上杉機関 別館

※当ブログは常に3分程度で文章を仕上げています。そのため、誤字脱字がありますが、時間に余裕ができたら、後で文章を修正をしていきます。 キータッチが直接日本語入力なので、酷い文章になっています。外国人ではないので、安心してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★★国家を破綻させる放送局 テレビ朝日と竹中の愚

先日、朝の放送で竹中を翼賛する番組をテレビ朝日が放送する。

今回英米フランス発の【世界の金融支配政策】が完全に間違っていたことは、
既に全米と全英が認めている史実であるが、朝日グループの放送局は
【世界を一撃で破綻させた竹中式経済学】が未だ正しいと大嘘を翼賛して放送している。
そもそも竹中という【経済テロリストの官僚グループ】を、あたかも正論の改革者であると
大嘘で塗り固めて放送してきたのも、また朝日のグループ会社である。
朝日グループの日曜特番の司会者である田原には、その責任を重くとらせる必要がある。
そして産経諸君の基督教組織のメンバーにも深く責任をとらせるべきである。

この番組で特集されたのが、竹中の【嘘コメント】の翼賛、
次に竹中式経済学の推進であった。

この中で日本国民の多くがわからないと思うが、竹中の利用する「話術」とは、
正論ではなく、全て嘘で塗り固めた「狂言」による話術だということを知らねばならない。
正論と嘘の違いを理解できぬ朝日放送は、この外道官僚達を永遠と翼賛するだろう。
ちなみに竹中の秘書も現役官僚であり、今も政界と民間で深く癒着している。
岸という男性もその一人である。またブレーンである塩崎も官僚であり、
渡辺らも直轄している官僚機関員である。だから竹中は官僚改革とはほとんど言わない。

ある番組では、竹中に官僚のことを問いただすと、逆に罵声を浴びせて言い逃れた
ケースが何度もあった。正体見えたりである。竹中の話術とはもともと、正論を述べる為
の思想ではない。またこの屁理屈を中心とした嘘つき青年たちの理論が正しいわけではない。
そしてこのアメリカの文化が素晴らしいわけではない。アメリカという国は【人々を奴隷】
にして殺しつづけてきた【聖書】の国である。生き方や、他国に対する殺害方法、
戦争理論、口頭戦術、この全てがユダヤ思想から生まれた殺戮の教団である「基督教」から
創られている理論文化であるということを知っておくとわかりやすいだろう。

この基督教は【説教】という【屁理屈】で、相手の【正論を神の名のもとに捻じ伏せる】
という理論をいくつか教えられる。いわば神のためならば、数万の嘘を言ってでも相手を
捻じ伏せよ、という理論が基督教国家の基本理念である。ようするに人間として最も重要な
ファクターである【道徳概念】を完全に禁止しているのである。
ある意味【人間失格の文化】である。しかし基督教の国家ではこれが全ての文化なのである。
だからアメリカ人も英国人も、他国民に対する戦争や虐殺に対しては、【聖書を基本】としていれば
全てが【善】なのである。虐殺をしても、侵略をしても、基督教のためと言えば
全ての犯罪は正当と考える。世界に対する奴隷植民地政策と原爆投下虐殺はその典型といえる。

さらに基督教徒には次のことわざがある。
「頬を叩かれれば、相手の頬を叩き返せ」。

この理論は相手に言われれば、言い訳のために【徹底的に反抗し相手を叩け】
という意味の一つであるが、実際にキリスト教徒の学者や芸能人を見ていてもわかるが、
相手に対する【礼儀と倫理】がなく、自分らの発言した理論だけが世界で一番正しいと
平然と傲慢に振舞う精神文化がある。例えば特権官僚でありながら改革をという大嘘を
ぬかす竹中達と官僚最大の組織であるポリシーウオッチも、キリスト教徒を中心とした
組織であることは瞭然であり、推進者や保護者、そして活動家も全て基督教徒らで
あることは連中が言われたくない事実の一つである。チームポリシィーウオッチという
官僚の政治団体も、また基督教の名称からつけている団体名である。
また竹中を翼賛する個人・団体・組織も全てがキリスト教徒達であることを忘れては
ならない。基督教大学の愚人教授である八代教授もまた竹中ブレーンの一人であり、
間違った国家政策を推進している連中の一つである。

▼竹中式経済改革をした結果、こう社会変化が発生した。
-外資向け規制改革の推進と規制の撤廃により、社構造は外資と株主による介入を許した。
その影響により、会社の経営者には権利がなくなり、得体の知れない高利貸しである
投資家や資本家達によって会社を資金で盗まれ、奴隷化されて強奪されてしまった。
外資に支配された各企業の役員報酬をみれば平均3億が譲渡されていることがわかる。

スティールバートナーズの悪行や堀江は、その典型的な株泥棒の典型であった。
しかし竹中は、この泥棒達に会社を支配されることが【正当な改革】だと宣伝して介入
してきた結果、従業員の削減や、二酸化炭素排出権が出てしまう大量生産主義の導入
や、マネーゲームによるバブルと短期経済の推進と悪い方向に社会が悪化してしまった。
この影響で発生したのが、長期社員の給料の大幅な削減、リストラであり、逆に株主
と連帯する側の役員と社長関係者達だけがその給料を100倍にして強奪できる
というシステムを構築したのである。あの日本でリストラという非人道的な資本主義
文化を植え付けたのも、ユダヤ人のカルロス・ゴーンである。役員年収は10億
で、他の部下も派遣から吸い上げた資金で腐るほど手当てを貰っていることは
有名である。日産にしてもトヨタの資本にしても、見た目は日本の企業だが、
資本はユダヤ人が支配する結果となった。これが改革の見に見えない毒の凄まじさだ。

ユダヤ人はこうして他国でもステルス化して企業を間接支配して強奪する。
これは【ユダヤ人の宗教概念】でもあるからだ。ユダヤには2000千年の民族文化がある。
それは次の思想運動にある。
「ゴイムに土地・資産渡すこと、ユダヤの神に対する非礼なり、よって家畜である異邦人の
豚であるゴイムから殺し、搾取することなんら問題無し。非ユダヤの少女は汚れし豚である。
よって強姦すること、屠殺すること問題なし。」こういう宗教教典がなんと数万点も古代
ユダヤ人達は宗教の法典として世界中で学んでいる。だからパレスチナ人を殺害したり、
日本人に原爆を投下することは、ヤハウェーである唯一神の言い伝えだとして長年
推進していたという闇の実態がある。それが外資のボス達が学ぶ宗教である。

このような搾取国家に改革していけば、当然これでは国民平均所得が激減するために、
長期ローンが組めず、短期労働社会の弊害もあわせて返済期間ももてないため、
景気は著しく後退する。ましてや今度は、農業まで竹中達は民主党と自民党
に対して投資や外資の産業にするようにと計画している。
しかも、どちらも賛成している有様である。

最近ではオーストラリアでも問題が多く発生している。農業の大量生産を図ったため、
土地が枯れてしまい、次々と温暖化となる土地を大量に増やした結果、地下水を使い果たし、
現在はその朽ちる土地を増やすのみとなった。素人は農業で大量生産すれば儲かると
【浅知恵】を擁く。しかし土というものには実は【寿命】があり、大量生産後に土は改良して
数年間寝かしておき、自然循環システムの保護下に生物分解させておかなければ、
土は死に、土壌の再生が困難となる。そのため肥料に依存するという作業を続けている。
また大量の農薬を使用するために、土壌も激しく汚染する。特にモンサントの遺伝子操作毒品種
は二重に土壌を汚染する。ダイオキシンの含む超高濃度農薬とアレルギーを発生させる
毒入り品種が多いためだ。当然それを大量生産すれば土地汚染が加速する。オーストラリアは
その典型的な見本である。農業とは本来、産業ではなく食業である。それを理解できぬ
資本家達が世界中の土地を破壊して再生不能にしてしまった。

最近よくいわれている経済学の指標であるが、それは当てにならないだろう。
連中は自分達が株を操作して個人利益を上げたいために、社構造を全て私物化
させようとして国体を変化させてしまった。竹中も当然経営者として自分の
行政改革と深く癒着している。間違てっも郵便事業が破綻することはなかったが、
破綻すると嘘を大学生達に教えつづけ、結局民営化して年間1兆円の損失を逆に
出した結果となったが、その損失は成功だと竹中達は連日頭の狂った発言している。

損失させることが成功だと説明する異常者を翼賛するのが昨今の情勢である。
この朝日の田原総一郎という人物が竹中族を長年MITを引き連れて翼賛した
日本の悪しき元凶となっている。そして田原が煽動して殺してきた国民の数は計り知れない。
田原は左翼ではない。関係者は全て竹中と小泉首相の関係者である。
飯島とも関係をもっている。

いわばこれらの規制撤廃とは、外資の支配を強めさせ、その利回りを日本人の
血税や労力で利便を謀ってやるのが本当の目的である。

だから外資族の改革派の会長をしていたオリックスらが、癒着目的で簡保の宿を
市場価格の半分以下で購入しようと言っていても、竹中はそれが【企業との癒着】だからと
説明して【止めさせなければならない】とは一度も言わない。

この手法を各地で連中は過去に実行し、その所有者は税金で維持した後に、
外資の所有となったことは竹中達が一言も説明しない本当の実態である。
観光産業の場合ではやはり大手のホテルである外資に客を回すために行った政策であった。
ちなみに産業再生法で税金を投入した後に、竹中が煽動して新品となった企業を
無料同然で購入しているのは殆んどが外資である。外資に支配されて内貨を
抜き取らせているのが竹中式改革である。こんな国民外資奴隷改革なら誰でも出来る。
また日本のインフラを全て外資に売れと言っているのも竹中達基督教徒達である。
ましてや派遣労働者からも搾取しているとは言語道断。
さらに【派遣労働者からまで搾取】するとは正に社会主義の思想そのものであり、
ユダヤ民族主義の表れであり、愚の骨頂である。バカ保守といわれている人物達は
社会主義と資本主義の同一性をユダヤ民俗学のレベルで知らないために、
奴らのつくった【双方体制】の思想運動の世界観でしかものごとを語れない。
ユダヤやWASP連中にとっては、社会主義であろうが、共産だろうが、資本主義だろうが
支配と独裁が出来れば体制や国家はどこでも良いのである。だからアフリカでは
社会主義を資本主義として導入させて人種を奴隷にして隔離していたし、またヨーロッパ各地
でも資本手として社会主義をドイツやロシアに強制的に導入させていった。
これを導入させたのは全て【資本主義】の陣営であることを忘れているのである。
だから資本主義も社会主義も危険であるということを知らずにバカ保守といわれている
基督教宗教保守達が連中の理想とする仮想世界を翼賛しているのである。

しかし、日本が西洋人に支配されることを望むのが、キリスト教徒の本望
だというから恐ろしい限りだ。過去に基督教となった伊達政宗らは、
スペインのカソリック法王や王族に対して、日本を植民地にして国民を奴隷に
してくださいと願いにまでいったそうだ。そこで断られると、今度はローマの教会
にまで出向き、そこでも植民地にして下さいと説明したという。このような精神の
破綻した西洋奴隷者達が、竹中達宗教徒が操る改革の正体である。
そしてキリスト教徒の中には、自分達が西洋人でないことに激しいコンプレックスを
もつ人が多い。そのため教会では洗礼式を行い、洗礼名を
授けてもらう幼稚な儀式を行う。

例えば、日本人でありながら、サムエルなの、ガブリエルなといった聖書と関る
西洋名を教会で貰う。このような幼稚な連中が言ったことは、原爆投下による
日本人虐殺は正しかったとか、劣化ウラン弾に被爆すると健康になるとか、
ベトナムダイオキシンは飲んでも安全で健康だと、平然と西洋基督教国に
憧れるために嘘を発言してしまうという連中がいる始末。
宝塚歌劇団もそうした西洋シンパの教会員達の奇妙な演劇であるが、あれが
連中にとっては最高の芸術なのだそうだ。しかし、この宗教を日本に広めたのは
イエズス会というテロ組織であった宣教師組織であったが、この人物達の実話を戸々に
書くと、何所が聖書なのだろうかと笑ってしまうたろう。書くと下品となるので、詳しくは
【イエズス会とリリス】で検索してみるとよい。これが連中の精神構造の一つである。
(また創世記の内容が一般では確認しきれないらしいが、創世記のナンバーが
あまりにも愚鈍で酷いので、出版時には翻訳を焚書した部分もある。
ほとんどが実は強姦と近親相姦と殺戮の内容である。

昨今アメリカの行政機関は、日本に対して昨年早急な内需政策を自発的に展開しろと
説明してきたが、竹中のブレーン達は内需ではなく、外需を突っ走れと説明している。
例えばスイカを中国に売れば国家が再生するなどと平然と間抜け発言をするのが
竹中達だ。しかしこれで内需が上がるわけではない。それはバブル手法の産業改革である。
単価をみれは一目瞭然。また輸出をした分、輸入も国際枠として強制されるからである。
幾ら売っても、その三倍も100倍も輸入して内需生産を潰せば意味がないだろう。
連中はそこが理解できないのである。だから竹中の思想とコメントは全て英米の
パクリなのである。
しかし日本では現在、竹中の進めた計画により、内需産業は破壊されている。
この元凶が会社に【外資の寄生体】が入り込み、日本国民の資産と体内貨幣を
【24時間永久】に吸い上げてしまっているからである。昨年から日本の株が上下
して不安定になったのも、世界で最も【外資投資比率】を上げている日本の証拠であり、
証拠がその売り売買の乱高下であり、相手国は日本の資産を大量に保有している
ために、売却して利回りをつくり、その売った後の値下げ債券や投資品目で
再度買ってまた売って【利回りを稼ぐ】という成金ゲームをしているだけであった。
これは外資が組織的に行っているから乱高下しているのである。
この調子では永遠と株によって経済と内貨が抜き取られていくだろう。
これが竹中の政策の最も間違いの一つであり、点数は永久に0点である。会社は
従業員の雇用よりも、【外資の配当手当てや利回】りを重視しているために、
こうした内需に転換する国内産業の国内消費という基本循環を停止させて
しまっているのである。だから竹中は外需に依存した麻薬中毒者のような
経済理論しか言えないのである。【賃金を安く抑えよ】と強制してくる
【株主と外資】がいる限り、内需に滴る消費に繋がるわけがない。


竹中は無知なのでわからないのである。外資政策の影響で低賃金なのに対して
それでは物が当然市民は買えない。しかも短期労働を派遣社会として
推進したからローンも組めない。その他にも増税と無駄な官僚向け
外資癒着政策をしていたのだから、永久に内需が発生しない。コメの果てまで
竹中は栽培するなと長年説明していたのだから、酷い有様である。

これが日本の血流大動脈を外資に支配されたグローバル化の正体である。
このような産業政策を竹中のとおりに実行したのが、今回サブプライムで破綻した
米国・英国・ロシアの金融諸国である。この意味も理解できないのが竹中達である。
現在の経済システムは英米の貴族だけが豊かになる仕組みであり、バブルを
発生させてそこで利回りを得るという犯罪を基本経済としている。株で売買を重ねて
利益を出せば、それだけどこかの国がその利回りを補正しているという証拠でもある。
それは売買した資金がただでは成立たないからである。ということは、
外資政策を重視すればするほど、国家の借金はその配当に対する循環と補填の
餌食となって借金がファンドの内部で増えていくということだ。
だからバタバタと、ちょっとした情勢で企業が破綻していくのである。
(公安部も少しは反省していただきたい。グローバル化を本部で徹底的に
翼賛してテロ対策として間違ってスローガンしてきたのだから。さすがに保守も騙される。)

例えば竹中の足に、自分のロープをつけておくとする。これをグローバル
社会と命名する。そしてその竹中が倒れれば、自分も引っ張られる、
これが竹中式経済学である。相手が倒れてる時に、わざわざ自分達まで倒れるよう
にしたのがこの国際金融政策である。だから竹中式経済学は【バカにだけ】理解】
できる経済学なのである。ようするに、ヤンキーや暴走族のような連中が理解できる
程度の学識しかない。それを自らの理論だとホラを吹き学術のような振る舞いをして
いるのである。全てアメリカの政策を【模倣】しているだけなのに、独自性なんて
あるわけがない。だから竹中は外資の事ばかりを気にして永遠と説明しているのである。

■先日、ある本が発売されている。それは派遣業を推進したメンバーの一人であった
中谷という人物の本である。その中で奴はこれらの行政改革をしたことに対して
【懺悔】すると発言し、【深く反省】している。
(懺悔という意味は、クリスチャンが猛烈に反省している時に神に対してだけ謝罪する行儀)
ようするに、派遣業を推進した側も失敗したと反省しているのである。
口先だけでも許すべきだが、竹中族は未だ反省しておらん。もしこの人物が
本当に反省しているのであれば、その本の印税を派遣村に少しだけでも募金して
やることぐらいは出来るだろう。竹中や小泉のような国際テロ組織に加入する経済評論家や
一族には、関係者をまとめて【国外追放】するべぎである。保守や中道派や左翼で
高度な理論を展開できる学者や議員はまだ腐るほどいる。

■先日の国会答弁には、共産党の幹部である志井委員長が答弁をした。
この人物は共産党であるが、今回発言した内容には実に深みがあり、
共産党員といえども日本的な道徳的「道理」の通った素晴らしい答弁であった。
本来このようなコメントをするのは奇妙なことだが、今回共産党らの活動には
勲章候補をともいえるべき博愛的な活動を正月から続けている。例え革命家集団
であっても、この活動は保守活動家らが見習うべき救護活動であり、否定してはならない。
数年前、このころから改革が始まったが、その悪癖といえる改革の元凶により、
経済困窮者達が大量自殺している。しかしこれを救護する保守主義者は某武士系
機関の一社以外は存在しておらず、それ以外の保守組織は挙って市民生活の妨害を
行ってきた。勝谷というジャーナリストもその悪人の一人である。しかし、
自国民が自殺して喜ぶ保守がどこにおろうか?それが最近存在しているのである。

奇妙なことに、それは全て基督教徒の組織と連帯している者に多いのだ。
なぜ基督教徒達の一部組織が、【国民を叩き潰せ】と計画しているのかはわからぬが、
その発端となっている思想の背景の一つに、世界最大の資本家であるユダヤ系
キリスト教徒であるロックフェラー財団が提唱した【世界の終末】を宣言したからではないかと
思われる。実は日本民主党の政策マニュフェストや、自民党の政党公約が4年遅れで
同じであるということが最近わかった。この政策内容は全てアメリカから通達された
政策であったが、それが竹中をフロントとして年次要望改革として実行され、
格差社会推進経済と変化させられていったのだが、この経済方式を世界で最も
最初に計画したのが、アメリカのロックフェラー財団とドイツと英国に拠点のある
ロスチャイルド財団らである。この連中はドルを発行する政府系財閥として有名
である。また同時に日本の資本家や政界とも癒着しており、自民党や民主党にも
そのフロントが大勢いる。民主党だけでも15人以上がこの組織の代表をしている。
また自民党の歴代の二世三世達の大半が、この財閥と会議を毎年開く。
よく東京で海外の豪華客船がくる。それが連中の会議室の一つであり、
産経グループと読売グループ、そして朝日放送の中の竹中派組織と繋がっている
ことは自分達でもよく自供している。またダボス会議やデルタ会議の役員もこの連中
のメンバーだけで行っている。これが巨大な国際犯罪を生む巣窟のボスである。

最近では航空路の廃止や、名古屋最大の空港であるセントポーリア空港も
赤字決算を予定していたが、それでも空港の新建設が必要だと基督教右派
の議員らが談合工事を計画している。そしてこれらは全て【民主党・自民党】の中で
計画されている【外資の投資向け事業や特権財閥向】けの宗教活動を【含む】事業で
あることを知るべきである。この事業に関しても、やはり【民主も自民】も同じ賛同を
している。この赤字確実な事業である無駄な公共事業を、今だからやれと言ってる
連中が多い。その議員達はすべて【松下政経塾のクリスチャン議員】どもである。

この人物らは、外資が空港を建設しろと指令を出したら、直にやりますと尻尾を振って
始めたという。全て【ユダヤ人系】基督教徒の【外資】命令が、これらの計画の出所である。
この僕どもは外資のユダヤ人に指図されると【永遠と血税】を使って談合発注する
1990年代の土地バブルもまた例外ではなく、外資とアメリカ政府が要請して行わされていた
米国大使館員や米国政府高官向けの公共バブル事業であったことがわかっている。
プラザ合意も有名であるが、政治家が一番言われたくないのは米国の政界で組織する
結社、【バーニング・ツリー会談】であろう。これを日本で知っている人物はほとんどいない。
政治家がゴルフコンペを開催してるのも、ここの政治組織を模倣しているためである。
この結社に全米の芸人、扇動家というロビィスト、基督の宗教指導者、学者などが
会員として結成され、他国に対して談合を総理大臣や他国の首脳に対して一対一で要求
してくる。そうこれは究極の談合会議である。アメリカや英国に出向きゴルフやサウナに
行けば国民資産が200兆円消える。これがこの組織のやり口であった。


そして無駄な大規模化した空港の発注事業や外資向けである男女参画思想運動の
推進者には、民主党には原口議員を含む外資族に裏で繋がる若手議員15名以上が
偽装して改革を推進をしている。(原口は自分でもわかっていない)
この事業に対しては税金の無駄と連中は連中は決していわない。さらに公明党らが
公共事業で絡んでいる。これらは全てユダヤ人組織と結託している議員と組織である。
東京で活躍する猪瀬もこの組織のフロントをしており、官僚と深く癒着している。
ちなみに姑息な態度で屁理屈を言いつづけている竹中であるが、あれも官僚の
現役メンバーである。だからロビィストらはユダヤと基督教徒繋がりだと言われると
【発狂】して妨害をするコメントを日本中で発言しているのである。そして中道保守の
フロントと思われている東国原知事もまたキリスト教徒が擁立して組織当選した
偽装議員達らである。全ては基督教の背後関係がある。また山本モナという芸人と
問題のおこした反日議員である細野議員の事務所も、福音派のビルに選挙事務所の
拠点がある。いわば国民の知らぬ所でユダヤ人を保護しようとする
キリスト教徒達の政界支配が100年間も実は続いている。

だから竹中平蔵本人の秘書や、また関係者やサークルの機関員達が全て
【官僚出身者と協力者】であることは一度も言わないのである。
それは【自分達が官僚を組織】しているからである。なのにテレビの前では平然と偽善者
として振舞う。これが竹中式である。

竹中は自民でも民主党でもない。単独で政界に指令を出す司令塔の一つである。
ここを潰してしまえば世界中の経済状態も正常化していくだろう。日本の資金を
海外に集めてバブルをさせていたのは、この竹中の経済テロ組織であったからだ。

この竹中の所属するMITは、世界も最も有名なアメリカの軍産複合体と絡む
国際テロ組織である。アルカイダのテロを計画したのもこの組織であり、過去にランド研究所
の効率的な殺戮計画という政府スローガンの下に原爆を投下した組織でもある。
その最後のボスが竹中の所属する大学の学長の銅像の組織でもあった。
そしてこの組織の資金源がロックフェラー財閥らである。ここには中国共産党の幹部が
10名以上、韓国の抗日財閥のヒョンデグループが2名参加している。そして
日本では竹中と、ロバートフェルドマン、ダイゼン、などの連中がMITの隠れ機関員達
である。日本でもMITの国際テロ組織は正式に設立されており、結社活動を行っている。
このテロ組織が堂々と政府介入を行っているとは驚きだが、竹中はそこのフロントである。
最近では、青山3丁目開発で中川と竹中をよいしょしていた外資系と暴力団の
逮捕者が出たが、そのメンバーもここと少しだけ関与しているわけだ。背後は暴力団と
その提供者である外資である。オリックスはここの中核であり、代表でもある。

さらに別の情報も追記しておこう。
現在パレスチナでは、イスラエルのステルス民兵組織である「ハマス」が活動を
しているが、奴らの拠点は全て実はロシアにある。これはまだ、何所も発表していない。
またロシアにあるハマスの拠点は、アメリカの情報局であるNSAが資金と情報の
提供をしている。そこで使われている電話番号と衛星回線は同じである。
ようするに、ロシアとアメリカが共闘してパレスチナの粉砕を行っているということだ。
ちなみにその通信情報網は、全て中東やアジア諸国のアルカイダの施設のもとの
同様の施設を使用している。そしてアメリカのアリゾナ州にあるNSAの施設に
その最大の拠点がある。これがユダヤ人の定番のやり口である。これは両面
作戦といえよう。ちなみにハマスが使用している武器のマシンガンは、大半がアメリカの
正規品であるこのアサルトライフルが使用されている。コピーがされていない証拠として、
弾装のシリアルにアメリカの製造ロッドが刻印されている。しかもカラシニコフと
弾丸の共通性はないタイプである。よってハマスもアメリカとロシアの共同チーム
だとわかる。またパレスチナのアラファト議長の遺言だが、パレスチナを守れるのは
世界で日本だけだと議長は発言を残している。WASPや西洋ではパレスチナを
救うことはできない本当の裏の理由があるのだろう。

また麻生総理も、最近はよく頑張っている。昔バッシングをしてみたが、最近は
背後が方針を変えたようで、かなり綺麗になった。随分と性格も変化したようだ。
特に鳩山兄弟の変化には驚く。見せかけでも国民に対しては利益があるので、
少し叩くのは先送りしておこうではないか。オバマはその代表として当確した。
マケインが間違ってもあの大統領戦では勝てない理由があったのがわかる。
一番驚いたのが、大統領選挙当選日にマケインに対して結社の
死の宣告の儀式らしきものを平然と行っていたことである。ということは、小泉派は
終ったということだ。鳩山兄弟が本気であるならば、日本の経済は絶好調で回復する
可能性が高い。そして当分の間、アメリカと中東の治安は安定しているだろう。
さらに国民新党もなかなかいい活動をしておる。さすが警察機関のOB政治団体、
これからも麻生の改心と、鳩山一家と国民新党の活躍に期待する。
共産党も以外だと思われるが、ここ5年間で二万人以上の国民の命を実は助けている。
予備軍を入れれば4万人程度の命は救われただろう。一番役に立たないのが
外資族の先鋒であった「小沢代表」と「小泉」の両者だ。このトンチンカンが日本に
生まれてから、市民生活が本当の意味で壊れてしまったではないか。

■最後に郵政民営化で改革派の会長となっていたオリックスであるが、やはり
クリスチャン思想家であったことがわかった。

オリックス会長、「クリスチャンにはならなかったものの」
【社会】 オリックス会長の宮内義彦氏が、フジサンケイビジネスアイの特集
「わが道・わが友」の中で、関西学院中学部時代を振り返り、
「熱心なプロテスタント教育が行われていて、私にはそれがとても新鮮だった」
「私はクリスチャンにはならなかったものの、子供のころに受けた宗教教育は、
いまだに自分の心構えにも影響していると思う」と語った。

 宮内氏は当時教わったことについて、「その教えは、自らの良心に
恥じるところがなければいいという考え方だ。日本人は世間がどう思うかを
価値基準にするが、キリスト教の場合は神様がどう思うかだ」と語り、
洗礼を受けクリスチャンにはならなかったものの、大きな影響を受けたことを語った。

 1935年生まれ。関西学院中学部・高等部を経て、
関西学院大商学部を卒業。渡米しワシントン大学大学院で経営学修士
(MBA)を取得。帰国後、日綿實業(現双日)に入社。
1964年にオリエント・リース(現オリックス)に入社し、
1980年に社長、2000年から会長を務める。日本経団連副議長で、
ソニーの取締役及び、オリックス・バッファローズのオーナーでもある。73歳。
(クリスチャン トゥディより)



■オリックス会長・宮内義彦氏
■貨物船で渡米、必死に勉強

宮内家のルーツは愛媛県松山。私は1935年、神戸市で生まれた。
人生最初の記憶は谷崎潤一郎の「細雪」にも描かれている阪神風水害だ。
六甲山系の氾濫(はんらん)した川に大きな石がごろごろと
流れてくるのをこわごわと見たのを覚えている。ただ3歳の時だったので、
記憶の中の映像はその後に見た映画のシーンと混然となっているのかもしれない。
終戦は小学4年生の時、家族で疎開していた兵庫県佐用町で迎えた。
同世代の誰もが感じたように、世の中の価値観は一変するものだと肌身で悟った。
佐用町には小学6年生までいて、私が関西学院中学部に
入学したのを機に家族もまた阪神間に戻った。

当時の関学中学部では、熱心なプロテスタント教育が行われていて、
私にはそれがとても新鮮だった。その教えは、自らの良心に恥じると
ころがなければいいという考え方だ。日本人は世間がどう思うかを
価値基準にするが、キリスト教の場合は神様がどう思うかだ。私は
クリスチャンにはならなかったものの、子供のころに受けた宗教教育は、
いまだに自分の心構えにも影響していると思う。
同級生で関学前理事長の山内一郎君らと中学の時から伝統あるグリークラブ
(男声合唱団)に所属。大学まで熱心に練習し、全国合唱コンクールでの
優勝も経験した。今でも中学時代の仲間が集まり合唱している。
毎回、2時間の練習をしてから、待ってましたとばかりに乾杯する。
年に1、2回の旅行もする楽しい仲間たちだ。

58年、米シアトルにあるワシントン大学大学院に留学した。
外貨の持ち出しが禁止されていて留学したくてもできない時代だったが、
父が米材輸入を手がけていたおかげで、アメリカに友人がいたことから
チャンスを与えられた。当時は行きも帰りも貨物船だった。私は米材を輸入
するための1万トン程度の船に乗り、片道2週間の長旅を体験した。
シアトルに着き、ハイウエーをクルマがビュンビュンと走るのを見て、
アメリカの豊かさにびっくりした。
ワシントン大では2年間、ほとんど寮と教室と図書館を往復するだけの
毎日を過ごした。必死に勉強しないとついていけない状況だったため、
卒業できた時は心底ほっとした。おかげで、日本のワシントン大MBA
(経営学修士)同窓会では最長老だ。同校の後輩には昭和シェル石油会長の
新美春之さんがいる。もっとも、息抜きのためにグリークラブに入ったり
仲間とのパーティーに顔を出したりもした。夏休みには大陸横断鉄道で観光
することもあり、ひと夏はワシントンDCに滞在した。
シアトルでは、留学していた家内の伸子と出会い、帰国後の
62年に結婚した。(産経機関の報道より。)
スポンサーサイト

« ★★★失業者を徹底してなぶり殺す、勝谷★★★|Top|★★★竹中特務大臣による経済改革の大失政の数々の証拠。 »

コメント

残念ながら麻生氏も熱心なクリスチャンだそうです。
もはやこうなれば自公は下野させるしか無いですね。
ただ下野させただけでは駄目ですから、小泉後冷や飯を食わされて来た反改革派=抵抗勢力=国益擁護派が復権する形にするのが望ましいと思いますね。
清和会や公明党、民主凌雲会、チルドレンと言った新自由主義者を落選させ、国民新党や造反組、自民党内の反改革派、共産党あたりが票を伸ばす形が一番望ましいと思いますね。
それが政界再編にもつながると思います。
売国派と反売国派に分かれれば国民も分かりやすいと思いますね。
大連立なんて持っての外ですね。
それから中谷氏にしろ宮内氏にしろ、米国がまだ世界の工場として修正資本主義真っ盛りの頃に渡米しましたから。
多くの日本人と同様、まだ中間層が健在だった頃の米国にあこがれたんですね~。
竹中氏の場合は70年後半から80年代にかけてですから、米国の製造業が衰退著しい時期に渡米してたんですね。
おそらく日本に対する悪意に満ちた目的を持っての渡米だったんでしょう。
当時、格付け上位が邦銀で占められてた時代でその邦銀を潰す為の研究をしていたとも言われていますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikan987.blog82.fc2.com/tb.php/43-1ddb12f3

Top

HOME

上杉

Author:上杉
FC2ブログへようこそ!

QRコード

名前:
メール:
件名:
本文:








この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。