上杉機関 別館

※当ブログは常に3分程度で文章を仕上げています。そのため、誤字脱字がありますが、時間に余裕ができたら、後で文章を修正をしていきます。 キータッチが直接日本語入力なので、酷い文章になっています。外国人ではないので、安心してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★★★「経済」 値上げの理由とは?

某有名サイトに、世界で値上がりする理由が説明されていたので、
こちらの感想を含めて引用転載する。(高校生以上なら簡単に理解できよう)

▼投機による石油高騰を放置する米政府。
米政府は、石油の国際価格を決めているアメリカの石油先物市場で
さかんに投機が行われ、その結果石油価格が高騰し、ロシアやイラン、
ベネズエラなどの反米的な国々が強化されているのに、自国の石油相場の
投機を放置している。アメリカの石油先物市場での投機的な高騰は、
2006年9月にニューヨーク商品取引所(NYMEX)で【先物取引規制】←が緩和された後、
拍車がかかった。

※これは意図的に米国市場機関が投資を使い値上げしているという事の証拠である。
その実態は石油が少ないのではなく、石油を「少なく見せ」かけて、投資や「先物」
取引を値上がりするかのように「扇動」を入れて、投機の金を印象操作で収奪
しているのである。例えば、市場取引値が「1リッター数10円」だとする。
ここを「オークション」のように擬装して値段を吊り上げて、「数十円」を〕〔150円〕程度
と発表する。これは立派な【市場取引詐欺】で逮捕も出来るのだが、米国の歪んだ
市場政策はこれを「正当」な取引だとしている。日本はこれを正しい改革経済
であると宣言し(合併法案の開放の推進)取り入れたために、日本も米国の先物取引と
同等に操られて、値段が上昇させられているのである。
これが天下の超詐欺師、ナチス小泉改革の手口だ。恐らくこの手の投資案内は既に
「小泉の一派」や「各政党」に潜む「改革派」には事前に知らされており、
政治家達と「関連企業」は先行投資による莫大な利益を共有していると思われる。
しかしそれは国民に対する「政府政策」ではなく、あくまで自分個人のための政策である。
こうして政治家にインサイダーをさせておけば、立派な「賄賂」となるだろう。

アメリカ経済の恐ろしいところは、10円で1000千円の取引を繰り返すというところだ。
これが「サブプライム方式」である。ようするに、担保と元本の実態が無い「マルチ」
商法なのである。経団連や財政経済諮問会議の連中は、こうした酷すぎるマルチ商法で
利益を上乗せしようとしているのだから、これは正気の沙汰ではない。
このような経済改革は、「とち狂った病人」の博打経済である。

もともと米国を操る特定の「ユダヤ人」と「聖書系」博徒達は、自国貨幣に対する「保護」の
観点がないという。昔も現在も、マラネン系基督教徒(擬装ユダヤ人)
やイスラエル人は「自国貨幣」を持たないようにしているという。
それは常に逃亡資金として「外貨や金に変換し」、資産とするためだ。
ロスチャイルド財閥はその典型だろう。これはどういう事かというと、
ユダヤ人やクリスチャンなどの旧約聖書を中心としている国々では、
「金は維持」するものではなく、【集めて運用】するものであると考えている。
そのため「経済危機」や「経済博打」をしたくなると、自国の貨幣を「外貨」に「両替」して
他国の紙幣や市場を操作して「遊ぶ」という傾向が強い。もしその影響で自国の経済が
破綻すれば他国で「コンパクト」な資金に両替して「逃亡」する。
だから世界中にユダヤ教徒が存在している。あえて詳しい仕組みの説明は掲載しないが、
これは日本人からすると非常に卑怯で、邪悪で狡猾で残虐な逃げ方なのだが、
この手の宗教徒の考え方や戒律では「他人が死のうが苦しもうが」どうでもいいと考える。
これらは世間的には「ドライ」な考え方として「一見カッコウよく」説明されているが、
その実態は無責任な犯罪主義の塊である。

例えば米国は、過去に日本に10発以上の原爆を投下する予定だった。
実態はプロトニュウムの製造時間で間に合った分だけをとりあえず
投下した。もし大量の「原子材料」が確保されていたら、日本は今ごろ
水爆・原爆・中性子爆弾の餌食となっていただろう。しかし米国人の大半は、
他国の人が苦しもうがそれはどうでもいいと考える。現代人や老世代の考え方とは違い、
外人がこういう事をすると思っていないので、絶対に信じないが、これは事実である。
これが外人の思考パターンだ。日本人は脳と精神は外見以外は同じだと感じて
いるようだが、ポトグラフィーなどを導入した検査を確認すると日本人は
左右の脳で分割して考えているが、米国のユダヤ系白人達はおもに
右脳パターンか左脳パターンでしか、考えたり聞いたりできないという。
これだけ思考・精神が違うのである。

また20才以上のあるネットの質問では、何故バターが値上がりするのか?
という疑問に、どうにも察知できない人たちが多い。
これは世間で言われているダミー情報とは実態がまったく違う。
例えばバターが値上がりしたのは、一概に「搾乳」を農家が減らしたからではない。
それは一月もあれば多少は補えるためだ。【ただし、乳牛を殺処理した場合は別として】
世間の偽情報では、搾乳を減らしたからだと説明されている。
本当の事実は、牛に与えている「穀物」が世界中で高額に取引されて、
米国向けのバイオ燃料に買い付けられているためなのである。
さらに牛舎の維持費用や、その手の商品を運ぶガソリン代も値上がり
しているため、バターの工場で加工しようにも、市場価格に合わせて
手間賃が倍増してしまっているというのが現状だ。さらに外資に市場取引を
ピンパネさせるため、各マスコミの電通や宣伝広告機関が競って扇動している。
こうすることで市場が沸騰するかのように「高騰」して、資金を提供する側の利益が
上がるという。

さらにトウモロコシを作っている国は、米国系が多い。そこで値上がりすれば
ドンドン米国の品種管理会社が利益となり、国内の税収は潤う。
さらに原油相場も米国ドルが主に運用されているので、会社のある本国
に金さえ投資されれば、投資された会社が潤うという原始的な循環を
現在行っているというわけだ。これは日本とはまったく違うパターンだ。

日本の場合、既に買い占められているので通常の庶民や他国は対抗が出来ない。
そこを奴らはターゲットとしたのだ。こういうのはおもに、国際会議で決められており、
各国のハイセレブや社交界などに精通している議員を通じ、意図的に
政策や市場価格が決められている。このケースは、日本政府が過去に「コメ」の
栽培を減らさせたのも、米国のカルフォルニア米を強制的に備蓄米として購入
させられているためなのである。しかし経済雑誌は挙って情報捏造するように
従っているので、「日本人はコメを食べなくなった」とか「少子化で消費者がいない」
という「デマゴーク中のデマデマゴーク」が拡散していったのである。
さらに政府はこの強制的に買わされた米国米を棄てるために、年間3兆円
も使って産廃的に廃棄処理をしているのである。親米派の人たちには
けっして受け入れがたいこれらの情報だが、それぞれ情報の格差はあるものの、
これが米国と日本の現状だ。さらにこれらを海外に輸出することは、米国の命令に
よって全て禁止されている。なので日本政府の備蓄倉庫には、米国から買った
カルフォルニア・ライスと書かれた「日の丸」認証つきのゴミ米が毎年何トン
も税金で捨てられている。これを親米派の方達が全て捏造で隠蔽していた。
鈍感な人でも分かるようにさらに説明すると、年間回転すしで使用されている
コメの量は、ほぼ一般家庭と同等である。この他にお菓子用やライスパン用
など大量に米が使われている。それを考えれば、米の消費がパンを下回る
という状態は絶対にならないのである。

こうした議員やハイセレブにとって、自国民が死のうが自殺しようが、
もうどうでもいいと考えているので、さらに経済が悪化していくのである。日本には

本来聖書は無い。戦前外国の教徒達が日本人を殺しまくって強制的に
布教したのが最初だが、戦後を通じ日本でもハイセレブの間に聖書系の信者が
急増している。特に保守派に人気の産経グループの関係者の73%がこれらの
信徒である。なので利益・思想・行動が一致しているため、絶対に市場原理主義が
正しいと説明する傾向がある。それで国民が影響を受けて死ねば
扇動する単語を持ち出して「自己責任」という弁証法を身勝手に悪用しては
自分達の間違った意見を他人に責任転化し、脱兎の如く逃げている。

これがいわいる、「バカ保守」という考え方である。
(このバカ保守という言い方は、歴史評論家の小林氏が流行らせた)

こういう無責任発言を繰り返す側の大半は、「文屋」・「キリスト保守派ジャーナスリト」
「〇〇大学の教授」・「元〇〇研究所主席」等の「外資族」の立場で飯を食ってる
ホワイト層に多い。本当の保守はこういう意見は間違いだとすぐにいえるのだが、
情報で食ってる連中にとっては、そのような事実は間違いであると糾弾することで
仲間の利益を確保して己の私腹を満たしているので、絶対に間違いを否定できな
いのである。余談であるが、日本の保守派の70%は基督教徒達である。
日本の保守がキリスト国家に逆らったというケースは皆無である。奴らの腐った信仰心
のせいで、日本国民は叩き潰されてしまっている。


(一部文体が間違って処理されてました。正しくは、米の方が多く食べられている。となります。)
スポンサーサイト

« ここにある面白い書き込みを見つけたので掲載しましょう。|Top|「日本人とユダヤ人」 イザヤ・ベンダサン著 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikan987.blog82.fc2.com/tb.php/17-1174a746

Top

HOME

上杉

Author:上杉
FC2ブログへようこそ!

QRコード

名前:
メール:
件名:
本文:








この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。