上杉機関 別館

※当ブログは常に3分程度で文章を仕上げています。そのため、誤字脱字がありますが、時間に余裕ができたら、後で文章を修正をしていきます。 キータッチが直接日本語入力なので、酷い文章になっています。外国人ではないので、安心してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍首相のオバマ政権への賄賂(わいろ)日米密約。やはり「50兆円の米国債買い」である。

安倍首相のオバマ政権への賄賂(わいろ)日米密約。やはり「50兆円の米国債買い」である。
投稿者:副島隆彦


大学教授、副島隆彦先生からの告発。政治記事の的中率はそこそこ高い。

副島隆彦です。 今日は、2013年2月25日です。

 「行きはよいよい、帰りはコワイ」 と 一昨日、植草一秀氏が私との講演会での対談の席でも言っていました。 現在、急激に降って湧(わ)いたような、「円安、株高、土地値上がり」の 浮かれ騒ぎの ようになって、まるでこれで日本の景気が回復する、というような 「花見酒(はなみざけ)の経済学」を日本の 富裕層と 経営者たちはやっている。

安倍首相はアメリカでのオバマ大統領との日米首脳会談(2月22日)の、”意気揚々たる”成果をひっさげて帰ってきて、早速、日銀総裁人事をやっている。




教育再生実行会議のメンバーに大竹美喜氏の名前
投稿者:渡邊隆史
投稿日:2013-01-12 10:27:05

安倍内閣の教育再生実行会議のメンバーが発表になりました。
各布陣の中でも比較的、イデオロギー色が出た顔ぶれだと思われます。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130110/plc13011021310022-n1.htm

(転載開始)

教育再生実行会議の委員が内定 座長に鎌田薫・早大総長
2013.1.10 21:30

 文部科学省は10日、今月下旬に発足する「教育再生実行会議」の委員15人を内定、発表した。座長には早大総長の鎌田薫氏が就任する予定だ。鎌田氏以外の委員は以下の通り。

 大竹美喜(アフラック最高顧問)、尾崎正直(高知県知事)、貝ノ瀬滋(東京都三鷹市教育委員会委員長)、加戸守行(前愛媛県知事)、蒲島郁夫(熊本県知事)、川合眞紀(理化学研究所理事)、河野達信(全日本教職員連盟委員長)、佐々木喜一(成基コミュニティグループ代表)、鈴木高弘(専修大付属高校校長)、曽野綾子(作家)、武田美保(スポーツコメンテーター)、佃和夫(三菱重工会長)、八木秀次(高崎経済大教授)、山内昌之(東大名誉教授)-の各氏。

(転載終わり)

ふと気になったのはここに大竹美喜氏の名前があるところ。
これは「今日のぼやき143」で副島先生が「メフィストフェレス」と評した大人物でしたね。
タカ派主導となるのは織り込み済みでも、それが「反米化」しないためのくさびでしょうか。


http://www.snsi.jp/bbs/page/2/

黒田東彦(くろだはるひこ)アジア開銀総裁(元財務省 財務官=No.2)が日銀総裁になり、岩田規久男(いわたきくお)学習院大教授が、副総裁になりそうだという。  岩田規久男は、ジャブジャブマネーの推進者で、日銀攻撃の急先鋒だった。

 すべてのシナリオが、日本の財務省を屈服させる形で、安倍首相を操る竹中平蔵のシナリオどおりに進んでいる。 以下の新聞記事が、一番重要だ。 注意深く読んでほしい。

(転載貼り付け 始め)

「 首脳会談、米側は抑えた反応 メディアの関心も低調 」

朝日新聞  2013年2月24日(日)

22日、ホワイトハウスでオバマ大統領(中央右)と会談する安倍晋三首相=ワシントン、樫山晃生撮影
 
【ワシントン=伊藤宏】  安倍晋三首相とオバマ米大統領の初の首脳会談をめぐり、米政府はオバマ大統領の発言をほとんど発表せず、米メディアの関心も低調だった。実務的に会談に臨んだオバマ氏の姿勢は、政権交代の成果を政治的にアピールした安倍氏とは対照的だった。

 22日午後、ホワイトハウスの大統領執務室。会談を終えた安倍、オバマ両氏が記者団の前に姿を現した。両首脳が会談内容について説明した後、米メディアからオバマ氏に飛んだ質問は、日本とは関係ない米政府支出の強制削減について。オバマ氏は質問に答えた後「これは米国内向けの質問だから、次の質問は安倍首相に」と促したが、米側記者から会談に関する質問は出なかった。

 そのオバマ氏も、日本の記者からの「尖閣問題についての考えを説明してください」という問いかけには答えなかった。米政府は会談後、環太平洋経済連携協定(TPP)についての共同声明の文書を発表しただけで、会談全体の意義については触れなかった。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 TPPについて、安倍首相が強く取引としてアメリカに要求した、「例外なしですべての項目で完全の撤廃ということはない」ということをアメリカは、日本が差し出した50兆円分という 巨額のアメリカ財政へのわいろ金の 見返りとして認めた。

 この記事の中の「 ・・・・米メディアからオバマ氏に飛んだ質問は、日本とは関係ない米政府支出の強制削減について。
・・・・・米側記者から(日米首脳)会談に関する質問は出なかった。」 の部分が重要だ。

 米メディア と野党である 共和党の議員たちの関心 と疑惑は、「日本は一体、いくらの貢ぎカネをオバマに差し出したのか。それで、アメリカの財政破たんの危機は、何か月先延ばしされるのか」 である。

 日本の安倍首相が、オバマ政権に持ってきた「日本政府による50兆円の 米国債買い」 という日本からの米財政への支援金の話である。これは日米密約となっている。そしてこの50兆円で、安倍政権は、アメリカからのTPPの厳しい要求を回避し、かつ、 尖閣問題での 日本の苦しい立場 (中国政府は、本気で怒りだしている) を、オバマが、知らん顔をして、「日本側の要求を、関知しない態度ということで、飲む」 という 態度に出た。 

 今年中に、中国との軍事衝突( conflagration コンフラグレイション)の可能性が出てきた。そして米軍のこれへの支援はない。「日本は、アメリカに頼らないで自分でやる」と 安倍晋三は、質疑に対して口を滑らせてしまった。以下の記事の中にある。

 「行きはよいよい、帰りはコワイ」である。日本の自民党支持の資産家や経営者たちの90% は、今、好景気になりそうだと、浮かれ騒いでいる。 これが、いったい 秋ごろからどういうことになるか、本当に、私たちはこのあとの無様な 日本の衰退国家への道を 凝視(ぎょうし)しなければいけない。

ヒラリーはもういない。だからアメリカは日本を助けない。ホワイトハウスのカーニー報道官は、そのことをはっきりと言っている。

(転載貼り付け始め)

「 米報道官、尖閣問題で返答に窮し「知らない」 」

読売新聞  2013年2月23日(土)21時4分配信

【ワシントン=中島健太郎】 沖縄県の尖閣諸島に関する米政府の立場について、カーニー米大統領報道官が22日の記者会見で米記者の質問を理解できず、返答に窮する一幕があった。

 尖閣問題でクリントン前国務長官は今年1月、「日本の施政を害しようとするいかなる一方的行為に反対する」 と、従来より踏み込んだ表現で中国をけん制し、日本政府はこれを歓迎した。同日の日米首脳会談直前の記者会見でクリントン発言に関する質問を受けたカーニー氏は、「クリントン氏はもう長官ではないが……」 などと的はずれの回答をしたうえで、「その発言は知らない」と述べた。

 同日の日米外相会談では尖閣諸島への日米安全保障条約適用を再確認したが、大統領の考えを代弁する立場の報道官の関心は低いことが露呈した形だ。



「 日米首脳会談 首相、米の「衝突」懸念に配慮

毎日新聞  2013年2月23日(土) 

 安倍晋三首相は22日のオバマ米大統領との首脳会談で、沖縄県・尖閣諸島の国有化を巡って関係悪化した中国との対話促進に意欲を示した。中国に対し「日米連携」で対処するのが、日本政府の基本戦略。しかし、肝心の米国は東アジアの安定に向け、中国を過度に刺激しないよう日本側にシグナルを送る。首相は中国や韓国との連携に前向きな姿勢を強調し、米側に配慮した。【松尾良】

対中対話を強調

 「(日中対立を)エスカレートさせるつもりはない。対話の窓、ドアは常に開かれていると申し上げたい」
 首相は日米首脳会談後の記者会見で、中国の習近平総書記に首脳会談の実現を呼びかけた。中国による尖閣周辺での領海・領空侵犯を受けて、米国では日中間の偶発的な衝突に対する懸念が拡大。首相は尖閣を日本の領土と強調しながらも、冷静に対応する考えを示した。

 この日の日米外相会談で、ケリー国務長官は岸田文雄外相に対し、「尖閣は日米安全保障条約の適用範囲」との見解を改めて表明。しかし、首相は米戦略国際問題研究所(CSIS)での質疑で「米国にこれをやってくださいということはない。尖閣は私たちの力で守る」と述べ、米国を巻き込む事態は招かない考えを示唆した。・・・

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦拝



[1223]石堂清倫の陸軍批判・情報武官小野寺信について
投稿者:田中進二郎
投稿日:2013-02-25 03:06:38

前回の訂正、石堂清倫の陸軍批判と情報武官小野寺信について
田中進二郎です。二週間前に投稿した『アジア人同士戦わず』の思想の源流を探る、についていくつかの間違いがありました。遅くなりましたがお詫び、訂正します。


(前回の間違い箇所1)
「1941年12月8日の真珠湾攻撃の当初から、「八百長」戦争であったわけで、フランクリン・D・ルーズベルトはハワイのパールハーバーに、太平洋艦隊を囮(おとり)として攻撃させる戦術(作戦)を用いた。また日本軍は日本軍で、太平洋艦隊を「奇襲」攻撃した後、第二次攻撃の命令を待っている航空隊に、「攻撃は終了、帰って来い」という命令を出している。
そのころ、ルーズベルト大統領はパーティーで婦人たちに、「もうすぐ、日本が攻撃してくるころだ。ハハハ」と笑みをうかべていた。
そして、その後にあの有名な“Remember  Pearlhabour”の演説となるのである。

(参考 「真珠湾の真実」(ルーズベルト欺瞞の日々)ロバート・スティネット著 文芸春秋 ほか この本は副島先生も「必読だ。」と著書で書かれている。)」
と書きましたが、「もしや」と思って調べてみたら、上に書かれていること全てが副島先生の『時代を見通す力』(PHP研究所)のP296~298に書かれている事柄でした。
(ただし「八百長」戦争という言葉は私田中が勝手に書いたものです。)


(前回の間違い箇所2)
「石堂清倫(いしどう きよとも 1904~2001年)が97歳の高齢でなくなられるまえに
グラムシ・シンポジウムというのがあった。アントニオ・グラムシ(イタリア共産党の創設者のひとり ベニト・ムッソリーニのライヴァルだった。)研究家や社会思想家が石堂さんを囲み、グラムシ思想について研究の発表をするという会で、確か、ロマーノ・ヴルピッタ氏が開会の辞を述べていた。ヴルピッタ氏というのは「ムッソリーニ」(中公叢書)の著者で、昨年の六月に「今日のぼやき」(1310 広報ぼやき)で吉田祐二さんが紹介されたの
でご記憶の方も多いだろう。また石堂さんはまさにロシア革命からソ連邦崩壊までの社会主義の世界をずっと生きてきたような、日本の左翼知識人の元祖である。」
と書きましたが、ロマーノ・ヴルピッタ氏ではなく、、グラムシ・ローマ研究所所長ジュセッペ・ヴァッカ氏の間違いでした。(ヴルピッタとヴァッカを間違えるなんて私もバカである。失礼しました)


石堂清倫が日本の軍部がいかに戦略を持たずに、日中戦争を行ったかについて批判している文章があったので、引用します。
(「ヘゲモニー思想と変革への道』~革命の世紀を生きて 第一章より
引用開始)  

 日本の中国侵略戦争の教訓
 第二次世界戦争は世界史におけるひとつの転折点であったといわれる。その一方の主役である日本の、十五年にわたる中国侵略について、戦後いくたの研究がなされ、日本帝国主義の特殊侵略的な性格に反省が加えられたことは事実である。その一方で、歴代の内閣閣僚が戦没者の英霊を慰めると称して、靖国神社に示威的に参拝していることに象徴されるように、形をかえた侵略思想が維持されていることもまた事実である。

 一九三一年九月一八日に始まる満洲の軍事占領の結果として、カイライ国家満洲国が建設されたとき、軍部はこれを王道楽土と称した。満洲は実態としては軍事国家であったが、侵略当事者が「王道」、すなわち道徳による統治の看板をあたえたのは痛烈な皮肉であった。われわれの世代のものは、軍民を問わず、青年期に儒教的教養を身につけている。孔子や孟子を大なり小なり読んでいるのである。その孟子は、武力統治を覇道として斥け、道徳による統治を王道として尊重した。関東軍首脳の人びとは陸軍幼年学校、士官学校、そして陸軍大学で何回も王覇の別を教わったはずである。彼らが何ひとつ学ばなかった例はこれだけでなく、とりわけ、教科として重視された孫子や呉子の兵法に反する戦略をとりつづけて敗戦に至ったこととあわせて、よく記憶すべきことであろう。

 ついでに言えば、政治における理と力は孟子に始まるわけでなく、彼より三世紀も前にすでに墨子にその兼愛説にもとづく「非攻」すなわち戦争反対論の一節がある。孟子や墨子ほど有名でないが後漢の王充(二七-七七?)の『論衡』巻十に、国を統治するには第一に徳を養い、第二に力を養うことであり、徳を尊ぶならば戦うことなしに同意させることができるという一節がある。

 日本人のあいだに普及していた王覇の論が道徳的・倫理的同意形成の政治理論に発展しなかった経過は別に論じなければならないが、このヘゲモニーの事実は日本の中国侵略戦争の経過でも見聞することができたのである。とくに三〇年代後半の日本軍と中国軍との交戦が、しだいに後者に有利に傾き、時がたつにつれ中国軍が個々の会戦に勝利していることをわれわれは知っていた。国民政府軍と人民解放軍との内戦段階では、それがいっそう際だつようになった。

勝利がたんに軍事技術的に得られるだけでなく思想戦としても展開され、戦闘開始以前に「民心」がすでに解放軍に集まっている状況が新聞報道をつうじてよくわかった。ただ、われわれにはそれを道理と暴力の弁証法として理解する力がなかった。国内に居たものもそうであろうが、中国から帰還した兵士たちはもちろんのこと、居留民たちも、軍事に従属した日本の政治しか知らないものが、新しい中国に生まれている「軍事を自己に従属させる政治」に触れて何を感得したであろうか。

 三〇年代の末に、中国各戦線の指揮官たちがもはや軍事的成功の展望をもてなくなったとき、満鉄調査部が、おそらく支那派遣軍総司令部の内面的示唆に応じて、「支那抗戦力調査」として中国の抗戦能力を分析したことを想起したい。その結論は、日本と中国の関係問題はもはや軍事的には解決の可能性はなく、政治的に打開する外はないということである。新しく政治的外交的に中国と交渉を開始するには、当然の前提として、日本軍部隊をすべて中国から引きあげることが含意されていた。言いかえればこれまでの軍略を新しい政略に従属させることがその前提であった。

軍内部にはこの選択を期待する状況があったにもかかわらず、どのような機微の逆転によるかまったく不明であるが、東條英機らの強硬派の主動によって満鉄調査部関係者の大量検挙のような奇襲によって、軍略が政略を圧倒した。しかし、十五年戦争における軍部は、日露戦争時代とちがい統帥権の独立の建前から政治を軍事に完全に従属させていたのであって、このことは『統帥綱領』(一九四七年復原版)の解説が、国家戦略不在のせいぜい野戦軍レベルの戦術の硬直した形式化にとどまり、クラウゼヴィッツが戒めた「依法主義」(Methodismus)に囚われていたのである。
その結果、わが陸軍が養成した将帥は、せいぜい方面軍の指揮官にすぎず、国家の運命を左右する国軍の指揮官は生れる由もなかった。(クラウゼヴィッツ生誕二百周年記念論文集『戦争なき自由とは』五二五頁)。軍事思想の根幹がそうであったから、「調査」を局面転換の一手段として利用することは結局失敗したのであろう。

いしどう・きよとも 一九〇四年、石川県生まれ。二七年東京帝国大学文学部卒。在学中東大新人会に入り、日本共産党に入党し、二八年治安維持法で検挙。三三年転向し三八年まで日本評論社に勤め、三八年満鉄調査部に入社して大連に渡り、大連図書舘などに勤務。四三年満鉄調査部事件第二次検挙で逮捕、四五年懲罰応召、敗戦を関東軍二等兵としてハルピンで迎え、大連に戻った後、四九年まで労働組合で働く。帰国後日本共産党に入り、六〇年頃離党。七七年には荒畑寒村らと運動史研究会を結成し、『運動史研究』(全一七巻)を刊行。グラムシ研究会を創立、グラムシ思想の普及に努める。おびただしい訳書以外の著作に『わが異端の昭和史』(正・続)『異端の視点』『中野重治と社会主義』『大連の日本人引揚の記録』等がある。
(引用終わり)


田中進二郎です。前回「戦略なき戦争に突っ込んでいった日本軍部」と私は批判しました。上の石堂さんの文章にも納得するところが大ですが、「方面軍の指揮官程度しかいなかった」、という指摘については、うーん、どうなんだろう?あとクラウゼヴィッツの「依法主義」という言葉もよくわかりません。

副島先生の「時代を見通す力」には次のような記述があります。
(p294より引用開始)
・石原莞爾(いしはら かんじ)の警告「間違ってもアメリカとは戦争するな」
米内光政(よない みつまさ)海軍大将(37年の近衛文麿内閣では海軍大臣)はアメリカとひそかに連動していただろう。右腕だった井上成美(いのうえ しげよし)次官も、その五年先輩の山本五十六(やまもと いそろく)大将も当然ながら常に米内と共同歩調をとっている。彼ら海軍のトップたちは三国軍事同盟に反対し、ロンドンとワシントンの軍縮条約に賛成した「条約派」であり平和主義者だということに評価が戦後できてしまった。
今の今でも日本の戦争史や政治評論界では「アメリカと戦っても勝ち目はないと正論を言っていたのに、陸軍がそれに聞く耳を持たず暴走した」ということになっている。そんなものは真っ赤なウソである。ここで私ははっきり書く。後の東京裁判でA級戦犯として絞首刑にされた軍人たちのなかに海軍は一人も入っていないのである。

関東軍参謀だった「戦争思想の天才」石原莞爾陸軍中将も、日本の満州権益を守るために、彼自身が初期にかなり謀略的なことをした。けれども石原は戦争不拡大派だった。「中国本土には手を出すな」といい続けた。石原はアメリカに対しても冷静だった。綿密で詳細な国力比較した結果から、海軍の米内や山本たちよりずっとはやくからから「絶対に負けるから間違ってもアメリカとは戦争をしちゃいかん」と言っていた。
それもあって左遷され、満州から日本に早々と帰された。東条英機首相と
ぶつかって、満州国の設計者の地位を追われた。49歳で京都師団長となって、このあと退役、昭和十六年(1941年)には予備役に編入だ。石原たち「不拡大派」は主導権争いに敗れたのだ。
(引用おわり)


田中進二郎です。『消えたヤルタ密約緊急電-情報士官・小野寺信(おのでら まこと)の孤独な戦い』岡部 伸 (おかべ のぶる)著  (新潮選書) によると、日中戦争開始後一年半近くたった、1938年12月に日中和平工作が水面下で始まったという。日本軍が中華民国の首都南京を占領した後のことである。
(以下要約・引用します。p120~132)

情報士官の小野寺信は南京におかれた総司令部から、国民党の蒋介石との直接和平の可能性を探るよう命を受ける。陸軍参謀本部は支那課とロシア課で作戦が違っていた。
支那課は南京攻略前から汪兆銘(精衛)の傀儡(かいらい)政権をたてることによって、蒋介石国民党政府を弱体化させて、和平にこぎつけようとしていた。陸軍参謀本部は圧倒的にこの考えが強かった。この作戦は「梅工作」
と呼ばれた。

一方、ロシア課の小野寺はハルビンで情報武官として教育を受けたあと、ポーランドやバルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)、スウェーデンなどの情報武官と厚い信頼関係を築き、ソ連やナチス・ドイツの軍の動向をつかんでいた。その小野寺は、「傀儡政権は世界史的にみても多くの場合は失敗する。」ということをヨーロッパの民族の興亡を肌で学んでいた。「中国のナショナリズムを考えると、傀儡の汪兆銘政権では、中国の民衆の信頼を得られない。重慶の蒋介石政権に直接和平交渉を開くしかない。」と考えた。

また蒋介石の国民党の背後に、敵対関係にありながら「抗日」で合体を模索する中国共産党がいて、それを操っているのは、世界に共産主義を浸透させようとしていたソ連のコミンテルンであることを見抜いていた。

英米が支持する国民党政府は国共合作を進めていて、日本軍が侵攻を続ける限り泥沼になるだろう。戦争が長期化すれば、利するのは中国共産党であり、ソ連である。そこで小野寺は早急に蒋介石と和平を結ぶことを考えたのであった。

この工作機関は「小野寺機関」と呼ばれ、『魔都』上海の外灘(通称バンド)のクラシック・ホテルに事務所と住居が置かれた。陸軍の総司令部も板垣征四郎陸軍大臣以下、小野寺に期待するところ大だったのである。この機関には、二十人ほど起用されたが、軍人はひとりもおらず、ソ連や中国共産党の事情にくわしい転向者を多かった。また近衛文麿の息子文隆も加わっていた。

小野寺は蒋介石との会談相手を、近衛文麿首相か板垣征四郎陸相のどちらかにすると構想していたようだ。しかし、陸軍参謀本部はそこから小野寺を支援しなくなる。近衛文麿も積極的ではなかったという。そして支那課の汪兆銘傀儡政権工作派が巻き返していき、小野寺機関は解体される。小野寺信は左遷され、近衛文隆は上海で軟禁された。その他の日本人は逮捕され、中国人工作者は処刑の憂き目にあう。

結局、日本の陸軍参謀本部は片方で傀儡政権を樹立し、片方で蒋介石との直接和平を模索するというダブル・スタンダードを行ったのである。これでは交渉相手の信頼は勝ち取れなくて当たり前である。機関を解体され、上海を去ることになった小野寺に対して、蒋介石は部下を通じて、金製のカフスボタンを贈った。それには「和平信義」と彫られていたという。
(要約・引用終わり)

田中進二郎です。ながく引用を繰り返してしまいました。泥沼の日中戦争をなんとか食い止めようという動きがあった、ということは少しは日本人として明るくなれることではないでしょうか。
また今も尖閣問題でゆれる日中関係をどこかで、誰かが立て直そうとがんばっているだろうと思い、そういう人の応援になれば、と思い書きました。
ちなみに私は左翼活動家ではありませんので、その点はどうか誤解されないように。「アジア人同士戦わず」の精神を守ってゆきましょう。
田中進二郎拝
スポンサーサイト

★★★TPPでは輸入デフレギャップは計算されていないため、一部は大打撃となる可能性大。



TPPで問題なのは、格差である。賃金格差のある地域から100の物価を5円程度で
輸入するのがTPP協定である。

わかりやすくいうと、国内起業家らは、輸入物資相手に「駄菓子屋の単価」で
相手国と無税で勝負しろということとなります。

当然経団連は役員報酬がほしいですから、部品は海外製で安いほうが給料が上がる。
しかし減税が必要と叫ぶので、消費税のキックバックが必要となる。
即ち、環太平洋協定では、国民は大幅な税金増加が求められているということとなる。

例えば100円が5円だとする。単価5円では賃金は出せないので、税金を
補填する仕組みが必要となる。増税となる。しかし単価は5円。国内で対抗しようにも
輸出国は中国・韓国の支配下なので、圧力で物資を調整してくる。
すると企業は兵糧攻めとなり、今回の暴動のようにパニックが発生する。
これが食料全体と関わる産業で発生する。

誰も鳥の糞を喰わせている牛肉など食べたくないが、安かろうが横行すると、
この食害やバイオハザード、産業にまで被害が及ぶ。

農家の場合、被害は大きい。競争で相手国も同品質となるので、
たった一年後には、独立されて同品質使用品が出てくる。
なので輸出では無意味となり、無農薬や非遺伝子組み換え以外は
富裕層に人気ではなくなり、他国と競売となる。トウモロコシはそれで
競売負けしている。

農家で使用する国内産業は次の通り。

■運輸、ガソリン、ビニール会社、パート従業員、農協、堆肥企業、
バイオ産業全体、コスト関係、物理運輸関係。

全部が低価格なので、運輸コストから大変ということとなる。
だれかが原油のときのように、為替操作で債権先物をいじった場合、ファンダメンタルの影響で
調達資金は穀物系や動く。すると、5円で買えた商品が50円となり、
賃金上昇も含み、結局国内価格と同等となるが、相手国は低賃金で
為替安で大量に日本の技術で同品質を送り込むので、日本は商品過剰
保有状態となって、税金で補填する。全産業の補填が既に元安やウオン安で
始まっている。増税はこのために発生する。

さらに経団連は低賃金工場員のための移民をプレゼンスしている。
ここから移民が入ると、治安対策で刑務所はパンクしてるので、
地方に民営化で迫る。運営は市が刑務所を運営する方式となるので、重税となる。
さらに移民は貯蓄が目的で本国送金が目当てなので、地域経済には貢献しない。
全部送金してるので、せいぜいスーパーで格安のたまごを大量に買ってくるだけである。
さらに外国人は人権問題で裁判を連発させるので、起業家は逼迫してくる。

これが一切報告されずにTPPが開始されている。
駄菓子の市場価格で賃金を出せるだろうか?

現在スーパの弁当は250円でハンバーグ弁当が食える。
これが120円程度となる。さらに税金で大企業を補助するので、5兆円は
かかる。低価格デフレが始まり、低賃金となる。このため、賃金ギャップと製造ギャップのダブルで
既に二択はなく、海外移転は必須となる。移転で増税となる。

という仕組みが続く。

しかし、TPPを廃止させるという計画がないのはバカの仕事だ。
最後は為替の意味も無くなって、債権市場は混乱となるだろう。
資産価値がデフレで下がるのに、経団連は儲かると予測している。
見た目は儲かるが、農家以外に対してもいずれこのブフレ補填増税が始まる。
さらに外人に支給する税金が年々倍増している。増税で潰れてしまう。
民主党内閣のバカの骨頂である。

通貨安を完全管理してからでないと、この競争は負けるのではなく、圧倒的に国民にとって
面倒な世界となる。

しかも安全なものは一切食えなくなる。海外食品で人間の寿命まで意図的に操作される時代が
来たということだ。


わかりやすくいうと、音楽cdである。一曲100円で買える時代となって、
cd売店も根こそぎ倒産し、あのマドンナすら年収が半減して
ライブで資金を得ているという現実になっている。システムも変更してないと、
大損をするということだ。政府が無料で農家に販売ルートの通信ネットインフラと
販売インフラを提供することが必要。また同一の栽培技術提供も必要だ。
他者の農家の競合で輸出格差被害が小口農家で発生するからである。

-----------------------------------------
反日過激派外人含めて2011年度の子ども手当について、受給対象となる世帯に
一定の所得制限を設ける案が政府内で浮上している。具体的な目安として、
年収1000万円または2000万円の世帯を上限とする案が有力視されている。
11年度の子ども手当をめぐっては、3歳未満の子どもを持つ世帯に限って月額1万3000円から2万円に
引き上げる案が検討されており、手当の支給総額が膨らむのを抑えるのが狙いだ。
富裕層にも資金が提供されるので、増税となる。

朝鮮学校には調査せずに予算は3800億の予定。増税で検討
防衛費は前年度分からカットで捻出。
-----------------------------------------
中国政府による武器型odaによるTPP地域との関係
http://www.google.com/search?q=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E6%AD%A6%E5%99%A8%E4%BE%9B%E4%B8%8E%E5%9B%BD&hl=ja&biw=1000&bih=600&tbs=clir:1,clirtl:en,clirt:en+Chinese+donor+arms&sa=X&ei=mPPYTNueLMqs8Aa_1enpCQ&ved=0CFkQ_wEwCg
------------------------------------------
外国人犯罪者の増加と共に、検挙数が低下かしてるため、実質犯行率
は少なくなっていると報告がされている。未満検挙となった場合、外国人犯罪とは
カウントされないため。また民主党政権では入国ビザ無しとなったため、
密入国対策の実施立件前に実質戻り、増加する方針となる。
-------------------------------------------

http://www.election.ne.jp/10863/file/9228
http://www.aubetec.com/~rimbaud/blog/WindowsLiveWriter/34f1b95ac970_9C14/takeshima02
http://image.blog.livedoor.jp/a6news/imgs/9/4/94027153
http://blog-imgs-38.fc2.com/w/h/i/white0wine/20100112085625fbf
http://blog-imgs-23.fc2.com/f/o/u/foulking/10570

竹島の違法占拠問題で大使館に対して攻撃があったが、
こんな状況を迎合する民主党はなんだ。だらしがない。
日本をなんだと思っているのだ。


★★★統一教会と文鮮明は偽物である。

実は文鮮明は神だと言っているが、キリスト最古の民兵結社は



そんなことを発言したことはない。バチカンより古い結社が


英国にはある。しかし統一教会は教団としても認定すらされていない。

これらはフリーメンソンを支配する最高幹部も発言している事実。

ようするに、魔物が神を語っているというのが、文鮮明の本当の姿だ。



魔物が神を語る特徴として、次の様相が証拠として出てくる。


■自分を崇拝させる。


■遺憾なフリー交友を教義とする。


■性的な表現を利用する。


■神だと宣言する人物の人相は、蛇のように目が細く、悪魔の眼光をしている。


■誰が見ても神なのに不細工である。

■清楚な意識がなく、下品である。


■金銭に執着する。


これが該当した場合、カルト団体の悪魔と認定してよい。



サタン(悪魔)も光の天使に偽装するのだから(2コリント11-13~14)


キリストの使徒に偽装する人々が出現しても不思議はなく、


それらに惑わされた人々は、自分達を「キリスト教徒」だと信じ、


その教えを広めようとする純真な人々である場合が多いからです。


という一説がある。

http://homepage3.nifty.com/mayuriya/sinden/teo-1.html



ユータス・マリンズの本、『世界権力構造の秘密』

の著書でも敬虔な米国クリスチャン達が文鮮明が

偽物だと指摘している。ようするに、悪魔が化けているというのだ。

各国でもやはり文鮮明は悪魔だと悪魔教団のトップも発言している。



この統一教会というチンピラの外道悪魔どもを廃絶しようではないか。

統一教会から信者を家族に奪還すべきだ。

まずは、被害者に対するケアが大事である。
現在警視庁公安部では、テロ対策と組織による誘拐の取り扱いや
テロ組織の誘拐に対する事例報告も対処している。

被害者の家族はまず宗教団体や牧師の組織から離れ、
警視庁の公安部に連絡し、奪還の対策を願うように連絡をせよ。
また要請を受け入れない場合には、渋谷街頭テレビで
被害を説明するビデオを街頭テレビで呼びかけ、政府による救出
を要請せよ。



ドメイン 9405375a9dfdf9da
ドメイン登録者 Eguchi Keiichi
登録場所Unification Church in Japan
住所 Shoto-cho 1-1-2 City:Shibuya-ku
Posta 150-0046


Tokyo Kddi Web Communications Inc。

IP  110.50.217.106
世界基督教統一神霊協会のデーター。
渋谷の韓国人右翼団体組織周辺に拠点がある。
関係団体に朝鮮学校が周辺にあり。


宗教法人 世界基督教統一神霊協会 立教 1954年
(昭和39年法人登記) (日)
(英)
開祖・教祖 文鮮明(ムン・ソンミョン、Rev. Moon)【教祖名 偽名 】現指導者
聖典・教典 聖書(旧約・新約)
原理講論 本拠地 (本部)大韓民国 ソウル市
(日本)東京都渋谷区松濤1-1-2
崇拝対象 文鮮明・韓鶴子夫妻 信徒数概算 100万人以上(全世界)
約50万人(国内)
関連団体 世界平和統一家庭連合 世界平和青年連合 関連企業 株式会社世界日報社 The Washington

Times
世界平和超宗教超国家連合 世界平和女性連合 成和出版社 United Press International
日本青少年純潔運動本部 国際勝共連合 世一トラベル 株式会社ハッピーワールド
真の家庭運動推進協議会 世界文化体育大典 株式会社光言社 株式会社コスモフーズ
The Moment 尾瀬霊園 一心病院 U-One TV
World CARP Japan (原理研) 国際ハイウェイ事業団(英) ホリスティック京北病院 株式会社一和
Pure Love Alliance Japan 鮮文大学校 韓国チタニウム(英) 統一重工業(韓)
教団の特色、日本女性の誘拐と合法的テロ組織の仲介、
各国にサリンの密売、奴隷女性の斡旋、テロによる暗殺、毒殺、警察官の取り込み、
賄賂活動も世界反日運動、オウム真理教に対する施設の提供、日本人dnaの解析と窃盗、
芸能界の監視、保守派団体に対する扇動と洗脳などが中心である。

一昨年警視庁公安部では、カルトテロに認定され、一般人や
保守派団体は加盟しないように指令が出ている。
教義は日本女性は韓国人男性の性奴隷だとして生まれたと教育する。
混血児の強制出産、奴隷活動、売春、堕胎も要求され、
優秀な混血児は芸能界に進出させて宣伝党員として利用する。

第二本部はロサンゼルスとニューヨーク。
財団の第二管理者はイスラエル人のアーノルドボーブグレイブ
ロスチャイルドの親戚である。
教祖は韓国人であり、最大本部はイスラエルにある。

基本的にイスラエル主義者と共闘をする。

近年北朝鮮軍部に軍事資金の提供と技術提供でマークされている。
全国に拠点があり、毎年誘拐が発生し、拉致事件の600倍の件数が
報告されている。


自民党派閥の最大協力機関であり、背後には軍用武器の所持する
暴力団を有する。最近では民主党にも接近し、保守派を扇動する国際テロ組織である。

足立教会 登録本部大阪
http://www.uc-adachi.com/
IP 125.53.25.45

糾弾ビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=cqmFJN8ZILc

関係ビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=YLp2Y2nkqKY

日本保守議員 安倍総理の誘拐事業と祝辞
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3872488

右翼に偽装する朝鮮の反日過激派団体。
http://www.youtube.com/watch?v=XrKfWNNwrSY

警視庁公安部にテロ活動指定され逮捕される。
http://www.youtube.com/watch?v=IScFCktts8U

公安部部長会見 暴力団や過激派は在日朝鮮人活動家である。
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=240573
長崎市長射殺事件は暴力団構成員の韓国人右翼機関員
http://vision.ameba.jp/watch.do;jsessionid=26C5118F5632E74E31A79CCAB6036E6A?movie=208217

在日韓国人ゼネコンと教団の癒着事業 日韓トンネル
http://www.dailymotion.com/video/xcxvt2__shortfilms
教団による拉致監禁をなくす会
http://rachi.info/

世界基督教統一神霊協会(統一教会)の関係者が運営するNPO法人のイベントを外務省が後援したり、

そこで自治体の首長や現役官僚が講演したりしていたことがわかった。
NPOは「未来構想戦略フォーラム」(東京都武蔵野市)。02年に発足し、07年に都認証NPOとし

て法人化。

統一協会の集団結婚-日本人女性7000人韓国に-農村部で困窮生活-研究者調査
2010年5月11日(火)「しんぶん赤旗」

統一教会ダミーの団体リスト
http://sky.geocities.jp/nanigatemp/

10年前に、オウム心理教団によるサリンテロがあった。これらは当初北朝鮮
の活動と錯覚されていたが、実際は混合テロであったことが最新の調査で
判明している。サリンは韓国製、テロ部隊は北朝鮮、組織開発は米国のmk機関である。
一部ソ連情報部との提携もあったらしいが、ロシアfsbでは暗殺対象として
マーク。

過去、オウム心理教団の施設の大半が、統一教会からの提供であったことが判明した。
http://hiroshima.cool.ne.jp/h_sinobu/touitukyoukai1.html

★★★反捕鯨映画の上映を開始

腐れキリスト教徒の国際テロ組織によるという対日攻撃映画の上映が話題となっている。
もしこれが各国の文化をテーマにした映画を日本が製作してアメリカで上映したら
どうなるのか?という反応を調べると面白いだろう。

たとえば米軍は戦時中、日本の兵士に投降をすれば聖書とパンを渡して
救助したと宣伝した雑誌やキリスト教会の煽動が全国でされていたが、
実際はコルトガバメント大口径で顔面を集団でぶち抜くという殺害を楽しんでいた。

さらに原爆投下の被害者をアメリカに予備、原爆ガールといって番組に出演させて
遊んでいた。それが犯罪の自由の国アメリカの実態と屁理屈だ。

さらに、このようなオカル的な殺人愛好集団であるキリスト主義者に酔狂し同調し、
国際テロに対しての自由の表現だというのは犯罪であり、異教徒による異常な非道徳性の
屁理屈である。

もし日本で牛絶対主義者団体というのが設立され、牛は神の預言者である
からして米国主義者は人道に逆らう虐殺者であるという論調の映画を
ハリウッドで公開した場合には、どういうを反応を見せるのか?

日本では昔、牛を殺すことはエッタといわれて禁止であったが、戦後アメリカの強制
によってキリスト教徒が強制的に日本人に食わせている。以前の日本では陸上の肉を
解体した鍋は縁起が悪いとして捨てていたほどだった。
それを知らない文化論者がキリシタンだということを隠して煽動をしているのである。

腐れキリスト教徒は永遠の犯罪者だと自らの犯罪を肯定する。それは罪から
生まれたからだという。要するに、悪魔の申し子だということの証明である。
世田谷一家虐殺事件の韓国人組織もクリスチャンであった。
さらに英国人女性を殺害した市橋もクリスチャンであった。
さらに佐世保プール射殺事件の犯人も有名な聖人一家であったが、
このいずれも殺害を翼賛して未だに反省すらしていない。

また嘘を言って社会を先導して戦争をさせるのもキリスト教徒らだ。
イラクの虐殺、イランに対する暴挙、原爆投下虐殺、東京大空襲虐殺、
ベトナム虐殺、そのほとんどが、実はキリスト主義者による悪意と遊びによる虐殺
なのだ。

キリスト主義者にとっては戒律で定めた虐殺は美徳であり、奴隷制度も美徳である。

それを屁理屈で支持するのもまた隠れキリシタンの証拠である。
表では救済を叫び、裏では殺す。

まさにジキルとハイドの教団なのである。

反捕鯨抗議に対するアメリカ国内の評論と実態を解説


nhkで本日特集された反捕鯨を追求する団体 抗議シーン1


救うと嘘を宣伝して特攻隊を爆破殺害するキリスト艦隊

解説によると、米兵が助けたことになっているという。
どこに手榴弾を投げ入れて爆破し、ガバメントで連射する
救助方法があるのか。映像を見る限り、聖書を渡して救助した
というシーンは見えない。またどこに手榴弾が見えるのか。
抵抗した形跡すら見えないのだが、キリストにとっては
助けたのだという。冷酷な面して射殺しているが。
http://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&cd=1&ved=0CAYQFjAA&url=http%3A%2F%2Fjseagull.blog69.fc2.com%2Fblog-entry-320.html&ei=x7QQTOO1NsKHcYOsyOMH&usg=AFQjCNH5AMNSxBX8-1R5SJb7Xyfnm1oTkA


シーシェパードが一切抗議しない白人の映像 俳優は泣け

value="http://www.youtube.com/v/TzhokLkRpVs&hl=ja_JP&fs=1&">
name="allowscriptaccess" value="always">
type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="480"

height="385">



シーシェパードの欺瞞性を追求する映像

value="http://www.youtube.com/v/Q1Yi9RmhZ6w&hl=ja_JP&fs=1&">
name="allowscriptaccess" value="always">
type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="480"

height="385">



鯨由来の化粧品を利用するハリウッド女優の面々。
素晴らしい欺瞞のキリスト原理主義テロ組織である。

★★★反捕鯨映画コーヴの一派は、イルカにSEXを求める狂った奴等

ある情報によると、コーヴを製作した映画監督率いる捕鯨反対派らは、
なんと【イルカとSEXをする獣姦マニア】の基督教徒組織らであったことが判明した。


当初動物団体として偽装していた連中であっだが、イルカを性交渉の
相手とした思想をもつ、頭の狂った奴等であった。

我々日本人には到底理解しがたい異常者の反捕鯨組織。
まさか動物と姦淫をするための愛好者組織であったとは驚く。

この神であるとする【ガイア教の天使】イルカにsexを求めた
獣姦マニアの賛同者は次の通りである。
http://www.youtube.com/watch?v=xRicmYXmDhg

現地ではこのような行為を娯楽とするサイトが沢山あるというからおぞましい限り!





■グリーンピースと民主党議員
クジラどーなの?公開討論会
グリーンピース鯨肉事件 ~何を見つめるべきなのか?~
ttp://www.greenpeace.or.jp/event/e20080702/view

開催日時: 2008年07月02日(水) 開場18:30 19:00~20:45
主催: クジラどーなの?ネットワーク(アースデイ
東京2009実行委員会準備会有志、サステナ、トージバ、ナマケモノ倶楽部)
協賛: パタゴニア日本支社

民主党議員でありながら、ヘロイン中毒者であり、息子は暴力団員として活動する
基督教徒 歌手 「喜納昌吉」
谷岡郁子
保坂展人 以下数名のグリーンピース賛同者と関係者。


■反捕鯨団体のリスト
ホルスト・クラインシュミット 元IWC副委員長
イアン・キャンベル   元オーストラリア環境相
ダライ・ラマ チベット仏教の始祖
リチャード・ディーン・アンダーソン 俳優
クリスチャン・ベール 俳優
オーランド・ブルーム 俳優
ピアース・ブロスナン 俳優
ダリル・ハンナ 俳優
ミック・ジャガー 音楽家
エドワード・ノートン 俳優
マーティン・シーン 俳優
ユマ・サーマン 俳優
ヘイデン・パネッティーア 俳優

■団体・企業
タスマニア緑の党 パタゴニア Bluetongue Beer - オーストラリアのビール製造会社
Lush - イギリスのバス用品、石鹸、美容用品を取り扱う会社

という具合に、異常者反捕鯨団体の表層が見て取れる。
このおぞましい連中こそが世界の情報をゆがめた張本人らである。

私らは言いたい。いつ、どこで、どの聖書にイルカを人種なの
SEXフレンドなどと説明した聖書があるのかと?

基督聖書にはイルカとSEXをする内容が書いてあるのか?
このバカどもめが!

さらにこれらの異常者を崇拝して賛同する人間がもう一人いる。
それは悪魔崇拝団体の日本人幹部、総理大臣の鳩山由紀夫である。
さすが悪魔崇拝カルトの幹部である。貴様の国の文化を貶し、
外人を崇拝するその哀れな様は、正にゴイムとしての称号が相応しく、
いや、豚以下の悪魔といえよう。

こちらがシーシェパードの団体名を示した資料。
―【名】
1 【C】 羊飼い,牧羊者.
2a 【C】 (教会員を羊に見立てて)牧師.
b 【C】 (精神的)指導者.
c [the (Good) S] よき羊飼い,イエスキリスト.
3 =→shepherd dog.


イルカ獣姦主義者を保護するために版捕鯨活動が
あるとするならば、シーシェパード率いる変人どもは、人類
の汚点といえよう。うせろ、この人間以下の豚どもめが。
これがシーシェパードの賛同者らだ。

★★★岡田大臣は即時辞任せよ イランに対する問題発言に意義あり。

民主党は国家クデターを遂行中、危険なテロ組織政党と変貌した。

日本経済も今後危険となる。その理由とは、

経済論抜かして選挙で自民に大勝したが、経済でも政治でも最も大事な親日国家のイランに対して
軍事攻撃を推薦するような意見を岡田外務省大臣らが米国で発言してしまった。

こいつらはイラン政府が無料のような値段で何度も原油を日本に譲ると政府人
コメントしてるにも関らず、狂人の岡田軍事攻撃に賛同するというナチスとなった。

イスラム社会では昔、日本人が来ると【神の民族】が来たといって町と部族が集まって
祝砲をあげてご飯でも何でも無料で食わせてくれるほどの世界唯一の親友がイスラム諸国であった。
どこの国でも日本人だけは特別扱いで招待してくれるほどの国がイスラム社会であった。
他の国の民族と比べると、それは殆んどが攻撃対象としてみるか、騙す相手としか日本を見ていない。
その中で唯一の友がイスラム社会である。

例えば、イラク戦争の時にも、アラブとイスラム諸国だけが日本人を率先して
釈放して帰国させてくれたという事実があり、また世界中の部族長らは
日本人を守れと説明してくれている。またイラクの民兵組織でも間違って日本人を
射殺したことに部族で反省して猛省しているという中で、日本にとってはとてつもなく、
ありがたい民族である。

そして日本の工業製品の多くが、イスラムが愛用して買ってくれている。
アメリカだけが貿易国ではない。トヨタ社の製造部門の半数はアラブとイスラム向けである。
他にも安い香辛料、美味しい高級オリーブ、そして辛口で人気のあるイスラムコーヒーなど
とても親切に日本とは長年貿易をしてきた、いい民族がイスラム人らである。

例えばイラクでは地元部族は自衛隊だけには強力な武器を使用するなと
火薬の量を全部調整し、死滅だけはしないようにと威嚇だけして対処していたのだ。

またアフガンやイエメンでも殆んどが日本人を守れと部族長が命と家族の人命をかけてまで命令を出している。
この覚悟を知らない馬鹿な親米派と朝鮮人シンパである一部の朝鮮人帰化人の議員らは、
現状を知っていて物事を語っているのだろうか?イスラム人とはそういう結束力と道徳性のある民族だと
本来は知るべぎてあり、敵ではない。間違っても敵ではない。

イラクで射殺されたフランス外人部隊の日本人にしても、間違って撃ってしまったイスラム民兵は
とても落ち込み、反省をしていたではないか。

勝手に日本人の顔を反イスラムをしないでくれよ、民主党の朝鮮族ども。


しかし、岡田財閥である岡田外務大臣は過去に何度も失礼な態度で反イスラム運動を口にして、
まるで韓国人のような態度を度々見せ付けているではないか。ドロ水を飲めと言った馬鹿大臣は
永久に解雇だ。二度と政治家となるな。イスラム諸国は日本の水を売ってくれと言っているだろう。
この馬鹿どもは自民党の低俗議員に続き、それ以下の愚態を見せ付けている。

いいか、民主党の左派よ。今日本の貿易はロシアがジャンクし、アメリカもジャンクし、中国もジャンクするかもしれない中で、
唯一日本だけを特別扱いしてくれているのはイスラムという友人だけである。
どこの馬鹿がアメリカが計画する日本とイスラムの代理戦争の口実に易々と乗る馬鹿はおろうか?
もしイスラムと手を切れば、日本は壮絶な失望感の下に、その大事な親友と貿易国を同時に
失うこととなろう。これは民主党の責任となる。


在日朝鮮人の混血児といわれている韓国シンパの岡田外務省らは、日本人がイスラムと
敵対しているかのような危険なイメージを出しつづけている。

世界のイスラム教徒よ、即時に岡田大臣の財閥であるジャスコやイオンに対して
絶対に貿易契約をしてはならない。ジャスコ系列店と傘下のホームセンター全てに対し、
イスラム諸国は販売を停止せよ。
ジャスコ社に対する高級品や香辛料の輸出停止、ならびにイスラム産コーヒーの輸出停止を開始せよ。
それらの余剰物産は、他の政治介入していない百貨店やスーパーに輸出すればよし。
これらは日本人ではない岡田財閥によるイスラム人に対する宣戦布告である。
断固イスラム諸国は岡田財閥を許してはならない。

民主党らはイスラムと日本を戦争させる気か?この間抜どもは。
朝鮮シンパの売国奴政党が偉そうに政治を語るではない。


岡田財閥は既に日本人財閥ではなく、ただの売国奴的テロリストである。
このような人物の組織根絶し、滅することは、日本の誉れであり、滅ぼすことこそがイスラム諸国繁栄
の礎となろう。中国に出展するジャスコや各地の店舗に対し、イスラム諸国は徹底抗議するべし。
このままでは、いずれ岡田外務大臣はイランに対する米国の攻撃を容認するだろう。
そんなふざけた政策は、日本国民総意で反対する。

また上記と関係する朝鮮人というのは元々、超反イスラムであり、韓国国防省はイスラムは世界から絶滅
するべきだともよく発言している点からしても、やはり日本人には無いイスラム情勢に対する
敵意を見せている。

そのユダヤの手先である反イスラム国際テロ組織である基督世界統一教会、これにはイスラム諜報機関などが
撲滅の対処をすべく行動するべし。この宗教団体はユダヤの国際テロを保護して推薦するため設立した
韓国情報機関と米国ロス一族の共同カルト団体である。世界から反イスラムを広げるこの韓国政府のテロ組織を
撲滅してもらっても一向に構わない。

イスラム諸国よ、間違っても日本国内で麻薬やマリファナを売買してはならない。
それは反イスラム運動の煽動と口実となっているためだ。違法なものを売らなければ
イランに対する国内イメージは全て改善する。絶対に犯罪に関る行動だけは日本国内では
してはならない。そして自爆テロをしてはならない。自爆テロは自国兵士を自滅させる間違った戦術なり。
---------------------------------------------------------------------------
韓国にいけば岡田外務大臣、小沢、テロ組織教祖の麻原、創価学会の幹部、日本の帰化人サッカー選手を
コピーしたような顔つらした奴がゴロゴロいるのだが、最近民主党の幹部の中には、中国や韓国の反イスラム組織
に対して自衛隊の武器を輸出したいという危険な意見も出始めている。

こいつらは日本国民を完全に騙した。ナスチ化している。
国民を助けた裏方で、国家を潰す工作を山岡対策委員長などを通じて行っている。

この調子で民主党が韓国テロ組織に対して国家的癒着で便宜を謀るのであれば、
当然経済はガタガタとなる。

今期国会では、民主党が韓国と北朝鮮の国際政府テロ組織に対し、
日本国内での国家的テロや犯罪の政府介入を【自由化】する【参政権】まで
韓国情報省に対してまで渡すと国会議事堂内で韓国大使館と連絡を始めている。

こんな馬鹿な法案がヌケヌケと許可されたら、日本国内の政治権限・国防・治安は崩壊する。

この法案の内容には、韓国・北朝鮮の朝鮮人に対する絶対的な政治権限が与えられている。

■韓国籍者が来日して不法滞在を一年すれば、日本国籍者より高度な政治参政権を持てる。
問題なのは、韓国政府がこれを日本国の法案として直轄管理者として維持するという。
選挙国内法案であるが、なぜか韓国や北朝鮮政府が国内の権限をもつというこの恐ろしい実態は
正に国家テロである。

ばかなことに、韓国の暗殺機関やテロ組織、罪人に対しても日本国民以上の権限を民主党
は【参政権】というプログラムで渡すと名言している。

どんな政策かというと、
朝鮮人国籍者であれば、国内滞在だけすれば選挙権は自由に譲渡され、
韓国民全てで日本国政を操作できるというとんでもない法案だ。

さらにその信じられない譲渡条件として、韓国の囚人でも入国が自由化されるという規定、
国内で軍事テロを行った場合でも捜査対象として除外できるという指定、
もし放火殺人・テロ・強姦を行った場合でも、警視庁による外国人に対するDNA検査の禁止と検査の禁止、
さらに指紋捺印の廃止や警視庁の犯罪者登録写真称号システムにも登録されないという
とんでもないテロ組織保護法となっている点が見逃せない。

これらが韓国政府の要請で日本が韓国政府にしたがって法案化しろと命令を出している。
こういうのは【圧力的政治介入】といって、どこの国でも【スパイ法やテロ指定の対象】となるが、
民主党と公明党は許可をしろと政府を脅している。

どちらも国家的な30兆円規模のカルトテロ組織として活動し【巨額脱税組織】として立件すらできない
状態だが、そういうテロ組織の介入を政府や警視庁が許している事に、絶する怒りを覚える。

この法案は永久に廃止するべきだとして、歴代の自衛隊長官・総監・幕僚長らが
次々と戦う姿勢を見せているが、民主党は自衛隊のトップの国防機関の徹底抗戦を無視して
勝手に国を渡そうとしている。

その背後にいるのが、朝鮮系宗教団体の思想工作だろう。

山岡国体委員長の関係者は全てが朝鮮系カルト団体であるが。

さらに沖縄カジノ構想であるが、この管理者も韓国政府系となる可能来が高い。
一昨年死んだ中川昭一は右派として有名だったが、実は裏でこそこそとソフトバンク
に対して競馬管理権を買ってくれと、直接会いに言っていたと自ら発言している。
その二の舞にならぬように国家が動くべきだろう。

まるで日本国民全てが韓国・北朝鮮、在日朝鮮人に騙されている状態だ。

一昨年、韓国国防機関は日本は仮想敵国であり、世界に向けて仮想敵国国家にしろと
発言している。さらに在日朝鮮人大学教授達はこぞって日本領土は韓国のものだと
テレビで平然と侵攻作戦を示唆する言葉を連呼している。

これらは経済とも繋がるが、イスラム諸国と朝鮮系が対立させようとしていることがわかるが、
実はトヨタや日産の一番のお得意先国家は、イスラム諸国。
間違ってもアメリカではない。トヨタの愛知県のある工場ではほとんどがイスラム諸国向けの
大型ピックアップを24時間体制で生産していたほどだ。こらちの知り合いが直接
トヨタ工場の工場に出向き、職制と職長から聞き出している。

民主党の岡田大臣らは詐欺手法であるこんな馬鹿な政府工作を許していたら、
イスラム諸国向けの企業は大変なこととなる。
長妻や直人の肝炎問題は評価できるが、それを隠れ蓑にして、堂々とシンパの国家テロの推進や
政治家や組織が国家クーデターを行う姿勢はとても容認できない。

既に歴代自衛隊機関員達が緊急声明発表しており、民主党政権に対しては自衛隊トップは
何一つ賛同しないと表明している。
この国家権利譲渡に対し、如何なる力を行使しても対処すると極右機関や
一部の左翼ゲリラ、そして自衛隊幕僚らも発言している。民主党は国民を騙すことに余念がない。
一部の議員以外は全てテロリストとして観察すべし。

★★★国際キリスト教テロ組織シーシェパードによるkkk運動が再開した。

今年もまたSea Shepherd「海の羊飼い」というテロ組織が暴れている。
欺瞞の集団であることは、米国軍によるジュゴンなどの
生息域被害に対する妨害や抗議をしてないことからしても
「海の羊飼い」どもがKKK思想のテロ組織であることがわかる。

キリスト教KKKの思想とは、白人のキリスト教徒以外は豚であり、
殺すべき存在だと教育している。この団体もまたKKKと同様の
説明をするテロ組織であり、世界各国からテロ組織として認定されている。
しかし、日本ではキリスト教テロ組織だということは報道局の幹部がキリスト教徒である
ために、環境団体としか報道ができない。

背後にいるのがフリーメイソンの俳優のロッジ、そして
クロスアンドボーンズの複合体結社である。
さらにその資金源となっているのが、KKKの本国であるイスラエル食肉協会
の貿易機関のメンバーらであり、日本人に対するテロを行っている。

英語でシーシェパードを翻訳すると、キリスト思想の海の羊飼いと出る。
逆にてグーグルでは翻訳禁止という情報弾圧を行っている。

こやつらは、環境団体を語った人殺しのテロ組織であり、環境運動など
一つもせずに募金もしていない。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=%E6%B5%B7%E3%81%AE%E7%BE%8A%E9%A3%BC%E3%81%84&lr=&aq=f&oq=

羊飼いとマリア信仰
http://ci.nii.ac.jp/naid/110001038776/en


これがもしインドであれば、牛肉を食べるなキャンペーンと
なるが、日本に対する憎悪をぶつけているのである。
そしてこの反捕鯨計画推進者は、実はmitグループである。


低能チンピラKKKはこうして活動をしている。
動画は下記のリンクより掲載。





上記の映像は、ポールワトソンらによるテロ自作自演の映像である。
基本的にこの弾丸は9ミリであり、海洋狙撃ライフルタイプのライフル弾ではない。
こうして平然とキリスト教徒らは大ウソ世界に流し、キリストの戒律を
すててkkk活動をしてるいのである。
あの防弾チョッキでは、当たった瞬間に衝撃で骨折し、
9ミリでも貫通してしまうだろう。そんな馬鹿映像が流れている。
しかし無傷である。失笑ものである。




◆しかし、環境保護なの動物保護なのと言ってるわりには、
アメリカの食肉工場で行っている虐殺行為に対しては抗議ひとつしてないという
テロ集団でもあるのである。

牛を生きたままへし折り、儀式として処理する映像が下記のリンクより。

ハンバーガー 焼肉 ステーキ 牛丼が出来るまで
都合の悪いことであろうと真実を公開させていただきます。
写真は屠殺場で自分の死を悟って泣く牛です。ユーチューブで
Slaughterで検索肉食の真実動画
1http://jp.youtube.com/watch?v=qV9w6sWadH8動画
2http://jp.youtube.com/watch?v=apW4MNd3v8k&feature=related
動画3http://jp.youtube.com/watch?v=6-MoEjMOFHE
動画4http://jp.youtube.com/watch?v=LdB-uYuCxlI&feature=channel_page
毛皮養殖の真実 http://jp.youtube.com/watch?v=lVB2pbdhkcU 毛皮の実態①「ワナ(トラバサミ)編」 http://jp.youtube.com/watch?v=XXcl7Mf8DxM 毛皮の実態②「養殖編」
http://jp.youtube.com/watch?v=1xgwlrhoc5E 毛皮の真実 http://jp.youtube.com/watch?v=iBannJg9dik







http://www.greenleft.org.au/1998/336/20165
Simon Wiesenthal Center Sea Shepherd
シーシェパードの同盟国までの先住民族の捕鯨に対する権利


基督教テロ組織シーシェパートのkkkらは、先住民族のマカ族とも
トラブルを起こしている。またSWCが深く背後で関与
しているということも判明している。

★★★民間人裁判員制度は投資家を儲けさせるめたに作られたアメリカの制度

さて、全国で商業裁判員法である民間人裁判員制度が始まっている。
国民は徹底した読売テレビ、日テレと自民党マジックにより、
なんで裁判員制度が導入されたのか?という疑問を一切一つも感じないままに、
あっさりとアメリカの商業システムを導入されてしまった。

そう、気づかれては困るのだ。自民党のテロリストどもは。

裁判員制度に関る人たちは民間人であり、精神状態は興奮したら
止められない。そのため、罪を快感として重くするという状態が働くのである。
この作用を群集心理という。
(アメリカでは、民間人裁判に選定する人を知性の低い人が好ましいと説明している。)

いわば民間人が数名集まる場所で権力を行為するという
権力行使の「快感」を感じ、【必要以上に罪を重くする】という典型的な群集心理が働く。

政府はそれすらも調査しており、それこそが確認したかった実験例だと説明していた。

そして重罪となれば、民間人刑務所に人員を移動でき、それを維持する刑務所費用
は【民間経営刑務所】に投獄されて投資家の利益となることがわかっている。

いわば、日本人が興奮して裁判員などで適当に民間人感覚で裁けば、
民営化刑務所がボロ儲けするというトリックが背後に隠されているのだ。

現在の日本では、全国で、民営化刑務所を同時に三箇所増設予定だとアメリカの投資家が
発表している。

そう、興奮して裁判員が勝手に罪状を重くすれば、精神療法もなにもなしに
一発で刑務所にぶち込めるのである。
これは投資家としては旨みが大きい。

その状態を作り出すために、テレビ曲は事前にアメリカのロビイストを番組にあつめ、
国民が興奮しやすいようにと番組を編成している。やしきの番組や日テレの番組は
全てCIAの御用達リストで選ばれている知性の低いメンバーが選定されていることも
奴らは知らない。そして興奮症の解説員を選ぶことが番組の前提である。

例えば怒りをテーマにした番組もその一つの典型である。
怒りを煽動する番組を保守派親米組織が徹底的に
放送しているのはそのプログラムをやれと命令されているからである。

それを利用して民間人に莫大な税金を利用してまで
配置されているのである。

残念ですが、興奮して裁いて長期刑にした囚人を維持する
年間数千億という費用は、全て地方自治体と国の税金なのである。
そしてその利益は全て英米が笑って盗み取っているのである。
知らずにいい気になっているのは民間人裁判員だけである。
だから裁判員制度は施行のために、宣伝費というのが利用されている。
これもアメリカが広告効果を出せといって命令したものである。





基本的に【何故】、何のために?という疑問をもたない連中は
口車に乗せられ、テレビ曲流のオレオレ詐欺に騙され煽動に釣られるのである。
だから疑問をもたずに、偽保守テレビ側の発言内容が正しいと錯覚する。

これを推進した側の人たちは、全てアメリカ原理主義の方達であり、
煽動家である。一人も警察機関出身者もいなければ、公安部の取り締まり
議会もないままに可決されて施行されている。

連中英米の資本家達はこれを国民に察知されたくないために、
【民間人感覚を取り入れているという】意味不明の返答で誤魔化している。
しかし、この人たちは使用来的には、全て国税を利用した英米資本家の
投資先として囚人を作らされていることを国民は知らない。

国民の皆様、民間人というのは逆に恐ろしいということが理解できてましょうか?
民間人の中には、強姦やレイプしたことのある学生や罪人が沢山います。
そして強姦を楽しんでいる人や、殺人を楽しむ方達までいますから、
それが裁判員となると、法制度が快楽目的の煽動に利用されるのです。

今テレビ読売系列では、集団性の興奮作用を作り出す番組を
全国で連続放送している。
そして国際テロ組織を仲介している産経組織はその裏方を演じている。
例えば全国では以前、金融改革を取り入れるために、日テレ系が
マネーの虎という煽動番組を放送した。その結果、煽動された人たちが
挙って資本家だけが出しいという思い込みをするようになりました。
また、全国で保守派が放送したセレブ番組にしても、資本家の搾取を美化する
ために、守銭奴が素晴らしいという洗脳を行い、国民の中でセレブごっこが
流行しました。その結果、次々と金融犯罪が激増して、またミクロセレブという
人たちがこぞって殺人事件や金集めに煽動されていきました。
これもアメリカの意図で放送されている煽動のための番組なのです。
竹中改革を美化するために事前に放送されたアメリカのプログラム番組です。


興奮性番組の効果をなぜ放送しているのかといえば、群集心理を
国民にテレビ側が植え付けているのである。まず産経は衝撃的な
映像をアメリカから強制的に流すようにと言われている。
人が死ぬ映像を一月に数百回も放送しているという異様な放送局だ。
これはショックス効果論といい、衝撃的な死に繋がる映像をみせることで、
疑問を感じさせなくするというアメリカ軍が開発したシステムであるが、
産経では現在それを熱心に実行中である。ある地域では、一週間の間に
数十回もショックス番組を再放送した地域がある。延々と朝から娯楽として
人が爆破されるシーンや死ぬ映像を延々と【衝撃映像びっくり映像】
というフレーズで娯楽として放送させていたのである。きちんと娯楽性を
出すために、内部映像には何故か人が傷ついている映像にも関らず、
バックで合成された歓声が入っているのである。
例えば、【えー!】、【ワー!、】【ハハハ、】

このような効果は、人々の道徳心を麻痺される効果として導入されており、
アメリカの番組では全ての低能向け娯楽番組の皮肉のシーンのみに
導入されている。アメリカンホームドラマはその典型であった。

日本でも低能向け番組には必ず巨大なテロップ「文字」と、音声を合成して
放送されている。
この効果は、知性の退化を促すものとして、列記とした軍用として
開発されたCIAのプログラムである。軍用として利用されている。
開発者も実際にいる。オウム真理教でも利用された手法である。

最近ではエロ詩吟という精神異常者が後援する番組が
あるが、あれは一昔前ではテレビ曲に猛烈に抗議の来る番組であったが、
近頃の人々は何も感じなくなった。これがその効果である。

またパチンコ屋が正当な娯楽だとして国民を洗脳するために、
美人芸人と、その企業が結婚をするという工作も行われている。
芸能人と結婚すれば、だれも違法な賭博産業だと認識しなくなるからである。

さて、こうして世界の裏を説明しましたが、これから国民は民間人刑務所
に投獄するために総人口の3割を投獄しろと政府は英国から強制されている。
海外では費用が嵩み、倒産もしかけているが、日本では国民が延々と
刑務所に資金を流してくれるために、さらに過激に実施されていくだろう。

現在アメリカでは、民間人が裁いた囚人が【死刑】ではないのに、
次々と死刑を民間人によって宣告されているという恐怖の事例がある。
つい先週もアメリカの【民間人】に裁かれた黒人が、勝手に死刑判決を
だされるという実体が放送された。
実は、死刑には相当しない罪なのに対してだ。

死刑となれば、死亡債が儲かる。
そして葬儀屋の投資先としても利用されているのである。

さらに現在、日本女性を発癌させるというプログラムが英米とフランスによって
計画されている。

現在の水道水の一部には、合成麻薬に利用する
フッ素が添加されている。

これは発癌性が強く、世界で問題となっている。外資系水道局はこれを
投資先として用意している。またスイーツにしても、異常な量の大量のバターを
利用したお菓子を宣伝されている。

これも女性には発癌性が高く、乳癌に最も変化しやすい食材である。
さらに発癌性のあるマンモグラフィー検査を推進していることからして、
乳癌、胸線癌、肺癌と誘発させる仕組みが政府方針でとられている。

こうした裏業界からは、発癌性の高い避妊用ピルの推進なども
左翼系団体が出入りしている女性雑誌などで推進されている。

こうした複合作用で癌にならない女性の方が逆に珍しく、さらに
抗癌作用のあるタバコも禁止となると、発癌率は益々高くなるだろう。

そしてそれを治療する抗癌剤にも、発癌剤が大量に添加されている
のである。だから外資系保険会社は、女性用癌保険を数年前から
徹底して売買しているのである。女性が死ねば、売上が投資金として
割り出しされ、死亡債としての利回りに企業側に跳ね返るという裏の仕組みが
あるためである。だから外資系保険会社が自民党と結託して
煽動をしていたのである。

我々の情報は、確実にその実例として最後確認されるだろう。
これに対処すべく、国民の力が必要なのである。
民主党にも外資系族がいる。これにも注意されたし。


フジサンケイと日テレに蔓延る国際テロの活動。


ここ10年間、産経と日テレの国際テロ組織メンバーを調査した結果、
驚くべきことが判明した。

まず産経のテレビ番組の多くが、「麻薬」を子供に【流行】させるための
番組編成となっているということが判明し、また日テレの番組では、
【知性の低下】を促す番組構成となっていることが判明した。

これらは選挙前と選挙の結果によって、巧妙に編成内用が組み立てられており、
特に産経が英国系情報機関の指令系統にあることがわかった。
背後は米国系となっているが、作戦指揮は英国国内にある。


この中で、読売日テレ系列の若者向け番組に対して、
英米テロ組織の組織介入が判明している。

さらに、朝日放送には、ユダヤ国際テロ組織の諜報員が
2名潜入しており、10年間も監視活動をしていたという事実が
判明し、拠点がスイスとイウェーデンの移民組織のシオニズム部隊が
関与していることが判明した。一人はデビッドというスパイ諜報員らである。

問題なのは、産経系列の番組内容である。

内容を機密扱いとするので、伏せておくが、青少年と主婦の方達
に対して、重大なご報告をする次第である。

まず産経が異常なほど放送する、海外系の映像番組である
ショックス系の映像を一切見てはならない。この映像を流している
組織が、英国系のテロ組織が関与している番組編成会社の思惑にある。

この背後にあるのが、麻薬流行のための組織拡大であり、
芸能界に麻薬が汚染している一つの元凶となっている。
芸能界に麻薬を流している組織が、六本木ヒルズ関係者の
海外麻薬カルテルの機関員らである。
あるときには、社交界パーティーに見せかけて麻薬を芸人に使用させている
というビデオ内容をこちらで確認した。そこに参加している芸能人
の多くが番組常連の俳優らとグラビアアイドルである。

番組を放送している内容には、これとつながる
ものが多数含まれているという調査でここに報告する。

■これらは精神に作用する番組であり、生体実験で
放送している。間違っても残虐な映像を特集した
産経や日テレの番組は見ないようにお願いしたい。
これらは精神性を破壊し、精神を鈍化させる意図があり、
鈍化精神に扇動を行うという定番の手口である。
この結果、薬物に走る若者が多くなることは、米国と
英国の研究所で調査結果が出ている。
一時期、ホラー映画が米国で大量生産されたが、
それはCIAの麻薬実験を行っていた時期である。
MK計画という事実があるので、安易にこれらを
楽しんでみないようにしたい。



警視庁捜査科、他警視庁●●●の方たちは、急遽六本木に出入りする
芸能人の麻薬検査をするべきである。

毛髪鑑定と肝臓細胞検査によって六本木によく出入りしているある
有名男性俳優が麻薬使用として立件ができる。
その男性の背後が、国際麻薬組織の裏口連絡員となっており、
女性に麻薬を投与しているテロ組織にたどりつくだろう。
これらは即時逮捕が必要であり、公安お得意の見てみぬふりを
してはならない。

また日テレの番組で見てはならないのが、ネプチューンが出演している
馬鹿番組である。これは意図して内容が編成されているという予測が
報告書でされていたので、決して青少年らは見てはならない。
さらに明石屋サンマの女性を集めて説教をする番組にも悪意が
含まれているので、中止して放送を見ないようにしたい。

こうした中で、色々な放送局の手口があるが、場合によっては、
ある組織を介入させて、関った連中の行動を全て公開することとなる。
この結果、昨年と今年検挙された芸能界組織は3団体、
六本木人脈が利用していた専属売春クラブの壊滅を一件完了した。
竹中の知り合いが出入りした売春クラブも逮捕されている。

後日、芸能界とテレビ局、そしてラジオパーソナリティーの麻薬コネクション
の15年間に渡る組織犯罪の立件が始まる。それと共に、某社会派
キャスターが一人壊滅するだろう。日テレと朝日系列の一づつ壊滅する。

他、吉本芸人系と仲のいい、最近俳優となった男性二人は、
出会い系サイトを通じて、女子中学生を自宅に呼びつけ、
騙して連続集団強姦していたという情報も入った。現在その男性はレギュラー
番組をもっており、関係者が一人逮捕されたが、背後の関係者はまだ
逮捕がされていない。

さらに電通では、女性を騙してアダルトビデオを麻薬を投与しながら
撮影しているグループの映像も手に入れた。飲ませているのは
LSDの黄色系錠剤であり、女性一人はその後自殺未遂して
精神病院に通っている。

これらを調査していけば、安倍の親友が関ったグッドウィルグループと
エイベックス系列がなぜ六本木系列と繋がっているのかという
理由がわかるだろう。

自民代表選挙の三人衆と、竹中官僚組織のバッシング

西村代表の面は、典型的な嘘つきの【狸面】してますな。

眼光が嘘つきや風俗嬢と同じ眼つきで、そして奴の経歴を
調べると、北朝鮮の軍人がつけているチープな【ブリキの勲章】
を前身に貼り付けているのと同じように、壮大な数の団体に所属。

そしてそれを叩く、紅の傭兵だが、奴のスローガンである
小さな政府という願望どおり、自民党が選挙で削減されて
小さくなった。まことに喜ばしいことである。

そして官僚を叩くなと裏で模索する竹中の所属する財団の秘書、
岸博之だかという男も、面構えが映画帝都大戦のサタン役と同じ
面をして推論で誤魔化すというパターンを繰り返している。

一番笑えてしまうが、岸の発言である。自らアメリカ国防機関の
提唱したMIT「チーム ポリシィー ウオッチ」という財団の【官僚】として
活躍している状態でありながら、日本の官僚だけを敵に回している。

まるで敵に官僚の内情をしられたくないテロリストが、相手を殺すぞと
脅すように威勢を張るような態度である。

さらに失笑ものなのが、岸らが自ら【考えて利用】してきたリリックを、
敵だと説明している点にある。

言葉のすり替えを計画してプログラムしてたのは、
岸本人の所属する米国官僚機関の組織である
チームポリシィーウオッチのjapanプログラムである。

例えば、民営化せねば、国が潰れると意味を摩り替えて
捏造を宣伝したのも、奴だった。結果は外資に無料同然で
売りさばき、アメリカシンパの特殊官僚の天下り先を企業内部に配置し、
アメリカ政府の搾取道具にと売却を繰り返した。

自分達がやったことを腹いせにテレビで宣伝するということは、
よほど民主党に仲間を引き抜かれて野党になったことで
腹の中を探られそうで、焦っているのであろう。
岸らがアメリカに管理されている状態では何を言っても説得力は
ない。

民主党から竹中・小泉改革派組織の仲間官僚がいなくなれば、
自民も竹中も潰れしまう。

そこで民主党内部にいる官僚に民主から離脱しろと
テレビで脅しているのだろう。

アメリカシンパ官僚の右と左に演じた「三両演劇」に反吐が出る。
まともな官僚はきっと、三歩下がって笑っておるわ。
お前等も現役の官僚ではないかと。

この竹中族の岸にしても、西村にしても、
国をアメリカに売却することは良いことだと詭弁で説明している。
だが、国を守る組織や国家資産を護衛するタイプには、
徹底した捏造を浴びせるという情報テロを行っている。
売国奴が抜かせ、と言いたいところだが、諜報組織に
管理されているMITの奴隷だから、アメリカには
逆らいようが無いということだろう。

これではまるで、原始的チンパンジーの罵り合いである。

それにしても竹中の政界に放った特殊プログラムは面白い
ほどに自民党の精神を去勢している。竹中のゾーン
に入り込むと、反省や自己認識ということができなくなるため、
反省をするという意識すら精神から消えているという精神状態が
観察できる。これは今後50年間国を蝕む結果を出すことだろう。
自分では既に解決の出来ない精神状態にされている。

竹中のその典型的プログラムとは、アメリカにとって都合のいい
政策には【明るい印象】で捏造して答弁し、日本にとって都合の
いい明るい政策には、暗い印象で捏造するというパターンだ。
それほど凄まじい売国奴ということだ。MITリベラル研究所の
統合操作は面白い活動を見せてくれる。

ところで市民の皆様、MITがアメリカ共産機関の本部だと
知っておられるだろうか?
中国共産党が加入している国際組織がMITであり、
反日の研究も行う有名な政治組織がMITである。
チームポリシィーウオッチの米国支部には、ユダヤテロ組織も
配置されている。それで自分達は正論だと言っているのだから、
笑えてしょうがない。

★悪徳官僚の人材ロンダリングは強力である。

★悪徳官僚の人材ロンダリングは強力である。


最近の自民は既に後期高齢者となっている。
またアダルトグッズの店長と揶揄される辻本清美氏だが、
ぜひともアフガン問題で活躍してもらいたいものだ。
米軍に石油を出して血を流させるのであれば、
現地市民に食料・仕事・医療を無料で提供したほうがいい。
手甲弾なんぞ庶民の心には何も喜ばれないだろう。
治安問題は注意だが、今となっては人殺し財団のアメリカに
付き合う必要もない。断ればアメリカのスパイが情報を
元に議員を落選させようとテロや作戦で躍起になるだろう。

海賊と言われているアフリカ系にしても、フランスや英国の
連中が海外に対して、違法な放射性廃棄物を海岸に
大量に捨てているから海賊として活動しているだけであり、
実際の目的はテロとも違うという。ならば、海賊に対して
放射性廃棄物の実態を世界に知らせる広報も必要だろう。
それに一方的に攻撃を示唆するといのは、アメリカの意図的な
作戦なのだろう。


官僚の話に戻るが、
官僚の中には、よき行動をする者と、悪の枢軸の仲間となる者が存在する。
その判別方法は簡単であり、年俸の多さでわかるだろう。

官僚で有名なのが、年金問題で逃げ失せた連中や、
薬害を広めた國際犯罪者らである。

しかし、国民は直に逮捕されるが、官僚が逮捕されることは珍しい。
特に組織犯罪に結集した連中の逮捕は見たことがない。

これは何故か?、
それは、【人材を事前に内部で人材ロンダリング】しているためである。

ロンダリングは強力である。
ある人材1を配置しておき、製薬会社や株式の法案ができるときに、
2のの人物に、既にすり替わっているのである。

だれが計画して、誰が実行したのかを解からなくする。

法案の「通過後と通過前」に、人材の「配置」を次々と転換して、
実行者や提案者を隠すために、権力の「分散」を意図的に行って
法案設立者の実効性を煙に巻いているのである。

これを人材ロンダリングという。

ロンダリング後には、部署が用意されている。
ロックフェラーの世界研究所が提案した、法人化を行う財団方式
というプログラムを利用して、民間役員となったり、また財団
理事長となることが定番である。

これらはアメリカなどので、政治テロ組織に協力したメンバーを
逮捕させずに隠蔽するため、通常業務に見せかけた部署である
財団を用意させ、そこで活動させて法定規則外の時期になるまで
眠らせておき、時期が来ると退職金を積んで、犯罪グループとして
の報酬を払うという。
これらはアメリカで実行されており、日本でも模倣されている。

米国では、民間人や役人に偽装させる民間財団方式といわれており、
麻薬の売買から暗殺機関の設立、國際煽動組織の管理や
株価を操作するテロ組織などが多数用意されている。

小泉の息子が所属するCS系シンクタンクも、そうした政界との
ロンダリングをする軍務系戦略組織の一つである。

これらの役職名は当然民間に偽装されているので、プレジデント、
エコノミックスペシャリスト、フェロー、上級主席顧問、
特別代表主席補佐官という、民間から役職まで用意された
エンブレムをつけて活動する。

時には軍事機関が民間機関を通じて、偽装テロの計画や
麻薬売買の取引などもアメリカでは行っている。

こうした組織の構築と日本の財団方式もまったく同じであり、
その罪人の大半が、無罪のまま生涯を過ごすことが多い。

人材ロンダリングの意図は、罪人を隠して無罪にする
ためのトリックである。

今まで国民は、政治家を見ていて不思議に思ったことはないだろうか?
なぜ國際情勢の素人議員が、高度な政治を運営できるのか?。

そう、これらは海外組織の指令を実行するために、
官僚の組織と財団の組織が海外からプログラムを渡されて実効しているのである。
そして次々と得体の知れない法案が可決されていくという
ギミックの正体がここにあるのだ。

そして法案可決後には、犯罪報酬として、天下りと高給が
税金数兆円を利用して用意されているのである。

これを察知されないようにするため、政界は外部の人間を
採用して、財団との繋がりを見せなくして政界に介入させている
のである。


財団方式の典型を述べると、竹中を観察すれば把握しやすいだろう。
一見奴らは政治と関係のない【大学教授】という肩書きだが、
実際には、アメリカの財団が運営している【MIT経済研究所】の専属【結社員】である。
しかし、テレビ局報道局長や社長等もグルであるために、
その本当の実体と肩書きが紹介されないようになっているのだ。

ロバートフェルドマンという経済テロリストも同様にだが、
こやつ等もMITの専属機関員である。
日本に入国した時には、既に民間人に偽装されてファンド系の社員と
して活動する。

このMITはアメリカの財団が提供する大学の戦略組織である。

海軍の幹部から、國際共産テロ組織のメンバーや幹部も代表としている
これらは1000%のコミンテルン機関である。

ここの財団役員らは、生徒や博士として活動し、他国に入国して
テロを行う。そしてその中心組織は官僚を通じて政界に介入するのである。

この介入を手引するのが、人材ロンダリングで活動する特殊完了らである。
ある者はアメリカ大統領権限が約束されている結社員もいれば、
自由にパスポート無しで入国できる官僚までいる。
それらはスパイとして活動し、ロンダリングを通じて政界と庶民生活に
介入し、国体を破壊していくのである。まるでウイルスのように。

その最近の事例では、強姦された女性の公開ショーとなっている
民間人裁判員制度では、説明した通りに、ロンダリング機関員が
関与して法案を実行されている。

奴等を諜報すると、必ずこういう組織が関与しているということがわかるのだが、
その事例では、刑期が【予定通り感情裁判】となって何倍にも膨れあがっている。
この調子で裁判が続けば、刑務所は人員の多さでパンクし、あの刑務所が
用意周到に登場するだろう。そう、民間人法益商人の経営する
ホテル刑務所ならぬ、
民営化刑務所である。ここの関連組織に役人らが天下り、
報酬をもらうという予定となっている。
そして罪が重くなった囚人らは、役人らの資金稼ぎのマスコットとして
利用されていくという二重の罰則が容易されている。

このようにして、何故国家が運営してればいいものに、勝手に海外が参加し、
海外の関る法人や財団が勝手に介入できて余計な手間を
かけてまで、何兆円という税金を投入して実行されていくのか?


これでその実態がわかろう。

そう、この【何兆円】という利益を貪るために、奴らは協力しあって
活動するのである。

之で庶民の皆様と国民の皆様らは、この本当の実態が把握できたと思うが、
これが役人天下りと官僚の人材ロンダリングの実態である。
背後は2重・3重に偽装されており、関った組織をも、スパイかの如く消し去る。

これが人材ロンダリングの真相である。

突然用意された法案や規則、規定の裏には、こうした【財団方式】
という人材ロンダリングの犯罪性が関与している。
また総理や特殊部署で選ばれる規定というのもある。

1フリーメイソンであること。
2基督教徒か、またはカソリックであること。
3ユダヤ系宗派の関係者であること。
4アメリカを翼賛する宦官であること。
5従順であるが、私利私欲で活動する輩であること。
6行動派であり、疑いの余地すら持たない極めて低能であること。
7人間的道徳心の欠如した廃人であること。
8冷酷無比な性格であること。
9国家より、私利私欲と個人的願望をもつ輩であること。
10クールであり、笑顔で殺人を行える感情を持っている異常者であること。
11殺人に関与しても、自分達は正論者であると思い込む変態であること。
12留学経験があることである。

以上の内容から選定基準が実際に決められてる。
要するに、出世するタイプは優しく平然と人を殺すタイプが
選ばれるということだ。

こうして人格の壊れた人間を配置することで、疑われずに連中の
計画を配置していける。これが財団が編み出した多重人間形成の
術である。

よく政治家らは、国民が死んでも笑顔でいることがある。

あれを見て国民は察知できましたかな?あの笑顔を。
小泉の息子や竹中には、国民が自殺したという話を
聞くと、笑顔で答えるという情報があちらこちらから入ってきている。

また麻生や安倍も笑顔で国民の自殺を喜んでいたというビデオ
映像も確認している。

さらに国民には痛みをといいつつ、自分の息子を特権介入にと
推薦する小泉純一郎という法螺こきも活躍。

テレビの前では庶民派を装い、裏では高級演奏会や
オペラに私的に出向き、遊びほうけていた。これが奴等の正体である。

そう、何より自惚れており、国民を平然と殺せる連中だけが、
聖者のような面して登場し、選ばれるのである。

よって政界も官僚も、人類上もっとも排他的で非道なる
変態と人物だけが出世できるのである。


どこぞやの株組織もそうした馬鹿であったからこそ、
政界から重宝され、官僚から勧誘を受けているのである。

自分で自覚症状のあるものは、絶対に選ばれない。
竹中やロバートなどの経済テロ組織メンバーらも、
そうした基準から選ばれて配属されているのである。

こやつ等の特徴とは、自分でも何をしているのかが実際には
自己確認できていないという。

人材ロンダリング。これが連中の得意とする武器である。

残念に事に、こうした連中の多くは失敗を正すことは出来ない。
失敗を認めれば、自分達が罪人となるだろうという防御反応を
引いているだめである。

さらにこの手の連中の性格とは、自分達の意見以外は、
全て嘘か、幻や、非現実的だと自己解釈するため、
相手を叩き潰す行動に出るのが典型的である。

また異常者は常に妄想的思考をしているために、
「眼つきが強いが」しかし「虚ろ」で、眼つきが細く、元気はあるが、
生気はむしろまったく無いという人間が多い。

そして挙動不審となって精神が不安となると、
メモを書き始める傾向がある。

【自惚れた連中は自覚ができない。】

その言動と元凶となっているのが、財団が用意した
「シンクタンクの助言者」や宗教界幹部の助言の影響があるためである。

何かのナンバーワンサプライヤーということは、何らかの犯罪にも
手を出しているということが多い。

あのトヨタの最高幹部ですら、客のことを、客は【3っ日】も経てば、
「臭い匂いのついた腐った魚だ」と説明している者までいる始末。

しかし、テレビの前や広告では、清楚で清潔な人物と企業である
と宣伝しているのである。

国民の皆様、この情報を見てトヨタのイメージや経団連の
輩に何が見えただろうか?

この支配者と、自惚れた者は、似たような者を選ぶ時に、
一見有能であるが、独裁者や自惚れた痴呆的な者を選ぶだろう。

★★★芸能界に蔓延る麻薬組織を殲滅せよ。

麻薬組織には、いくつかのルートがある。

北朝鮮政府による中国経由の麻薬ルート。

南米左翼組織のルート。

イスラエル人の露天商を通じたスパイルート。

中東系ユダヤイスラム宗派のルート。

これが定番だが、この中で共通しているのが、
北系、中東系、イスラエル系である。
これらはアメリカで会議を開き、長年連帯してきた過去がある。
在日の資金ルートが奇妙に「高度」なのも、こうしたユダヤ機関が総連に
過去何度も教えたロンダリングルートがあることは、総連の暗殺機関も
米国で何度も自供している。


■麻薬はただの資金源ではない。
他国に使用するテロ兵器として利用されている。

現在、日本の芸能界では、帰化系の在日系お笑い芸人やパチンコ
店の御曹司らの関係者らが共闘し、日本女性をターゲットにするために、
周辺に麻薬をばらまき、薬漬にしてSEX奴隷の代替品として組織を拡散させている。
森の派閥が麻薬運動に関係しているのも、こうした在日ルートが起因している。

また芸能界には、共通する事実のジンクスがある。在日芸人が
活躍する時期に入ると、日本人俳優らが薬物中毒にさせられるという
20年間も続く事実である。
元々薬物は北系が持ち込む。
それを芸能界に対して多数のルートから投与させ、中毒者となって
日本人俳優などが脱落する。そしてその直後に在日俳優が
出てくるという長年の仕掛けである。これは在日の暴力団が
ある場所で実際に語った内容である。これらは在日朝鮮人の美空ひばり
翼賛運動などでも動員され、一族が在日であることを隠蔽してきた。
麻薬ブローカーの後援組織ともこういう繋がりがある。

歴史的にみれば、在日芸人が活躍する時期と、芸能麻薬汚染の時期が
完全に繋がっていることからしても、背後が綿密に動いていることがわかる。

それを知らない日本女性の俳優や男優らが、カッコいいと
思わされて投与させられているとも知らずに利用しているのである。

こうしたルートは一国ではなく、多方面から同時に行われている。
こうしたルートを解明できる連中は少ない。

麻薬は資金源の他、兵器としても利用されている。
それは他の国を殲滅するために使用されてきた。
中国で7000万人が英国に殺害され、
日本ではossの残党を通じて、麻薬機関の児玉機関が跋扈した。
当時の日本軍基督教右派も麻薬中毒者のグループがあった。
松岡洋右のグループも、そのシャブ中切支丹のグループであったと言われている。


この児玉の子孫は残党として活動している。一人は眼鏡をした
小僧がいる。

そして在日ルートと政界のルートは賭博施設を通じて
長年自民系政府の保護下としてルートが綿密に守られてきた。

現在では、こうした運動の裏に【韓流芸人の進出】を手配する
【意図】とする作戦ルートが存在している。

そのルートを支えているのが、宗教団体のメンバーらである。
韓国では基督教を通じてルートが介入してくる。
こちらの在日宗教法人ルートを通じて連帯をするといった
構図である。しかし、政府らは在日系には多くの法人資格を許可してきた。
それは、自民党や旧社会党過激派などの麻薬ルートとも重なっていた
ためである。

その背後で蠢くのが、イスラエル組織のボスである。
一部外資系メソニック機関を通じて、政界の息子や在日機関の
組織と芸能界のつながりは深い。

我々が知っている機密情報はこれだけではない。
現在麻薬を投与されている女性アイドルが5名。
20代の芸人系と接触している女性である。
裏方は在日の芸人が3名関与。一人は強姦未遂で
関係者が逮捕されている。

他全国のプロデューサーが20名以上関与。奴物を使用している
人数は東京だけでも100名以上。
ある組織のメンバーは、ニッテレの報道局の顔として活躍中。
さらに地方に拠点を移した音楽制作会社の大物らは、
女子高生回春組織を10年前から設立し、麻薬を投与して麻薬回春パーティー
を毎週芸人と全国で現在も開催している。
一人はニュースキャスターとして、現在もテレビで社会派を演じている。

さらに女性キャスターにも多数関係者がいる。
残念だが、既に情報は多数にリークしてある。
現在までに、関係者と警察が錯覚して逮捕したのが、
某会社の3名、他関係者多数。詳細な情報をリーク
してなかったので、実行機関の逮捕が10年も遅れている。

だが、今ここにそのルートを掲載した。諜報機関ならすぐにわかるだろう。
しかし、こうした在日系の機関が、芸人を通じて全国の女子大生の個人
売春機関や、女子高校生の裏組織にまで広げられていたという
罪の重さを知っていただこうか。

学生に薬物を渡しているボスは、某ラジオ音楽プロ組織の
幹部達である。全国を拠点に、同様の活動を10年以上も行っている。
売春組織、学生組織、芸人組織、朝鮮人芸能組織、これらは繋がっている。

日本人女性芸人達に注意していただきたいことは、在日帰化系俳優の
ルートには十分注意するようにすることだ。いつのまにやら
薬物を投与されているアイドルも何人もいる。

某お笑い事務所の芸人の三下どもよ、貴様等のグループと
在日関係の背後、殲滅に覚悟して期待するがよい。

我々の目から逃れれる者は決していない。

総選挙では、誰が当選すべきかの判断が必要となる。

次期早々とだが、すでに外資テロ組織の工作が横行しているようだ。

反小泉派の正しい若手保守であられる、
静岡7区から出馬する元衆議院議員・城内実氏(無所属)が
外資系の組織から宣伝費用をもらっている眞鍋だかという
アイドルに工作されたようだ。
しかも産経内部にいる
外資系とも繋がっている曰くつきのアイドルだ。


それだけ外資にとっては都合が悪いのだろう。

他では、北海道11区から在日らしき民主党の議員と決闘する
優秀な議員でおられる中川昭一議員に対しても、やはり外資系
のアメリカシンジケートが番組などでブラック・ネガティブプログラムを
開始した。

この議員は保守であられるが、小泉とは違う男である。
水資源の防衛
農業関係者は工業用水を安定して供給したかったら、
中川を応援しておくとよい。


(酩酊工作を印象づけされた中川議員の真実ビデオの告白)


他では分のわからん候補が乱立しているが、お勧めなのが

国民新党全員

平沼派グループの議員全員

社民党の保坂グループ

共産党の志位グループ

一部、幸福実現党の若手グループ、

旧自民のオツジ派のグループである。

民主党では山井派の若手と馬渕派である。

これであれば、国が安泰であろうと思われるが、
私利私欲・思想を排除した結果となった。
間違っても小泉チルドレンは注意するように。
それぐらいであれば、まだ共産党の方が正しい選択となろう。

脳死移植と判定問題

臓器移植法案が可決されたが、脳死したといわれている方に対する
判定は何を基準にしているのかがわからない。

たとえばだ、脳に対する脳指紋p300反応の鑑定や、
意識との交流を確認する意識脳指紋判定をしたのか?

さらに長期の意識障害者に対する音声による脳波治療
行って、脳内の活性化を長期間にわたり促した結果の
脳死判定なのだろうか?

本来脳という部分は、一つの障害でジャンクした場合には、
別の領域である言語野や記憶野が若干移動し、別の領域に
シナプスを結ぶ。それで失った領域を確保するのだが、
そういう対策をしてないで死亡判定をすれば、ただの殺人となろう。

続きを読む »

株式強盗団 スティールパートナーズとアデランス

未だアデランスを中心として、株式強盗集団「外資スティール・パートナーズ」
の威勢がいい。

いくら株主や投資であっても、会社を外部の人間が私物化し
利益の搾取のためだけに搾取の私物化とするのは完全な違法行為

このように、竹中・小泉・安倍の政策がこれ以降も実現すれば、
国家や市民の財産はすべて外資の株操作の餌食となり、正当な利益
を見込めない社会と変貌していくだろう。



米系投資ファンド「スティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンド」主導で経営陣を大幅に入れ替えたアデランスホールディングスは15日、かつら販売店など445店舗のうち不採算の約30店舗の閉鎖や縮小、統合などを柱とした経営改善策を発表した。経費削減や資産売却で得た現金は、新規出店や株主への還元に充てる方針だ。
 保有不動産(簿価40億円)や有価証券(同95億円)の売却も進める。子会社の統合も実施し、年間で計24億円の経費削減を見込む。
 株主還元策では、200万株、または25億円を上限に自己株式を取得することを明らかにした。
 旧経営陣の下で業績が低迷したのは、多角化の失敗や売り上げ偏重が原因だと指摘。今後は中核となる毛髪関連事業に集中投資していく方針を示した。

北を監視している軍事衛星は、メソニックの所有物となっている。

軍事衛星


北朝鮮のミサイル実験が続けられている。今年だけですでに7発。
しかし、それを監視しているアメリカの民間軍事衛星は、あの組織の
所有物だというこを知らされていない。

この財団の有名なことわざには、次の小鳥羽がある。
「如何なる組織・団体も、財団からの監視から逃れることはできない。」

この画像を撮影した会社も、そういう意味で活動している間抜け集団なのだろう。

ウイグル人労働者に対する暴行動画だという

50の部族が支配するウイグル地区。しかし
中国の漢族が違法に街を占領してからイスラムの居住区が実質半減。
中国は、侵略国家だということを認めたこととなるだろう。






ユダヤ人 ビルゲイツの謀略とモンサントの国際食糧テロ活動

ビル・ゲイツやヘッジファンドの帝王たちの新たな野望が始まった。世界の自然環境と食糧ビジネスは新たなマネーの流入で大きく変貌しようとしている。


【FX ZERO(株)】スキャルピングで人気急上昇中!“0銭もあり得る最狭スプレッド&約定最速0.15秒”
4億円脱税主婦池辺雪子さんが37年間かけて磨いたテクニックを読者に特別公開
システムトレードホテルファンド株式投資入門コモディティファンドFX 初心者富裕層向け雑誌

現代版「ノアの方舟建設計画」

FX会社最新順位と比較 2009年5月5日、ニューヨークはマンハッタンにあるロックフェラー大学の学長でノーベル化学賞の受賞者ポール・ナース博士の邸宅に世界の大富豪とヘッジファンドの帝王たちが集まった。この会に名前はついていないが、参加者たちは「グッドクラブ」(善意の集まり)と呼んでいる。

 主な顔触れはデービッド・ロックフェラーJr、ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロス、マイケル・ブルムバーグ、テッド・ターナー、オプラ・ウィンフレーと言った超豪華メンバー。この集まりを呼び掛けた人物はパソコンソフトの標準化を通じて寡占状態を築き上げ、個人資産5兆円を超すビル・ゲイツである。

 これほどの大富豪たちが一堂に会し、密かに議論したテーマは何であったのか。実は世界の人口増大をいかに食い止めるか、そのために彼らが所有する巨万の富をいかに有効に活用すべきか、ということであった。

 議長役としてこの会を取り仕切ったビル・ゲイツによれば、「人類の未来に立ちふさがる課題は多いが、最も急を要する問題は人口爆発である。現在67億人が住む地球であるが、今世紀半ばには100億人の可能性もありうる」

「このままの状況を放置すれば、環境・社会・産業への負荷が過大となり地球環境を圧迫することは目に見えている。なんとしても人口爆発の流れを食い止め、83億人までにとどめる必要がある。各国政府の対応はあまりにスローで当てにはできない。潤沢な資金を持ち寄り、我々が責任をもって地球の未来を救うために独自の対策を協力して推し進める必要がある」とのことであった。

 ゲイツはその思いをすでに具体化するために、あるビッグプロジェクトに資金を注いでいる。それが現代版「ノアの方舟建設計画」に他ならない。

「北極種子貯蔵庫」に巨額の資金を提供したゲイツ氏
 この計画は2007年から本格的に始まった。人類がこれまで手に入れてきたあらゆる農業遺産を保護することを目的としている。

 あらゆる国の農業で不可欠の役割を果たしてきた種子を未来のために保存するということである。見方を変えれば、生き残れる人類とそうでない人類を区別することもできる。


 この計画を推進してきたのは、ノルウェー政府であるが、資金面で協力してきたのがビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金。この慈善事業団体を通じて、毎年15億ドルを使わなくてはならないゲイツ氏はこれまでエイズの撲滅やがんの治療ワクチンの開発等に潤沢な資金を提供してきた。

 その彼が、2007年、ノルウェーのスピッツベルゲン島に建設された「あらゆる危機に耐えうるように設計された終末の日に備える北極種子貯蔵庫」に巨額の資金を提供していることはほとんど知られていない。ゲイツのお陰で、この貯蔵庫は2008年2月26日に正式オープンを迎えた。

 核戦争が勃発したり、地球温暖化の影響で種子が絶滅したような場合でも、未来の人類がこれらの種子を再生できるように保存するのが目的だという。しかし、この種子の提供を受けなければ将来は食糧を手に入れることはできなくなってしまう可能性は高い。

 しかも、ゲイツ基金の他にロックフェラー財団、モンサント、シンジェンタ財団、CGIAR(国際農業調査コンサルグループ)なども、未来の作物の多様性を確保するため300万種類の植物の種子を世界から集めて保管し始めたのである。ちなみに、シンジェンタはスイスに本拠を構える遺伝子組換え作物用の種子メーカー。CGIARはロックフェラー財団とフォード財団が資金提供を行っている組織。

 この計画に共同提案者として協力しているグローバル・クロック・ダイバーシティー・トラスト(GCDT:世界生物多様性信託基金)のカーリー・パウラー博士によれば、「我々は毎日のように作物生物の多様性を失いつつある。将来の農業のため、そして気候変動や伝染病などの危機から人類を守るため、あらゆる環境に適用する種子を保存する必要がある。いわば、あらゆる危機に生き残る種子を集めたフエール・セーフの金庫が必要だ」。

 このGCDTは国連食糧機構(FAO)とCGIARによって設立された。この会長はフランスの水企業スエズの経営諮問委員会に籍を置くマーガレット・カールソンである。

「緑の革命」がもたらしたもの
 ビル・ゲイツをはじめ農薬や種子をビジネスとするモンサントやシンジェンタは、いったいどのような人類の未来を想定しているのであろうか。

 また、ロックフェラー財団はかつて食糧危機を克服するという目的で「緑の革命」を推進した中心組織である。当時の目論見では在来種より収穫量の多い高収量品種を化学肥料や除草剤を投入することで拡大し、東南アジアやインドで巻き起こっていた食糧不足や飢餓の問題を解決できるはずであった。

 ロックフェラー財団の農業専門家ノーマン・ボーローグ博士はこの運動の指導者としての功績が認められ、1970年にノーベル平和賞を受賞している。しかし、緑の革命は石油製品である化学肥料や農薬を大量に使用することが前提であった。

 メキシコの小麦やトウモロコシ栽培で見られたように、導入当初は収穫量が2倍、3倍と急増した。しかしその結果、農作地は疲弊し、新しく導入された種子も年を経るにしたがい収穫量が減少し始めた。そのためさらに化学肥料を大量に投入するという悪循環に陥ってしまった。

 最終的には農薬による自然破壊や健康被害も引き起こされ、鳴り物入りの緑の革命も実は伝統的な農業を破壊し、食物連鎖のコントロールを農民の手から多国籍企業の手に移そうとするプロジェクトにすぎなかったことが明らかになった。

 とはいえ、このおかげで石油産業をベースにするロックフェラー一族やセブンシスターズ、そして世界最大の種子メーカーであるモンサントをはじめ、大手アグリビジネスは空前の利益を上げたことは言うまでもない。

 ノルウェー政府が推進している「ノアの方舟計画」に参加しているモンサントやシンジェンタにとって、どのようなメリットが種子銀行にはあるのだろうか。

種子を押さえることで食糧生産をコントロール
 これら遺伝子組換え作物の特許を所有する多国籍企業にとっては「ターミネーター」と呼ばれる技術特許が富を生む源泉となっている。要は、この技術を組み込まれた種子を捲いて育てても、できた種子は発芽しないように遺伝子を操作されているのである。

 言い換えれば、どのような状況においても一度この種子を導入した農家は必ず翌年も新たな種子を買わなければならないのである。いわば種子を押さえることで食糧生産をコントロールできるようになるわけだ。

 緑の革命を推進してきたロックフェラー財団やターミネーターを開発し、世界に普及させようとしている巨大なアグリビジネス、そしてマイクロソフトを通じて独占ビジネスに経験と知識を持つゲイツが世界の終わりの日に向けて手を結び、世界中から植物や作物の種子を収集している狙いは明らかだ。

 この種子貯蔵庫が建設されたスピッツベルゲン島のスエルバードという場所は北極点から1100キロメートル離れた場所に位置している。周りに人は一人も住んでおらず、まさに氷に閉ざされた場所であり、種子の保存には最適の自然環境かもしれない。とはいえ、この地下130メートルの収蔵庫は鋼鉄で補強された厚み1メートルのコンクリート製の壁で覆われ、核攻撃にも耐えうるといわれるほどの堅固なつくりとなっている。

 スピッツベルゲン島自体が永久凍土の一部を形成しており、マイナス18度が最適と言われている種子の保存にとっては理想的な環境といえるだろう。しかも、この一帯は地震の恐れがまったくないという。

 この地下貯蔵庫に集められた多くの種子は数千年の保存期間が保障されている。大麦の場合は2000年、小麦で1700年、モロコシでは2万年もの長期保存が可能といわれる。現在は300万種類の種子が保存されているが、今後さらに保存対象の種子を増やす計画のようだ。

 実はこのような植物や動物の種を保存するための種子貯蔵庫は世界各地に作られている。その数1400。にもかかわらず、既存の種子貯蔵庫を遙かに上回る規模でノルウェー政府がこのような巨大な地下貯蔵庫を建設した理由は何であろうか。

 意外に思われるかも知れないが、各地に作られた種子貯蔵庫は最近の経済金融危機の影響を受け、管理維持が難しくなりつつあるという。

将来の宝の山が失われつつある現状
 イギリスにあるミレニアム種子貯蔵プロジェクトでは30万種類の植物種子を保存することで、将来の生物多様性を維持し、食糧や医薬品の開発に貢献しようとしている。当初の目的では2010年までに世界中に存在する種子の10%を収集することになっていた。

 必要な費用はイギリスの宝くじ販売からの収益金と企業からの寄付金でまかなう構想であった。しかし、宝くじの収益は経済危機の影響で落ち込む一方となり、加えて2012年のロンドン・オリンピックのためにも宝くじの収益金が欠かせないという状況が生まれ、このイギリスの種子貯蔵計画は空中分解一歩手前となってしまった。

 あらゆる種類の種子を集めることは将来の人類の生存にとって、欠かせない作業と言えるだろう。なぜなら、ほんの30年前には「カサランサス」というマダガスカル・ペリーウィンクルという名前でも知られる植物にがんの治療薬に欠かせない成分が含まれていることは知られていなかった。昨今の新型インフルエンザの発生を見ても、予防薬や治療薬を開発するために同様なケースが容易に想像できるだろう。

 現在世界各地で森林の伐採や干ばつの進行によって、多くの自然の生物や植物が地上から姿を消し始めている。世界には1400か所ほどの種子貯蔵施設があるが、それらすべてを集めても地球上の植物多様性の中のほんの0.6%の種子を保存できているにすぎない。未だ人類が理解していない将来の宝の山が失われつつあるという現状がある。それこそビル・ゲイツやモンサントなどが大きな関心を寄せている背景に違いない。

 人類の将来の食糧危機や健康維持に必要な素材を確保する。また、同時にこれまで緑の革命の中で人工的に自然破壊が行われてきた過去の経緯を闇に葬ることも可能になるだろう。モンサントをはじめ、デュポン、ダウ・ケミカルといったアグリビジネスがこれまで開発提供してきたデカブやパイオニア・ハイブレッドなど遺伝子組み換え作物のトレーサビリティーが効かないようにすることも、あらゆる種子をコントロールすることで可能になるだろう。

 こうした人類の未来を左右することになりかねない種子の保存や選別といった極秘ビジネスが2007年から始まったことに我々は無関心でいるわけにはいかない。人間のありかたすらも影響を与えかねない。現在、種子の製造会社としてはモンサント、デュポン、シンジェンタそしてダウ・ケミカルが世界の市場をほぼ独占しており、遺伝子組換え作物に関する特許もほとんど彼らが押さえてしまっている。

米国はアフリカ大陸を遺伝子組換え作物の実験場に
 2007年、モンサントはアメリカ政府と共同でターミネーターと呼ばれる種子の特許を世界的に押えることに成功した。このターミネーターに関する特許を押さえたことでモンサントはかつて人類の歴史上ないことなのだが、一民間企業が農業生産すなわち食物の確保に決定的な支配力を持つことになったと言えるだろう。

 世界中の農民たちは毎年モンサントをはじめ巨大アグリビジネスが提供する種子を買わざるを得ない。特に米、大豆、トウモロコシ、小麦、といった主要作物に関してはあまりにも影響が大きくなりそうだ。2007年にそのような特許が成立したことを受け、今後10年あるいは20年以内に確実に世界の食糧生産者の大多数はこれら4社が提供する種子が手に入らなければ、農業生産ができないという状況に追い込まれるだろう。

 そのような長期的な食糧独占計画をアメリカ政府は国際開発庁が中心となりモンサントらとともに進めているのである。これほど強力な外交交渉における武器もないだろう。アメリカの政策に反対するような国に対しては食糧生産に欠かせない種子の提供を拒むということもありうるからだ。

 すでにアメリカ政府はアフリカ大陸における遺伝子組換え農業の推進に着手している。モンサントが開発した遺伝子組換え種子をアフリカ各地で実験的に栽培する動きを支援し始めた。南アフリカでは遺伝子組換え作物の導入が法律を改正して認められるようになった。また、ブルキナ・ファソでも実験的な遺伝子組換え作物の導入が始まり、ガーナでも同様の動きが見られるようになっている。

 要はアメリカの新たな国家戦略としてアフリカ大陸をアメリカ製の遺伝子組換え作物の実験場にしようとしているわけである。その背後にはビル・ゲイツやヘッジファンドの帝王たちの新たな野望が見え隠れする。彼らの隠されたビジネス戦略については、筆者の最新刊『食糧争奪戦争』(学研新書)で詳しく取り上げた。ご関心の向きには是非ご一読をお勧めしたい。世界の自然環境と食糧ビジネスは新たなマネーの流入で大きく変貌しようとしている。

【関連記事】
・米国は強欲資本主義から脱皮できるのか 「ヘッジファンドに牛耳られたオバマ政権」
・オバマ新大統領の「本気度」を分析 彼には清廉潔白なイメージとは別の顔があった
・「このままだとオリンピックが開催できない」 イギリスを飲み込む金融危機
・金融危機の次は食糧危機の到来か 遺伝子組み換え作物の光と影

Top|Next »

HOME

上杉

Author:上杉
FC2ブログへようこそ!

QRコード

名前:
メール:
件名:
本文:








この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。