上杉機関 別館

※当ブログは常に3分程度で文章を仕上げています。そのため、誤字脱字がありますが、時間に余裕ができたら、後で文章を修正をしていきます。 キータッチが直接日本語入力なので、酷い文章になっています。外国人ではないので、安心してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外資が、日本の水道水を独占し、植民地化を促している証拠

政府の構造改革テロで、今度は外資が日本のインフラを買収させろと命令している。
国民は徹底妨害を行うべきである。その全容はボリビアの買収テロで現地人が搾取されて
水道水も飲めなくなったように、今度は日本を盗もうと考えている。
すでに米国では買収がされており、格差で収入の少ない世帯は、借金をして水道水を購入せられているという現実がある。しかし、マスコミも自民党も民主党も騒がない。
裏で癒着しているためなのです。その記事の一つを掲載しておくことにする。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=163741



アメリカ→官邸→マスコミの共認支配を許すな


163741 水道局を民営化したらどうなるの? ~イギリスの事例~
  チウエ* ( 20代 ) 07/10/19 AM08 【印刷用へ】

水道事業の民営化の例としてよく挙げられるイギリス(イングランド・ウェールズ)の事例について調べてみました。

【イギリス水道事業の民営化背景】
・イギリス国内の財政状況の悪化により資金調達が必要
  ⇒民営化で政府の支出削減
・EC水質基準上昇に伴なう設備投資の資金不足
  ⇒株式売却による歳入増を期待
・サ-ビス効率の低下による河川の水質悪化と水質を規制する側と規制される側が同一部門であることによる弊害
  ⇒民間事業者の方が事業をより効率的に運営できる

【民営化後の流れと問題点】
1989年のサッチャ-政権による水道事業民営化により、各地の水道事業の運営は、民間企業に委託。

経営破綻は民間企業も手に負えず、水道料金はうなぎのぼりに毎年上昇。
一方民間企業は、株主への高配当や役員への高報酬を実施。

水の品質が低下。
(1990年代半ばの水質検査合格率85%、漏水多々)
(1997年の水道会社に対する苦情が11,123件うち26%が料金に関するもの/国民消費者センターONCC報告)

1999年ブレア政権になり、民間水道会社は水道事業局によって、平均12%の料金引き下げを強いられる。

この結果、水道事業各社の経営状況は悪化し、いくつかの水道事業会社が、米仏独の企業に買収される。

一方、2001年5月ウェ-ルズの米国資本の市水道会社を、地元投資家によって設立された非営利事業体(責任有限会社Glas Cymru)が買収。

安定重視、地元重視、顧客重視である非営利事業体と、外国資本のまま国際的に事業展開を行っている水道事業会社の並存。

新規参入は制度上可能であるが、安全性や水質維持の問題や水道取引メカニズムの構築の難しさもあり、事実上、10社による地域独占体制となる。
(ただし水道事業局が、民間会社の水道料金の上限値を設定している)

  ⇒イギリスにおける水道事業の民営化は、株式の売却を中心に実現し、結果として政府は財政的な収益は得ることはできた。しかしながら、水道料金の値上げ、水質の低下、外国企業による株式取得などの問題へと発展した。
  ⇒イギリスの水道事業は流域の総合的な公共事業体から市場優先の民間企業へ、さらには、民間の非営利の事業体へと変遷しつつある。
(参考:イギリスの水法 リンク、
    上下水道セクターの民営化動向(PDF) リンク)


イギリスの他にも水道局を民営化した事例はいくつかあります。
その多くは、財政難⇒私権を得るために民営化されているようです。

でも本当に必要なのは、生活に必要な水の安定供給・・・
自国のインフラを他国に握られることほど、不安なものはないですよね。

 
 この投稿は 163098 に対する返信です。
 この投稿に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_163741

--------------------------------------------------------------------------------

 この投稿に対する返信とトラックバック
168378 水道民営化を問う~利権追求者に水道事業運営を任せることは己の魂を売ることと同義 猛獣王S 08/01/02 PM11
水が危ないシリーズ ?現状の諸問題を整理すると  「自然の摂理から環境を考える」 07/11/24 PM11

--------------------------------------------------------------------------------


  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 滅  亡
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
下記のタイトルを押して下さい。
私権社会の打破のために
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
実現論の形成過程
闘争と生殖の包摂?
闘争と生殖の包摂?
自我が邪魔をして心を開けないセックス
近代思想の結果が、現代
転換期の女たち
夜這い婚
漱石をねじ曲げる「奴隷」たちへ
「自我=エゴ」を制御するもの
相手尊重の意識の原点は?
規範意識の形成の土台は? 
大転換期の予感と事実の追求
現代の神官=社会統合階級の欺瞞
個人主義者の詭弁 個人と自我
個人主義の責任捨象と言い逃れ
現状の経済システムに問題あり

スポンサーサイト

« オリンピックをする資格とは|Top|アルカイダの自爆テロを計画したUSA国際援助庁 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikan987.blog82.fc2.com/tb.php/11-3dbc6302

Top

HOME

上杉

Author:上杉
FC2ブログへようこそ!

QRコード

名前:
メール:
件名:
本文:








この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。