局によってつくられたのである。
アメリカのパイテク企業の戦略と国策の一致によって生まれた考え方なのだ。

その生い立ちからして、本当に安全性を確認することを意図したものではなかったのである。
そして、アメリカのEPA(環境保護局)やFDA(食品医薬品局)、農務省などが、 遺伝子組み換え
作物応用化を促進するための非常にゆるやかな規制を次々に発表していくことになった。
これを受けてFDAが打ち出した認可の手続きは、実に緩やかなものだった。

まず認可の手続きはガイドラインでしかない。 これは、現時点の日本と同じである。
ガイドラインには強制力はなく、遺伝子組み換え作物を商品化したい企業が流通させる前に
申請すれば、安全性の確認作業はやりますと、その程度のことでしかない。つまり、
FDAによる安全性の確認を受けないで流通させても、なんの罰則もない。
安全性の確認を受けるのは原則的に任意であって、栄養価の有意な変化や、
アレルギー誘発性、あるいは新規物質の生成などがある場合のみ、例外的に安全性評価を
受けることが義務づけられている。 このアメリカの安全性評価の方法が、
九三年に発表されたOECD(経済協力開発機構)の「バイオ食品の安全性評価
レポー上に取り入れられて、先進国のガイドラインとなった。日本の厚生省の安全性評価指針も、
これと同じものなのである。

モンサント社をめぐる数々の疑惑前項では、多国簿バイテク企業がどのような世界戦略を
措いているか見てきたが、あらゆる意味でその代表格といえるのが、アメリカのモンサント
社である。まず簡単にモンサント社の履歴を紹介したい。モンサント社の歴史は1901年、アメリカの
ミズーリ州セントルイス市に始まる。モンサントケミカル社の創設者-John Francis Queenyは
独学で化学を学び、ドイツの技術を応用することで、初の人工甘味料サッカリンの製造に成功している。

20年代からモンサント社は硫酸と工業用の基礎化学薬品の製造業者となり、40年代以降は常に、
アメリカの化学薬品会社のトップ10に入っている。40年代はプラスチックと合成繊維が
モンサント社の主要な商品であった。

1929年、後にモンサント社に買収されることになるスワンケミカル社は、ポリ塩化ビフェニール
(PCB)を開発した。PCBは60年代までに、潤滑油や防水塗料として広く使われた。
すでに三〇年代からその毒性は顕在化しており、七六年にアメリカでの製造は禁止された
(管理者注:しかし他国への販売は禁止されず2000年時点でもまだ売られている)が、
その毒性と内分泌物質かく乱作用は残留している。このPCB製造の中心地はイリノイ州
イースト・セントルイスにあるモンサント社の工場であった。

Janathan Kozolは「イースト・セントルイスはアメリカでも病気の子供がもっとも多い地域で、
死亡率と未熟児の出生率が州ではもっとも高く、乳児死亡率が国内で三番目で、
子供がぜんそくにかかる率がもっとも高い地域の一つである」と報告している。
汚泥がまかれた屋内競技場では五〇頭の馬、家畜、野鳥が死んだために調査が行われ、
化学薬品が入っていたタンク内の汚泥に含まれていたダイオキシンが原因であることが明らかとなっ
た。「ザ・モンサント・ファイル」によれば、モンサント社はクリントン政権にも非常に強い
コネクションをもっている。

たとえば、92年のクリントンの選挙の指揮をとり、後に米国通商部代表として日本バッシング
の急先鋒を務めたミッキー・カンターは、九七年にモンサント社の理事に就任している。
また、クリントン大統領の元アシスタントのマルシア・ホールは、イギリスで同社の広報官を務めた。
さらに、環境問題に対して造詣が深いことで知られる副大統額のアル・ゴアは、上院議員のころから
バイオテクノロジーの熱心な支持者であるとのことである。
日本の政界・官界にモンサント社がどのようにかかわっているかはわからない。しかし、
少なくとも日本における同社の振る舞いが決して紳士的なものではないことは以下の事例
からも推測される。現在、日本では二九品目の遺伝子組み換え作物の流通が承認されている。
これらは、厚生省の食品衛生調査会という諮問機関が、安全性を確認したものである。
この安全性評価が終わったデータは食品衛生協会という機関が開示しているが、なぜかコピ-禁止、写真撮影も禁止ということで、手書きで写すことだけが許されている。
しかし、健康情報研究センターの里見宏さんという研究者が、三人の仲間を引き連れて三週間、
食品衛生協会に通いつめ、モンサントが申請して認可された害虫抵抗性(BT殺虫毒素を出す作物
)トウモロコシに関し、申請データを書き写してきたのである。

このデータは、当然ながら実質的同等性の評価に基づいて書かれているため、組み換え前の
親トウモロコシと組み扱え後のトウモロコシの成分比較がなされている。その部分を里見さんが
原文で読んでみると、「八種頚のアミノ酸に有意差があった」という記述があったというのである。
すなわち、これは成分が異なっているということである。
残りの二種頚のアミノ酸(シスチンとヒスチジン)については、なんとモンサントの社内の非公
開研究論文の数値を引用して、この範囲に収まるから問題ないと結論づけているというのである。
さらに、このモンサントのデータに添付されていた日本語要旨は「有意差はなかった」と、
明らかに原文の論文とは異なる書き換えが行われていたのである。
なお、ヒスチジンというアミノ酸は、体内酵素によって分解されると、ヒスタミンというアレルギー
誘発物質に変質する。よく湿疹が出ると「抗ヒスタミン剤」という薬を塗るが、これはヒスタミンの
働きを抑える薬である。したがって、トウモロコシに含有されるヒスチジンの量が増えたということは、
アレルギー誘発という見地からして、問題のあることなのである。

九七年一二月三日、この「書き換え」問題に関して、寺尾バイオテクノロジー特別部会長は、
「委員はみな英文原データで審査しているので問題はない」とし、「有意差やモンサントの非公開論文
利用についてはトータルに数植を見れば栄養学的には問題はないものと結論される」と述べた
(管理者注:食品衛生調査会は安全性を確認するための機関でありながら国民の栄養のことを
心配しているらしい!寺尾特別部会長はとんだ虚け者だ)。さらに、問題の日本語要旨に関しては、
「誤訳についてはモンサントに注意をした」と説明している。

とんだ誤訳があったものだが、この件は国会でも取り上げられた。自民党の河野太郎氏が、
「もし委員全員が英文原データで審査しているなら、誤訳の可能性のある日本語要旨はいっさい
添付させないことにしたらいい」と、答弁に立った厚生省の食品保健課の課長に迫ると、この課長は
言い逃れに行き詰まり、お手上げ状態になってしまったのである。

こうしたずさんな安全性評価によって、遺伝子組み換え食品の流通が承認されているとは、
お粗末もいいところである。少なくとも厚生省の食品衝生調査会が国民の安全や健康のことなど、
本気で考えていないことは明らかである。事実、こうした問題が表面化しても、いまだ厚生省は
なんのリアクションもとっていないのである。そして、モンサント社の提出データがいかにいい
加減なものであるかも明らかである。専門家によれば、自社の、しかも非公開の論文データの
数値を引用して安全性の証明をするなど、科学論文の世界では普通ならば絶対に通用しないことだという。こういうやり方に、モンサントという企業の体質が表れている。
日本の安全行政も同時に問われているといえよう。


事実をねじ曲げたローウェット研究所の見解

ローウェット研究所が発表した博士の実験結果を否定する見解は、
次のようなものです。「実験では、遺伝子組み換え作物自体をラットに食べさせたわけではない。
ジャガイモといっしょに、遺伝子組み換えでつくられる殺虫性(殺菌性)毒素を付け加えて、
与えたのである。殺虫毒素は2種類。ひとつはタチナタマメの遺伝子がつくり出すレクチン*、
もうひとつはマツユキソウの遺伝子がつくり出すレクチンだ。そのうち、タチナタマメのレクチンで
影響があるという結果が出たが、マツユキソウのレクチンでは影響は出なかった」
タチナタマメのレクチンは従来から有害性が指摘されており、一方マツユキソウがつくり出すレクチン
は安全とされてきました。この実験結果に納得する人は多いでしょう。
発表を受けて真っ先に見解を発表したのが、モンサント社でした。
「正式な論文発表は行われておらず、
内容もお粗末である」という趣旨です。その後、「正式な論文発表ではない」が博士批判の
常套文句になり、日本でもさまざまな人が言い始めます。私自身、ある公開討論の席上で、
京都大学の研究者がそう批判するのを聞きました。
*植物の種子などによく見られる、細胞を凝集させるタンパク質。タテナタマメのコンカナバリンAや
ヒマ(トウゴマ)のリシンなどは、きわめて毒性が強いことで有名である。
しかし、ローウェット研究所の発表は、意図的に事実をねじ曲げて伝えていました。実は、
マツユキソウのレクチンをつくる遺伝子を組み込んだジャガイモで、ラットに影響があるという結果が
出ていたのです。では、なぜ、事実を歪めてまで、実験結果を否定しなければならなかったか。

そこには2つの理由が推定できます。
ひとつは、モンサント社がこの研究所に資金を提供している有力企業だからです。
もうひとつは、博士の実験で、モンサント社はじめ化学企業の企業生命を揺さぶられるような
データが出ていたからです。


新しいウイルスの誕生と益虫への悪影響

ウイルスに変化をもたらし、新しいウイルスを誕生させる危険性も、実験で確認されました。
アメリカのミシガン大学***で、遺伝子組み換えでウィルスの一部を導入してウイルスヘの
抵抗性をもたせた植物に、同じウイルスで無害化した植物を感染させたところ、一部が病害性
をもってしまったのです。対抗策のない病原性のウイルスを万が一にも誕生させると、
作物に取り返しがつかないダメージをもたらす可能性があります。

そして、殺虫性の作物が標的害虫以外の益虫に悪い影響をもたらす危険性。
鳥や土壌微生物への影響も心配です。

アメリカのコーネル大学で行われた実験*で、トウワタ属の植物の葉に殺虫性の
トウモロコシの花粉を振りかけ、オオカバマダラというチョウの幼虫に食べさせたところ、
大量死が確認されました。そのトウワタの葉を食べたチョウの幼虫は、徐々に摂取量が減少して、
やがて成長が止まり、4日後には44%が死亡したのです。花粉を摂取しなかった対照群は、
まったく死にませんでした。
オオカバマダラはメキシコで生まれ、遠くはアメリカ北部の五大湖付近まで渡るチョウです。
約4000kmを旅する「黄金蝶」として、アメリカでは大切にされてきました。このチョウの幼虫は、
トウワタだけを食べて成長します。しかも、トウワタはトウモロコシ畑の縁に生え、
中西部のコーンベルト地帯に多いうえ、トウモロコシの花粉は60m以上も飛び散るため、
深刻な影響が懸念されています。チョウたちに起きたことは、やがて人間にも起きるでしょう。

ラウンドアップやバスタといった有機リン系の除草剤です。
一般に有機リン系の農薬は、殺虫剤の原点が毒ガス兵器だったことでもわかるように、
神経の情報伝達をストップして呼吸を止めるなどの毒性があります(注:サリンもその一種)。
また、地中での分解性は高いといわれているものの、植物細胞内ではほとんど分解されないため、
蓄積される危険性が高いのです。したがって、遺伝子組み換え作物の作付面積が増えれば増えるほ
ど、食品や空気・水をとおした積取量が増加し、人体への影響が大きくなります。


環境ホルモン物質が増加する

除草剤のラウンドアップを投与すると、自然界にある環境ホルモン物質である植物
エストロゲンが増加する事実が、ドイツのサンダーマン博士らによって報告されています。
たとえば、ラウンドアップを撒いて行った除草剤耐性大豆の実験資料によると、
収穫した豆10gに対して、50マイクログラムのエストロゲンが増加していました*。

家畜の場合、植物エストロゲンが性ホルモンを撹乱する例に、ヒツジのクローバ-病が
あります。ヒツジが特定のクローバーを食べると、生殖機能がやられるのです。
植物がなぜ動物の生殖機能を破壊するような化学物質をもっているかというと、自分自身を守る
ためです。植物に限らず、動物・魚などほとんどの生物が生物毒をもっており、
自分自身を防衝しています。その一つが、植物エストログンなのです。

クローバーは、食べ尽くされないように、食べた動物の生殖機能を破壊し、
子孫をできなくさせることで、結果的に自分自身の種の存続を維持しようとしています。クローバーのような豆科の植物には強力な植物エストロゲンが含まれているため、以前から家畜の飼料にする際は気をつけるようにといわれてきました。この実験は、除草剤耐性作物を人間が食べたとき、植物エストログンが体内に入り、ホルモンを撹乱して、環境ホルモンと同じように生殖機能障害を引き起こす危険性を意味しています。ヨーロッパでは、自然界にも環境ホルモンが存在することがわかってから、
豆乳を赤ちゃんに与えない人たちが増えています。食べ物で不足する特定の成分だけを増量した機能性食品が出回るようになりました。
花王の「健康エコナ」、宝酒造の「カルシウム160」、雪印食品の「食生活習慣改善のペクチンケア-」
など、カルシウム、食物繊維、オリゴ糖、ベータカロチンなどを加えた食品が増えたのです。
また、特定の物質を除去した機能性食品もあります。たとえば、食物アレルギーの人のための
低アレルゲン米です。アレルゲンとなるタンパク質を少なくした食品で、三井化学によって開発された
遺伝子組み換え稲からつくられました。
すでに述べた高ステアリン酸、高ラウリン酸、高オレイン酸のほか、高ミリスチン酸、
中鎖脂肪酸含有、中鎖トリグリセライド含有など脂肪酸のバランスを変えた遺伝子組み換え大豆やナタネも、機能性食品用です。モンサント社やデユボン社によって、すでに開発されています。
農水省は、94年度からニューフード・クリエーション技術研究組合をつくり、機能性食品開発を
後押ししてきました。94~98年度は「新食品素材機能発現機構制御技術の開発」事業、
99年度からは「食品機能性向上技術の開発」事業を、おもに資金援助という形で支援しています。
こうした機能性食品開発の中心は、第二世代遺伝子組み換え食品です。


除草剤耐性の遺伝子を組み込んだ遺伝子組み換え大豆の栽培では、通常の大豆よりも
除草剤の散布量は多くなっている一方で、単位面積当たりの収穫量は低いとの調査結果を、
米アイダホ州の民間研究機関「ノースウエスト科学・環境政策センター(NSEPC)」が12日までにまとめた。組み換え大豆をめぐっては、開発したモンサント社は「農薬使用量が少なく、収量も増える」と
主張している。だが、NSEPCは「除草剤の大量使用は、薬に耐性のある雑草を生み出す
ことにもなりかねない」と警告している。

モンサントという会社が如何にいい加減なことを言ってるかがよく分かります。


NSEPCは、モンサント社がグリホサートという除草剤に耐性を発揮する遺伝子を組み込んで
作った大豆に注目。98年の米農務省のデータなどの分析では、作付面積当たりの除草剤の使用量
は、米国最大の大豆生産地のアイダホ州など九つの州で、通常の作物に比べて10~30%多かった。これに対し単位面積当たりの収量は、米国内の大学などで行われた栽培実験の結果を総合すると、遺伝子組み換え大豆は、通常の大豆より5~10%少ないことが判明。NSEPCは「1種類の農薬への依存性を高めるようなバイオ技術は、大きな問題を生むことになる」と指摘した。
遺伝子組み換え大豆 遺伝子組み換え技術で作り出された大豆で、96年に開発された除草剤耐性
の遺伝子を組み込んだものが代表的。除草剤を散布すると、ほかの草は枯れるが、耐性遺伝子を組み込んだ大豆は枯れないため、散布が簡単かつ効果的にできるとして栽培面積が広がり、米国では大豆の総作付面積の6割を占めるとされている。 (ワシントン共同)

ラウンドアップを撒き続けた土地に、ラウンドアップがかかっても死なない菌(いわゆるばい菌が、
ラウンドアップを繰り返しかけられて、いわゆる奇形になったもの。人間にも同じことが起こり得る)を
見つけた。そこで、その菌の耐性をもたらした遺伝子を取り出し、ウィルスの一種にその遺伝子を組み込んで植物に送り込み、遺伝子を合体させた・・科学的には少し正確さを欠くけど、分かりやすく書けばこういうこと!組み込んだのが植物の遺伝子ではないことは明々白々!

年間一万リットルもの乳を出す牛:このような記録は人間の狂気の記録といって良い。
狂牛病発生の根本原因、それは何万年も草を食して生きてきた牛に人間の都合で肉を食べさせ
たことだ。金が地球の生命に悲劇をもたらす例がまた一つ歴史に記録されたアメリカ食品医薬局、
WHOの下部組織コーデツクス委員会:これらの組織は製薬メーカーや化学品メーカーの
影響下にある。その影響とは、自身の製品が有利に取り扱われるようにすること、対抗製品が不利に取り扱われるようにすることで、モンサントの例はその典型である。つまり、モンサントがこれらの機関のお墨付きを主張する時は嘘である可能性が高いと言うことだ。(注:これを誇張だという人は既に洗脳されていると断定出来る)カナダ政府の科学者たちはモンサント社の結論を真っ向から否定した:カナダの政府関係者や科学者達は偉い!
日本のアホ官僚や倫理を捨て去った科学者達との差は歴然だ。アメリカ産の乳製品はほぼ全てが
発ガン物質入り、抗生物質入りだ(なんと生産者たちは、自分用にはこれらを使わない牛を飼っているのですよ!!)。

カナダも、この売りこみをつっぱねた国のひとつだった。数年後に公表された政府の
報告書を見ればその理由がわかる。カナダ政府の科学者たちはモンサント社が行った
研究の結論を詳しく調べ、これを真っ向から否定した。モンサント社の研究報告とは、
アメリカ食品医薬局によって『サイエンス』誌に掲載されていたものである。アメリカ食品医薬局は、
遺伝子組み換え牛成長ホルモンを九〇日間大量に投与されたラットにはいかなる悪影響も
出なかったと述べていた。カナダの科学者の実験では、ラットには悪影響が出た。ラットの三分の
一近くに反応が現れ、遺伝子組み換え牛成長ホルモンが血液中に吸収されたことを示したのである。オスの甲状腺に嚢胞ができ、前立腺もつまっていた。アメリカ食品医薬局関係者の一人が
一九九八年にAP通信社に語ったところによると、アメリカ食品医薬局はモンサント社の報告にあった
データを一度も確認せず、要約だけを見て結論を出したという。

カナダの科学者らは独自の報告書を提出して、さらに次のように述べた。
「人間に対する安全性を確認するために、通常必要とされる長期にわたる毒性テストは実施されてい
ない。したがって、不妊症、不育症、先天異常、ガン、免疫異常などの問題は手つかずのままである」ヨーロッパも同じ経過をたどることになった。欧州委員会は科学委員会を設置した。遺伝子操作で
できあがったホルモン剤を注射された牛の乳を人間が飲んだ場合に、どのようなことが起こりうるかを
調べるためである。欧州連合各国の科学者一六名が参加し、独立した権限のもとに任務にあたって
いる。

同委員会は、遺伝子組み換え牛成長ホルモンを注射された牛の乳には、IGF-1
(インシュリン様成長因子)が高濃度に含まれていることをつきとめた。この物質は自然状態で牛の体
内に存在するが、人間がこれを過剰に摂取すると乳ガンおよび前立腺ガンの発生率が非常に高くなる。報告書の結論はこうだ。「IGF-!摂取と乳ガンおよび前立腺ガン発生の関係は・・・疫学的に立証できる」。報告書はIGF-1の過剰摂取は「ガン細胞の細胞死誘発機能を抑制し、ガンの発生と進行を促進する」と警告している。抗生物質の問題もある。たくさん乳を出すために遺伝子組み換え牛成長ホルモンを与えられた牛は、乳腺炎にかかりやすくなる。こうして抗生物質の投与が増え、残留の危険も増していく。

米国で医薬原料を作るために遼伝子組み換えされたトウモロコシが周辺農揚の穀物に混入していた
事件が発覚し、波紋が広がっている。米農務省はこのトウモロコシを開発・栽培した企業の調査に
乗り出し、食品業界などは医薬用の遺伝子組み換え植物の栽培禁止を連邦政府に訴え始めた。

問題のトウモロコシは米植物バイオ会杜、プロディジーンがネブラスカ州とアイオワ州の実験圃場
で栽培していた。医薬原料を生産する遺伝子が人工的に組み込まれているため、人聞が間違って
食べるとアレルギー症状などを引き起こす恐れがある。
このため遵邦政府は周辺農場への混入防止を義務付けているが、ブロディジーンの実験圃揚の
近くでとれた天然品種のトウモロコシや大豆から組み換えトウモロコシが見つかった。
農務省は十四日までに、これらの大豆などの隔離や処分を命じた。
米食品業界は「食品の安全を脅かす」などと強い懸念を表明。環境保護団体も「こうした事故が起きると警告していたのに政府は十分な対応を取らなかった」と批判し、栽培禁止などの措置を求めている。医薬用の遺伝子組み換え植物については、米最大のバイオ業界団体であるバイオテクノロジー
産業協会(BI0)が混入防止に向け、穀類の大生産地近くでの野外栽培の自粛を加盟社に
呼びかけ始めたばかりだった。

★★生活防衛術 悪質外資と株式の裏

生活防衛術として以下の情報を、今後必ず理解しておいて下さい。
一見、難しいように思えますが、3ヶ月ほどで適当な情報を集めれば大体理解できます。
「経団連と経済諮問会議の提言どおりにしたら、日本が壊れました。

これからの生活対策や外資対策のために、必ずこれらを学んで下さい。
前回は間違って金の値上がりが始まる前に実態を予告してしまったので、
投資で失敗した方にもきっと役に立つ情報です。守銭奴は近い将来、面白いほどに
○●計画が進みます。期待してください。日本を売った財閥も一部は消えます。これはジョークではありません。
なるべく日本の資産家は、反外資を貫き、日本国民を助けなさい。それが自分の資産を安定させる防波堤
となってくれます。もし日本国民を搾取する外資の資金運動に参加するのならば、
その人は面白いほどに損をするでしょう。それとスティールパートナーズもその機関の餌食の
対象候補にされているようですね、スティールに加入してる投資家達は一部警戒してください。
とにかく三年間は24時間警戒して、米国・英国・仏などの外資に投資を控えてください。
ロシアの某株も注意してください。一部ロシア政府の警告が始まりました。
またロシアガスプロムもイスラエルにガスを供給してます。ロシアの自演反ユダヤ運動にも注意して下さい。


★『エコノミック・ヒットマンが語るアメリカ帝国の秘史
 ―経済刺客、暗殺者、グローバルな腐敗の真相』
http://democracynow.jp/submov/20070605-1

★日本郵政グループのゆうちょ銀行が海外投資を本格的に始める。
約180兆円の運用資産の一部を海外の運用会社に委託し、
欧米の社債などで運用。
↑↓(近い将来、もう一度大きい事をするので、一般投資家は
米国に対する投資を控えてください。早ければ三年以内に確実に奴らはやります。
既に米国では、多方面の機関員を投入して危険性を知らせています。ご注意を。
また政府も絶対に180兆円の投資は控えてください。これ以上米国を相手にすると、
取り返しのつかない時期に入ります。一円も回収できないような状態にされてしまいます。
絶対に年金資金を米国に流さないで下さい。もう一度いいます。奴らは3年以内に
でかいことをします。ご注意を。前回、金の相場が上がると、あがる前から
書いておきました。これ以上言わなくても意味わかりますね?
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080520AT3S1602S19052008.html

★【米下院歳入委員会「日米の経済・貿易関係」に関する公聴会でのウェンディー・カトラー
米通商代表補の発言?】(2005-10-13 )
http://amesei.exblog.jp/d2005-10-13
米下院歳入委員会「日米の経済・貿易関係」に関する公聴会(05年9月28日)での
ウェンディー・カトラー米通商代表部(U STR)代表補の発言(議事録から抜粋) 
(簡易保険の民営化のさいにアメリカの保険業界が利益をうるために)…われわれが
与えることのできる保障は、政権上層部において業界とスクラムを組み、長年かけてやってきた
日本市場への侵入を維持し、日本 の生命保険と損害保険の市場におけるわれわれのプレゼンスが
引き続き拡大するよう確保することだ。これは政権にとって、最重 要課題である。米通商代表部
ばかりがこの課題に最大の関心を寄せているのではない。私はホワイトハウス、財務省、国務省の同
僚と緊密に協力している。


★ 郵政民営化はアメリカ側からみて意味はあったはず。
ただし、それは郵貯・簡保の資産を強奪したいとかいう米国金融資本にとってではなく、
簡保市場(将来的には国民皆保険市場)への参入を狙うアメリカ生保・業界団体にとってだろう。
2003年頃からの米通商代表の発言をチェックしてみると、郵貯より簡保の民営化にターゲットを
絞って圧力かけてきているのが分かる。

★【サブプライム危機】民営化した郵政はアメリカに出資せよ…竹中平蔵[4/21]

★Jパワーへの追加投資を禁じるのは不合理な差別=英TCI。
英国機関TCIは、英国国営企業の民間に見立てたダミー会社。

(↑日本のインフラを英国の国営に売る気か?)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-31741920080512

★最近の日本の改革と称される変更は、郵政事業の民営化をはじめ、ほとんどがアメリカの
要請に従ったものだ。93年の宮沢・クリントンの首脳会談を根拠に、94年から毎年、
アメリカから「年次改革用要望書」が日本政府に提出され、日本政府は、あたかもアメリカの
“ポチ”のように、これを忠実に実行している。 総計米国の指令で430兆円が米国に対する間接
公共投資で血税が消えた。この要望は、ほとんど無際限である。たとえば医療制度や司法制度改革、
公正取引委員会・ 独禁法の強化、大学改革、NTTに対する独禁法の適用、郵政公社への外資系保険会社の
参入、建築基準の改定など、いずれもアメリカ資本の参入や便宜のための要望である。
http://www.masakatu.net/masakatu/column.php?id=9

★対日投資有識者会議、「法人税下」げなど提案・時期は踏み込まず。
http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/hotnews.aspx?site=MARKET&genre=c1&id=AS3S1900L%2019052008

★米AIGは危機的状況、年次株主総会延期を-グリーンバーグ前CEO
5月12日(ブルームバーグ):資産額で世界最大の保険会社、アメリカン・インターナショナル・グループ
(AIG)の前最高経営責任者(CEO)、
モーリス・グリーンバーグ氏は12日、AIGが現在「危機的状況」にあるとの認識を示すとともに、
株主が2四半期連続の赤字決算について十分検討できるよう年次株主総会を延期すべきだと指摘した。
グリーンバーグ氏は当局への提出資料で、AIGの株主は過去1年間で時価総額800億ドル
(約8兆3000億円)を失ったと述べた。 その上で、先週発表された2008年1-3月(第1四半期)決算で
純損益が78億1000万ドルの赤字となったことへの経営陣の対応を株主が論じるには、
より多くの時間が必要だと主張した。
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003009&sid=a_DEjDUFjcdY&refer=jp_home

★対日投資促進で法人税率下げを提言、M&A円滑化も=島田・有識者会議座長
http://jp.reuters.com/article/domesticEquities4/idJPnTK012824220080509

★以下の改革で国民は損しても、外資の製薬会社はウホウホです。
1)企業の合併・買収(M&A)の円滑化、←日本の特許を盗む計画。
2)外資規制のあり方の包括的な検討、←日本の防衛庁から公安部まで支配する予定。
3)医療機器分野の改革、 ←病気を先に拡散させ、後に治療薬を売りつけてガッポリいただき。
4)ビジネス・コスト削減と制度の透明性向上、←生産性を上げれば外国人向け株主報酬が激増。
5)外資誘致による地域活性化、←一日本の国有地全てを外国に売却しようとする外資。
の5項目について方向性を確認した。
ちなみに、その1件は
国内初の「三角合併」、←世界中のテロ組織を支援した企業が日本に襲来。
ナチスを支援したモルガン財閥も日本食いに参加。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20071003mh05.htm

★竹中平蔵・元大臣(現慶応大学教授)は、経済財政諮問会議は、
特に【EPA】(経済連携協定)や大学改革、成長戦略の中でも生産性の向上ですね。
こうしたテーマは対立軸を見せるには大きすぎる。
↑しかし実際は、EPAで海外と取引される食品品目は、強発ガン性農薬を使った
20倍農薬散布で栽培した小麦、米、トウモロコシで、発ガン性を発表した博士達が
世界中で次々と解雇される。それを指令したのが英国の伯爵とモンサントで、
後にモンサントの品種を科学分析してはならないという全米の法案が設立。
さらにモンサントは農薬試験の時に科学臨床試験を擬装し、非遺伝子組み替えの
畑の品目を牛肉擬装問題の時にのように毎回提出。品質擬装をして輸出。
この植物は、強発ガン性で不妊症、精神発達以上、変異性腫瘍、関節炎、
などの症状を引き起こすことが判明した。モンサント社の品目を食べた青年
達が世界中でアレルギーショック死を起こし、アトピー皮膚炎の発症も広げた。
その証拠にヒスタミン治療薬の化学式は、遺伝子組み替えで投与したヒスタミンに
対処するための同一化学式を応用した薬品でした。
アレルギーを投与してアメリカの製薬会社が利益を出していたことは世界の常識です。
リタリンのバイオテロバージョンがモンサント品種というわけです。

★経済財政諮問会議/企業の農地収奪目論む
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/news1/article.php?storyid=548
1つ目の柱は、大規模経営を可能にする農地改革で、
(1)所有と利用を分離し農地が有効利用されるよう制度を整備
(2)20年以上の定期借地権制度創設
(3)第三者機関による利用状況の監視・是正
(4)標準小作料制の廃止――などである。
2つ目の柱は、農業生産法人要件の見直し。
(1)役員の常時従事者を現在の「過半」からリース方式と同じ「1人以上」にする
(2)販売、仕入れ、農作業委託など農業生産法人と取引のある者の議決権(現行は4分の1以下)の撤廃・緩和
(3)農業関連事業の売り上げ(現行は過半)の撤廃――を求めている。
その跡地を外資に売却する予定でした。猪瀬はその担当大臣をしており、
夕張を意図的に破綻させた後、外資売却用に視察団を派遣してます。
さすが元共産ゲリラです。売国はお得意の仕事です。道路公団の時も
猪瀬は非外資系に対して徹底妨害した確信犯です。さらに日本人殺せキャンペーン
を行っているオーストラリアに対して農産物を自由化しろと経団連が提言。
その品種のほとんどが、米国産モンサント品種となっていました。発ガン性品種を国費で購入
するとは何事ですか、東京都のみなさん。アルゼンチン、カナダ、の品種も同じでした。
偶然ですかね?EPAの拡大対象国のリストが全てモンサント品種でした。
発ガンすると米国の製薬会社の利益となるため、高額医療とセットで改革しようとしてました。
これは新たな薬害事件に発展しそうです。因みにモンサントGMコーンをアルコール化して
燃やしたところ、低処理の燃料は発ガン性の排ガスが出る可能性があると言われています。
全世界の人々が将来アレルギー喘息になる可能性もあります。
【オーストラリア】日豪EPA、日本の農業の重要性踏まえ建設的に議論=安倍首相[09/09]
日豪EPA、日本の農業の重要性踏まえ建設的に議論=安倍首相 2007/09/09 14:38 【シドニー 9日 ロイター】
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1189325815/

★年次改革要望書関連ということで。
【売国】対日投資会議専門部会報告(原文英文の疑い)【覚え書き】
http://kenjiokuda.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_3032.html#more
この部会報告も対日投資会議のHPで公開されているんだな。

★南米でよくあるのはインフラの買収騒動。

IMFのアメリカ人が、水道や電力を民営化するよう指導する。

富裕層(米国籍保持者も多い)主体の政府は喜々として、貧困層主体の政府は圧力の前にしぶしぶと、応じる。

欧米資本が買収する。

大幅に値上げする。

不払いを理由に貧困層への水道を停止

たまらず巨額で買い戻す

差額を徴収
こういうのが当たり前になってこそ属国といえる・・・。

★公務員人材バンクを請け負うのは、創価奴隷商人のパソナ。そこに天下ったのが
ケケ中。創価に利権を渡しつつ、五月蝿い官僚・公務員を外資系などに天下らせ
黙らせりゃ余裕だからな。日銀の福井みたいにユダヤゴールドマンサックスの顧
問やらせて売国行為に加担させる計画でしょ。
(こらカルト団体、貴様、耐震擬装や某資産家逮捕でまで懲りぬか。)

★上下水道管理を開放、市場化テスト16事業追加・政府
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070815AT3S1100I14082007.html
外人大歓迎だそうです。
民間企業を買収させる計画が難航しているので、公的事業を売り飛ばします。

★ 神風吹いたな
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200707280016a.nwc
「われわれが目の当たりにしているのは、過去5年間に不動産、株式、債券市場で人工的に作り上げられた
巨大バブルの破裂にほかならない」
「M&Aブームは終息を示している」

★アメリカの言いなりでいいのか!?仕組まれた「構造改革」と汎アジア共同体構想
関岡 英之 (著)
定価 550円
amazon.co.jpでは品切れ。中古価格 3,487円

★トヨタ犯罪車の定番商法。役員が頻繁にユダヤに指令されてます。国賊企業め。
トヨタについて見ると、

1.トヨタは輸出してドルを稼ぐ
2.トヨタは稼いだドルを売って円を買う(円高になる)
3.国が政府短期証券や割引短期国債によって借金をして円を売ってドルを買う(円安になる)
4.1に戻る
3のプロセスが抜けると、どんどん円高になってトヨタは思うように車を売れなくなる。
だから国が為替に介入するわけだが、このサイクルはトヨタに国富を移転している事と同じ事だ。
なぜなら、3のプロセス(外国為替資金特別会計)の詳細は次の通りだからだ。
政府短期証券や割引短期国債で借りた資金で円売りドル買い介入を実行する。
こうして得たドルは、米国債で蓄えられる。これは運用益が出る。
運用益は一般会計へ繰り込む事になっている。しかし償還のためにドルを売って円を買うと、
円高になってしまうから、それはできない。
そこで運用益はそのまま米国債に置いたまま、運用益と同額を政府短期証券(FB)で新たに
国内で借り入れをして、それを一般会計に繰り込む。 つまりドル資産は決して売る事ができず、積み上がるばかりだ。
アメリカとトヨタに国富を吸い上げられているようなものだ。
国の莫大な債務を最終的に決済しなければならないのは、国民だからだ。
(輸出戻し税とセットでトヨタは、搾取の王、新貴族となる。戻し税については、リンクしてある
有名なサイトよりご拝見ください。)

★日本資産乗っ取り計画。
増田敏男氏の情報はニューヨークの金融筋からの情報ですが、アメリカとイスラエル
の政府が何らかの行動を起こす事なのでしょうか。ライブドアへのガサ入れも13日には
ニューヨークで分かっていたようだ。アメリカの情報網は東京地検内部にまで及んでいるのだろう。
それくらいの情報網をユダヤ金融資本は持っているのだから、株式相場を思いのままに相場操縦が出来る。

もしユダヤ金融資本がイスラエルのイラン攻撃の情報を掴んだ場合は、真っ先に売りポジションを大量に持って
巨万の利益を得る事ができるだろう。ライブドアの時も先物を大量に売って1000円近く暴落したところを逆に買って、
先物で株式相場を吊り上げる。巨額の資金と情報網で相場操縦は思いのままだからユダヤ金融資本は連戦連勝だ。
このように国際金融資本は、アメリカ政府や各国政府内部の情報を真っ先に手に入れて相場を動かしているのだから
政府ぐるみのインサイダー取引なのですが誰も取り締まる事は不可能だ。
http://www.amezor.to/shiso/060125235432.html
米国系の投資銀行やファンドは2005年夏過ぎころから密かに東京に陣取り、
時には政財界の要人が集う料亭を買収し、盗聴器を仕掛けてまで情報を収集した。
そして、2010年までに「確実に儲かる株」を徹底的に仕込んだのである。
米国系外資は日本の庶民に株を買わせ、高値で売り抜けようと狙っているのだ。
国民が汗水たらしてため込んできた資産を、株式市場を使って堂々とニューヨークへと
移転するためには、郵貯・簡保を民営化し、同時に「株高」で日本人の投資熱をあおる必要がある。
何も知らない日本人はカネを株式投資につぎ込み、米国系外資が仕込んでいた株を
高値でつかまされて徹底的に負け続ける。



★そもそもアメリカの貿易赤字が膨大になったのは、
80年代頃から連中が稼いだ金をやたらと投資に回すようになって
総投資需要が総貯蓄を上回ってしまったから。そしてその投資資金の不足を
日本などの外国資本に補ってたんだから、貿易赤字になるのが当たり前。
だけどアメリカのバカどもは、K・ウォルフレンなんか読んで
わしらが貿易赤字なのは日本の官僚の陰謀だとか言うですよ。ええ。
日本はせっせと輸出して儲けた金をドル建ての米国債に換えてやり
アメリカは日本にファイナンスして貰った金で、日本の会社買わせろと。
で、株の持ち合いなんかすると、もっと改革しろとか言うですよ。 もうね。鬼かと、畜生かと。

★「道路公団民営化。これは小泉内閣でやりました。みなさんご存知ですね。
さて、この道路公団民営化からの出題です。
このときの国土交通大臣は石原のぶてるさんですね。
このとき、石原のぶてるさんはこう言いました。「国土交通省の天下りは許さない」
さて、この、ドル箱といわれた東名高速道路と名神高速道路をもった
中日本高速道路株式会社というのができました。

この役員は、実は、「○○からの天下り」がいる。
3択問題です。(注 天下りとは、役員として再就職すること)

1 オリックス役員からの天下りである。
2 石原のぶてる後援会委員長を役員に天下りさせている。
3 国土交通省からの天下りである。

さあ、正解はどれ?

正解は、1と2の両方です!1と2だったら、どちらでも正解です!
おめでとう!

★サマータイムは年次改革要望書に書いてなかったっけ?
要するに、アメリカとの時差をシンクロさせろという命令でしょ?

★ところで、外資族議員が言うように外資規制や買収防衛策のポイズンピルが 鎖国にあたるという  
んなら、空港や港湾の外資規制やポイズンピルなどの民間企業の買収防衛策を導入しているアメ
リカやオーストラリアは完全に閉鎖的で鎖国ですね。
持ち株比率10%以下でも外資規制するとアメリカが法律改正してるが、
「鎖国を強化するアメリカ」「鎖国へと向かう閉鎖的なアメリカNY株式市場」だと思うんだが。
外資族マスコミのモノサシだと。 観光立国宣言も実は米国の在日ホテルを食わすたるの
目的でした。なので、外国人をできるだけ多く来日させようとがんばってます。
儲けてるのは外資族と自民党と繋がりのある一部の企業だけですけどね。

★アメリカは空港と港湾を外資規制。普通の会社でもポイズンピルなどの買収防衛策が合法。
・アメリカが最近、「10%以下でも外資規制発動する」と法律改正(鎖国を強化だな(失笑))
・オーストラリアは空港の外資規制をしている(笑い)
これを見ても明らかなように、外資族の族議員たちは外資ファンド虚業屋の既得権益を守るために
グローバルスタンダードに基づく構造改革に抵抗する抵抗勢力である。

★米公的年金最大手のカリフォルニア州職員退職年金基金(カルパース)など欧米の有力年金や
運用会社6社が、日本企業にコーポレートガバナンス(企業統治)の改革を求める提言をまとめ、 発表する。
導入が広がる買収防衛策に原則、反対の立場を示すことなどが柱。日本企業のガバナンスに
不満を強める欧米最大級の投資家が初めて共同歩調を取ることで、企業は何らかの対応を 迫られそうだ。
提言にはカルパースのほか、英最大の年金運用会社ハーミーズ、カナダ最大の機関投資家
ブリティッシュコロンビア・インベストメントなどが参加。日本株の保有残高は6社合計で
2兆円超という。 提言は15日前後に発表。同時に投資先の上場企業500社超に送付する。英ハーミーズの
シニアアドバイザー、マイケル・コナーズ氏は「提言に真摯(しんし)に向き合わない企業には、
今年6月の株主総会で反対票を投じる可能性がある」としている。

★【アメリカの要求した630兆円の公共投資計画 (上)】 
質問 : 1995年度から10年間の間に630兆円をつぎこむという政府の公共投資計画は、
アメリカの圧力に屈した日本の対米公約の結果だったそうですが、なぜそんな圧力があ
ったのか、背景と意味を教えてください。

★道路債を扱っている企業にゴールドマンサックス、モルガン・スタンレー、シティ
といったユダヤ系ハゲタカ金融が加わった。郵政も郵貯・簡保の運用にこれらが入
っている。 (既に日本は戦争状態に突入している。知らぬ国民はバカをみる。)

回答 : 政府の公共投資基本計画のもとになっていたのは、1991年度から10年間で4
30兆円の公共投資をおこなうという公共投資基本計画です。 この基本計画は、1990年
2月の日米構造協議に端を発しています。この協議でアメリカ側は、日米双方に原因があ
る貿易不均衡の問題を、日本の一方的責任で是正するよう迫り、GNP(国民総生産)
の10%の公共事業をおこなうことを日本に要求しました。
204 :名無しさん@3周年[sage]:2008/05/09(金) 18:10:19 ID:ED7lQgDj
【アメリカの要求した630兆円の公共投資計画 (下)】

回答 : これは、「輸出につながる産業分野への投資より、公共分野に投資するほうが賢
明」(マコーマック米国務次官=当時)だといって、日本の投資資金を国内にふりむけさ
せ、対米黒字を縮小させることや、日本の大規模公共事業へ米企業を参入させることなど
をねらいとしていました。このアメリカ側の要求に屈する形で当時の海部内閣がつくりあ
げ、同年6月の日米構造協議で約束したのが、総額430兆円という公共投資計画でした。

2000年の公共投資基本計画は、それまでの計画にさらに200兆円を積み増しし、95年度
から10年間(その後、世論の批判を受け、13年間に延長)に630兆円の公共投資をおこな
うという計画からですが、これも「日本の対外黒字の増加を考えれば、公共投資の目標の
上積みが必要」(ウェジントン米財務次官補=当時、「日経」92年7月14日付)という
アメリカの要求にこたえ、94年10月、当時の村山内閣が決めたものです。

★民主党に対しても外資族が既に掌握済み。
「自民公明は、三角合併をもっと早く解禁しろ!」とやっていた過去は、民主党の黒歴史です。
民主、会社法案の修正案 外国株対価のM&A凍結解除要求 [05/04/03]
民主党は2日、政府が今国会に提出した会社法案への修正案を固めた。
政府案では外国株を対価にした企業の合併・買収(M&A)の解禁を2007年まで1年間凍結したが、
この規定の解除を要求。5日にも与党に提示し、与党が修正を拒否した場合は政府案に反対すると
ともに、独自法案の提出を検討する。
修正案は党会社法プロジェクトチーム(山内おさむ座長)が作成したもので、政府案について
「経営者寄りであり、株主・投資家の保護が後退している」と批判した。凍結規定の解除を求める
理由に関しては 「対日投資拡大の観点からも、外資脅威論によって(M&Aの解禁時期を)先送り
すべきでない」と指摘。日本企業の競争力強化のためにも、過剰な規制は望ましくないとの立場を明確にした。

★日本でも、サブプライムを実施する。郵便局は、その尖兵となる。

ゆうちょ銀、地銀と組み住宅ローン・拡大路線に異論も
10月の郵政民営化で発足するゆうちょ銀行が地方銀行と組んで住宅ローン事業に参入する
計画を進めていることが7日明らかになった。勤続年数が少ないことなどを理由に民間金融
機関が融資に慎重な人などを対象に、高めの金利で融資する。
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20070908AT3S0701Y07092007.html

★BSE!BSE! [ CIA ]
【BSE】米産牛の輸入条件「30カ月未満」に緩和へ 【政府】
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2007083101088
【美しい国】自主的にBSE全頭検査を行おうとする自治体に厚労省が止めろと指示
http://www.asahi.com/life/update/0911/TKY200709110246.html

★外資の対日支配テロを支援する小泉チルドレンの邪悪な外資族の正体!
【自民党】 「小泉改革の否定だ」と小泉チルドレン、郵政民営化に反対して離党した
平沼夫氏の復党方針を批判!

★ 社会保険庁叩きの背後にある、アメリカ保険業界の圧力
http://www.trend-review.net/blog/2007/06/000287.html#more
郵政の次にアメリカが狙っているものは、日本の医療保険制度です。
郵政民営化も背後で圧力を加えていたのは、アメリカの保険業界でした。
1990年代にアメリカは、日本に対して民間保険市場の「改革」を迫りました。
それを使って、週刊誌やマネー雑誌がさかんに日本の生保の
経営危機を煽ったため、2000年前後に日産生命など日本の中堅中小の生命保険会社
が相次いで経営破綻に追い込まれましたが、その9社すべてが
外資に買収されています。
AIGは世界130カ国以上にネットワークを持つ世界最大級の保険・金融会社。
日本ではグループの1社であるAIU保険会社が昭和21年に営業を開始。
現在では、アメリカンホーム、アリコジャパン、AIGスター生命、AIGエジソン生命等の
多数のグループ会社が進出している。千代田生命、東邦生命、
セゾン生命等を吸収合併したのもAIGである。
日本の民間保険市場はほぼアメリカに制圧されているのです。残されたのが官営
保険市場で、その一つが120兆円の簡易保険だったわけです。
そして、その次に狙われている官営保険が、健康保険、医療保険なのです。
「民にできることは民にやらせろ」という暴論がまかり通れば、医療保険だってもはや
例外ではいられません。竹中大臣率いる経済財政諮問会議は
財政の逼迫を理由に、この公的医療費の伸びを抑制しようと画策しました。
(中略)つまり、ここでも「官から民へ」で、公的医療保険を縮小することで
民間保険会社の新たなビジネスを創出しようとしているわけです。これは人間の生命に
かかわる医療という分野に、カネ儲けをなによりも最優先する 市場原理を導入する
ことに他なりません。 国民皆保険制度がないアメリカでは、国民の約70%が民間保険会社
の医療保険に入っており、アメリカの保険業界は、アメリカでも屈指の政治力を
持っているらしい。その後は、郵政に続いて、社会保険庁民営化の路線を敷きつつあるの
ではないか。 戦前のファシズムには国益を守るという一分の大義名分はあった。
ところが、現在進行中の「売国ファシズム」には、一片の正当性もない。

★朝鮮人大統領の真の陰謀が暴露される!
NYT「盧大統領発言に、ブッシュ大統領声を荒げる」
ノ・ムヒョン大統領は、米下院による日本の対イラク戦争協力への感謝決議を
韓国にも行うようブッシュ大統領に再三懇願したが。ブッシュ大統領は
「あなたは、民主主義の理解が足りない」と取り合わなかった。
また、ノ・ムヒョン大統領は、ブッシュ大統領に対し、「我々が、円キャリーを活用し
米国債をどれだけ購入しているかを、米国はよく認識してほしい」、
「日本へのデフォルトはあっても、米国債は売る事はないから安心してほしい」と発言。
恩を着せるかのような発言に、一時、ブッシュ大統領が声を荒げる場面もあった。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=90999&servcode=200§code=200
いったい日本政府は韓国政府に、どれだけの金額の「円を貸し」付けているのか?
日本政府はこれらを発表していない。ということは、韓国人を使って米国の2000兆円
を日本の円で謝金の返済をさせている可能性がある。ということは、最低でも
10兆円は超えているだろう。その影響なのか、小泉時代に200兆円の借金が突然
発生し、外資に流れていたということは。国民のみんさん、米国と外資の借金を消すために
日本人の血税が使われています。打倒経団連、打倒外資族です。全ての政党に配置されている
外資族を選挙で落としましょう。小泉チルドレンの選挙地域に対チルドレン選挙監視団を配置し、
赦なく国民の目で監視して全て落選させてやりましょう。打倒チンピラ経済テロリスト
小泉チルドレンです。外資族の左陣営のボスである民主党の小沢も同時に潰しましょう。
打倒「偽」保守、打倒「偽」左翼です。国民を騙す連中は弾劾のみで十分です。
【自民党】「改革は道半ばだ」…山本一太氏や世耕氏ら有志議員、竹中氏を迎えて勉強会
改革は道半ば 竹中氏と勉強会 NHKニュース 9月8日7時21分
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1189225060/

★英HSBC、韓国大手銀を買収へ・株51%取得、米ファンドと合意
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070904AT2M0301O03092007.html
外人に5割超持たれた時点でダメだな

★何故ロックフェラーが提唱した洗脳機関「男女共同参画」に家族破壊の思想を提唱
したのかというと、「リブ活動」で洗脳し、国体をズタズタに破壊して人口を減らすのがイスラエルと
米国で作られた総合計画でした。ロック財団が日本で提携しているのは、トヨタ、キャノン、読売、
日テレ、テレビ東京、フジサンケイ、各種外資系の銀行とファンドです。フジサンケイがリブ活動に
昔参加していたのは有名です。どうりでアメリカを翼賛して国民を徹底的に騙していたはずだ。
ところで男女共同参画は、年金の国庫から10兆円が天下りに使われていて、毎年流用されてます。
政府のだれも抗議しません。年金をゲイ・ホモ・レズを広めている施設に流用していいのでしょうか?
このリブ活動や全米のゲイパーティーなどにも、ロック財団の関係者やモルガン一族が
資金を出しています。だから偽保守の「一部」がロックフェラー財団に言われた通りに男女共
同参画を導入したんですね。高市早苗も一度担当してましたが、やはり何も解体をしなかった。
保守である!なんていう組織の内部の大半は、実は腐った外道の集まりの基督教徒であり、
グルなんですね。そんなのを推薦する理由の一つはなぜかというと基督教の聖書には
現代の性風俗文化の全ての発祥が説明されていますから、クリスチャンがこういう変な
思想に被れるというのは自然といえば自然なんです。結婚式で教会で男女が別々に分かれて
から一緒に入場する儀式も、基督教徒の性暴走を禁止するための教会のドグマから創られた儀式ですし、
ある意味変態宗教と言ってもまったくおかしくない。一般で販売されている聖書のバイブルには
法王の説明を濁した程度ぐらいの聖典しか書かれていませんが、実際は「創世記」の内容をみて
下さい。はっきり言ってただのキチガイの歴史です。特にソドムの町の理由や蛇男の行動や、
祖父と葡萄酒を飲むというところの説明は、聞くに堪えない説明となっています。
ようするに、ただの変態ですね聖書の中身は。だからパチンコのロボットCMで
合体!合体!と喚いているのです・・・。本当に頭がいかれた連中が読む雑誌とかわりません。
聖書は読むと、なんとなく頭が良くなりそうに感じてしまうところもミソです。
橋下知事もなぜか参画センターを解体すると宣言しないでしょ、当然ですよ。「私は洗礼を受けた」
なんていうクリスチャン用語を連発してるぐらいですからね。

ところで、ニック・ロックフェラーは「全住民にマイクロチップを埋め込むのが最終目標だ」と
言った http://d.hatena.ne.jp/hourou-33/20070731
AR: ニックと僕は色んな話をしたけれども、中のひとつ、彼が言い出したんだけど、 世界人口を
減らすということ。世界中に人間が多すぎるという話をしました。 見方によっては僕も同感だけれど、
だからといって僕は自分に「誰が死んで、誰が生き残るか」を決める権限などないと思っています。
でも彼らは、世界の人口を半減させなければいけないと考えていました。
そして彼はあるとき、イスラエルとパレスチナの問題解決がとても厄介だと言い、
一度は「イスラエルをアリゾナに持ってくるというアイディアはどうかと思ってるんだ」
と言いました。イスラエルのみんなに100万ドルずつあげて(移動させ)、アリゾナ州の中にイスラエルを
作るというんです。 (昔はアルゼンチンをイスラエルだとしてユダヤ人達が占領していた)
ウーマン・リブの裏話には、私も唸りました。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%a6%a1%bc%a5%de%a5%f3%a1%a6%a5%ea%a5%d6
笑いながら話し出したんだけど「ウーマン・リブは何だったと思う?」って。
俺たちロックフェラーが資金を出したんだよ。主な理由はふたつ。
ひとつは、ウーマン・リブ以前は人口の半分に課税できなかった。 
ふたつ目は、(母親が仕事に行くので)今や子供たちは早くから学校に通う。
だから子供たちの考え方を好きなように出来る。

★ミレアHD、日本厚生共済会を完全子会社化=「ミニ保険」移行を機に
8月28日20時1分配信 時事通信
*ミレアホールディングス <8766> は28日、賃貸住宅入居者向けの火災保険を販売している日本厚生共済会
(横浜市)を子会社化すると発表した。年内をめどに日本厚生が共済団体から少額・短期の「ミニ保険」会社に
移行するのに合わせ85%を出資。2年後をめどに完全子会社化する。出資額は30億円程度になる予定。

★【行政】防衛省 自衛隊の人材確保に民間企業からの「レンタル移籍制度」創設を検討
何故自衛隊幕僚幹部はこれを否定しないのか?スパイの民間人が国を守れるはずがない。
これは全自衛官が抗議する事態である。
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1188195446/

★http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1178527955/504
何と米国政府がドル紙幣を1000兆円分印刷して金融機関の住宅ローン
不良債権を全額買い取りすることを発表しました。これは米国政府が自由
経済体制を放棄し、共産主義、社会主義体制入りしたことになります。
これで米国は日本に市場開放や規制緩和、自己責任を要求する権利は全く無い。
これまでの不当な規制緩和、自己責任、自由化、市場開放の要求も全部取り下げろ。
(1000兆円なんて資産、米国には既にない。石油すら既に価値がなくなりつつある。
ということは、米国のユダヤ人達は自国を踏み倒す計画を遂行しているということか?)



★ Aaron Russo 氏が今日お亡くなられました
http://d.hatena.ne.jp/hourou-33/20070731
一流の映画プロデューサー、エミー賞・トニー賞を受賞。 
今日 August 24, 2007 癌でお亡くなられました。
参考http://en.wikipedia.org/wiki/Aaron_Russo
http://video.google.com/videoplay?docid=1263677258215075609
その彼が、9/11の11ヶ月前に「これからある出来事が起こる」と言ったんです。
それがどんな出来事かは言わなかったけれども、その出来事ゆえに我々は
アフガニスタンを侵略してカスピ海から(石油の)パイプラインを引くし、イラクを
侵略して油田を確保し、中東に(米軍)基地を構築してあの辺をニュー・ワールド・
オーダー(新世界秩序)に取り込むと。それからベネズエラのチャベスをやっつけ
るんだと。
そうしたら彼の言った通りに9/11が起こって。彼は米兵がアフガニスタンやパキス
タンの洞窟を探しまわることや、「対テロ戦争」が始まるけれども本当は敵なんか
いないし、それら全部が巨大なでっち上げだと話していましたよ。政府がアメリカの
人々を支配するための手段だって。

★ 【マスコミに代わり】年次改革要望書を読み解くスレ9
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1204794134/ 2
:名無しさん@3周年[sage]:2008/05/02(金) 00:13:28
過去スレ
【マスコミに代わり】年次改革要望書を読み解くスレ8
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1202905033/
【マスコミに代わり】年次改革要望書を読み解くスレ7
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1201222418/
【マスコミに代わり】年次改革要望書を読み解くスレ6
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1198893834/
【マスコミに代わり】年次改革要望書を読み解くスレ5
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1196401244/l50
【マスコミに代わり】年次改革要望書を読み解くスレ4
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1190394029/
【マスコミに代わり】年次改革要望書を読み解くスレ3
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1167829850/
【マスコミに代わり】年次改革要望書を読み解くスレ2
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1148454888/
【マスコミに代わり】年次改革要望書を読み解くスレ
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1138876737/
3 :名無しさん@3周年[sage]:2008/05/02(金) 00:14:25
【「拒否できない日本」を語る関岡英之氏 / Youtube 動画編】
『関岡英之 - 「拒否できない日本」1』
http://jp.youtube.com/watch?v=nFsJqEH2NGM&feature=related
『関岡英之 - 「拒否できない日本」2』
http://jp.youtube.com/watch?v=AQG176ZUMOs
『関岡英之「拒否できない日本」書くに当たって』
http://jp.youtube.com/watch?v=ujaHFeFRXyY&feature=related
『関岡英之+和田秀樹 【書籍】改革にダマされるな!【前編】』
http://jp.youtube.com/watch?v=jHvb89hXlJk&feature=related
『関岡英之+和田秀樹 【書籍】改革にダマされるな!【中編】』
http://jp.youtube.com/watch?v=7fWcPeU6J1Y&feature=related
『関岡英之+和田秀樹 【書籍】改革にダマされるな!【後編】』
http://jp.youtube.com/watch?v=lJbIWUFhwCQ&feature=related
4 :名無しさん@3周年[sage]:2008/05/02(金) 00:15:18
【年次改革要望書を理解するための入門書】
『奪われる日本』 関岡英之著 http://qrl.jp/?257596
『アメリカの日本改造計画』関岡英之、佐藤優ほか著 http://qrl.jp/?263613
『主権在米』小林興起著 http://qrl.jp/?248114
『姿なき占領』本山美彦著 http://qrl.jp/?269115

【小泉構造改革の内実を検証した本】
『経済論戦の読み方』田中秀臣著
『日本はここまで貧乏になった』 小野盛司著 http://item.rakuten.co.jp/book/4515176/
『知られざる真実-勾留地にて』 植草一秀著 http://qrl.jp/?256090
『「小泉規制改革」を利権にした男 宮内義彦』 有森隆+グループK著 http://qrl.jp/?260116

« Prev|Top|Next »

HOME

上杉

Author:上杉
FC2ブログへようこそ!

QRコード

名前:
メール:
件名:
本文:








この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。