上杉機関 別館

※当ブログは常に3分程度で文章を仕上げています。そのため、誤字脱字がありますが、時間に余裕ができたら、後で文章を修正をしていきます。 キータッチが直接日本語入力なので、酷い文章になっています。外国人ではないので、安心してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユダヤ系団体が徳間書店に抗議「新しい陰謀論」

http://youloan-iza.iza.ne.jp/blog/entry/122966/より掲載


 日本の台頭を何としても抑えたい、陥れたい勢力が着実に繋がっている。

 ユダヤ系団体が徳間書店に抗議「新しい陰謀論」

 【サンフランシスコ=松尾理也】米ユダヤ系人権団体のサイモン・ウィーゼンタール・センター(ロサンゼルス)は21日、日本で発売中の書籍「ニーチェは見抜いていた ユダヤ・キリスト教『世界支配』のカラクリ」(徳間書店)について、「反ユダヤ的な陰謀論の新しい流行を示すもの」と批判する声明を発表した。同センターは同時に、同書の広告を掲載した朝日新聞社に対しても、掲載の理由を調査するよう求めている。
 サイモン・ウィーゼンタール・センターはユダヤ人に対する差別や偏見を監視する役割を果たしており、95年には「ナチ『ガス室』は捏造(ねつぞう)だった」との記事を掲載した文芸春秋の月刊誌「マルコ・ポーロ」が抗議を受け廃刊に追い込まれている。産経新聞 H19/02/24
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/40401/

 言論の自由などで非難されることなく好きに振る舞うサイモン・ウィーゼンタール・センター
(SWC)が日本でも当然蠢いている。
 米下院で慰安婦決議案を通そうと努力している日系(?怪しい)議員M・ホンダの陰にもSWCがいる。

> 99年11月中旬頃から、サイモン・ウイゼンタール・センター(SWC) の一行が日本へ来る。との情報がインターネット上でも流れ始めていた。私は来る事は聞いていたが、具体的な日にちまでは知らなかった。12月上旬には靖国神社を見学する、というある程度具体性のある情報が徐々に入り始めており、とにかく情報を集めた。そして確実にこの日に来る、という情報を入手。

> 昼12時15分頃、待ち始めて2時間後に彼らは現れた。

> 私はそれらしき一行をジッと見つめて確認を行い、そして1人の日系人らしき人物を見つけた。間違い無い。
マイケル・ホンダ、カリフォルニア州下院議員だ!
 
> 私は待っていた場所から20メートル程度先にいる、彼に向かって走って行った。そして、簡単な英語で・・「マイケル・ホンダさんですね。私は松尾一郎と言います。あなたに会いたくて来ました。そして手渡したい資料があります。見て下さい。」と言って、例の資料を手渡してこう言った「アイリス・チャンの本はウソを書いています。この資料を読んで下さい。この資料は当時南京にいたアメリカ人の教授、ルイス・S・C・スマイスによって作成されたモノです。」マイケル・ホンダ氏は「オー!、ルイス・S・C・スマイス」と・・・この名前を一応は知っている様子だった。
 http://www.history.gr.jp/~nanking/honda.html

●SWCと言えば創価学会
 ところで、現在、「SWC」は「創価学会インターナショナル(SGI)」と連携している。池田大作(会長)が最初に「SWC」のロサンゼルス本部を訪れたのは1993年1月である。この時、「SWC」は池田大作に対して「国際寛容賞(人類愛国際賞)」を贈り、池田大作を称えた。そして、この訪問を機に「SWC」と「SGI」は連携し、「ホロコースト展」の日本での開催の準備が始められた。そして、戦後50年の1995年8月15日、「ホロコースト展」が広島の国際会議場で開催されたのである。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc600.html#04

●SWC詳報
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc600.html

これにシナ、朝鮮の反日包囲網が絡む。
日本は反撃できるだろうか。
憲法改正、核武装論が真剣に論議されるようになればできるようになってくるだろうが…。

ユダヤ・キリスト教「世界支配」のカラクリ―ニーチェは見抜いていた



著者:ベンジャミン・フルフォード,適菜 収
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

SWCの脅迫で発禁になる可能性が出てきた!


スポンサーサイト

« カトリック教はいい加減に真実を告白するべきです|Top|宗教テロ組織の創価学会は、原爆投下を喜んでいる »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikan987.blog82.fc2.com/tb.php/2-064c398c

Top

HOME

上杉

Author:上杉
FC2ブログへようこそ!

QRコード

名前:
メール:
件名:
本文:








この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。